記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

秋山翔吾と柳田悠岐が挑む、もうひとつの日本記録

西武・秋山 今季20度目の猛打賞で31連続試合安打達成(東スポWeb)
 西武・秋山翔吾外野手(27)が12日の日本ハム戦(札幌ドーム)で今季20度目の猛打賞を記録し、打率を3割8分7厘に上げ、連続試合安打をプロ野球記録の33試合(1979年、高橋慶彦=広島)に「あと2試合」と迫る31試合に伸ばした。

 秋山翔吾が止まりません。2試合連続の猛打賞により安打は139まで積み上がり、打率は.387に上昇しました。
 4月3日時点の「.385」を超え、今季4月以降では秋山にとって最も高い打率となりました。(参考:ヌルデータ置き場さん)

 プロ野球記録の「214安打」までは、残り59試合で75安打を記録すれば到達できる計算です。
 ここまで84試合で139安打を記録していることを考えれば、記録更新が現実味を帯びてきましたが、
 その裏で「もうひとつの大記録」に、あと一歩のところまで手がかかっているのはあまり知られていません。
 更新されれば「プロ野球史上最強打者」王貞治以来、実に41年ぶりの記録となります。


安打数より重要な記録?

 h.png

 これ、何の数字か分かるでしょうか?「マネーボール」においては安打数よりも重要な数字とされていました。
 1967年から1984年まで、セリーグでは正式なタイトルとして表彰されていた記録でもあります。

 ・・・

 表の数値を注意深く見ると、安打数と四死球数を足した値であることが分かると思います。正解は「出塁数」です。
 昨今のセイバーメトリクスの普及により、過去と比べて出塁率がかなり重視されるようになりましたが、
 出塁率の分子に当たる出塁数は、現在に至るまであまりスポットを浴びておらず、少し寂しい気もします。それはさておき。

 歴代出塁数上位を見ると中軸打者が大半を占めており、「リードオフマン」と呼ばれる選手はむしろ少数派であるようです。
 「出塁数が最も多いのは1番打者」というイメージが一般的だと思われるため、これは少々意外な結果かもしれませんね。
 後続打者の充実具合や走塁能力を考えると、中軸相手の方が「守る側が四球という選択を取りやすい」のが主な理由かもしれません。
 以上の理由から、1番打者にとってはむしろ更新が難しい記録だと言えるのではないでしょうか。

 そんな中、ここまでの全試合を「一番中堅」で先発出場している秋山は、驚異的なペースで出塁数を積み重ねています。
 現在チーム84試合目で出塁数は両リーグ1位の172を記録。実に1試合平均で2回以上出塁している計算となります。
 シーズン終了時点で293まで伸びるペースであり、1974年王貞治が記録したプロ野球記録(294出塁)にあと一歩まで迫ります。
 また、1番打者としては2010年西岡剛(289出塁)を上回る歴代最高記録となります。
 秋山の1番打者としての出塁能力は歴代屈指だと言えそうです。


秋山翔吾と歴代1番打者の出塁能力比較

 1obp.png

 2015年7月12日現在の1番打者シーズン出塁率10傑です。
 2015年の秋山は396打席で表中の規定に対して4打席不足していますが、歴代3位に相当する.439を記録しています。
 現在の水準を今後どれだけ伸ばしていけるか、または維持できるか、注目して見ていきたいところです。

 高卒3年目ながら210安打を放ち、鮮烈なデビューを果たした1994年イチローが歴代1位の出塁率を記録しました。
 しかしながら、この記録はシーズン400打席以上の全打者の中では歴代44位に過ぎません。
 つまり打順縛りが無い場合、これより高い出塁率を記録した打者が43人も存在するわけで、
 「1番打者が出塁を多く記録することは難しい」という状況的な証左と言えるのではないでしょうか。
 実際に、イチローも4番打者時代の2000年に出塁率のキャリアハイ(.460)を記録しています。

 1obp2.png

 こちらは2015年7月12日現在の1番打者シーズン出塁率傑出度10傑です。
 リーグ野手平均を100としたときの出塁率傑出を示し、「環境を考慮した出塁率の高さ」を意味します。
 秋山は歴代5位に相当する133.6を記録しています。歴代の1番打者と比較しても屈指の出塁率と言えそうです。

 こちらの歴代1位は1956年与那嶺要。第2次讀賣黄金時代のリードオフマンを務めた打者です。
 この年はリーグ野手平均の実に1.5倍近い出塁率を記録したほか、1954年にも歴代3位に相当するスコアをマークしました。
 「史上最高の出塁能力を持ったリードオフマン」は彼で間違いないでしょう。

 
タイプの違う二人の打者

 ここまで秋山の出塁能力の高さについて触れてきましたが、
 今季のパリーグには、王貞治のシーズン出塁数記録に手をかけている打者がもう一人存在します。
 それが現在のパリーグ最高出塁率打者、柳田悠岐です。

 柳田と秋山は共に出塁率が高いという共通点は持っていますが、その出塁の中身は大きく異なっています。
 そこで、打席中の各要素の割合について可視化を行なってみました。参考にパ平均打者も添えました。

 type.png
 青の部分が安打、緑の部分が四死球、灰の部分がアウトを示します。
 守備アウトは、打者の全アウトから三振を除いたものです。野手守備の絡んだアウトを示します。

 打席数に占める安打の割合は、秋山(35.1%)が柳田(31.5%)を上回っていますが、
 打席数に占める出塁の割合(安打+四死球)は、四死球の差により柳田(46.9%)が秋山(43.4%)を上回っています。

 共にバットに当たれば高確率で安打を記録できるという共通点を持っています。(柳田:46.3%,秋山:44.4%,平均:32.5%) 
 柳田は四死球/三振比が優秀で、バットに当たらなくても当てた場合より高確率(48.6%)で出塁が見込めますが、
 秋山は四死球/三振比がそこまで優秀ではないため、バットに当たらなかった場合、出塁確率は大きく下がります。(41.7%)
 積極的にバットを振り、バットに当たらない打席(三振と四死球)を減らしていく秋山の戦略は正解と言えるでしょう。
 結果的に四死球/三振比の差が、全体の出塁率の差に結び付いているようです。
 

柳田悠岐と歴代打者の出塁能力比較

 柳田悠岐はここまで秋山に次ぐリーグ2位の165出塁(111安打/54四死球)を記録しています。
 秋山を下回っているのはチーム消化試合数の都合で、1試合当たりの平均出塁数は柳田が上回っており、
 シーズン終了時点で299出塁を記録するペースで、プロ野球史上初のシーズン300出塁も視野に入っています。
 柳田もまた、歴代屈指の出塁能力を持っていると言えそうです。

 obp.png 

 2015年7月12日時点のシーズン出塁率20傑です。20位まで綺麗に一三塁で埋まりました。
 2015年の柳田が記録している出塁率は、1999年ペタジーニと同値の歴代16位相当となります。
 外野手は21位2001年金本知憲、22位2001年松井秀喜まで出てこないため、現時点で外野手歴代最高値となっています。
 
 歴代1位は2年連続の三冠王を獲得した1974年王貞治の記録した、出塁率.532。
 1972年福本豊の106盗塁などを上回る、野手のシーズン記録ではNPB最大のアンタッチャブルレコードでしょう。
 今後これを上回る選手が出てくるとは正直思えません。

 obp4.png

 こちらは2015年7月12日現在のシーズン出塁率傑出度30傑です。
 リーグ野手平均を100としたときの出塁率傑出を示し、「環境を考慮した出塁率の高さ」を意味します。

 2015年の柳田が記録している出塁率傑出度は、2002年松井秀喜とほぼ同値の歴代23位相当となります。
 柳田より上の非外国人枠の選手を見ると、野球以外の面が原因で票が集まらなかったとされる榎本喜八、
 引退直後で資格を持たない松井秀喜を除いて全員が野球殿堂入りしている凄まじい面子となっています。

 そしてこちらも歴代1位は1974年王貞治。この記録はおそらくもう破られないでしょう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター