記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

RSWINで見る強力ダブルエース


RSWINとは

RSWINは勝利数を基準として投球貢献を測る指標です。
「平均的な投手と比べて投球でチームの勝利数をいくつ増やしたか」を示します。
「平均的な投手と比べて投球でチームの失点数をいくつ減らしたか」を失点率から算出して勝利数に変換したものです。

1989年の読売ジャイアンツでは、斎藤雅樹と槙原寛己がRSWIN9.30を稼ぎました。
これは2人が「平均的な投手と比べて投球でチームの勝利数を約9個増やした」ことを意味しており、
同年の巨人は2人の投球だけで18個もの貯金を作ることができた、と評価できます。

本記事ではこのRSWINを使って、日本プロ野球の歴史におけるダブルエースベスト50を選出しました。

注意点

・選手の所属チームの勝敗成績から逆算して算出する訳ではないので、
 「強豪チームに在籍しているから有利、弱小チームに在籍しているから不利」ということは起こり得ません。
・救援投手を除外するために「先発登板6未満」の投手を集計から除外しました。
・同年同チームの1位/2位の組み合わせのみを集計しました。


□歴代強力ダブルエース[先発ローテーション制確立後/1980-2018]
順位 RSWin 年度/球団 選手 投球成績 RSWin 選手 投球成績 RSWin
1位 9.30 1989巨人 斎藤雅樹 20勝*7敗 245.0回 防1.62 5.89 槙原寛己 12勝*4敗 150.2回 防1.79 3.41
2位 8.58 1980日本ハム 木田勇 22勝*8敗 253.0回 防2.28 6.36 高橋一三 *9勝*7敗 177.1回 防3.55 2.22
3位 8.41 1993中日 今中慎二 17勝*7敗 249.0回 防2.20 4.50 山本昌 17勝*5敗 188.1回 防2.05 3.90
4位 8.40 2017巨人 菅野智之 17勝*5敗 187.1回 防1.59 5.08 マイコラス 14勝*8敗 188.0回 防2.25 3.32
5位 8.37 2010日本ハム ダルビッシュ有 12勝*8敗 202.0回 防1.78 4.95 武田勝 14勝*7敗 168.1回 防2.41 3.42
6位 8.08 1990巨人 斎藤雅樹 20勝*5敗 224.0回 防2.17 4.90 木田優夫 12勝*8敗 182.2回 防2.71 3.19
7位 7.96 1981巨人 江川卓 20勝*6敗 240.1回 防2.28 4.40 西本聖 18勝12敗 257.2回 防2.58 3.56
8位 7.80 2015広島 ジョンソン 14勝*7敗 194.1回 防1.85 3.97 前田健太 15勝*8敗 206.1回 防2.09 3.84
9位 7.68 2009中日 チェン *8勝*4敗 164.0回 防1.54 4.31 吉見一起 16勝*7敗 189.1回 防2.00 3.37
10位 7.47 2005西武 松坂大輔 14勝13敗 215.0回 防2.30 4.41 西口文也 17勝*5敗 172.0回 防2.77 3.06
11位 7.21 2007日本ハム ダルビッシュ有 15勝*5敗 207.2回 防1.82 4.56 グリン *9勝*8敗 155.0回 防2.21 2.64
12位 7.16 2003ダイエー 斉藤和巳 20勝*3敗 194.0回 防2.83 4.42 和田毅 14勝*5敗 189.0回 防3.38 2.74
13位 7.15 2013楽天 田中将大 24勝*0敗 212.0回 防1.27 6.14 則本昂大 15勝*8敗 170.0回 防3.34 1.01
14位 7.11 2005ソフトバンク 杉内俊哉 18勝*4敗 196.2回 防2.11 4.69 斉藤和巳 16勝*1敗 157.0回 防2.92 2.42
15位 7.09 1982日本ハム 工藤幹夫 20勝*4敗 197.0回 防2.10 4.05 高橋里志 *8勝*5敗 132.0回 防1.84 3.04
16位 7.07 2009日本ハム ダルビッシュ有 15勝*5敗 182.0回 防1.73 5.26 八木智哉 *9勝*3敗 122.0回 防2.88 1.81
17位 6.78 1984阪急 今井雄太郎 21勝*9敗 218.0回 防2.93 4.02 佐藤義則 17勝*6敗 210.1回 防3.51 2.76
18位 6.77 1996巨人 斎藤雅樹 16勝*4敗 187.0回 防2.36 4.08 ガルベス 16勝*6敗 203.2回 防3.05 2.69
19位 6.77 1991広島 佐々岡真司 17勝*9敗 240.0回 防2.44 4.27 川口和久 12勝*8敗 205.0回 防2.90 2.49
20位 6.73 1988近鉄 阿波野秀幸 14勝12敗 220.1回 防2.61 3.80 小野和義 10勝10敗 208.2回 防2.59 2.93
21位 6.71 1988日本ハム 西崎幸広 15勝11敗 241.2回 防2.50 4.01 河野博文 *6勝*5敗 144.0回 防2.38 2.71
22位 6.71 2018巨人 New! 菅野智之 15勝*8敗 202.0回 防2.14 4.91 メルセデス *5勝*4敗 *92.0回 防2.05 1.80
23位 6.67 2008日本ハム ダルビッシュ有 16勝*4敗 200.2回 防1.88 5.25 武田勝 *8勝*7敗 121.2回 防2.96 1.42
24位 6.63 2011楽天 田中将大 19勝*5敗 226.1回 防1.27 5.53 岩隈久志 *6勝*7敗 119.0回 防2.42 1.10
25位 6.62 2011ソフトバンク 和田毅 16勝*5敗 184.2回 防1.51 4.00 杉内俊哉 *8勝*7敗 171.1回 防1.94 2.62
26位 6.53 1983西武 東尾修 18勝*9敗 213.0回 防2.92 3.48 松沼雅之 15勝*8敗 216.0回 防3.25 3.05
27位 6.51 2005ロッテ 渡辺俊介 15勝*4敗 187.0回 防2.17 4.51 小林宏之 12勝*6敗 160.2回 防3.30 2.00
28位 6.49 1987西武 工藤公康 15勝*4敗 223.2回 防2.41 4.09 東尾修 15勝*9敗 222.2回 防2.59 2.39
29位 6.48 1994巨人 斎藤雅樹 14勝*8敗 206.1回 防2.53 3.48 桑田真澄 14勝11敗 207.1回 防2.52 3.00
30位 6.42 2007ロッテ 成瀬善久 16勝*1敗 173.1回 防1.82 4.24 渡辺俊介 *9勝*6敗 177.0回 防2.44 2.18
31位 6.33 1992西武 石井丈裕 15勝*3敗 148.1回 防1.94 3.72 郭泰源 14勝*4敗 168.0回 防2.41 2.62
32位 6.29 1985西武 工藤公康 *8勝*3敗 137.0回 防2.76 3.38 東尾修 17勝*3敗 174.1回 防3.30 2.92
33位 6.27 1991西武 郭泰源 15勝*6敗 184.1回 防2.59 3.39 渡辺智男 11勝*6敗 157.0回 防2.35 2.88
34位 6.24 1980巨人 江川卓 16勝12敗 261.1回 防2.48 3.33 西本聖 14勝14敗 222.0回 防2.59 2.91
35位 6.14 1992阪神 中込伸 *9勝*8敗 200.2回 防2.42 3.10 仲田幸司 14勝12敗 217.1回 防2.53 3.05
36位 6.12 1982巨人 江川卓 19勝12敗 263.1回 防2.36 3.95 西本聖 15勝10敗 262.0回 防2.58 2.17
37位 6.10 2009楽天 田中将大 15勝*6敗 189.2回 防2.33 4.11 岩隈久志 13勝*6敗 169.0回 防3.25 1.98
38位 6.03 2008楽天 岩隈久志 21勝*4敗 201.2回 防1.87 4.89 田中将大 *9勝*7敗 172.2回 防3.49 1.14
39位 6.03 2011日本ハム ダルビッシュ有 18勝*6敗 232.0回 防1.44 4.96 武田勝 11勝12敗 164.2回 防2.46 1.07
40位 5.97 2009西武 涌井秀章 16勝*6敗 211.2回 防2.30 4.58 岸孝之 13勝*5敗 179.2回 防3.26 1.39
41位 5.95 2006ソフトバンク 斉藤和巳 18勝*5敗 201.0回 防1.75 4.24 和田毅 14勝*6敗 163.1回 防2.98 1.71
42位 5.88 1990西武 渡辺久信 18勝10敗 224.1回 防2.97 4.04 渡辺智男 13勝*7敗 176.0回 防3.38 1.84
43位 5.85 2009ソフトバンク 杉内俊哉 15勝*5敗 191.0回 防2.36 3.37ホールトン 11勝*8敗 171.0回 防2.89 2.49
44位 5.85 2016巨人 菅野智之 *9勝*6敗 183.1回 防2.01 3.86 田口麗斗 10勝10敗 162.0回 防2.72 1.99
45位 5.84 1985中日 小松辰雄 17勝*8敗 210.1回 防2.65 3.97 郭源治 11勝11敗 230.1回 防3.48 1.87
46位 5.83 1995ヤクルト ブロス 14勝*5敗 162.1回 防2.33 3.45 石井一久 13勝*4敗 153.0回 防2.76 2.38
47位 5.80 1989近鉄 阿波野秀幸 19勝*8敗 235.2回 防2.71 4.65 小野和義 12勝*9敗 180.1回 防3.39 1.15
48位 5.79 1999巨人 上原浩治 20勝*4敗 197.2回 防2.09 4.97 ガルベス *9勝12敗 187.0回 防3.66 0.83
49位 5.79 2011巨人 内海哲也 18勝*5敗 185.2回 防1.70 3.22 澤村拓一 11勝11敗 200.0回 防2.03 2.56
50位 5.76 1999中日 野口茂樹 19勝*7敗 203.2回 防2.65 3.36 山本昌 *8勝*5敗 158.1回 防2.96 2.40 


□歴代強力ダブルエース[全年代/1936-2018]
順位 RSWin 年度/球団 選手 投球成績 RSWin 選手 投球成績 RSWin
1位 14.23 1954中日 杉下茂 32勝12敗 395.1回 防1.39 10.31 石川克彦 21勝*9敗 265.0回 防2.24 3.92
2位 13.93 1950巨人 藤本英雄 26勝14敗 360.1回 防2.45 8.05 別所毅彦 22勝11敗 314.0回 防2.55 5.88
3位 12.93 1940巨人 スタルヒン 38勝12敗 436.0回 防0.97 9.88 中尾碩志 26勝11敗 347.0回 防1.76 3.06
4位 12.93 1956西鉄 島原幸雄 25勝11敗 373.2回 防1.35 7.16 稲尾和久 21勝*6敗 262.1回 防1.06 5.77
5位 12.78 1962阪神 村山実 25勝14敗 366.1回 防1.20 7.58 小山正明 27勝11敗 352.2回 防1.66 5.20
6位 12.69 1959大阪 村山実 18勝10敗 295.1回 防1.19 7.45 小山正明 20勝16敗 344.0回 防1.86 5.24
7位 12.05 1950松竹 真田重蔵 39勝12敗 395.2回 防3.05 6.72 大島信雄 20勝*4敗 225.1回 防2.04 5.33
8位 11.76 1954巨人 別所毅彦 26勝12敗 330.0回 防1.80 5.91 大友工 21勝15敗 278.2回 防1.68 5.85
9位 11.73 1949巨人 藤本英雄 24勝*7敗 288.0回 防1.94 7.99 別所毅彦 14勝*9敗 180.0回 防2.35 3.74
10位 11.22 1943巨人 藤本英雄 34勝11敗 432.2回 防0.73 8.95 スタルヒン 10勝*5敗 136.0回 防1.19 2.28
11位 10.89 1959南海 杉浦忠 38勝*4敗 371.1回 防1.41 8.90 祓川正敏 18勝*7敗 220.2回 防2.49 1.99
12位 10.88 1940翼 野口二郎 33勝11敗 387.0回 防0.93 7.86 浅岡三郎 14勝*9敗 281.2回 防1.66 3.02
13位 10.63 1951巨人 松田清 23勝*3敗 227.2回 防2.02 5.87 別所毅彦 21勝*9敗 301.1回 防2.45 4.75
14位 10.59 1937春巨人 沢村栄治 24勝*4敗 244.0回 防0.81 6.97 スタルヒン 13勝*4敗 147.1回 防1.53 3.63
15位 10.49 1959西鉄 稲尾和久 30勝15敗 402.1回 防1.66 8.13 島原幸雄 12勝11敗 244.1回 防2.39 2.37
16位 10.29 1955中日 杉下茂 26勝12敗 328.0回 防1.56 6.53 石川克彦 17勝*9敗 217.2回 防1.45 3.76
17位 10.28 1961東映 土橋正幸 30勝16敗 393.0回 防1.90 6.18 久保田治 25勝11敗 313.0回 防2.16 4.10
18位 10.23 1968広島 外木場義郎 21勝14敗 302.1回 防1.93 5.19 安仁屋宗八 23勝11敗 313.1回 防2.07 5.03
19位 10.00 1968南海 皆川睦雄 31勝10敗 352.1回 防1.61 7.83 村上雅則 18勝*4敗 177.2回 防2.38 2.17
20位 9.98 1942大洋 野口二郎 40勝17敗 527.1回 防1.19 7.69 三富恒雄 11勝*9敗 222.1回 防1.42 2.30
21位 9.96 1953巨人 大友工 27勝*6敗 281.1回 防1.86 6.70 藤本英雄 17勝*6敗 198.2回 防2.08 3.26
22位 9.90 1957西鉄 稲尾和久 35勝*6敗 373.2回 防1.37 8.15 河村久文 17勝*8敗 225.0回 防2.24 1.75
23位 9.81 1954西鉄 西村貞朗 22勝*5敗 275.0回 防1.77 5.13 大津守 18勝11敗 257.1回 防1.78 4.67
24位 9.70 1955巨人 別所毅彦 23勝*8敗 312.0回 防1.33 5.50 大友工 30勝*6敗 303.2回 防1.75 4.20
25位 9.70 1954南海 宅和本司 26勝*9敗 329.2回 防1.58 7.26 大神武俊 14勝*7敗 185.1回 防2.28 2.44
26位 9.68 1961西鉄 稲尾和久 42勝14敗 404.0回 防1.69 8.63 畑隆幸 13勝11敗 209.2回 防2.88 1.05
27位 9.61 1952巨人 別所毅彦 33勝13敗 371.1回 防1.94 6.52 藤本英雄 16勝*6敗 213.2回 防2.36 3.08
28位 9.51 1939セネタース 野口二郎 33勝19敗 459.0回 防2.04 6.01 浅岡三郎 *9勝*8敗 212.2回 防1.31 3.49
29位 9.37 1952大阪 梶岡忠義 21勝*8敗 257.2回 防1.71 5.91 真田重蔵 16勝*9敗 228.0回 防1.97 3.45
30位 9.30 1989巨人 斎藤雅樹 20勝*7敗 245.0回 防1.62 5.89 槙原寛己 12勝*4敗 150.2回 防1.79 3.41
31位 9.24 1956大阪 大崎三男 25勝14敗 342.1回 防1.66 5.30 渡辺省三 22勝*8敗 260.1回 防1.45 3.94
32位 9.05 1971阪急 山田久志 22勝*6敗 270.0回 防2.37 4.95 足立光宏 19勝*8敗 252.2回 防2.49 4.10
33位 9.02 1946巨人 近藤貞雄 23勝14敗 300.1回 防2.19 4.68 藤本英雄 21勝*6敗 217.1回 防2.11 4.34
34位 8.96 1949阪急 天保義夫 24勝15敗 350.0回 防2.91 4.55 今西錬太郎 19勝19敗 315.2回 防3.11 4.41
35位 8.85 1958西鉄 稲尾和久 33勝10敗 373.0回 防1.42 7.76 河村久文 14勝11敗 220.0回 防2.58 1.09
36位 8.72 1970阪神 村山実 14勝*3敗 156.0回 防0.98 4.54 江夏豊 21勝17敗 337.2回 防2.13 4.19
37位 8.65 1950中日 杉下茂 27勝15敗 325.2回 防3.21 4.52 服部受弘 21勝*7敗 238.1回 防2.95 4.14
38位 8.58 1980日本ハム 木田勇 22勝*8敗 253.0回 防2.28 6.36 高橋一三 *9勝*7敗 177.1回 防3.55 2.22
39位 8.54 1965東映 尾崎行雄 27勝12敗 378.0回 防1.88 6.65 永易将之 10勝*3敗 140.1回 防1.92 1.88
40位 8.46 1969阪神 江夏豊 15勝10敗 258.1回 防1.81 5.32 村山実 12勝14敗 214.2回 防2.01 3.14
41位 8.44 1958中日 大矢根博臣 24勝13敗 329.2回 防1.61 5.91 杉下茂 11勝*9敗 218.0回 防1.78 2.52
42位 8.42 1939タイガース 若林忠志 28勝*7敗 330.0回 防1.09 5.79 御園生崇男 14勝*3敗 160.1回 防1.96 2.63
43位 8.41 1993中日 今中慎二 17勝*7敗 249.0回 防2.20 4.50 山本昌 17勝*5敗 188.1回 防2.05 3.90
44位 8.41 1966阪神 村山実 24勝*9敗 290.1回 防1.55 5.85 若生智男 10勝*4敗 142.0回 防1.96 2.56
45位 8.40 2017巨人 菅野智之 17勝*5敗 187.1回 防1.59 5.08 マイコラス 14勝*8敗 188.0回 防2.25 3.32
46位 8.37 2010日本ハム ダルビッシュ有 12勝*8敗 202.0回 防1.78 4.95 武田勝 14勝*7敗 168.1回 防2.41 3.42
47位 8.36 1942巨人 スタルヒン 26勝*8敗 306.1回 防1.12 4.77 広瀬習一 21勝*6敗 242.2回 防1.19 3.59
48位 8.29 1939巨人 スタルヒン 42勝15敗 458.1回 防1.73 7.56 中尾碩志 12勝*5敗 224.0回 防2.61 0.74
49位 8.27 1978近鉄 鈴木啓示 25勝10敗 294.1回 防2.02 6.73 板東里視 *7勝*1敗 *93.2回 防2.50 1.55
50位 8.20 1941大洋 野口二郎 25勝12敗 338.0回 防0.88 6.89 浅岡三郎 11勝*6敗 179.1回 防1.61 1.31 

2017年は巨人の菅野-マイコラスコンビが上位に入りました。

RSWIN通算記録         現役TOP50と歴代TOP100
RSWINシーズン記録       現役TOP50と歴代TOP100
RSWINで見る強力ダブルエース  同年同チーム2先発投手の合計値 歴代TOP50
RSWINで見る強力勝利の方程式  同年同チーム2救援投手の合計値 歴代TOP50

補正RSWIN通算記録       現役TOP50と歴代TOP100 ※球場補正+守備力補正版
補正RSWINシーズン記録     現役TOP50と歴代TOP100 ※球場補正+守備力補正版
救援RSWIN通算記録       歴代TOP50 ※リリーフ投手限定
救援RSWINシーズン記録     歴代TOP50 ※リリーフ投手限定

コメント

No title

北別府の名前が出て来ませんね…
阪急の山田ー佐藤とか西武の工藤ー渡辺久も。
なかなか同じ年にいい成績が並ばないものですね。

Re: No title

コメントありがとうございます!

1980年以降に絞ると北別府は61位で出てきますね。1986年広島優勝時の記録です。
ちなみに相方は金石でした。(北別府が3.76、金石が1.74で計5.50)

山田佐藤コンビだと1984年の5.03(山田2.27佐藤2.76)、
工藤渡辺コンビだと1985年の6.19(工藤3.38渡辺2.81)が最も高いですが、
意外なことにいずれも「その年のチーム内のRSWIN1位と2位の合計」ではないんですよね。
(1984年阪急は今井雄太郎が4.02、1985年西武は東尾修が2.92を記録しています)

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2018年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 一軍打線
  De 西
 二軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2018]
 歴代打線守備力評価[-2018]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2018]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2018]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2018 2017 2016 それ以前
 二軍PF
 2018 2017 2016 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2018]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2018]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター