記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2015年戦力分析とドラフト 阪神タイガース編

□2015年チーム総合成績
pac2015t1.png pac2015t2.png
それぞれの数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示します。
打撃は球場の影響を排除したwRAA[1]、守備はDER守備得点[2]、投球は球場と守備の影響を排除したRSAA[3]を使用しました。

2015年は和田政権4年目にして最後のシーズンとなりました。
打線は平均以上の得点力を持っていたものの、投球と守備で構成されるディフェンス面の凋落が著しく、
20前後の借金を記録しても不思議ではない得失点差の中、厳しいペナントレースを強いられましたが、
70勝71敗の借金1でシーズンを乗り切り、終盤に大失速はあったものの見事にAクラスに滑り込みました。

得失点差「-85」は、Aクラスチームが記録した得失点差としては12球団制移行後で歴代ワーストとなります。
1位:-85(15年阪神/和田豊) 2位:-73(04年ヤクルト/若松勉+00年中日/星野仙一) 4位:-70(83年大洋/関根潤三) 5位:-58(09年ヤクルト/高田繁)

□2015年ポジション別攻撃評価
T160622.png 
各ポジションの先発出場数上位3人について、本拠地を考慮した上で「同ポジションの平均的な選手と比べて何点分チームの得点を増やしたか」をまとめたものです。

遊撃手の鳥谷敬、右翼手の福留孝介らベテラン日本人選手の活躍が目立ったほか、一塁手のゴメスも良い働きを見せており、
彼らが務める3ポジションは固定率が非常に高く、打線の攻撃力上昇に大きく寄与する結果となりました。

ただし固定率の低い他ポジションでのマイナス合計値も大きく、一遊右のプラスを食い潰す戦力構成はやや不健全かもしれません。
今後はマイナスを記録した4ポジションを中心に、全体的な打力の底上げが必要となりそうです。
また額面上は微プラスながら、山田哲人により二塁手平均が大幅に引き上げられていることを考慮すれば上本博紀も良い働きでした。

□2015年投球評価
pac2015t4.png
先発投手について「平均的な先発投手と比べて何点分チームの失点を減らしたか
救援投手について「平均的な救援投手と比べて何点分チームの失点を減らしたか」を失点率とFIP[4]の観点から調べたものです。


先発投手陣は高い奪三振率を記録した藤浪晋太郎メッセンジャーが柱となったのに加え、
岩田稔能見篤史もまずまずの働きを見せて規定投球回に到達しており、広島に次ぐ強固な陣容となっています。
5番手以降にもローテーションの谷間を埋められる先発投手がある程度揃っているのも、チームの強みとなりました。

救援投手陣は全体で見るとあまり振るっておらず、チームの得失点差を大幅に悪化させる一因となったのは否めません。
ただし、救援敗戦数はセリーグでは2番目で少ない「15敗」であり、勝敗の絡む場面での失点の少なさが特徴だったと言えます。

□総評
攻撃面ではベテラン野手の活躍が目立ちましたが、裏を返せば目ぼしい若手野手の台頭が少ないことを意味しています。
鳥谷敬福留孝介も年齢面の不安が拭えなくなっており、早い内に野手の世代交代に手を付けるのが好ましいと言えます。
打撃で光る活躍を見せている梅野隆太郎、長打に加えて守備も優秀な江越大賀らポテンシャルの高い若手選手は揃っているため、
もう一皮むけさせて、彼らを出来るだけ早くレギュラーに定着させたいところです。

ただ、心配なのは鳥谷敬の遊撃守備です。2013年まではリーグの代表する名手でしたが、2年連続で振るわない結果に終わり、
守備貢献の低下は一時的な不調によるものではなく、不可逆的な衰えである可能性が少しずつ高まっています。
勤続疲労の影響も否定できない上に、シーズン中には背骨を骨折していたという報道もありました。
近年中のコンバートも視野に入れつつ、少なくとも遊撃フルイニング起用については見直すべきではないでしょうか。

投手陣を見ると先発投手陣は揃っているものの、救援投手陣は不足するという非常に歪な構成でした。
得失点差に対して実際の勝率が大きく乖離したのは、この辺りの戦力構成に原因があるように個人的には思います。
一般的に先発から救援への転向は容易なのに対し、逆方向はそうでもないのでこのような事態はかなり珍しいと言えます。
投球内容に対して結果が悪い方に乖離する投手が目立ったため、テコ入れの緊急性は野手と比べると低いのではないでしょうか。

□2015年ドラフト
ドラフト1位 高山俊   22歳 外野手 右投打 明治大
ドラフト2位 坂本誠志郎 21歳 捕手  右投右打 明治大
ドラフト3位 竹安大知  21歳 投手  右投右打 熊本ゴールデンラークス
ドラフト4位 望月惇志  18歳 投手  右投右打 横浜創学館高
ドラフト5位 青柳晃洋  21歳 投手  右投右打 帝京大
ドラフト6位 板山祐太郎 21歳 外野手 右投打 亜細亜大

マートンが退団濃厚となり、大和も内野手としての出場が増える中で、外野が手薄になる見込みであることを考えると、
大学No.1外野手の呼び声の高い、高山俊の交渉権を引き当てられたことはチームにとって大きいように感じます。
内野手の指名が無かったのを見ると、首脳陣は鳥谷敬を当分の間は遊撃手として起用する腹積もりなのでしょうか。

□2015年阪神二軍の状況
2015年の二軍を俯瞰する 阪神タイガース編を参照。

■他球団の2015年戦力分析はこちら [][][神][][][De][][][][西][][]
■他球団の2014年戦力分析はこちら [][][][][De][][][][][][西][]

[1] 参考:Baseball-LAB Archives「打撃指標wOBA」 本拠地補正については2013年-2015年の得点PF値を使用しました。
[2] 参考:Baseball-LAB Archives「
DERでチーム守備力を計測する
[3] 守備補正はDER守備得点を使用しました。本拠地補正については2013年-2015年の得点PF値を使用しました。
[4] FIP投球得点は失点率スケールに変換したものを使用しました。本拠地補正については2013年-2015年の得点PF値を使用しました。

コメント

No title

歴史的にも稀な噛み合いの良さ?で3位に食い込みましたが
呉昇桓、福原など勝ちパターンを担う投手が高齢で、それ以外が軒並み崩壊というのは不安が残りますね
先発のコマが豊富なのでそこからこぼれた選手が便利屋として起用される形になるでしょうか

捕手について、来年は梅野をメインに据え、引退した藤井の穴を埋めるバックアップ要員を1人確保するだろうと思っていたので、2位で大卒捕手を指名したのはやや意外でした

鳥谷は金本監督のコメントを見る限りまだ正ショートとして扱うようですね
以前コンバートについてコメントしましたが、現在のタイガースの象徴でもあり簡単にはいかないのかもしれません
SB松田の獲得に乗り出すという報道もありますが、どこまで本気かイマイチわかりません

江越と高山で外野の層の薄さはカバーできそうですが、福留の年齢を考えるとどちらかはレギュラー定着してほしいところですね
マートン退団で空いた外国人枠はレフトにそのまま使うか、手薄なリリーフに割くことになるのでしょうか

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!

ある程度実戦経験のあるキャッチャーが梅野以外にベテランの鶴岡だけと言う状況なので、
捕手の補充と言う意味では間違っていないと思いますが、2位での指名はちょっと私も驚きました。
梅野は良い選手だと思うのですが、どういうわけか今一つ首脳陣の信頼が得られませんね。

江越は化ければ新庄剛志になれると個人的に思っていますが、果たして。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター