記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

パークファクターを考慮した2014年パリーグ選手貢献度ランキング

□2014年シーズン確定版はこちら

□投手評価
RSAA及びRSWINは以下の2つの欠点を持つことが知られています。
・チームの守備力の差が考慮されていないこと(背後を守る野手の守備能力が高い場合、実力より高い評価となる)
・本拠地球場の差が考慮されていないこと(点が入りにくい球場を本拠地としている場合、実力より高い評価となる)
今回はこの点を踏まえて、セリーグと同様に投手成績の評価を行なっていきます。

□チーム守備力の評価
1位 43点[DER.708] ソフトバンク
2位 17点[DER.696] オリックス
3位 *1点[DER.688] 西武
4位 -10点[DER.683] 日本ハム
5位 -11点[DER.683] ロッテ
6位 -40点[DER.668] 楽天

点数は「リーグの平均的な野手陣と比べて、守備により失点を何点分減らしたか」を示します。
守備評価に際してはDERという指標を用いました。(こちらを参考)
今季はソフトバンクが良い数値を出しています。
楽天は昨季より大きく数値を落としました。内野の陣容が変わったのが影響しているかもしれません。

□本拠地球場の評価
1位 20点 福岡ヤフオクドーム
2位 15点 京セラドーム大阪
3位 11点 札幌ドーム
4位 *1点 楽天koboスタジアム宮城
5位 -10点 QVCマリンフィールド
6位 -20点 西武ドーム

点数は「リーグの平均的な球場と比べて、球場の影響によりチーム総失点が何点分減っているか」を示します。
リーグ平均失点率*(チーム得点PF跳ね返り係数-1)*チーム投球回/9
補正に際しては2011年-2013年の得点PF値の平均を使用しました。
球場による得点環境の差は、セリーグと比べると小さいと言えそうです。

□チーム守備力と本拠地球場が防御率にどの程度影響を与えるか
3.03 福岡ソフトバンクホークス
3.29 オリックス・バファローズ
3.58 北海道日本ハムファイターズ
3.76 埼玉西武ライオンズ
3.77 千葉ロッテマリーンズ
3.95 東北楽天ゴールデンイーグルス

数値は「リーグの平均的な投手がそのチームでプレーした場合の防御率」を示します。
リーグ平均防御率+(守備力評価+球場評価)/チーム投球回*9/リーグ総失点*リーグ総自責点
ソフトバンクで防御率3.03を記録している投手が楽天に移籍すると、
後ろを守る野手の守備力の変化と、球場の差により防御率が3.95まで悪化するということを意味しています。

□以上を踏まえてチーム別補正RSAAを計算する
1位 36点 オリックス・バファローズ
2位 18点 東北楽天ゴールデンイーグルス
3位 *1点 北海道日本ハムファイターズ
4位 -5点 福岡ソフトバンクホークス
5位 -9点 埼玉西武ライオンズ
6位 -59点 千葉ロッテマリーンズ

数値は「チーム守備力と本拠地球場を考慮した上で、リーグの平均的な投手と比べてチーム総失点を何点分減らしたか」を示します。
RSAA+守備力補正+球場補正
オリックスの投手陣がリーグNo.1の貢献量を記録しています。楽天田中将大の穴を埋められていると言えそう。

□パリーグ補正RSAAランキング
*1位 21 金子千尋(オリックス)
*2位 19 岸孝之(西武)
*3位 15 福山博之(楽天)
*4位 14 大谷翔平(日本ハム)
*5位 13 谷元圭介(日本ハム)
*6位 12 西野勇士(ロッテ)
*7位 12 辛島航(楽天)
*8位 11 佐藤達也(オリックス)
*9位 11 五十嵐亮太(ソフトバンク)
10位 11 則本昂大(楽天)
11位 11 高橋朋己(西武)
12位 11 クロッタ(日本ハム)
13位 10 サファテ(ソフトバンク)
14位 10 大谷智久(ロッテ)
15位 *9 牧田和久(西武)
16位 *8 比嘉幹貴(オリックス)
17位 *7 森唯斗(ソフトバンク)
18位 *7 吉田一将(オリックス)
19位 *6 西勇輝(オリックス)
20位 *6 森福允彦(ソフトバンク)

数値は「チーム守備力と本拠地球場を考慮した上で、リーグの平均的な投手と比べてチーム総失点を何点分減らしたか」を示します。
岸孝之金子千尋に迫る投球をしています。大谷翔平も高卒2年目の選手としては素晴らしい活躍です。

□パリーグ投手私的WARランキング
*1位 4.0 金子千尋(オリックス)
*2位 3.7 岸孝之(西武)
*3位 3.1 大谷翔平(日本ハム)
*4位 3.0 則本昂大(楽天)
*5位 2.8 辛島航(楽天)
*6位 2.5 牧田和久(西武)
*7位 2.2 西勇輝(オリックス)
*8位 2.2 福山博之(楽天)
*9位 2.1 谷元圭介(日本ハム)
10位 2.0 石川歩(ロッテ)
11位 1.9 西野勇士(ロッテ)
12位 1.9 佐藤達也(オリックス)
13位 1.9 スタンリッジ(ソフトバンク)
14位 1.8 五十嵐亮太(ソフトバンク)
15位 1.8 上沢直之(日本ハム)
16位 1.8 クロッタ(日本ハム)
17位 1.8 サファテ(ソフトバンク)
18位 1.7 高橋朋己(西武)
19位 1.6 大谷智久(ロッテ)
20位 1.4 松葉貴大(オリックス)

「リーグの平均的な控え投手と比べて、チームの勝利数を何勝分増やしたか」を示します。
補正RSAA/RPW+投球回*(0.50-0.38)/9
ここでは控え投手の定義は「勝率.380の投手」としました。先発とリリーフの区別はしていません。

□野手評価
当然ながら、本拠地球場の差は打者成績にも影響を及ぼします。
この点を踏まえて、野手の成績の評価を行ないます。

□本拠地球場の評価
1位 19点 西武ドーム
2位 10点 QVCマリンフィールド
3位 -1点 楽天koboスタジアム宮城
4位 -10点 札幌ドーム
5位 -14点 京セラドーム大阪
6位 -20点 福岡ヤフオクドーム

点数は「リーグの平均的な球場と比べて、球場の影響によりチーム総得点が何点分増えているか」を示します。
(1-チーム得点PF跳ね返り係数)*リーグ総得点/リーグ総打席*(チーム打数+チーム四死球+チーム犠飛-チーム敬遠)
補正に際しては、投手の場合と同様に2011年-2013年の得点PF値の平均を使用しました。
母数から犠打を除外しているため僅かに数字は小さくなりますが、セリーグと同様に投手に与える影響と裏返しの結果が得られました。

□本拠地球場の差を踏まえてチームwRAAを計算する
1位 85点 福岡ソフトバンクホークス
2位 20点 オリックス・バファローズ
3位 -13点 埼玉西武ライオンズ
4位 -25点 北海道日本ハムファイターズ
5位 -25点 東北楽天ゴールデンイーグルス
6位 -26点 千葉ロッテマリーンズ

数値は「本拠地球場を考慮した上で、リーグの平均的な打線と比べてチーム総得点を何点分増やしたか」を示します。
(チームwOBA-リーグwOBA)/1.24*(チーム打数+チーム四死球+チーム犠飛-チーム敬遠)+本拠地補正
wOBAの係数及びwOBAscaleについてはBaseball LAB様のデータを使用させていただきました。
得点力に関してはソフトバンクの独り勝ち状態です。

□パリーグ本拠地補正wRAAランキング
*1位 35 糸井嘉男(オリックス)
*2位 31 柳田悠岐(ソフトバンク)
*3位 23 メヒア(西武)
*4位 21 ペーニャ(オリックス)
*5位 19 中村剛也(西武)
*6位 19 内川聖一(ソフトバンク)
*7位 16 中田翔(日本ハム)
*8位 16 長谷川勇也(ソフトバンク)
*9位 15 李大浩(ソフトバンク)
10位 14 ジョーンズ(楽天)
11位 13 T-岡田(オリックス)
12位 11 松田宣浩(ソフトバンク)
13位 11 中村晃(ソフトバンク)
14位 11 角中勝也(ロッテ)
15位 10 陽岱鋼(日本ハム)
16位 *9 栗山巧(西武)
17位 *8 ハフマン(ロッテ)
18位 *6 吉村裕基(ソフトバンク)
19位 *6 ラッツ(楽天)
20位 *6 岡島豪郎(楽天)

数値は「本拠地球場を考慮した上で、リーグの平均的な野手と比べてチーム総得点を何点分増やしたか」を示します。
(wOBA-リーグwOBA)/1.24*(打数+四死球+犠飛-敬遠)+本拠地補正
メヒアは途中加入ながら驚異的な貢献量を記録。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター