記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

1963年セリーグ守備評価(と総合評価)

今から半世紀前、1963年のセリーグ守備評価です。
当時は高木守道,長嶋茂雄,吉田義男と3人の歴史的名手が全盛期を迎えていました。

ペナントレースは全盛期のON擁する巨人と、4番江藤を中心に強力打線を形成した中日が
壮絶なデッドヒートを繰り広げ、最終的に2.5ゲーム差で巨人が優勝しています。1963年巨人打線 1963年中日打線

□一塁手(規定試合数=93試合)
選手名 球団 先発 出場 出場% 補殺 補殺RRF 補殺PP 守備得点
藤井弘 広島 121 126 86% 61 0.91 -6 -4
王貞治 巨人 140 140 100% 77 0.98 -1 -1
J.マーシャル 中日 137 138 94% 70 0.93 -5 -4
星山晋徳 国鉄 87 107 56% 53 1.24 10 7
島田幸雄 大洋 72 94 56% 45 1.05 2 2
遠井吾郎 阪神 86 93 60% 42 0.95 -2 -1 

現代と比較して一塁補殺数が少なく、当時は投手が一塁カバーに入る3-1送球が少なかったことが窺える。
王貞治は一塁でフルイニング出場しているが補殺数は標準的だった。

□二塁手(規定試合数=93試合)
選手名 球団 先発 出場 出場% 補殺 補殺RRF 補殺PP 守備得点
土屋正孝 国鉄 134 135 94% 368 0.94 -24 -17
高木守道 中日 129 131 91% 410 1.04 17 12
近藤昭仁 大洋 65 113 46% 207 1.01 2 1
鎌田実 阪神 95 96 66% 260 0.99 -2 -1
小坂佳隆 広島 75 92 52% 232 1.04 8 6
船田和英 巨人 67 88 45% 198 1.02 3 3

高木守道はこの年から中日のレギュラー二塁手に定着。既に高い能力の片鱗を見せている。
他にも近藤昭仁・鎌田実と、この時代のセリーグは守備の良い二塁手が揃っている印象。

□三塁手(規定試合数=93試合)
選手名 球団 先発 出場 出場% 補殺 補殺RRF 補殺PP 守備得点
興津立雄 広島 137 140 96% 325 0.92 -28 -20
徳武定祐 国鉄 140 140 99% 400 1.11 41 29
桑田武 大洋 130 134 90% 314 0.96 -14 -10
長嶋茂雄 巨人 132 132 94% 374 1.08 29 21
前田益穂 中日 89 106 63% 261 1.08 19 14

1995年以降のNPBではシーズン300三塁補殺は一度も記録されていないが、(2011年松田宣浩の296補殺が最多)
1963年セリーグでは300補殺以上を記録した選手が4人もいる。守備得点の偏差も非常に大きいものとなっており、
守備における三塁の位置付けは、当時と現代で大きく異なっていると言える。

□遊撃手(規定試合数=93試合)
選手名 球団 先発 出場 出場% 補殺 補殺RRF 補殺PP 守備得点
豊田泰光 国鉄 132 134 91% 399 1.01 5 4
古葉竹識 広島 116 116 81% 338 0.95 -16 -12
吉田義男 阪神 104 116 73% 330 1.10 29 21
河野旭輝 中日 113 114 71% 317 0.99 -4 -3
広岡達朗 巨人 99 104 66% 279 0.96 -13 -9

30歳を迎え、当時の遊撃手としては高齢に分類されるであろう吉田義男が好スコアをマーク。
西鉄から国鉄へ移籍し、遊撃手として晩年を迎えつつあった豊田泰光もなかなかの働きを見せている。

□外野手(規定試合数=93試合)
選手名 球団 先発 出場 左出場% 中出場% 右出場% 刺殺 刺殺RRF 刺殺PP 守備得点
中利夫 中日 134 136 - 92% - 350 1.20 59 42 - 42 -
高林恒夫 国鉄 119 136 83% 1% - 233 1.09 19 14 14 -0 -
藤井栄治 阪神 127 131 3% 7% 80% 279 1.14 35 25 1 -0 25
森徹 大洋 130 131 1% - 87% 258 1.10 24 17 0 - 17
近藤和彦 大洋 119 129 - 83% - 251 0.95 -13 -9 - -9 -
大和田明 広島 125 125 18% 69% - 268 0.97 -9 -7 4 -11 -
並木輝男 阪神 117 122 - 81% - 257 0.98 -5 -4 - -4 -
丸山完二 国鉄 102 120 10% 62% - 217 1.03 7 5 4 1 -
柴田勲 巨人 100 115 0% 72% - 221 1.03 6 4 0 4 -
宮本敏雄 国鉄 103 112 1% - 66% 156 0.90 -17 -12 -0 - -12
M.ソロムコ 阪神 105 110 72% 0% - 196 0.96 -9 -6 -6 -0 -
伊藤竜彦 中日 16 110 9% 5% 13% 94 1.27 20 14 5 1 8
山本一義 広島 106 109 71% - - 182 0.89 -21 -15 -15 - -
町田行彦 国鉄 50 109 4% 15% 24% 131 1.14 16 12 1 1 10
国松彰 巨人 102 107 44% 17% 7% 193 1.06 10 7 8 -3 2
B.ニーマン 中日 103 103 - - 59% 152 0.91 -14 -10 - - -10
江藤慎一 中日 102 102 66% - 1% 192 1.02 4 3 3 - 0
坂崎一彦 巨人 78 100 18% 2% 33% 132 0.95 -7 -5 -2 -1 -3
黒木基康 大洋 64 94 40% 0% 6% 116 0.91 -11 -8 -7 -0 -1

中堅の比重は現代と変わらないものの両翼の推計刺殺数に差が見られず、
両翼の守備的負担が同程度だった可能性がある。現代のMLBに近い傾向と言えるかも。
中利夫が現在もセリーグ記録として残っているシーズン350外野刺殺を記録。
他に高林恒夫が左翼で、藤井栄治・森徹が右翼で高い数値を残している。

□打撃と守備の総合評価
順位 選手名 球団 守備 簡易WAR 総合貢献 RCAA 球場補正 守備得点 pos得点
1位 長嶋茂雄 巨人 三塁 11.9 90 70 2 21 -3
2位 王貞治 巨人 一塁 9.4 66 72 2 -1 -7
3位 徳武定祐 国鉄 三塁 7.5 49 24 -1 29 -3
4位 中暁生 中日 中堅 6.2 38 2 2 42 -8
5位 江藤慎一 中日 左翼 5.9 36 32 2 3 -0
6位 豊田泰光 国鉄 遊撃 5.6 34 26 -1 4 5
7位 吉田義男 阪神 遊撃 5.0 31 6 0 21 4
8位 藤井栄治 阪神 右翼 5.0 30 8 0 25 -3
9位 高木守道 中日 二塁 4.3 22 3 1 12 6
10位 森徹 大洋 右翼 3.5 17 1 1 17 -3
11位 河野旭輝 中日 遊撃 3.5 19 16 1 -3 4
12位 古葉竹識 広島 遊撃 3.5 16 26 -3 -12 5
13位 J.マーシャル 中日 一塁 3.3 13 21 2 -4 -6
14位 国松彰 巨人 左翼 3.3 16 11 1 7 -4
15位 近藤和彦 大洋 中堅 2.9 9 23 1 -8 -7
16位 M.クレス 大洋 遊撃 2.6 15 15 1 -3 3
17位 横溝桂 広島 中堅 2.6 14 -4 -2 24 -3
18位 並木輝男 阪神 中堅 2.6 8 19 0 -5 -6
19位 藤井弘 広島 一塁 2.5 8 20 -3 -4 -5
20位 M.ソロムコ 阪神 左翼 2.5 9 20 0 -7 -4

攻守両面から見るとONコンビのピークはこの時期である。
V9時代とは微妙にずれているが、1963年時点で土井正三・黒江透修・高田繁はまだ巨人に入団しておらず、
レギュラーには1950年代中盤の黄金期を支えた土屋正孝・広岡達朗・坂崎一彦らベテランが多く存在しており、
世代交代によりON以外の脇を固めるのに時間がかかったからだと思われる。
9連覇はONの力だけでは成り立たなかったことを間接的に示しているとも言える。


・内野守備評価は刺殺部分を除外したRRFを使用し、補殺のみを対象としました。詳細
 左右のプラトーンシステムがNPBに本格的に持ち込まれる前の時代であるため、左腕補正はしていません。
・外野守備評価は刺殺のみを対象とし、期待補殺数はDERと内外野のアウトの偏りを元に求めました。詳細
・守備位置補正は過去20年分の守備位置別打力から逆算して求めました。詳細
・球場補正は過去3年分の得点PFを「4:2:1」で加重平均して求めました。
・代替補正は「600打席で2.0勝分」としました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター