記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

ポジション別に最優秀打者を選ぶ(セリーグ編) 2015年私的シルバースラッガー賞

□はじめに
この記事ではMLBにおいて権威のある表彰の一つであるシルバースラッガー賞に倣い、
今回はwRAAを用いて「打撃貢献度の最も高かった選手」をポジション別に選出したいと思います。

□具体的な評価方法
2015SSc1.png

上表は先発出場守備位置から推計した、2015年セリーグにおけるポジション別平均打撃成績となります。
表中に示される「ポジションの平均的な打者」との比較を基軸にして、ポジション別に最優秀打者を決定していきます。

中村悠平1018

例として「セリーグの平均的な捕手」と「ヤクルトの中村悠平」の打撃成績を並べるとこのようになります。
中村の成績は捕手平均を下回っているため、2つの成績の比較から中村の打撃貢献をwRAAを用いて調べると、
中村悠平は平均的な捕手と比較してチームの総得点を3点減らした」という結果が得られますが、
これを最終評価としてしまうと「出場0の捕手(±0点)」の評価が「中村悠平(-3点)」より高くなるという結果になりかねません。

「平均的な捕手」と言えど、全てのチームが平均的な捕手をいつでも取り揃えることができる訳ではなく、
正捕手が故障離脱したことによって、打力の劣る2番手捕手が先発起用される場面は実際のプロ野球でも度々見られます。
つまり、「年間を通して平均程度の活躍ができる選手」というのはそれだけで一定の価値があるものだと考えられます。
この点を考慮してやるために、今回は「同ポジションの平均的な控え選手」との比較を最終評価としました。

球場補正については2013年-2015年の得点PF値を使用しました。
平均的な選手と控え選手の打力差は「600打席で20点分」としました。(参考:WAR Lords of the Diamond(Position Players))

□表の見方
2015csspro.png

ヤクルトの中村悠平を例に挙げると、
「捕手」として出場した打席で「平均的な控え捕手」と比べて、打撃で「+14点分」チームの総得点を増やした
「捕手」として出場した打席で「平均的な  捕手」と比べて、打撃で「-3点分」チームの総得点を増やした
ということを示しています。前述の通り、今回は控え選手比較の数値(左側)を最終評価としました。
各ポジションで20試合以上に先発出場した選手について同様に調べ、ランキングを作成しました。


捕手(捕手先発出場20試合以上)

2015CSS2.png
広島の會澤翼がセ捕手1位となります。平均的な控え捕手に対して+20点の打撃利得を稼ぎました。
2015年はセリーグでも捕手併用制が多く採用され、捕手で規定打席に到達したのは中村悠平だけでした。
會澤も例に漏れず今季は石原慶幸との併用になりましたが、出場機会はセ捕手で2番目の多さでした。
阿部慎之助は本格的に一塁手へコンバートとなりましたが、捕手としては少ない出場機会で5位に入りました。


一塁手(一塁手先発出場20試合以上)

2015CSS3.png
阪神のゴメスがセ一塁手1位。平均的な控え一塁手に対して+27点の打撃利得を稼ぎました。ただし、ロペス畠山和洋もほぼ同値。
今季から一塁手に転向した阿部慎之助は、一塁手平均を上回る打撃成績を記録しています。
2015年は程々に打てる一塁手が各球団に揃っていたため、一塁手の打撃偏差が小さいシーズンでした。
中日と巨人は一塁手を固定できませんでしたが、複数の選手が交代制の中で良い働きを見せました。


二塁手(二塁手先発出場20試合以上)

2015css42.png
2年続けて歴史的な活躍を見せた山田哲人がセ二塁手1位となります。平均的な控え二塁手に対して+87点の打撃利得を稼ぎました。
山田が二塁手平均を大幅に引き上げた結果、平均比較で明確に「+」を記録しているのが山田のみという凄まじい状況になりました。
ユリエスキ・グリエルのDeNA退団や菊池涼介の不調からセ二塁手平均打力は昨季から大きく落ち込みました。


三塁手(三塁手先発出場20試合以上)

2015css5.png
ヤクルトの川端慎吾がセ三塁手1位です。平均的な控え三塁手に対して+44点の打撃利得を稼ぎました。
今季のセリーグは三塁手の成績不振が深刻で、平均打力が二塁手遊撃手とほぼ変わらない状態になっています。
各球団が打てる三塁手の確保に苦労する中で、首位打者を獲得する活躍を見せた川端が存在感を発揮しました。


遊撃手(遊撃手先発出場20試合以上)

2015css6.png
阪神の鳥谷敬がセ遊撃手1位です。平均的な控え遊撃手に対して+39点の打撃利得を稼ぎました。
驚異的な選球眼は今年も健在で、攻撃力の高さはそろそろ歴史的な域に入りつつあるように感じます。
また坂本勇人も例年通りの高い打撃貢献を生み出したほか、新鋭の田中広輔の台頭もありました。


左翼手(左翼手先発出場20試合以上)

2015css7.png
DeNAの筒香嘉智がセ左翼手1位となります。平均的な控え左翼手に対して+49点の打撃利得を稼ぎました。
セリーグの左翼手で規定打席に到達したのは筒香嘉智マートンの2人のみでした。
各球団が強打の選手を左翼手に固定した昨季とは対照的に、今季は多くのチームが左翼手を固定できなかったようです。


中堅手(中堅手先発出場20試合以上)

2015css82.png

広島の丸佳浩がセ中堅手1位となります。平均的な控え中堅手に対して+47点の打撃利得を稼ぎました。
打率は大きく低迷したものの、19HRは昨年に並ぶキャリアハイの数字。94四球はセリーグ最多でした。
今季はセリーグ中堅手は平均打力が大きく低迷し、捕手に次ぐ貧打のポジションとなってしまいました。
桑原将志江越大賀立岡宗一郎ら守備に優れた中堅手の台頭を見るに、守備力重視の傾向がやや強まったと見るべきかもしれません。


右翼手(右翼手先発出場20試合以上)

2015css9.png
阪神の福留孝介がセ右翼手1位でした。平均的な控え右翼手に対して+37点の打撃利得を稼ぎました。平田良介もほぼ同値です。
今季はリーグ全体で右翼手が打撃好調で、左翼手を上回る平均打力を記録しています。


投手

201510ss1.png 
セリーグ最多の12安打を記録した前田健太がセ投手1位となります。平均的な控え投手に対して+5点の打撃利得を稼ぎました。
他には館山昌平石川雅規小川泰弘のヤクルトの先発投手3人が好成績を記録しています。


総評

2015cssall.png
当ブログの選出する、2015年セリーグの各ポジション最優秀打撃選手は以上のようになります。
全体的に世代交代している様子が見て取れますが、阪神のベテラン勢の好調ぶりも目立ちました。


2015cssall2.png
出場した全ポジションでの打撃貢献合計値40傑です。セリーグにおける打のMVPは山田哲人となります。
中堅手の平均打力が大きく低迷する中で、丸佳浩も大きく数字を伸ばしていますね。


ポジション別に最優秀打者を選ぶ(パリーグ編) 2015年私的シルバースラッガー賞


おまけ:昨年はこんな感じでした

2014年私的シルバースラッガー賞[セリーグ編]
セまとめ

コメント

No title

山田が作り出した利得は凄まじいですね
年齢も若くヤクルトは大きなアドバンテージを手に入れたと考えてよさそうです

鳥谷は二、三塁にコンバートしても十分戦えそうですね
名手が衰えた後も固定され続けて守備で大きなマイナスを記録することがありますが
新監督の金本がどういう決断をするのか注目しています

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!

ヤクルトは編成次第ではここから黄金時代を築けると個人的には思っています。
王の隣には長嶋が、秋山の隣には清原が、古田の隣には池山が居たことを考えると、
チームに大きな利得をもたらす野手をもう一人くらい用意したいところですね。
外野手が不足気味のチーム事情も含めて、バレンティンの調子が戻ればぴったりはまるのですが。

鳥谷は守備を考えると、遊撃手としての起用はそろそろ限界が近付いてきているように感じます。
打撃は現状だと一塁手基準で見てもプラスになるくらい優秀なので、コンバートで上手いこと活かせるとよいですね。
二塁手は上本がかなり良い働きをしているので、現実的に考えた場合三塁手が本命でしょうか?
何かとしがらみの多いチームなので、動かすなら監督交代でドタバタしている来季がチャンスだと思いますが、
金本監督は就任早々かなり重い決断を迫られますね。

No title

書き込み失礼します。
2014年度でやっていた、守備(守備得点)も含めた総合力版ベストナインを2015年度の去年のもどうか、よろしくおねがいします!
遊撃手枠だけでもぜひm(_ _)m

Re: No title

球春間近さん、コメントありがとうございます!

コメント返しが遅くなってしまい申し訳ありません。
余裕があれば前年とは少し形を変えて出してみたいと思います。少々お待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 2017年戦力分析
 
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 セリーグ パリーグ


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
 
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター