記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

こちらも違反球? 2015年パリーグ

違反球の再来?2015年セリーグ

今回は同じ方法でパリーグについて見ていきます。
下は500打席あたりに換算したパリーグ野手平均打撃成績の変遷。

パ平均

「ストライクゾーンを広げると何が起こるのか」は、こちらも2001年→2002年の変化を見ると分かりやすいと思います。
2014年から2015年にかけては四球数が減ってはいるものの、三振数も同程度の割合で減少しており、
投高打低化を進行させる方向へのストライクゾーンの変化は見受けられません。

セリーグと異なるのは「昨年比で見ると本塁打はそこまで減っていない」という点です。
パリーグは違反球が排除された後も本塁打の数が回復していない、という事情が影響しており、
本塁打の出現頻度自体は、違反球時代よりはやや高い値ですが2リーグ分立以降ではほぼ最低水準となっています。(※)
セリーグと比べて全体的に本拠地の規格が大きく、本塁打を狙うのが難しい環境に置かれるパリーグの打者は、
低反発球に適合する打撃スタイル(長打を捨て、単打と四球を狙う)を取り入れる傾向がより強いように見えます。

今年に限って言えば、平均打率が大きく低迷しているのが気になります。
パリーグにおいてシーズン野手平均打率2割4分台は1966年以降記録されておらず、
このままシーズンを終えた場合、1966年以来49年ぶりの低水準ということになります。(DH制導入後では歴代最低値)

以上のセパの平均成績の推移から鑑みるに、ここまでの2015年シーズンについては
「2011年,2012年の違反球に近い反発係数の球が使用されている可能性が高い」というのが私の見立てです。
NPBが掲げている反発係数の目標値0.4134は、違反球時代に検査で記録された値(0.405-0.411)と近いものであり、
昨季から今季にかけての投高打低化は、目標値に近い球が製造できている証左と言えるかもしれません。

(※)
ただし違反球時代は、福岡と仙台のラッキーゾーン設置前であることを考慮しなければなりません。
5月1日時点でパリーグでは計93本の本塁打が記録されていますが、この内7本(福岡6,仙台1)はラッキーゾーンで記録されたものです。
仮に93本からこの7本を差し引いた場合、本塁打の割合は「500打席で7本」となり、違反球時代とほぼ同じ水準となります。

コメント

プロ野球:2015ボール。反発係数の撤廃。 パリーグ

パリーグもセリーグと同じく、2015ボール仕様”反発係数の撤廃”が適用され、<全く飛ばない球・飛び過ぎる球>であろうと、全て「合格品」となります。  →”ゲームの中での混在”(一試合約120個使用)は選手に更なる混乱をもたらすことになります、、2011・2012ボールの騒動以上に。

■とにかく、”NPB”が統一球としての反発係数の{許容幅}(←目標値=0.4134を中心に<ー下限値・+上限値>)を様々な情報・経験値でもって決めることです、、<飛ぶ・飛ばない>問題を収束させるために。 (許容幅:ボールの製造側・選手側、双方で折り合いのつくところを求めることになる--<歩留まりvs飛距離等>)

▼2015ボールは、”反発係数撤廃”による”ボール性能”が全く分からなくなってしまい、正体不明のボールと言えます。 (「ボール品質」云々は吹っ飛んでしまってます、、見た目は同じですから)

Re: プロ野球:2015ボール。反発係数の撤廃。 パリーグ

藤沢一郎さん、コメントありがとうございます。

個人的には検査の結果公表が無くなったことによる、球の情報の透明性の低下が一番の問題だと考えています。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター