記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

私的三塁手ランキング2014年版

手元にあるデータを出来る限り活用して、NPB2014年シーズンの三塁手総合評価を試みます。
今回は「300打席以上を記録し、最も多く先発出場した守備位置が三塁である選手」と、
僅かにこの規定には届きませんが良い成績を残している小谷野栄一と近藤健介を対象とします。

具体的な評価法と指標の説明については一番下に記しました。


12位 今江敏晃(ロッテ) 簡易WAR:-0.9
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.270 10 54 1 -1 -0 -3 -20 -24 -0.9
三塁手レギュラーに定着し10年目のシーズンとなりました。
打撃は三塁手としてほぼ標準的ながら守備指標が大きく沈み、総合貢献は物足りない数字となっています。

■攻撃評価
今江敏晃1
数年おきに爆発的に高いBABIPを記録するという妙な推移を見せていますが、今年は外れ年だったようです。
BABIP以外の項目(三振率,奪四死球率,長打力(IsoP))の傑出は例年通りでした。

■守備評価
今江敏晃2
RRF補殺守備得点はパ三塁でワーストの値となっています。
元々高い守備力を持っている選手であり、今年に限っては外れ値が出た印象も否めません。


11位 村田修一(巨人) 簡易WAR:-0.2
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.256 21 68 2 -6 +1 -4 -12 -21 -0.2
FA移籍後3年目のシーズンとなりました。
チーム2位の21HRを記録したものの低打率と併殺打の多さが響き、三塁手としては物足りない打撃貢献にとどまりました。

■攻撃評価
村田修一1
チーム方針に依るものかもしれませんが、移籍後は三振率が改善した代わりに長打力(IsoP)の低下が見て取れます。
初めて規定打席に到達した2005年以降に絞ると、2014年はBABIP傑出がワーストの値となっており
来季は揺れ戻しでの打率上昇が期待できそうです。

■守備評価
村田修一2
三塁でやや大きなマイナスを計上しています。
今季はセパ共に三塁で若手の台頭が目立ったからか、中堅-ベテランのレギュラー選手は辛めの数値が出ています。


10位 エステバン・ヘルマン(オリックス) 簡易WAR:-0.2
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.250 7 52 30 -9 +1 -4 -8 -20 -0.2
来日3年目、西武からオリックスに所属球団を移して迎えるシーズンとなりました。
過去2年と比較すると打撃面で大きく苦しみ、三塁平均を大きく下回る貢献となっています。

■攻撃評価
エステバン・ヘルマン1 
BABIPと奪四死球率傑出が大きく低下し、出塁率低迷の要因となりました。
前者については運の偏りだけでなく、年齢的な衰えも大きいように感じます。

■守備評価
エステバン・ヘルマン2 
パリーグ三塁平均をやや下回る補殺数を記録しています。


9位 アーロム・バルディリス(DeNA) 簡易WAR:+0.0
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.255 17 52 0 -0 -4 -4 -8 -16 +0.0
ヘルマンと入れ替わりでオリックスからDeNAへ移籍。
中村紀洋の後任として期待されましたが、打撃不振で期待に応えたとは言い難い結果になりました。
チームがグリエルと契約延長した為、来季は一塁での起用が増える見込みとなっています。

■攻撃評価
アーロム・バルディリス1
BABIP傑出がレギュラー定着後ではキャリアワーストの値となりました。
他の項目はキャリア平均と比べても特別低い値が出ているわけではなく、
来季は揺れ戻しによる打撃向上が期待できると思われます。

■守備評価
アーロム・バルディリス2
三塁補殺数は標準を大きく下回っています。


8位 松井稼頭央(楽天) 簡易WAR:+0.1
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.291 8 46 9 +11 -0 -2 -23 -14 +0.1
今季は本来のポジションである遊撃手を離れ、三塁手、左翼手を多く守ったシーズンとなりました。
打撃面では帰国後で最も充実したシーズンだったと言えるかもしれません。

■攻撃評価
松井稼頭央1
RCAAの向上はBABIP傑出の上昇に起因しているようで、他の項目はキャリア標準程度にとどまっています。
来季は揺れ戻しで打率が下降する可能性が考えられます。

■守備評価
松井稼頭央2
サンプル数が少なすぎるため守備能力として見るには参考程度ですが、遊撃で大きなマイナスを記録しています。


7位 今成亮太(阪神) 簡易WAR:+0.5
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.259 4 24 2 -12 +2 -2 +5 -7 +0.5
2014年は本格的に三塁手にコンバートされ、出場試合数はキャリアハイを記録。
三塁守備指標でかなり良い値が出ており、新井貴浩がチームから抜ける来季は更なる活躍が期待されます。

■攻撃評価
今成亮太1
2014年は三振率が大きく改善した一方で、BABIP傑出はキャリア平均と比較して低い値を取りました。

■守備評価
今成亮太2
三塁で平均を上回る補殺数を獲得しています。


6位 川端慎吾(ヤクルト) 簡易WAR:+1.5
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.305 10 69 2 +9 -5 -4 -6 -6 +1.5
2014年は宮本慎也の後任として三塁手レギュラーに完全定着。
セカンダリ部門がやや物足りないため、打率に対して打撃貢献は伸びておらず三塁手標準程度にとどまります。

■攻撃評価
川端慎吾1
BABIPを見る限り幸運なシーズンではなかったようですが、非常に優秀な三振率が効いて打率3割を達成しています。
一方で奪四死球率はブレイク後でワーストの値となっており、来季はこの部門の改善が課題となりそうです。

■守備評価
川端慎吾2
三塁での補殺数は標準を下回っています。


5位 近藤健介(日本ハム) 簡易WAR:+1.7
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.258 4 28 3 -4 +0 -1 +11 +7 +1.7
同僚の小谷野栄一が故障している間にレギュラーに抜擢。捕手登録の即席三塁手ながら高い守備貢献を記録しました。
チームが小谷野放出を認めた背景には、彼の著しい台頭があったことは間違いないでしょう。

■攻撃評価
近藤健介1
レギュラー定着に際し、三振率と長打力(IsoP)傑出に大幅な改善が見られました。
一方で奪四死球率はリーグ平均の半分程度とやや物足りません。

■守備評価
近藤健介2
※捕手出場分はデータが揃っていないため含めていません。
三塁で平均をはっきりと上回る補殺数を記録しています。
阪神の今成やMLBのジョシュ・ドナルドソンなど、捕手から三塁にコンバートされた選手が
高い守備貢献を記録する事例が近年は目立っていますね。


4位 小谷野栄一(日本ハム) 簡易WAR:+2.0
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.296 4 29 0 +5 +0 -2 +7 +10 +2.0
右膝靭帯損傷により長期離脱を余儀なくされ、今季は84試合の出場に留まりました。
限られた出場機会の中で攻守両面で大きな貢献を記録し、質的には充実したシーズンだったと言えます。

■攻撃評価
小谷野栄一1
2014年はBABIP傑出がキャリア最高値を記録しており、幸運なシーズンであったことは否めませんが
他の項目(三振率,奪四死球率,長打力)もキャリア平均比較でいずれも標準以上の値が出ており、
調子の良いシーズンだったことが伺えます。

■守備評価
小谷野栄一2
三塁で平均を上回る補殺数を記録しています。


3位 松田宣浩(ソフトバンク) 簡易WAR:+3.3
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.301 18 56 12 +15 +1 -3 +4 +18 +3.3
パ最大のピッチャーズパークである本拠地ヤフオクドームで長打を量産。ソフトバンク打線の中核を担いました。
故障により40試合程度欠場があったものの、攻守にわたる貢献は大きなものとなっています。

■攻撃評価
松田宣浩1
2011年以降は安定して高BABIP傑出を記録しており、
今季の数値も運の偏りに依るものなのか実力に依るものなのか判断が難しいところです。
他の3項目(三振率,奪四死球率,長打力(IsoP))はキャリア平均と比較して標準的でした。

■守備評価
松田宣浩2
「松田にしては」控えめな数字ですが、平均を上回る補殺数を記録しています。


2位 銀次(楽天) 簡易WAR:+3.9
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.327 4 70 1 +14 -0 -5 +12 +21 +3.9
当ブログの選出するパリーグ私的ベストナイン三塁手となります。
2014年はシーズン終盤に糸井嘉男と壮絶な首位打者争いを展開し、結果敗れたものの打率はキャリアハイを記録。
補殺獲得能力で見る守備貢献も標準以上の数字が出ています。

■攻撃評価
銀次1
非常に優秀な三振率を維持しつつ、奪四死球率に若干の改善が見られました。
一方でBABIP傑出はキャリアハイを記録。キャリア平均と比較してもかなり高い値であり、
来季は揺れ戻しによる打率低下の可能性が高いと言えます。

■守備評価
銀次2
今季楽天の内野はメンバーが固定されず、シーズンを通して流動的な起用がなされたため、
守備イニング推定の精度が少々怪しくなっており、松井稼頭央辺りの守備得点が吸い上げられている可能性もありますが
三塁で平均を大きく上回る補殺を獲得しています。


1位 エクトル・ルナ(中日) 簡易WAR:+4.9
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.317 17 73 8 +25 +4 -4 +6 +30 +4.9
当ブログの選出するセリーグ私的ベストナイン三塁手となります。
魔境ナゴヤドームを本拠地に非常に大きい打撃貢献を記録。守備力も三塁標準を上回っており、
成績低迷の目立った今季セリーグの三塁手の中では一人飛び抜けた存在だったと言えます。

■攻撃評価
エクトル・ルナ1
今季も高打率を記録し、昨季の数字がフロックでないことを証明した形になりました。
マートンと同じく、広角に打ち分けられるため右打者ながら適性BABIPが高いタイプだと考えられます。

■守備評価
エクトル・ルナ2
平均を上回る三塁補殺数を記録しています。

他ポジションの評価はこちらから 

□算出法
・攻撃得点 ・守備得点 ・守備位置補正得点 ・代替補正得点
の4要素を足し合わせて簡易WARを計算しています。

攻撃得点は球場補正をかけたRCAAを使用しました。球場補正は過去3年間の得点PFについて、
「2012年:2013年:2014年=1:2:4」と加重平均を取って算出した跳ね返り倍率に平均が1となるように等倍補正をかけ、
「(1-補正した跳ね返り倍率)×打席数×(リーグ総得点/リーグ総打席)」という式に入れて算出しています。

守備得点はRRFをベースとしたこちらの方法で算出しました。「内野手」「外野手
守備位置補正得点はこちらの方法で算出しました。「守備位置補正RCWIN通算記録
代替補正得点は「600打席で2勝分」として算出しました。参考:「リプレイスメント・レベル~Part2

打率+:リーグ平均を100としたときの打率傑出度
BABIP+:リーグ平均を100としたときのBABIP傑出度
三振率+:リーグ平均を100としたときの打数あたり三振率傑出度 数値が高いほど三振が少なく、優秀であることを示す
奪四死+:リーグ平均を100としたときの打席あたり奪四死球率傑出度
長打力+:リーグ平均を100としたときのIsoP(長打率-打率)傑出度

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2016]
 歴代打線守備力評価[-2016]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター