記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

捕手RCWIN記録[1936-2016]

この記事での捕手の定義は「最も多く先発出場した守備位置が捕手である選手」となります。

現役捕手RCWIN通算記録[通算2000打席以上]
順位 選手名 通算RCW 守備 年数 現役 実働期間 通算成績 キャリアハイ
1位 阿部慎之助 32.70 捕手 16年 37歳 2001-2016 .286 373HR 1136打点 6.39 [.340 27HR 104打点/2012年]
2位 嶋基宏 -8.94 捕手 10年 32歳 2007-2016 .250 *20HR *247打点 0.50 [.291 *1HR **8打点/2012年]
3位 相川亮二 -11.73 捕手 18年 40歳 1999-2016 .261 *69HR *472打点 0.79 [.313 *4HR *17打点/2015年]
4位 鶴岡慎也 -12.15 捕手 12年 35歳 2005-2016 .238 *14HR *234打点 プラスシーズン無し
5位 石原慶幸 -16.49 捕手 15年 37歳 2002-2016 .239 *63HR *354打点 プラスシーズン無し
6位 細川亨 -18.74 捕手 15年 36歳 2002-2016 .203 *83HR *365打点 プラスシーズン無し
7位 炭谷銀仁朗 -19.01 捕手 11年 29歳 2006-2016 .206 *26HR *232打点 プラスシーズン無し

歴代捕手RCWIN通算記録[通算2000打席以上]
順位 選手名 通算RCW 守備 年数 現役 実働期間 通算成績 キャリアハイ
1位 野村克也 61.00 捕手 26年 1954-1980 .277 657HR 1988打点 6.39 [.320 42HR 110打点/1965年]
2位 阿部慎之助 32.70 捕手 16年 37歳 2001-2016 .286 373HR 1136打点 6.39 [.340 27HR 104打点/2012年]
3位 田淵幸一 30.29 捕手 16年 1969-1984 .260 474HR 1135打点 5.71 [.303 43HR *90打点/1975年]
4位 城島健司 14.73 捕手 14年 1995-2012 .296 244HR *808打点 3.81 [.338 36HR *91打点/2004年]
5位 土井垣武 14.38 捕手 15年 1940-1957 .282 *79HR *654打点 2.25 [.322 15HR *72打点/1950年]
6位 木俣達彦 13.04 捕手 19年 1964-1982 .277 285HR *872打点 3.58 [.280 27HR *71打点/1971年]
7位 古田敦也 12.74 捕手 18年 1990-2007 .294 217HR 1009打点 4.35 [.316 30HR *86打点/1992年]
8位 吉永幸一郎 12.16 捕手 14年 1990-2003 .278 153HR *505打点 3.18 [.300 29HR *73打点/1997年]
9位 藤尾茂 6.45 捕手 12年 1953-1964 .253 *74HR *346打点 2.37 [.276 14HR *58打点/1956年]
10位 門前真佐人 2.76 捕手 19年 1936-1956 .237 *80HR *543打点 1.67 [.280 25HR 110打点/1950年]
11位 里崎智也 1.06 捕手 15年 2000-2014 .256 108HR *458打点 1.41 [.264 17HR *56打点/2006年]
12位 野口明 0.01 捕手 17年 1936-1955 .251 *61HR *572打点 2.14 [.233 *3HR *42打点/1943年]
13位 中尾孝義 -0.41 捕手 14年 1981-1993 .263 109HR *335打点 1.35 [.322 12HR *35打点/1984年]
14位 和田博実 -0.44 捕手 18年 1955-1972 .257 100HR *486打点 2.39 [.325 14HR *54打点/1962年]
15位 有田修三 -0.68 捕手 18年 1973-1990 .247 128HR *430打点 1.22 [.309 16HR *37打点/1980年]
16位 荒川昇治 -1.79 捕手 9年 1947-1955 .251 *14HR *241打点 0.74 [.262 *1HR *23打点/1948年]
17位 高橋信二 -2.51 捕手 15年 2000-2014 .266 *82HR *416打点 1.13 [.285 26HR *84打点/2004年]
18位 土肥健二 -2.81 捕手 14年 1970-1983 .268 *44HR *199打点 0.29 [.362 *1HR **5打点/1972年]
19位 橋本将 -2.82 捕手 13年 1995-2010 .234 *44HR *229打点 2.13 [.311 11HR *55打点/2008年]
20位 谷本稔 -3.67 捕手 13年 1955-1967 .257 *46HR *360打点 0.63 [.276 10HR *46打点/1959年]
21位 加藤俊夫 -3.71 捕手 18年 1967-1985 .247 116HR *431打点 1.04 [.270 11HR *36打点/1977年]
22位 河合保彦 -4.86 捕手 16年 1952-1967 .212 *58HR *241打点 0.50 [.268 12HR *46打点/1961年]
23位 目時春雄 -5.49 捕手 10年 1949-1958 .227 *50HR *231打点 0.72 [.263 *8HR *35打点/1957年]
24位 村上公康 -5.57 捕手 11年 1967-1977 .239 *58HR *231打点 0.26 [.246 *9HR *34打点/1974年]
25位 梨田昌崇 -5.69 捕手 17年 1972-1988 .254 113HR *439打点 0.47 [.290 10HR *35打点/1982年]
26位 矢野輝弘 -6.18 捕手 20年 1991-2010 .274 112HR *570打点 1.90 [.328 14HR *79打点/2003年]
27位 大宮龍男 -6.34 捕手 16年 1977-1992 .243 *63HR *284打点 0.46 [.258 16HR *67打点/1982年]
28位 野口寿浩 -6.51 捕手 17年 1994-2010 .250 *42HR *272打点 0.60 [.351 *2HR *11打点/2007年]
29位 筒井敬三 -6.58 捕手 13年 1946-1958 .236 *28HR *276打点 0.28 [.282 *4HR *34打点/1946年]
30位 藤原鉄之助 -6.62 捕手 12年 1942-1954 .220 **7HR *212打点 0.38 [.208 *1HR *18打点/1943年]

□歴代捕手RCWINシーズン記録
順位 年度/選手名(所属球団) RCW 守備 年齢 打率/HR/打点/盗塁 出塁率/長打率/OPS 現役
1位 2012年阿部慎之助(巨人) 6.39 捕手 33歳 .340 27HR 104打点 *0盗塁 .429/.565/.994 現役
2位 1965年野村克也(南海) 6.39 捕手 30歳 .320 42HR 110打点 *3盗塁 .397/.637/1.034
3位 1966年野村克也(南海) 5.86 捕手 31歳 .312 34HR *97打点 *8盗塁 .406/.568/.974
4位 1962年野村克也(南海) 5.83 捕手 27歳 .309 44HR 104打点 *5盗塁 .395/.636/1.031
5位 1963年野村克也(南海) 5.82 捕手 28歳 .291 52HR 135打点 *4盗塁 .386/.618/1.004
6位 1975年田淵幸一(阪神) 5.71 捕手 29歳 .303 43HR *90打点 *2盗塁 .437/.657/1.094
7位 1974年田淵幸一(阪神) 5.29 捕手 28歳 .278 45HR *95打点 *2盗塁 .437/.644/1.080
8位 1957年野村克也(南海) 5.29 捕手 22歳 .302 30HR *94打点 *7盗塁 .386/.538/.924
9位 1967年野村克也(南海) 5.12 捕手 32歳 .305 35HR 100打点 13盗塁 .396/.585/.980
10位 2013年阿部慎之助(巨人) 4.41 捕手 34歳 .296 32HR *91打点 *0盗塁 .427/.564/.991 現役
11位 1992年古田敦也(ヤクルト) 4.35 捕手 27歳 .316 30HR *86打点 *3盗塁 .422/.576/.997
12位 1970年野村克也(南海) 4.15 捕手 35歳 .295 42HR 114打点 10盗塁 .383/.580/.963
13位 1968年野村克也(南海) 4.09 捕手 33歳 .260 38HR *99打点 *2盗塁 .397/.548/.945
14位 1962年江藤慎一(中日) 4.08 捕手 25歳 .288 23HR *61打点 *4盗塁 .365/.454/.820
15位 1973年田淵幸一(阪神) 3.90 捕手 27歳 .256 37HR *90打点 *0盗塁 .393/.550/.943
16位 2004年城島健司(ダイエー) 3.81 捕手 28歳 .338 36HR *91打点 *6盗塁 .432/.655/1.087
17位 1971年木俣達彦(中日) 3.58 捕手 27歳 .280 27HR *71打点 *2盗塁 .364/.517/.881
18位 1970年木俣達彦(中日) 3.56 捕手 26歳 .283 30HR *65打点 *1盗塁 .350/.515/.865
19位 1964年野村克也(南海) 3.49 捕手 29歳 .262 41HR 115打点 *7盗塁 .347/.527/.874
20位 2010年阿部慎之助(巨人) 3.49 捕手 31歳 .281 44HR *92打点 *0盗塁 .368/.608/.976 現役
21位 1960年野村克也(南海) 3.42 捕手 25歳 .291 29HR *88打点 *8盗塁 .355/.560/.915
22位 2003年城島健司(ダイエー) 3.37 捕手 27歳 .330 34HR 119打点 *9盗塁 .399/.593/.993
23位 1961年野村克也(南海) 3.33 捕手 26歳 .296 29HR *89打点 *8盗塁 .367/.514/.881
24位 1954年チャーリー・ルイス(毎日) 3.30 捕手 29歳 .293 15HR *90打点 *7盗塁 .362/.484/.846
25位 2009年阿部慎之助(巨人) 3.04 捕手 30歳 .293 32HR *76打点 *1盗塁 .357/.587/.943 現役
26位 1942年楠安夫(巨人) 3.02 捕手 22歳 .227 *1HR *26打点 *3盗塁 .397/.318/.715
27位 1969年木俣達彦(中日) 3.00 捕手 25歳 .268 33HR *60打点 *1盗塁 .330/.578/.908
28位 1991年古田敦也(ヤクルト) 2.85 捕手 26歳 .340 11HR *50打点 *4盗塁 .428/.500/.928
29位 2011年阿部慎之助(巨人) 2.84 捕手 32歳 .292 20HR *61打点 *1盗塁 .363/.500/.863 現役
30位 2004年阿部慎之助(巨人) 2.69 捕手 25歳 .301 33HR *78打点 *0盗塁 .391/.625/1.016 現役


RCWINは平均的な「野手」との比較であるため、ほとんどの捕手が「-」を記録します。
捕手として高い打力を持っている選手でも、打席数の増大と共にマイナスが拡大していく例が多々見られます。
生のRCWINは捕手の打力を評価する指標としてはやや不適格な面があります。

以下は本拠地球場の補正を加えた上で比較対象を直近20年の捕手平均に切り替えたものです。
手法についてはこちらを参照→「守備位置補正RCWIN」 球場補正については1957年以降を対象としました。


現役捕手補正RCWIN通算記録[通算2000打席以上/球場補正あり/守備位置補正あり]
順位 選手名 補正RCW 守備 年数 現役 実働期間 通算成績 球場補正 pos補正 キャリアハイ
1位 阿部慎之助 49.69 捕手 16年 37歳 2001-2016 .286 373HR 1136打点 1.01 15.98 7.49 [.340 27HR 104打点/2012年]
2位 嶋基宏 0.93 捕手 10年 32歳 2007-2016 .250 *20HR *247打点 -0.27 10.14 1.34 [.315 *3HR *43打点/2010年]
3位 相川亮二 -1.22 捕手 18年 40歳 1999-2016 .261 *69HR *472打点 -2.65 13.16 1.15 [.293 11HR *65打点/2010年]
4位 鶴岡慎也 -4.60 捕手 12年 35歳 2005-2016 .238 *14HR *234打点 0.30 7.24 0.60 [.295 *2HR *26打点/2013年]
5位 石原慶幸 -4.60 捕手 15年 37歳 2002-2016 .239 *63HR *354打点 -0.55 12.44 0.64 [.248 *7HR *35打点/2013年]
6位 細川亨 -8.38 捕手 15年 36歳 2002-2016 .203 *83HR *365打点 -0.18 10.54 0.06 [.239 10HR *43打点/2007年]
7位 炭谷銀仁朗 -12.16 捕手 11年 29歳 2006-2016 .206 *26HR *232打点 -1.55 8.39 プラスシーズン無し

歴代捕手補正RCWIN通算記録[球場補正あり/守備位置補正あり]
順位 選手名 補正RCW 守備 年数 現役 実働期間 通算成績 球場補正 pos補正 キャリアハイ
1位 野村克也 85.80 捕手 26年 1954-1980 .277 657HR 1988打点 -0.99 25.79 7.48 [.320 42HR 110打点/1965年]
2位 阿部慎之助 49.69 捕手 16年 37歳 2001-2016 .286 373HR 1136打点 1.01 15.98 7.49 [.340 27HR 104打点/2012年]
3位 田淵幸一 35.55 捕手 16年 1969-1984 .260 474HR 1135打点 4.06 1.19 7.18 [.303 43HR *90打点/1975年]
4位 古田敦也 33.16 捕手 18年 1990-2007 .294 217HR 1009打点 -1.33 21.75 5.73 [.316 30HR *86打点/1992年]
5位 城島健司 30.46 捕手 14年 1995-2012 .296 244HR *808打点 2.08 13.66 5.57 [.330 34HR 119打点/2003年]
6位 木俣達彦 29.91 捕手 19年 1964-1982 .277 285HR *872打点 0.24 16.63 4.78 [.283 30HR *65打点/1970年]
7位 土井垣武 21.87 捕手 15年 1940-1957 .282 *79HR *654打点 0.01 7.48 3.02 [.322 15HR *72打点/1950年]
8位 吉永幸一郎 14.63 捕手 14年 1990-2003 .278 153HR *505打点 1.37 1.10 3.46 [.295 20HR *72打点/1996年]
9位 谷繁元信 13.07 捕手 27年 1989-2015 .240 229HR 1040打点 1.70 27.91 2.31 [.262 20HR *70打点/2001年]
10位 里崎智也 11.47 捕手 15年 2000-2014 .256 108HR *458打点 0.55 9.86 2.73 [.264 17HR *56打点/2006年]
11位 矢野輝弘 10.26 捕手 20年 1991-2010 .274 112HR *570打点 1.76 14.69 3.42 [.328 14HR *79打点/2003年]
12位 藤尾茂 9.20 捕手 12年 1953-1964 .253 *74HR *346打点 0.01 2.75 3.10 [.276 14HR *58打点/1956年]
13位 門前真佐人 9.04 捕手 19年 1936-1956 .237 *80HR *543打点 0.00 6.28 2.52 [.280 25HR 110打点/1950年]
14位 伊東勤 6.72 捕手 22年 1982-2003 .247 156HR *811打点 1.56 20.71 1.68 [.281 11HR *43打点/1990年]
15位 和田博実 6.68 捕手 18年 1955-1972 .257 100HR *486打点 0.50 6.62 2.90 [.325 14HR *54打点/1962年]
16位 吉原正喜 6.17 捕手 5年 1938-1941 .237 **9HR *103打点 0.00 2.20 2.42 [.230 *1HR *27打点/1940年]
17位 楠安夫 6.10 捕手 14年 1938-1955 .242 *22HR *218打点 0.00 2.74 3.65 [.227 *1HR *26打点/1942年]
18位 B.ハリス 5.73 捕手 6年 1936-1938 .309 *13HR *103打点 0.00 1.30 1.72 [.320 *5HR *23打点/1938秋]
19位 中尾孝義 5.66 捕手 14年 1981-1993 .263 109HR *335打点 0.31 5.76 1.98 [.282 18HR *47打点/1982年]
20位 C.ルイス 5.33 捕手 2年 1954-1955 .277 *24HR *163打点 0.00 1.78 4.17 [.293 15HR *90打点/1954年]
21位 有田修三 5.23 捕手 18年 1973-1990 .247 128HR *430打点 -0.61 6.51 1.48 [.292 12HR *40打点/1988年]
22位 加藤俊夫 5.03 捕手 18年 1967-1985 .247 116HR *431打点 -0.56 9.31 1.98 [.293 12HR *46打点/1973年]
23位 田村藤夫 4.94 捕手 17年 1981-1997 .252 110HR *486打点 0.85 12.40 1.38 [.274 19HR *56打点/1986年]
24位 田中義雄 4.58 捕手 9年 1937-1944 .247 **5HR *162打点 0.00 2.59 2.26 [.293 *0HR *42打点/1940年]
25位 広田順 2.75 捕手 5年 1952-1956 .251 *26HR *144打点 0.00 2.44 0.83 [.277 *4HR *23打点/1952年]
26位 原口文仁 2.19 捕手 1年 24歳 2016-2016 .299 *11HR **46打点 0.16 0.85 2.19 [.299 11HR *46打点/2016年]
27位 谷本稔 2.17 捕手 13年 1955-1967 .257 *46HR *360打点 0.28 5.56 1.48 [.276 10HR *46打点/1959年]
28位 荒川昇治 2.05 捕手 9年 1947-1955 .251 *14HR *241打点 0.00 3.85 1.09 [.262 *1HR *23打点/1948年]
29位 野口明 1.79 捕手 17年 1936-1955 .251 *61HR *572打点 0.00 1.78 1.71 [.233 *3HR *42打点/1943年]
30位 小川年安 1.76 捕手 2年 1936-1936 .342 **0HR **30打点 0.00 0.31 0.99 [.287 *0HR *21打点/1936秋]

□歴代捕手補正RCWINシーズン記録[球場補正あり/守備位置補正あり]
順位 年度/選手名(所属球団) 補RCW 守備 年齢 打率/HR/打点/盗塁 出塁率/長打率/OPS 球場補正 pos補正
1位 2012年阿部慎之助(巨人) 7.49 捕手 33歳 .340 27HR 104打点 *0盗塁 .429/.565/.994 -0.01 1.10 現役
2位 1965年野村克也(南海) 7.48 捕手 30歳 .320 42HR 110打点 *3盗塁 .397/.637/1.034 -0.23 1.31
3位 1975年田淵幸一(阪神) 7.18 捕手 29歳 .303 43HR *90打点 *2盗塁 .437/.657/1.094 0.30 1.17
4位 1963年野村克也(南海) 7.08 捕手 28歳 .291 52HR 135打点 *4盗塁 .386/.618/1.004 -0.14 1.41
5位 1966年野村克也(南海) 6.94 捕手 31歳 .312 34HR *97打点 *8盗塁 .406/.568/.974 -0.25 1.34
6位 1974年田淵幸一(阪神) 6.80 捕手 28歳 .278 45HR *95打点 *2盗塁 .437/.644/1.080 0.36 1.15
7位 1962年野村克也(南海) 6.59 捕手 27歳 .309 44HR 104打点 *5盗塁 .395/.636/1.031 -0.41 1.17
8位 1967年野村克也(南海) 6.24 捕手 32歳 .305 35HR 100打点 13盗塁 .396/.585/.980 -0.19 1.31
9位 1957年野村克也(南海) 6.10 捕手 22歳 .302 30HR *94打点 *7盗塁 .386/.538/.924 -0.12 0.94
10位 2013年阿部慎之助(巨人) 5.85 捕手 34歳 .296 32HR *91打点 *0盗塁 .427/.564/.991 0.11 1.33 現役
11位 1992年古田敦也(ヤクルト) 5.73 捕手 27歳 .316 30HR *86打点 *3盗塁 .422/.576/.997 -0.05 1.43
12位 2003年城島健司(ダイエー) 5.57 捕手 27歳 .330 34HR 119打点 *9盗塁 .399/.593/.993 0.47 1.73
13位 1970年野村克也(南海) 5.47 捕手 35歳 .295 42HR 114打点 10盗塁 .383/.580/.963 -0.00 1.32
14位 2004年城島健司(ダイエー) 5.42 捕手 28歳 .338 36HR *91打点 *6盗塁 .432/.655/1.087 0.27 1.34
15位 1968年野村克也(南海) 5.38 捕手 33歳 .260 38HR *99打点 *2盗塁 .397/.548/.945 -0.08 1.37
16位 1973年田淵幸一(阪神) 5.20 捕手 27歳 .256 37HR *90打点 *0盗塁 .393/.550/.943 0.25 1.05
17位 1962年江藤慎一(中日) 5.10 捕手 25歳 .288 23HR *61打点 *4盗塁 .365/.454/.820 0.23 0.79
18位 1964年野村克也(南海) 4.83 捕手 29歳 .262 41HR 115打点 *7盗塁 .347/.527/.874 -0.12 1.46
19位 2010年阿部慎之助(巨人) 4.82 捕手 31歳 .281 44HR *92打点 *0盗塁 .368/.608/.976 -0.07 1.41 現役
20位 1970年木俣達彦(中日) 4.78 捕手 26歳 .283 30HR *65打点 *1盗塁 .350/.515/.865 0.11 1.11
21位 1971年木俣達彦(中日) 4.70 捕手 27歳 .280 27HR *71打点 *2盗塁 .364/.517/.881 0.09 1.04
22位 1960年野村克也(南海) 4.30 捕手 25歳 .291 29HR *88打点 *8盗塁 .355/.560/.915 -0.08 0.96
23位 1961年野村克也(南海) 4.21 捕手 26歳 .296 29HR *89打点 *8盗塁 .367/.514/.881 -0.27 1.16
24位 1954年チャーリー・ルイス(毎日) 4.17 捕手 29歳 .293 15HR *90打点 *7盗塁 .362/.484/.846 0.00 0.87
25位 2009年阿部慎之助(巨人) 4.15 捕手 30歳 .293 32HR *76打点 *1盗塁 .357/.587/.943 0.05 1.05 現役
26位 2011年阿部慎之助(巨人) 4.06 捕手 32歳 .292 20HR *61打点 *1盗塁 .363/.500/.863 0.05 1.17 現役
27位 1969年木俣達彦(中日) 4.03 捕手 25歳 .268 33HR *60打点 *1盗塁 .330/.578/.908 0.07 0.96
28位 1991年古田敦也(ヤクルト) 4.01 捕手 26歳 .340 11HR *50打点 *4盗塁 .428/.500/.928 -0.06 1.22
29位 2004年阿部慎之助(巨人) 3.95 捕手 25歳 .301 33HR *78打点 *0盗塁 .391/.625/1.016 0.08 1.17 現役
30位 1972年田淵幸一(阪神) 3.92 捕手 26歳 .258 34HR *82打点 *2盗塁 .341/.518/.860 0.55 1.01

谷繁元信・里崎智也・矢野輝弘・伊東勤は捕手としてはかなり優秀なスラッガーだったようです。

守備位置別RCWIN記録

コメント

No title

「No.4捕手はMLB期間を勘定に入れれば城島」ありますが、これはどういった計算から何勝程度の貢献になると見積もられているのでしょうか?

Re: No title

コメントありがとうございます。

上表の守備位置補正RCWINに代替補正と守備得点と球場補正を加えてWARを概算すると、

□代替補正(600打席で2勝分として計算)
谷繁 +34.28勝(10284打席)
城島 +17.61勝(5284打席)
□球場補正
谷繁 +1.66勝(横浜スタジアム-ナゴヤドーム)
城島 +2.08勝(福岡ドーム-甲子園)
□守備得点(1992-)
谷繁 +62点(≒+6.2勝)
城島 +45点(≒+4.5勝)



□概算WAR
谷繁 +53.6勝
城島 +52.5勝

現役の谷繁は数値を伸ばす余地があるのに加えて、今回未集計の1989年-1991年の守備得点を加えるともう少し値は伸びると考えられるため、リプレイスメントレベルの設定や守備位置補正のやり方にも依りますが、NPB時代の通算実績については谷繁が城島を上回っていると考えます。

一方でMLB城島はrWARが5.3、fWARが6.7となっています。
この数値に対する評価は様々でしょうが、どう考慮しようが日米合算で谷繁を上回るのは間違いなく、
また3位の古田にも届きそうにないため「No.4捕手はMLB期間を勘定に入れれば城島」と書きました。

No title

回答ありがとうございます
MLB時代のWARを考えれば、日米合算では確実に谷繁を上回る、という点については特に疑問はありませんでした

3位の古田との比較ですが(『NPB歴代捕手3傑は野村、古田、阿部』とあるので、古田は2位だと思っていました)
アメリカ時代の4年間について、MLBでの貢献がそれほど芳しくない後半の2年間も含めた全てのシーズンで
NPBでのキャリアハイ相当の貢献を記録したと仮定しても古田を上回らない、という理解をしていいのか
あるいは、後半の2年分はMLBでの出場機会が減った分などを割り引いて見積もっているのか、という点での質問です(紛らわしかったですね)

Re: No title

返信ありがとうございます。

阿部と古田ですが現時点では以下の評価になります。
□代替補正
阿部 +23.07勝(6920打席)
古田 +27.05勝(8115打席)
□球場補正
阿部 +0.97勝(東京ドーム)
古田 -1.33勝(神宮)
□守備得点(-1992)
阿部 +30点(≒+3.0勝)
古田 +73点(≒+7.3勝)



□概算WAR
阿部 +73.4勝
古田 +67.6勝

古田は谷繁と同じく91年以降の守備得点が未集計なので、ここからもう2勝分くらい伸ばしそうです。
城島の年度別成績は以下のようになっています。
2010 +5.6勝
2006-2009 (MLB期間)
2005 +5.8勝
2004 +7.6勝
2003 +8.4勝
2002 +5.3勝

MLB前後の期間で安定して+5勝を上回っているため、
このくらいの成績を4年間全てで記録したと仮定したら古田を上回ります。
ただ、MLBでの不振などから考えるに「確実に超えただろう」とは断言できず可能性の話に留まるため、個人的には
> 後半の2年分はMLBでの出場機会が減った分などを割り引いて見積もっている
こちらの意味を込めて書きました。この辺りは解釈が分かれるところかもしれませんが。

No title

城島に最大限有利な仮定をすれば古田を越えるが、やはり現実的に考えるなら古田には少し及ばないという結論でよさそうですね
阿部は昨シーズン終了時点で73.4勝ですか。体調的には既にボロボロで限界に近い感もありますし、ここから大きく伸ばすのは厳しいでしょうか

詳しい解説ありがとうございました。これからも更新頑張ってください

Re: No title

返信ありがとうございます。

> 城島に最大限有利な仮定をすれば古田を越えるが、やはり現実的に考えるなら古田には少し及ばないという結論でよさそうですね
私はそのように考えています。

阿部の数値はNPB現役選手ではおそらく最高値で、落合博満以来の記録だと考えています。
捕手としては攻守にわたりまだまだ良好な成績を残していますし、
コンディションの問題から厳しいのかもしれませんが、再一塁転向は勿体ない気がしてなりません。
ここから一塁手としてチームに貢献していくためには、西武時代の田淵のような打撃が求められますから。

今後ともよろしくお願いいたします。

× □守備得点(-1992)
○ □守備得点(1992-)
× 古田は谷繁と同じく91年以降
○ 古田は谷繁と同じく91年以前

↑見直してみたらいろいろ間違っていたので訂正します。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター