記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

球団史上最高の4人を選ぶ 東京ヤクルトスワローズ編

はじめに

マリナーズ史上最高の4人にイチローら、地元ファンの間では賛否の声(Full-Count)
14日(日本時間15日)のMLBオールスターゲームに合わせて行われた全30球団の“史上最高の4選手”を選出する企画で、
マリナーズの4人にイチロー外野手らが選ばれたことが地元ファンの間でも反響を呼んでいる。

MLBではオールスターゲームの開催に合わせて、「フランチャイズ・フォー」がファンの手によって選出されました。
「4人」という単位は野球的にはあまり馴染みが無いのでちょっと不思議な印象を受けましたが、
若干23歳のマイク・トラウトが選出されていたり、ノーラン・ライアンが3つに分裂していたりと面白い点も多々ありました。

こうした投票結果を眺めていると、当然「NPBで同じことをしたらどうなるのか」と興味が湧いてきます。
過去のNPBにおいてもNPBと読売新聞社が主催した2000年のセンチュリーベストナインや、
近年でも日本テレビが主催したDramatic Game 1844 プロ野球中継60年 ベストナイン国民投票といった企画がありましたが、
球団単位で選出するものは過去に無かったと記憶しているので、仮に実現するとしたらどんな結果になるのか興味深いです。

そこで今回はNPBで「フランチャイズ・フォー」と同様の企画が実施された場合、
RCAAまとめblog的にはどういった選手に投票するか、データを基に独断と偏見を交えて考えてみました。
今回は第1弾として、「東京ヤクルトスワローズ」(前身球団含)の歴代選手TOP4を選出します。

おおまかな選出の方針

・「同ポジションの平均的な控え選手に対し、どの程度利得を作れたか」を基軸に評価。
・基本的には通算成績の優劣で決定。長くチームに貢献した選手を優先する。
・通算成績がほとんど横並びの場合、全盛期の優劣で決定。
・「球団史上」なので、MLB期間の成績については一切考慮しない。

以上を踏まえて、RCAAまとめblogが選出した「東京ヤクルトスワローズ史上最高の4人」は以下のようになりました。

東京ヤクルトスワローズ史上最高の4人

□金田正一[1950-1964]
kaneda5.png

スワローズの輩出した唯一の200勝投手。353勝は同一球団で記録した勝利数としてはNPB歴代最多。
上の表は失点率基準のRSWINですが、FIP基準のRSWINにおいても通算で歴代1位の値を記録しています。
打撃においても通算38HRを記録するなど歴代2位相当の利得を創出しました。(投手の打撃参照)
今後NPBのWARが整備された場合、どのような評価方法を用いようが投手歴代1位の値を記録する見込みで、
通算成績の評価では、間違いなくNPB史上No.1の投手と言えるでしょうね。

ただ、金田の評価においてしばしば槍玉に挙がるのが「単年の成績はそこまでではない」と言う点。
同時代の一線級投手(稲尾和久,杉下茂,杉浦忠)と比べると、全盛期の成績はやや格落ちと言う印象を受けますが、
彼らとは異なり、弱小球団において記録した成績であることを頭に入れて成績を見る必要があると思われます。
当時のNPBはまだドラフトもなく、チーム間の格差は今よりもずっと大きなものだったようです。
「せっかく凡打に討ち取ってもエラーされては何にもならない」とは本人の談ですが、
特に守備力の格差は大きかったらしく、名前を挙げた3人がいずれも大きな恩恵を受けていたと思われるのに対し、
金田の場合、DERの推移から味方の守備の悪さにかなり足を引っ張られていた形跡が確認できます。
その点を踏まえると、1958年の成績は彼らに引けを取らない屈指の好成績と言えるでしょう。

□古田敦也[1990-2007]
furuta.png
※守備位置補正は守備位置補正RCWINの方法で算出しました。「守RCAA」は球場補正を含めた守備位置補正RCWINです。

ヤクルトスワローズ黄金期、最大の立役者。誰が選んでも間違いなく選ばれるであろう選手でしょう。

盗塁阻止率は歴代1位の.462。盗塁阻止と捕逸を元に算出される守備得点も歴代1位であり、(捕手守備得点参照)
捕手守備能力はNPB歴代No.1と断言しても、あまり異論は出ないだろうと思われます。
守備だけでなく打撃も一流であり、1991年には捕手として野村克也以来2人目となる首位打者を獲得。
平均的な捕手に対して通算で+321点の打撃利得を積み上げました。これは野村、阿部に次ぐ歴代3位の数値です。

□松岡弘[1968-1985]
matsuoka.png

ヤクルトに経営母体が変わった後、しばらく低迷期の続いていたスワローズを長く支えました。
1978年の初優勝時にはエースとして活躍し16勝を挙げ、沢村賞を受賞。通算191勝は球団歴代2位。
前述の低迷期に当たるキャリア前半に勝ち星を稼げなかったことが響き、通算200勝には届かなかったものの、
質、量ともに同時代の200勝投手(北別府学,堀内恒夫)に引けを取らない成績を残しました。

表を見ると、キャリア中に松岡を取り巻く環境が大きく変化している様子が見て取れますね。
広岡監督は1976年から1977年の間に使用球を飛びにくいものに変更したと考えられ、
このことは1978年の初優勝の一つの要因となったのではないでしょうか。
衰えとチームの強豪化が並行して進み、貯金を作るペースはキャリアを通じてほぼ一定になっているのも面白いところ。
広岡監督との縁と言い、西武の大投手東尾修と共通点が多い印象です。

□若松勉[1971-1989]
wakamatsu.png
※守備位置補正は守備位置補正RCWINの方法で算出しました。「守RCAA」は球場補正を含めた守備位置補正RCWINです。

現役時代は「小さな大打者」と呼ばれ、スワローズ史上最多となる通算2173安打を記録。

打者として特筆すべき点は三振率の低さで、首位打者を獲得した1977年には規定到達で三振を14にまで抑えました。
平均的な打者と比較した通算三振率傑出度は0.47倍で、イチロー(0.49倍)を上回る歴代4位の数値となっています。
三振率の低さに加えて適性BABIPもかなり高かったようで、通算打率.319はレロン・リーに次ぐ歴代2位。
同ポジションの平均的な選手と比較して積み上げた打撃利得は+179点で、古田に次ぐ球団歴代2位でした。

こうした打撃能力の高さに加え、手元にデータが揃っている分と「セイバーメトリクス・リポート4」を見る限りでは、
左翼手としてはかなり強力な守備力をキャリア終盤まで維持していたようです。
守備貢献の高さも併せて、総合力の高いセリーグの名外野手の一人と言えるのではないでしょうか。

次点

□池山隆寛[1968-1985]
最多三振を3度獲得する打撃の粗さから、「ブンブン丸」の愛称で親しまれました。
遊撃手らしからぬ遠くに飛ばす長打力が持ち味で、5度のシーズン30HRは遊撃手の最多記録となっています。
同ポジションの平均的な選手(遊撃→三塁)と比較して積み上げた打撃利得は+179点。
レンジ系指標を見る限りでは遊撃守備、三塁守備も相当優秀だったようです。

□青木宣親[2004-2011]
規定到達7回で首位打者3回のアベレージヒッター。
平均的な打者に対し27%多く四死球を選ぶ選球眼も持ち合わせており、高い出塁能力を持っていました。
出塁率傑出度は1.22倍で、4000打席以上の打者としては松井秀喜とほぼ同値の歴代13位となっています。
平均的な中堅手と比較して比較して積み上げた打撃利得は+177点で、古田を上回りうるペースでした。
守備に関しては評価が分かれている印象がありますが、レンジ系指標では優秀な成績を残しています。

□ロベルト・ペタジーニ[1999-2002]
打率、長打、四死球すべてを高水準で兼ね備えた非常に高い打撃能力が持ち味で、
飛び抜けた年はないものの、三冠王時のバースに匹敵する成績を4年連続で残しました。
平均的な一塁手と比較して比較して積み上げた打撃利得は+177点で、池山青木とほぼ同値となっています。
一塁手のシーズン補殺数記録を保持しており、一塁守備による貢献も相当高かったことが窺えます。
複数年単位で全盛期を抜き出しての評価であれば、スワローズ史上最高の野手ではないでしょうか。

□石川雅規[2002-]
リーグ平均に対し与四球を40%少なく抑える制球力を武器に勝ち星を積み上げ、
通算136勝(2015年7月22日現在)は金田、松岡に次ぐ球団史上歴代3位となっています。
平均的な投手と比較して比較して積み上げた投球利得は+22点に留まり、投球内容は圧倒的とは言えませんが、
今季も含めると実働14年間で13回規定に到達しており、イニングイーターぶりは評価されてしかるべきでしょう。
また打撃も優秀で、通算で積み上げた打撃利得は現役投手中1位となっています。(投手の打撃参照)

□東京ヤクルトスワローズ簡易oWAR10傑[-2014]
順位 選手名 守備 実働期間 年数 試合 打席 打率 HR 打点 盗塁 RCW 球場補正 POS補正 守RCW oWAR
1位 古田敦也 捕手 1990-2007 18年 2008 8115 0.294 217 1009 70 12.74 -1.3 21.7 33.15 60.2
2位 若松勉 左翼 1971-1989 19年 2062 7590 0.319 220 884 151 28.71 -1.2 -8.9 18.60 43.9
3位 池山隆寛 遊撃 1984-2002 19年 1784 6531 0.262 304 898 108 9.83 -0.9 9.1 18.03 39.8
4位 青木宣親 中堅 2004-2011 8年 985 4431 0.329 84 385 164 21.49 -2.1 -0.9 18.53 33.3
5位 杉浦享 右翼 1971-1993 23年 1782 5847 0.284 224 753 109 16.98 0.3 -6.5 10.71 30.2
6位 岩村明憲 三塁 1997-2014 12年 1091 4252 0.297 192 601 67 16.82 -1.0 -2.9 12.95 27.1
7位 D.ロバーツ 一塁 1967-1972 6年 778 3130 0.277 181 485 22 21.39 -1.6 -4.0 15.79 26.2
8位 R.ペタジーニ 一塁 1999-2002 4年 539 2308 0.321 160 429 21 23.32 -0.4 -4.7 18.26 25.9
9位 A.ラミレス 左翼 2001-2007 7年 982 4180 0.301 211 752 12 10.68 -0.8 -2.5 7.31 21.2
10位 佐藤孝夫 中堅 1952-1963 10年 1275 4634 0.238 150 432 219 10.91 0.1 -5.6 5.35 20.8
※守備位置補正は守備位置補正RCWINの方法で算出しました。「守RCAA」は球場補正を含めた守備位置補正RCWINです。代替補正は600打席で2勝としました。

□東京ヤクルトスワローズ簡易投手WAR10傑[-2014]
順位 選手名 実働期間 年数 試合 先発 投球回 防御率 FIP 勝利 敗戦 RSW 球場補正 守備補正 補RSW WAR
1位 金田正一 1950-1964 15年 814 488 4920    2.27 2.34 353 267 53.41 -0.39 3.91 56.93 122.5
2位 松岡弘 1968-1985 18年 660 398 3240    3.33 3.39 191 190 9.55 4.07 2.71 16.33 59.5
3位 安田猛 1972-1981 10年 358 160 1508 1/3 3.26 3.18 93 80 10.21 2.29 0.73 13.23 33.3
4位 石川雅規 2002-2014 13年 359 344 2173    3.75 3.87 131 120 0.12 3.63 -1.23 2.51 31.5
5位 館山昌平 2003-2014 12年 249 178 1254 2/3 3.09 3.38 78 55 8.87 2.53 -0.71 10.69 27.4
6位 尾花高夫 1978-1991 14年 425 291 2203    3.82 3.58 112 135 -3.07 -0.78 1.28 -2.56 26.8
7位 石井一久 1992-2007 12年 300 222 1528 2/3 3.47 3.48 98 63 6.46 2.67 -2.79 6.34 26.7
8位 村田元一 1957-1969 13年 459 284 2154    3.05 2.98 118 140 -6.03 0.20 1.34 -4.48 24.2
9位 川崎憲次郎 1989-2000 12年 234 199 1409    3.63 4.04 88 80 3.80 1.58 -1.78 3.60 22.4
10位 浅野啓司 1967-1976 10年 372 134 1367 1/3 3.21 3.11 70 99 -0.82 3.02 1.57 3.77 22.0
※代替補正は控え投手勝率を.380と仮定して算出しました。

   De [ヤ] 西 球団史上最高の4人を選ぶ
東京ヤクルトスワローズ選手一覧 スワローズ歴代選手の変遷
東京ヤクルトスワローズ打線一覧 スワローズ歴代打線の変遷

コメント

No title

こんばんは。お世話になっています。
この企画は私もやってみたかったですね。
本家の企画も4人なのは何かわけがあるんでしょうかね?
4人くらいにしといた方が選ぶのに一番楽しめるってことなんでしょうか。
それとも単に語呂合わせかな。
NCAAのトーナメントもスィートシクスティーン→エリートエイト→ファイナルフォーと進みますよね。

ところで私も二塁手RCAA歴代トップテンをとっかかりに
WARとか織り交ぜた山田押しの記事を書いてみました。
採用されたらご報告しますね。
山田がこのままいくとヤクルトは王国作る絶好のチャンスなんですけどねえ。

あ、そういえば私、この記事で押していただいた松岡さんとは学生時代に麻雀やったことがあるんですよ。もう三十何年前の話ですが。
再評価の機運が来てほしいものです。

Re: No title

道作さん、コメントありがとうございます!
こちらこそお世話になっております。

4人組と言う括りがある程度市民権を得ているのかもしれませんね。
向こうのアーティストとかを見ても、心なしか日本より4人組が多い気がしますし。

通算190勝台の3人(長谷川,秋山,松岡)は、実績と世間的な評価の乖離がかなり大きいですね。
2000本安打についても同じことが言えるかもしれませんが。
それはさておき、麻雀をやることになった経緯がとても気になります笑

今のヤクルトは小川政権末期と比べると内野と投手の整備がかなり進みましたね。
後は外野の打撃さえなんとかできれば今年なんかはもっと白星を稼げそうなものですが。
もし青木が残っていたら、もしバレンティンが健在だったら、と思えてなりません。
山田の記事楽しみにしています!是非お知らせください。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター