記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

更新履歴

05/27 PFを考慮した2018年セリーグwOBAとRSAA
    PFを考慮した2018年パリーグwOBAとRSAAを更新。(できる限り)毎日更新。次回更新は5/28(月)。
05/14 2017年戦力分析 北海道日本ハムファイターズ編
    2017年戦力分析 千葉ロッテマリーンズ編にコメントを追記。
05/02 2018年12球団パークファクターをアップロード。

PFを考慮した2018年セリーグwOBAとRSAA(5月26日時点)

パークファクターを考慮した打撃貢献と投球貢献についてまとめました。□チーム打撃成績順位球団野手基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH投手1位広島.261 45HR 209得点1.720.972311312-14-148-7200022位DeNA.262 53HR 173得点0.051.08-1094-98-99-92-1-20-33位阪神.235 22HR 136得点-4.150.91-3777-1-13-5-30-6-189024位巨人.282 39HR 217得点2.071.052111254-5814-101055位中日.269 32HR 186得点-0.270...

続きを読む

PFを考慮した2018年パリーグwOBAとRSAA(5月26日時点)

パークファクターを考慮した打撃貢献と投球貢献についてまとめました。□チーム打撃成績順位球団基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH1位西武.279 44HR 246得点5.541.0954129101810-26-315-122位日本ハム.233 47HR 166得点-0.790.99-7962-3-120-55-4473位ソフトバンク.262 55HR 195得点3.101.00261140-6-23-5621344位オリックス.232 34HR 168得点-3.190.99-3382-5-5-6-4-25-11-3-45位ロッテ.249 21HR 189...

続きを読む

2018年12球団パークファクター

2018年シーズンにおける全本拠地のパークファクターを算出しました。※5月1日時点2017年各種PF 2017年 / 2018年(二軍) / 2019年 チームと本拠地(セ) 得点 本塁打 BABIP 三振 四死球 使用試合 明治神宮野球場 ヤ 1.32 1.80 1.06 0.95 1.10 9 / 25 阪神甲子園球場 神 1.14 0.54 1.17 1.04 1.13 10 / 24 東京ドーム 巨 0.98 2.48 0.94 1.12 0.95 ...

続きを読む

2017年戦力分析 千葉ロッテマリーンズ編

チーム全体の状況 ※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。2017年、千葉ロッテマリーンズは6位となりました。Bクラスは3年ぶり。シーズン87敗と勝率.383は球団史上ワーストとな...

続きを読む

2017年戦力分析 北海道日本ハムファイターズ編

チーム全体の状況※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。2017年、北海道日本ハムファイターズは5位となりました。Bクラスは4年ぶり。最下位こそ回避したものの.420は北海道移転後で...

続きを読む

2017年戦力分析 オリックス・バファローズ編

チーム全体の状況※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。2017年、オリックスバファローズは4位となりました。Bクラスは3年連続。低迷期は続いているものの上位との差はぐっと縮まり...

続きを読む

2017年戦力分析 東北楽天ゴールデンイーグルス編

チーム全体の状況※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。2017年、東北楽天ゴールデンイーグルスは3位となりました。Aクラスは4年ぶり。低迷期からの脱却を果たしたシーズンになった...

続きを読む

2017年戦力分析 埼玉西武ライオンズ編

チーム全体の状況※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。2017年、埼玉西武ライオンズは2位となりました。Aクラスは4年ぶり。復権の足掛かりを掴んだシーズンになったと言えそうです...

続きを読む

2017年戦力分析 福岡ソフトバンクホークス編

チーム全体の状況※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。2017年、福岡ソフトバンクホークスは1位となりました。日本一は過去4年間で3度目。現在のNPB最強チームと評しても異論は少...

続きを読む

2017年戦力分析 東京ヤクルトスワローズ編

チーム全体の状況 ※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。2017年、東京ヤクルトスワローズは6位となりました。最下位は3年ぶり。球団最多敗記録を更新するなど歴史的な苦戦を...

続きを読む

2017年戦力分析 中日ドラゴンズ編

チーム全体の状況 ※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。2017年、中日ドラゴンズは5位となりました。5年連続Bクラスは球団史上初。球団創設以来初の低迷期からなかなか抜け出...

続きを読む

2017年戦力分析 読売ジャイアンツ編

チーム全体の状況 ※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。2017年、読売ジャイアンツは4位となりました。Bクラスは11年ぶり。時代の一区切りを迎えたと見てもよいのではないで...

続きを読む

2017年戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編

チーム全体の状況 ※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。2017年、横浜DeNAベイスターズは3位となりました。2年連続Aクラスは16年ぶり。かつての低迷期からは完全に脱却したと...

続きを読む

2017年戦力分析 阪神タイガース編

チーム全体の状況 ※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。2017年、阪神タイガースは2位となりました。Aクラスは2年ぶり。打撃・守備・投球の中で最も改善が著しかったのが打撃...

続きを読む

2017年戦力分析 広島東洋カープ編

チーム全体の状況※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZR・DER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。2017年、広島東洋カープは1位となりました。連覇は1979年・1980年以来。黄金時代に本格的に突入しつつある状況と言えるでし...

続きを読む

現役打者の2000本安打達成の可能性を考える

名球会の入会資格の一つであり、打者にとって最大のマイルストーンと評される2000本安打。2017年のプロ野球では、荒木雅博・阿部慎之助・鳥谷敬の3人が2000本安打を達成しました。彼らに続く可能性の高い打者は誰か、今回は考えていきたいと思います。達成有望な20代打者は?まずは2000本安打から遠い、20代打者から見ていきましょう。現役20代選手の通算安打でも取り上げた、現役20代打者の通算安打TOP20を以下に示します。この中...

続きを読む

現役20代選手の通算安打(2018年版)

現役20代選手の通算安打(2017年版)毎年恒例ですが今年もやります。2018年3月30日(シーズン開幕)時点における、現役20代打者の通算安打TOP20を調べました。表中の守備位置は通算で最も多く先発した守備位置を示します。20代通算安打(2018年開幕時点) 現役20代最多は坂本勇人。1559安打は2位秋山に500本以上差を付けるダントツの本数。20歳でレギュラーに定着して以来、大きな離脱もなくここまで安打数を積み重ねました。20代で...

続きを読む

ポジション別に最優秀打者を選ぶ 2017年パリーグ編

はじめにこの記事ではMLBにおける表彰の一つであるシルバースラッガー賞に倣い、打撃指標wRAAを用いて「打撃で最も貢献した打者」をポジション別に選出したいと思います。具体的な評価方法評価基準は「同ポジションの控え選手と比べて、チームの総得点を何点増やしたか」としました。打者が出場しない時に代役で出場するのは同ポジションの控え選手であるため、この基準を用いれば「その打者が出場しない時と比べて、チームの総得...

続きを読む

広島市民球場[1957-2008] - 球場別PF

パークファクターとはパークファクター(PF)は球場の特性を評価する指標です。得点や本塁打といったイベントがその球場でどれだけ発生しやすいかを示します。数値が大きければイベントが発生しやすい、数値が小さければ発生しにくい球場であることを意味します。注意点・開場(1957年)以降の広島市民球場の年度別PFを調べました。・球場特性を評価する上でノイズとなる交流戦と地方球場の試合は除外して算出しました。・主催試合の1/...

続きを読む

川崎球場[1957-1991] - 球場別PF

パークファクターとはパークファクター(PF)は球場の特性を評価する指標です。得点や本塁打といったイベントがその球場でどれだけ発生しやすいかを示します。数値が大きければイベントが発生しやすい、数値が小さければ発生しにくい球場であることを意味します。注意点・1957年以降の川崎球場の年度別PFを調べました。(ロッテ使用時と大洋使用時で別々に算出)・球場特性を評価する上でノイズとなる交流戦と地方球場の試合は除外して...

続きを読む

ポジション別に最優秀打者を選ぶ 2017年セリーグ編

はじめにこの記事ではMLBにおける表彰の一つであるシルバースラッガー賞に倣い、打撃指標wRAAを用いて「打撃で最も貢献した打者」をポジション別に選出したいと思います。具体的な評価方法評価基準は「同ポジションの控え選手と比べて、チームの総得点を何点増やしたか」としました。打者が出場しない時に代役で出場するのは同ポジションの控え選手であるため、この基準を用いれば「その打者が出場しない時と比べて、チームの総得...

続きを読む

2017年12球団パークファクター

 ...

続きを読む

2017年12球団パークファクター(二軍)

2017年二軍各種PF 2016年 / 2017年(一軍) / 2018年 イ本拠地とチーム 得点 本塁打 BABIP 三振 四死球 本拠試合 全体試合 ロッテ浦和球場 ロ 1.27 1.61 1.14 1.05 0.92 45(45) 99(120) 西武第二球場西 1.01 1.01 1.02 1.02 1.09 47(47) 99(117) 戸田球場 ヤ 1.00 1.20 0.92 0.80 1.01 62(62) 114(126) ...

続きを読む

PFを考慮した2017年セリーグwOBAとRSAA

パークファクターを考慮した打撃貢献と投球貢献についてまとめました。□チーム打撃成績 順位 球団 野手基本成績 RCWin 得点PF wRAA wRC+ 捕手 一塁 二塁 三塁 遊撃 左翼 中堅 右翼 DH 投手 1位 広島 .283 152HR 736得点 14.17 0.97 144 126 11 27 5 -5 30 10 34 28 2 -1 2位 阪神 .256 111HR 589得点 0.31 0.91 24 10...

続きを読む

PFを考慮した2017年パリーグwOBAとRSAA

パークファクターを考慮した打撃貢献と投球貢献についてまとめました。□チーム打撃成績 順位 球団 基本成績 RCWin 得点PF wRAA wRC+ 捕手 一塁 二塁 三塁 遊撃 左翼 中堅 右翼 DH 1位 ソフトバンク .260 164HR 638得点 7.30 1.00 78 114 8 5 -2 7 18 1 37 -2 8 2位 西武 .264 153HR 690得点 8.94 1.09 61 111 6 32 ...

続きを読む

2017年イリーグwOBAとRSAA

□チーム打撃成績 順位 球団 基本成績 RCWin 得点PF wRAA wRC+ 捕手 一塁 二塁 三塁 遊撃 左翼 中堅 右翼 DH 1位 巨人 .270 *74HR 566得点 5.54 1.00 63 112 6 -1 9 4 13 10 1 12 9 2位 楽天 .254 *87HR 523得点 1.46 1.00 13 103 -13 11 16 2 -10 -5 6 3 0 3位 ヤクルト .255 *79HR 55...

続きを読む

2017年ウリーグwOBAとRSAA

□チーム打撃成績 順位 球団 野手基本成績 RCWin 得点PF wRAA wRC+ 捕手 一塁 二塁 三塁 遊撃 左翼 中堅 右翼 DH 1位 広島 .290 *93HR 555得点 11.93 1.00 122 127 10 10 19 11 19 18 11 30 2 2位 中日 .242 *42HR 396得点 -4.39 1.00 -47 89 -13 -11 8 -7 3 -7 2 -7 -18 3位 ...

続きを読む

2017広島打線は史上最強か?

広島・新井が勝ち越し二塁打! 八回に一挙8点の猛攻で首位固め(サンケイスポーツ) (セ・リーグ、阪神3-14広島、14回戦、7勝7敗、19日、甲子園)首位・広島は八回に新井の勝ち越し適時二塁打など一挙8点を奪う猛攻で大勝。これで、2位・阪神との3連戦に勝ち越してゲーム差を9に広げた。セ・リーグのペナントレースは広島の独走状態が依然として続いています。快進撃を支える最大の原動力が好調の打線。上記の試合...

続きを読む

横浜スタジアム[1978-] - 球場別PF

パークファクターとはパークファクター(PF)は球場の特性を評価する指標です。得点や本塁打といったイベントがその球場でどれだけ発生しやすいかを示します。数値が大きければイベントが発生しやすい、数値が小さければ発生しにくい球場であることを意味します。注意点・開場(1978年)以来の横浜スタジアムの年度別PFを調べました。・球場特性を評価する上でノイズとなる交流戦と地方球場の試合は除外して算出しました。・主催試合の...

続きを読む

「8番投手」は珍しいのか?投手打順の歴史

DeNAラミレス監督が奇策!8番に投手、9番に倉本起用(デイリースポーツ)(前略) 投手のウィーランドを8番、倉本を9番で起用。試合前、指揮官は「ウィーランドは非常にいいスイングをする。野球IQが高い。倉本の調子は悪いが、9番にいることで次の1番につなぐという使い方」と、意図を説明した。 (後略)今季、ラミレス監督の投手を8番で出場させる起用法が話題を集めています。上の4月14日の起用は単発に終わり、翌日は「...

続きを読む

現役20代選手の通算安打(2017年版)

現役20代選手の通算安打(2016年版)毎年恒例ですが今年もやります。2017年4月7日時点における、現役20代打者の通算安打記録を調べました。表中の守備位置は通算で最も多く先発した守備位置を示します。現役20代打者 通算安打TOP20 2017年4月7日時点安打1位は毎年恒例の坂本勇人。2位以下に大差を付けて1411安打を積み上げています。多少のアクシデントがあっても20代での1500安打は確実な状況。長らく2位だった石川雄洋は30代を迎え...

続きを読む

2016年打者の通信簿 広島東洋カープ編

ポジション別に最優秀打者を選ぶ 2016年セリーグ編前の記事では打者が生み出す総合的なバリューについて見てきた訳ですが、どこからそれが生み出されるのかについては触れませんでした。攻撃と守備を同時に行えない野球において、勝つために攻撃側が取れる手段は得点を増やすことしかありません。だから打者の優劣を考える場合には「得点をどれだけ多く生み出せたか」という物差しだけで事足ります。一方で得点の生み出し方は打者...

続きを読む

コンテンツ

■2018年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター