記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

球団史上最高の4人を選ぶ 福岡ソフトバンクホークス編

はじめに

ヤクルトと同様のアプローチで、NPBで「フランチャイズ・フォー」と同様の企画が実施された場合、
RCAAまとめblogとしてはどういった選手に投票するか、データを基に独断と偏見を交えて考えてみました。
今回は第12弾として、「福岡ソフトバンクホークス」の歴代選手TOP4を選出します。

おおまかな選出の方針

・「同ポジションの平均的な控え選手に対し、どの程度利得を作れたか」(=WAR)を基軸に評価。
・基本的には通算成績の優劣で決定。長くチームに貢献した選手を優先する。
・通算成績がほとんど横並びの場合、全盛期の優劣で決定。
・「球団史上」なので、MLB期間の成績については一切考慮しない。

以上を踏まえて、RCAAまとめblogが選出した「福岡ソフトバンクホークス最高の4人」は以下のようになりました。

福岡ソフトバンクホークス史上最高の4人

□野村克也[捕手/24年/1954-1977]
FC4nomura.png
※守備位置補正は守備位置補正RCWINの方法で算出しました。「守RCAA」は球場補正を含めた守備位置補正RCAAを示します。

ご存知、プロ野球史上最高の捕手。通算2813安打は球団史上歴代1位。
同ポジションの平均的な選手(捕手)に対して+792点の打撃利得を稼ぎました。こちらも球団史上歴代1位。

最も多くの試合で4番先発出場を記録した、4番打者の中の4番打者でもあります。(参考:日本プロ野球私的統計研究会様)
本塁打王9回、打点王7回は、共に王貞治に次いで2番目に多い記録。1965年には捕手として唯一の三冠王も獲得しています。
捕手としては過剰とも言える打撃能力を持つ野村が在籍することにより、当時の南海が得たアドバンテージは計り知れません。
実働年数の長さも鑑みるに、キャリア全体の評価では王貞治に次いでNPB歴代2番目の野手ではないかと考えられます。

守備に関しては、南海時代は最後の1977年まで優秀な盗塁阻止能力を持っていたようで、年齢を考えると驚異的とも言えますが、
ロッテ、西武移籍後には大幅に数値を落としています。南海投手陣にクイックモーションが普及していた証左かもしれませんね。
若い頃は捕逸・失策が共に少なかったようですが、選手兼任監督となってからは負担が増えた影響か大幅に増加しており、
守備全体を評価する際には、この部分に起因するマイナスが無視できないレベルになっています。

□門田博光[指名打者・右翼手/21年/1970-1992]
FC4kadota.png
※守備位置補正は守備位置補正RCWINの方法で算出しました。「守RCAA」は球場補正を含めた守備位置補正RCAAを示します。

44歳まで長く主砲として活躍した「不惑の大砲」。通算2317安打は球団歴代2位。
同ポジションの平均的な選手(指名打者・右翼手)に対して+324点の打撃利得を稼ぎました。

打者として特筆すべき点は、鈍足のホームランバッターとしては異質とも言えるBABIP傑出の高さ(1.06倍)で、
決して三振の少ない打者ではなかった門田が、高打率とHRを両立させる大きな要因となったようです。
長距離打者はプルヒッターが多く、守備側も対策がしやすいのかBABIPは一般的に平凡な値であることが多いのですが。
(例を挙げると、王貞治(1.00倍)、野村克也(0.98倍)、田淵幸一(0.87倍)、土井正博(0.98倍)など枚挙に暇がありません)
他に落合博満(1.06倍)も同様の傾向を示しています。これは広角に強い打球を量産する打者の特徴なのかもしれませんね。

長所は打撃だけでなく、アキレス腱断裂前は高い守備能力を持つ右翼手でもありました。
売りの強肩を活かして同時代の右翼手と比較しても明確に多い補殺数を記録しているほか、
守備範囲も非常に広かったようで、1977年にはほぼ右翼手としての出場でシーズン300刺殺も記録しています。
右翼での出場割合が80%を超えているシーズンに、300外野刺殺を記録した選手は直近半世紀では門田のみとなっています。

□広瀬叔功[中堅手・遊撃手/23年/1955-1977]
FC4hirose.png
※守備位置補正は守備位置補正RCWINの方法で算出しました。「守RCAA」は球場補正を含めた守備位置補正RCAAを示します。


歴代屈指の盗塁成功率を誇った、南海黄金時代のリードオフマン。通算2157安打は球団歴代3位。
同ポジションの平均的な選手(中堅手・遊撃手)に対して+163点の打撃利得を稼ぎました。

通算596盗塁は「世界の盗塁王」福本豊に次ぐ歴代2位の記録。
精度を多少犠牲にしてでも量を重視した福本に対し、広瀬の盗塁は数を抑えつつ精度を重視したものであったようで、
盗塁成功率82.9%は200盗塁以上の選手では最高値となっています。(福本は78.1%)
キャリア全体での盗塁利得(wSB)は+66点で、こちらも福本の+90点に次ぐ歴代2位の記録です。

打者としての特徴は早打ちによる三振の少なさで、50三振以上は1962年の一度のみ。
三振/打数の傑出度は新井宏昌、若松勉に次ぐ2000本安打達成者では歴代3位の低水準となっており、
持ち前の俊足によるBABIP傑出の高さと合わせて、打低時代に安定して3割付近の打率を記録する原動力となったようです。

そして特筆すべきはその中堅守備。1963年にはセパ分立以降最多の353外野刺殺を記録する広大な守備範囲を誇り、
同時代の中堅手に対する刺殺数の傑出具合は、後年の山本浩二・福本豊らを大きく上回る歴代トップクラスの数値を記録。
現状で得られるデータの中からの判断では、NPBオールタイム・ゴールデングラブ外野手の最有力候補だと考えられます。

□皆川睦雄[投手/18年/1954-1971]
FC4minagawa.png

南海投手陣を細長く支え、最後に大輪の花を咲かせた縁の下の力持ち投手。通算221勝は球団歴代最多。
平均的な投手に対して+201点の投球利得を稼ぎました。こちらは球団で杉浦に次ぐ記録です。

キャリア終盤まで300投球回と20勝を一度も記録しておらず、当時のエース投手と比較するとやや物足りない稼働量ながら、
防御率は安定して優秀で、投手陣に定着してからは晩年まで負け越した年が一つもありませんでした。
異変が起きたのは1968年。33歳とベテランの域に入っていた皆川は突如として伝説的な投球を見せました。
シーズン30勝及びシーズンRSWIN7勝台は、この年の皆川を最後に日本プロ野球では記録されていません。

奪三振、与四球、被本塁打の全てが平均的な投手より少ない、精度で勝負する型の投手だったようですが、
恐らく被BABIPの低さが原因で、バックの守備能力を考慮しても説明が付かないくらいFIPと防御率が離れています。
山田久志や足立光宏の項でも触れましたが、これはこの時代のアンダースロー投手の特徴の一つなのかもしれませんね。

次点

□杉浦忠[投手/13年/1958-1970]
NPBの歴史で稀有なアンダースローのパワーピッチャー。通算187勝は球団歴代2位。
平均的な投手に対して+221点の投球利得を稼ぎました。これは球団歴代最高値。
杉浦と言えば、何といっても1959年の大活躍。38勝4敗で1シーズンに34の勝ち越しを記録しました。
1シーズンで30以上の勝ち越しはこの年の杉浦のみ。次点は1957年稲尾和久の29(35勝6敗)となっています。
この年に記録したRSWIN8.90は12球団制移行後最高記録で、今後の更新はおそらく不可能だと考えられます。

□松中信彦[一塁手・指名打者/18年/1997-2014]
ダイハード打線の中軸を担ったNPB最後の三冠王。通算1766安打は球団歴代4位。
平均的な同ポジションの選手(一塁手・指名打者)に対して+294点の打撃利得を稼ぎました。
王貞治と同じく極端な左のプルヒッターでシフトを敷かれることが多かったせいか、BABIP傑出は0.98倍と平均を下回りますが、
こうした弱点を抱えながら高打率を記録しています。これはHRバッターの中ではかなり低い三振率が背景にあったようですね。
2004年福岡ドームの得点PFは0.88で、三冠王を輩出したチームの本拠地としては歴代で最も低い値となっています。

□城島健司[捕手/11年/1995-2005]
ダイエー黄金時代の扇の要。捕手で実働は11年しかないものの通算211HRは球団歴代5位。
平均的な同ポジションの選手(捕手)に対して+285点の打撃利得を稼ぎました。
極端な早打ちで三振四球が非常に少ない打者です。打数ベースで見ると捕手の中では森昌彦に次ぐ三振の少なさで、
鈍足の右打者で内野安打の稼げない城島が、高打率を維持する大きな要因となりました。
直近30年間のNPBにおいて、盗塁阻止率.383は古田敦也(.462)に次ぐ記録。攻守ともに優れた捕手だったようです。

□飯田徳治[一塁手/10年/1947-1956]
鶴岡監督の築いた100万ドルの内野陣の一角。通算321盗塁は球団歴代3位。
平均的な同ポジションの選手(一塁手)に対して+216点の打撃利得を稼ぎました。
NPBの歴史全体を見ても稀有な「走れる一塁手」であり、一塁手としてシーズン40盗塁を4度記録。
1953年と1954年に記録したシーズン48盗塁は一塁手では最多、通算390盗塁も一塁手最多記録となっています。
機動力だけでなく打者としても三振率・奪四球・長打力・BABIPで全て平均以上を記録しており、穴の無い打者だったようです。

□福岡ソフトバンクホークス簡易oWAR10傑[-2014]
順位 選手名 守備 実働期間 年数 試合 打席 打率 HR 打点 盗塁 RCW 球場補正 POS補正 守RCW oWAR
1位 野村克也 捕手 1954-1977 24年 2827 11534 0.279 645 1940 116 62.64 -0.61 25.10 87.13 125.6
2位 門田博光 DH 1970-1992 21年 2336 9288 0.289 503 1494 51 47.97 2.42 -17.00 33.39 64.4
3位 松中信彦 一塁 1997-2014 18年 1771 6995 0.297 352 1167 28 40.32 2.66 -13.54 29.43 52.7
4位 広瀬叔功 中堅 1955-1977 23年 2190 8246 0.282 131 705 596 24.72 -1.36 -4.99 18.37 45.9
5位 城島健司 捕手 1995-2005 11年 1117 4496 0.299 211 699 63 14.46 1.77 11.76 27.98 43.0
6位 飯田徳治 一塁 1947-1956 10年 1265 5394 0.295 151 778 321 29.34 0.00 -6.56 22.78 40.8
7位 小久保裕紀 三塁 1994-2012 16年 1702 6924 0.270 319 1066 56 20.12 2.56 -6.22 16.45 39.5
8位 吉永幸一郎 捕手 1988-2000 13年 1196 4318 0.279 150 497 4 12.26 1.38 1.04 14.68 29.1
9位 鶴岡一人 三塁 1939-1952 8年 754 3106 0.295 61 467 143 17.92 0.00 0.55 18.48 28.8
10位 岡本伊三美 二塁 1949-1963 15年 1289 4467 0.257 125 513 182 9.92 -0.44 3.14 12.62 27.5
※守備位置補正は守備位置補正RCWINの方法で算出しました。「守RCAA」は球場補正を含めた守備位置補正RCAAを示します。代替補正は600打席で2勝としました。

□福岡ソフトバンクホークス簡易投手WAR10傑[-2014]
順位 選手名 実働期間 年数 試合 先発 投球回 防御率 FIP 勝利 敗戦 RSW 球場補正 守備補正 補RSW WAR
1位 皆川睦雄 1954-1971 18年 759 327 3158    2.42 2.82 221 139 27.51 2.54 -7.58 22.48 64.6
2位 杉浦忠 1958-1970 13年 577 217 2413 1/3 2.39 2.57 187 106 26.47 2.77 -4.50 24.74 56.9
3位 杉内俊哉 2002-2011 10年 225 218 1520 1/3 2.92 2.88 103 55 19.01 -2.45 -1.85 14.70 35.0
4位 三浦清弘 1957-1972 16年 489 244 2017 1/3 3.02 3.42 119 92 6.45 1.59 -2.79 5.25 32.1
5位 柚木進 1948-1956 9年 281 163 1511 2/3 2.49 2.68 123 64 16.64 0.00 -4.83 11.81 32.0
6位 和田毅 2003-2011 9年 210 207 1444 2/3 3.13 3.33 107 61 16.39 -2.46 -2.23 11.70 31.0
7位 山内孝徳 1981-1992 12年 319 254 1842 1/3 4.43 3.97 100 125 -6.23 -0.81 6.19 -0.85 23.7
8位 山内和宏 1981-1990 10年 290 233 1662 2/3 4.20 4.24 92 107 -3.23 -0.74 5.15 1.19 23.4
9位 J.スタンカ 1960-1965 6年 232 209 1314 1/3 2.90 3.23 94 59 5.60 1.82 -2.19 5.24 22.8
10位 山内新一 1973-1983 11年 309 303 2126    3.73 3.79 121 121 -1.78 -4.91 0.98 -5.70 22.6
※代替補正は控え投手勝率を.380と仮定して算出しました。

   De [ソ] 西   球団史上最高の4人を選ぶ
福岡ソフトバンクホークス選手一覧 ホークス歴代選手の変遷
福岡ソフトバンクホークス打線一覧 ホークス歴代打線の変遷

コメント

No title

12球団編纂お疲れ様でした
皆川投手が入ってるのは驚きました
てっきり杉浦投手だと思ってましたので
皆川投手の68年の飛躍は野村さんからのアトバイスでカットボールを取得して
苦手としていた左投手に対しての成績が向上したのが要因です
後選手のリクエストでヤクルトの中村捕手をお願いします

Re: No title

コメントありがとうございます!リクエストもありがとうございます。
中村捕手についてはシーズン終了後にアップロードさせていただきます。

当時はムービングファストボールの概念すらなかった時代ですし、
意識してフォーシームと投げ分けることができていたのなら、相当強力な武器になったのでしょうね。
今回は基本的に実働の長さを重視して選出したため、杉浦投手はあえて外して皆川投手を選びました。
1959年の投球は、シーズン単位で見ればNPB歴代最高クラスの成績だと思っています。

最後に近鉄もやりたいと思っていますので、どうぞお付き合いください。

No title

いつもデータにもとづく興味深い内容、楽しませてもらっています。
生まれた時からずっと福岡県人の私、当然応援してきたのは、西鉄〜太平洋クラブ〜クラウンライター・ライオンズと、ダイエー〜ソフトバンク・ホークスです。
「ソフトバンク」ホークス史上ベスト4は、皮肉にも大阪時代の選手で占められましたね。笑
いずれも、憎き強力ライバル達です。笑
(門田選手は晩年ダイエーに来ましたが)

Re: No title

わいマンさん、コメントありがとうございます!
そう仰っていただけるととても嬉しいです!
このところ私生活の方が少し忙しかったのですが、ようやく更新を再開できそうです。

西鉄時代からというと、かなり年季の入った野球ファンの方でいらっしゃるんですね。
昔のパリーグの選手は映像が残っていなくて私は記録でしか足跡を辿ることが出来ないので、
当時の選手を生でご覧になっていることを大変羨ましく感じます。

福岡移転後のホークスからも傑出した選手は多く輩出されているんですが、
どの選手も途中で移籍してしまっているのが痛いですね。
FA制度が整備されたり、MLBへの移籍ルートが確立されたことに伴う球界全体の流れなのかもしれませんが。
杉内俊哉、井口資仁、城島健司は、キャリアを全てホークスで過ごしたならばベスト4に食い込んでもおかしくない選手だと思います。

No title

こんばんは。
私は西鉄ライオンズの黒い霧事件の頃からのプロ野球(主にパ・リーグ)ファンです。
王監督が福岡にやってくるまでの長い間、地元チームはいずれもAクラスにもろくに入れない体たらく。。。
でしたから、1999年のダイエー初優勝の時は舞い上がっておりました。^^
今、パ・リーグの雄となったホークス。地元チームのドン底も黄金期も両方体験できたのは、ファンとして幸せでした。

全盛期の松中、城島両選手の豪快なバッティングに痺れました。^^

Re: No title

わいマンさん、返信ありがとうございます!

ここ30年くらいのスパンで見ると、ホークスほど浮き沈みの激しいチームは他にないですよね。
松中選手にしても城島選手にしても、当時はみんなよく打っていました。
広い球場だということを考えると歴代屈指の強力打線だったと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2016]
 歴代打線守備力評価[-2016]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 守備位置別安打記録
 通算 シーズン
 奪三振率(K/9)
 通算 シーズン
 与四球率(BB/9)
 通算 シーズン
 wSB+(盗塁得点)
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター