記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

私的一塁手ランキング2014年版

手元にあるデータを出来る限り活用して、NPB2014年シーズンの一塁手総合評価を試みます。
今回は「300打席以上を記録し、最も多く先発出場した守備位置が一塁である選手」を対象とします。

具体的な評価法と指標の説明については一番下に記しました。


10位 フアン・ミランダ(日本ハム) 簡易WAR:-0.2
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.227 14 57 0 -1 +1 -8 -7 -15 -0.2
故障により長期離脱を余儀なくされたアブレイユの穴埋め役として期待されたものの、攻守ともに平均を下回る結果に。
シーズン後の2014年10月に自由契約となりました。

■攻撃評価
フアン・ミランダ1
平均を大きく上回る長打力(IsoP)、平均をやや上回る奪四死球力を記録。
しかし三振率がリーグ平均を大きく下回り、BABIPの低さも手伝って打率が大きく低迷しました。
これが打撃貢献量が伸びなかった最大の原因と言えます。

■守備評価
フアン・ミランダ2
補殺数は平均的な一塁手と比較して少なめという評価です。


9位 ホセ・ロペス(巨人) 簡易WAR:-0.0
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.243 22 57 1 -3 +1 -7 -4 -13 -0.0
昨季は年間通じて一塁に定着、打率3割を記録しゴールデングラブ賞も受賞する活躍も、今季は打撃面の凋落が目立ちました。
阿部の一塁コンバートにより2014年12月に自由契約、同月中にDeNAが獲得を発表しました。

■攻撃評価
ホセ・ロペス1
長打力(IsoP)が少し伸びを見せたものの、優秀だった三振率が大幅に悪化。打率低下の一因となりました。
ただしBABIPも対リーグ平均で30%近く落ちており、来季は揺れ戻しが期待できるかもしれません。

■守備評価
ホセ・ロペス2
奪補殺率は平均程度だった昨年と比較するとほとんど誤差の範囲でやや低下。


8位 キラ・カアイフエ(広島) 簡易WAR:+0.2
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.257 11 40 0 +4 +0 -6 -8 -9 +0.2
昨季はシーズン途中に入団し低打率ながら怒涛の活躍。
今季も活躍が期待されましたが、一塁手としてはやや物足りない打撃成績に終わりました。
エルドレッド、ロサリオと球団の野手外国人枠が逼迫している事情もあり、2014年12月に自由契約。

■攻撃評価
キラ・カアイフエ1
昨季と比較すると長打力(IsoP)だけが大幅に低下。
ここは運によるブレの少ない部門だけに、自由契約の大きな要因になったと考えられます。

■守備評価
キラ・カアイフエ2
RRF補殺数評価ではセリーグの一塁手で最も大きなマイナスを出しています。


7位 トニ・ブランコ(DeNA) 簡易WAR:+0.9
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.283 17 60 0 +8 -2 -6 -3 -2 +0.9
打撃3部門タイトル全ての獲得経験を持つ大打者ですが、今季は一塁手平均程度の打力にとどまりました。
高田GMに故障による稼働率の低さを指摘され2014年12月に自由契約。同月にオリックスが獲得発表。

■攻撃評価
トニ・ブランコ1
2014年は初めて奪四死球率がリーグ平均を下回り、長打力(IsoP)も来日以降でワーストの数値が出ています。
BABIP傑出は首位打者を獲得した2013年に次いでキャリア2番目の値だったため、
上記2部門の成績が改善しなかった場合、更に成績を落とす可能性が高いと言えます。

■守備評価
トニ・ブランコ2
補殺数はやや平均を下回っています。


6位 畠山和洋(ヤクルト) 簡易WAR:+1.5
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.310 17 79 2 +13 -4 -8 -2 -1 +1.5
不調だった昨季から打率を1割上げ、セ最多得点を誇るヤクルト打線の中核を担いました。
本拠地が有数のバッターズパーク神宮であることを考慮すると打力は一塁手平均程度、総合貢献も平均程度に留まるという評価です。

■攻撃評価
畠山和洋1
三振率が大幅に改善、BABIP傑出もキャリア2番目の数値が出ており、打率傑出度はキャリアハイを記録。
一方で近年では四死球と長打のセカンダリ低下が目立ちます。打率の割にRCAAが伸びていないのはここに起因していると思われます。

■守備評価
畠山和洋2
補殺数は一塁手としてはほぼ平均的でした。


5位 井口資仁(ロッテ) 簡易WAR:+1.6
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.238 10 49 1 +1 -0 -7 +9 +3 +1.6 
2014年は一塁手として迎える2年目のシーズンとなりました。
打撃成績は大きく低迷したものの、守備の方は元二塁手の軽快なフットワークが今も健在であることを伺わせています。

■攻撃評価
井口資仁1
2014年シーズンはBABIP傑出が帰国後最低値となりました。
この要因は年齢を考えると運の偏りではなく衰えの方が大きいかもしれません。
近年の奪四死球率の緩やかな低下も気になるところです。

■守備評価
井口資仁2
平均を大きく上回る補殺数を記録しています。


4位 マウロ・ゴメス(阪神) 簡易WAR:+2.8
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.283 26 109 1 +19 +4 -10 -5 +7 +2.8
開幕前の酷評の嵐を物ともせず、阪神の助っ人外国人としてはバース以来となる打点王を獲得。
ピッチャーズパーク甲子園を本拠地としながら一塁手平均を大きく上回る打撃成績を記録しています。

■攻撃評価
マウロ・ゴメス1
奪四死球力、長打力(IsoP)が共にリーグ平均を大きく上回る一方で、三振率がリーグ平均を大きく下回っています。
右打ちで内野安打を稼ぐタイプの打者ではなく、その割にはBABIPがかなり高い値となっており、
三振率の改善がない限り、来季は低打率に沈む可能性が高いと言えるかもしれません。

■守備評価
マウロ・ゴメス2
補殺数は平均をやや下回っています。


3位 森野将彦(中日) 簡易WAR:+3.2
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.288 13 86 3 +9 +4 -10 +9 +12 +3.2
当ブログの選出するセリーグ私的ベストナイン一塁手となります。
今季は二塁から一塁へコンバートされ、華麗な守備を見せました。打撃も一塁手としては標準以上のものを持っています。

■攻撃評価
森野将彦1
2014年はBB/Kの傑出度でキャリア最高の値が出ていますが、全盛期と比較すると長打力(IsoP)の低下がやや目立ちます。

■守備評価
森野将彦2
セリーグ最多の一塁補殺を記録。一塁守備得点もトップとなっています。


2位 T-岡田(オリックス) 簡易WAR:+3.5
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.269 24 75 4 +16 +1 -8 +8 +17 +3.5
2012年までは左翼の出場が主でしたが、2014年にオリックスのレギュラー一塁手に定着。
攻守ともに一塁手平均を上回る、リーグを代表する一塁手に成長しました。

■攻撃評価
T-岡田1
本塁打王を獲得した2010年に次ぐキャリア2番目の長打力(IsoP)を記録。
奪四死球率も3年ぶりにリーグ平均を上回るなど、好調なシーズンであったことが伺えます。
平均を上回った事のない三振率も年々改善傾向にあります。

■守備評価
T-岡田2
パリーグ一塁最高値となる守備得点を記録しています。


1位 エルネスト・メヒア(西武) 簡易WAR:+4.4
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.290 34 73 2 +32 -2 -7 +5 +27 +4.4
当ブログの選出するパリーグ私的ベストナイン一塁手となります。
4月に西武へ途中入団し5月に初出場、僅か106試合の出場で本塁打王を獲得。
他球団が打撃の良い一塁手の確保に苦しむ中、メヒアだけが飛び抜けた打撃貢献を記録しました。

■攻撃評価
エルネスト・メヒア1
ぶっちぎりの長打力(IsoP)に極端に悪い三振率、異常に高いBABIPと阪神のゴメスをさらに先鋭化させたような成績になっています。
打者タイプ的には近鉄のブライアントにかなり近く、彼と同じく来季の打率は低くなる可能性が高いように思います。

※ブライアント
ラルフ・ブライアント 

■守備評価
エルネスト・メヒア2
一塁手標準を上回る補殺数を記録しています。

他ポジションの評価はこちらから 

□算出法
・攻撃得点 ・守備得点 ・守備位置補正得点 ・代替補正得点
の4要素を足し合わせて簡易WARを計算しています。

攻撃得点は球場補正をかけたRCAAを使用しました。球場補正は過去3年間の得点PFについて、
「2012年:2013年:2014年=1:2:4」と加重平均を取って算出した跳ね返り倍率に平均が1となるように等倍補正をかけ、
「(1-補正した跳ね返り倍率)×打席数×(リーグ総得点/リーグ総打席)」という式に入れて算出しています。

守備得点はRRFをベースとしたこちらの方法で算出しました。「内野手」「外野手
守備位置補正得点はこちらの方法で算出しました。「守備位置補正RCWIN通算記録
代替補正得点は「600打席で2勝分」として算出しました。参考:「リプレイスメント・レベル~Part2

打率+:リーグ平均を100としたときの打率傑出度
BABIP+:リーグ平均を100としたときのBABIP傑出度
三振率+:リーグ平均を100としたときの打数あたり三振率傑出度 数値が高いほど三振が少なく、優秀であることを示す
奪四死+:リーグ平均を100としたときの打席あたり奪四死球率傑出度
長打力+:リーグ平均を100としたときのIsoP(長打率-打率)傑出度

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2018年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター