記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2014年戦力分析とドラフト[千葉ロッテマリーンズ]

□2014年総合
球団 打撃 守備 投球 合計 貯金 勝敗成績 勝率
ソフトバンク 76 38 1 115 18 78勝60敗6分 0.565
オリックス 22 25 69 117 18 80勝62敗2分 0.563
日本ハム 0 3 -11 -8 5 73勝68敗3分 0.518
ロッテ -26 -22 -55 -104 -10 66勝76敗2分 0.465
西武 -21 -7 0 -27 -14 63勝77敗4分 0.450
楽天 -51 -38 -5 -93 -16 64勝80敗0分 0.444

それぞれの数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示します。
打撃については球場補正を加えたRCAAを記載、投球については球場補正守備補正を加えたRSAAを記載、
守備についてはDERから求められる守備得点を記載しました。

昨季と比較すると、投手力の凋落が目立つ一方で、野手の貢献はほぼ横ばいとなっています。
得失点差はリーグワーストだったものの、得失点差に対して実際の勝率が高めに出ており、
西武,楽天を上回って4位に食い込んでいます。どちらかと言えば幸運なシーズンだったと言えるかもしれません。

□2014年攻撃評価
ロッテ攻撃
各ポジションの先発出場数上位3人について、球場の得点PFを考慮した上で
同ポジションの平均的な選手と比べて何点分チームの得点を増やしたか」をまとめたものです。

シーズンの2/3(67%)以上を同一選手で固定できたポジションは三塁と遊撃のみであり、
シーズンを通して流動的な起用法が目立った1年だったと言えます。
昨季において打撃の穴だった捕手は、パ全体の捕手打撃が大きく低迷したことに加えて
4番手捕手である金澤岳が高打率を記録し、マイナス幅は圧縮されました。
鈴木大地が二遊間ではパNo.1の打撃利得を計上したほか、外野でも角中勝也が良い働きを見せました。
またデスパイネは途中加入ながら、出場機会あたりでリーグトップクラスの貢献を記録しています。

□2014年投球評価
ロッテ投球
チームの守備力、本拠地の得点PFを考慮した上で
先発投手について「平均的な先発投手と比べて何点分チームの失点を減らしたか
救援投手について「平均的な救援投手と比べて何点分チームの失点を減らしたか」をまとめたものです。

先発投手陣はルーキー石川歩がチームトップの貢献量を記録。
FA移籍した涌井秀章もイニングイーターとして上々の働きを見せるなど、新戦力の活躍が目立ったものの、
昨季ローテーションを形成した成瀬善久,古谷拓哉の3人が大きく成績を落としたことが響きました。
救援投手陣は昨季から成績を大きく上げた大谷智久,先発から転向した西野勇士が活躍しましたが、
昨季の主要救援陣が揃って調子を落とし、3番手以降が現れませんでした。

□総評
打撃面を見ると一塁,中堅が穴になっています。一塁は井口資仁の不振が響きました。
NPB復帰後、安定して成績を残してきた彼も40歳を迎え、一塁手として期待される打力を記録するのが難しくなっており、
代替を考えるべき時期に入っていると言えます。ロッテの一塁には期待の若手井上晴哉もいますが、
定石からすれば外国人選手の補強を主軸とすべきでしょう。ブラゼルの戦力外もこれと連動しているように思います。
中堅は昨年から引き続き低調な打撃成績ですが、近年レギュラーを務めている岡田幸文が出場数を昨年から落とし、
代わりに加藤翔平,伊志嶺翔大が出場機会を増やしており、少しずつ陣容が変わりつつあります。
現時点では3人の中では岡田の打力が最も高いため、守備面を考慮しても岡田の起用が最善手だと私は考えます。

投手陣については防御率,FIP共にリーグ最下位と奮わない結果でした。
近年のロッテの投球得点の傾向を見ていると、昨年はプラスを記録したもののマイナス基調であるため、
投手の枚数が絶対的に不足しており、投手陣全体の底上げが必要な印象を受けます。

□ドラフト
ドラフトロッテ
投手3人,捕手1人,内野手2人,外野手1人の計7人の指名となりました。
他球団と比べても投手の指名が少ないように感じますね。

■他球団の2014年戦力分析はこちら [][][][][De][] [][][][ロ][西][]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター