記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2015年の二軍を俯瞰する 広島東洋カープ編

広島東洋カープ一軍の弱みは?

pac2015c1.png

2015年は69勝71敗3分、勝率.493を記録し3年ぶりにBクラスに沈みました。詳しくは2015年戦力分析とドラフトを参照。

投手は強力先発4本柱が失点抑止力の向上に大きく貢献し、セリーグNo.1の布陣となりましたが、
エース前田健太のMLB移籍がほぼ確実な状況である上、救援陣において柱になったヒースの退団も決まったことで、
戦力低下は避けられない状況となっており、彼らの抜けた穴をどれだけ代替できるかが来季の課題となりそうです。

野手はwRAAによるポジション別の打撃得点と、DELTA社のUZRによるポジション別の守備得点を見ると、
4つの攻撃ポジション(一塁、三塁、左翼、右翼)の攻守貢献の乏しさがチームの弱みとなっています。
新井貴浩の打力は一塁手としてはやや物足りないことと、年齢を考えると今までのような活躍を求めるのは難しいため、
エルドレッドの一塁手出場を増やしつつ、残る三塁手と両翼の補填を図るのがチームの底上げの近道となりそうです。

広島東洋カープ二軍投手を俯瞰する

paf2015c2.png
※失点率ベース投球得点はDERに基づいて守備補正をかけたものを使用しました。
※FIPベース投球得点は失点率スケールに変換したものを使用しました。


チーム防御率3.37、FIP3.28はウエスタンリーグ5チームの中では3位の記録。全体の内容はまずまずですが、
20代前半以下の若手にはあまり投球回が与えられておらず、「全体の中堅化」が進行しているのは不安要素です。

二軍投手の育成状況

先発陣はルーキーの薮田和樹がFIP2点台前半を記録し、7月には一軍先発デビューも果たしました。
制球難から8月には抹消となってしまいましたが、二軍の与四球率は悪くないため来季以降の定着が期待されます。
28歳の小野淳平もリーグ最多の121 1/3投球回を記録。FIPも2点台と優秀な内容でしたが、今季は一軍登板なしという結果に。

救援投手陣はこちらもルーキーの飯田哲矢がFIP1点台を記録。二軍の最多セーブタイトルを獲得しています。
FIPとは乖離があるためもう一伸びが必要でしょうが、一軍でも16試合に登板し防御率2.65と足掛かりを作りました。
加えて27歳の西原圭大がFIP1.34を記録。一軍に二度呼ばれましたが、定着は果たせませんでした。

また一軍外国人枠の不足で、ザガースキーが調整登板を重ねました。二軍では敵なしの活躍でしたが、既に退団が確定しています。
来季は大瀬良大地の先発再転向で救援陣が手薄になる見込みであることを考えると、現状の駒数にはやや不安を感じます。

広島東洋カープ二軍野手を俯瞰する

paf2015c1.png
※リーグ全体平均に対する各ポジションの平均打力は、1996年-2015年における一軍ポジション別wOBAを元に算出しました。

今季は期待に応えられなかった外国人選手が多かったため、外野手と指名打者が調整場所になってしまいました。

ここ数年で野手の世代交代を広島は既に完了させていますが、二軍も各ポジションに平均以上の打力を持つ野手が揃っており、
一軍に選手を輩出してもなお、二軍は若手を待機戦力として数多く抱える層の厚さを誇ります。
ただし20代中盤以上の選手も多くなってきているため、そろそろ次世代の育成の種をまき始めるべき時期かもしれません。

補填を狙いたい三塁手と両翼の状況

二軍の正三塁手は言わずと知れた堂林翔太。59試合で10HRを記録する高い長打力を見せていますが、
三振/四球比は二軍レベルで見ても物足りないものであり、課題の選球眼についてはまだまだ改善の余地がありそうです。
今季は出場機会を大きく落としてしまいましたが、24歳とまだまだ若手に入る年齢なので再起を期待したいところ。

両翼は驚異的な奪四球力を見せた土生翔平、チーム最多の14HRを記録した下水流昴が高い打撃貢献を記録しました。
野間峻祥鈴木誠也らプロスペクト若手外野手を多く抱える一軍の事情から、あまり声は掛かりませんでしたが
結果的に右翼手を固定できなかったことを考えると、彼らを一軍で試し起用してもよかったかもしれませんね。

二軍の強みは捕手と二遊間、弱みは外野手

捕手は磯村嘉孝がBABIPの手助けはあったものの、ウエスタンリーグの捕手では唯一となる打率3割を記録。
加えて二塁では高い奪四球力を持つ庄司隼人、遊撃では3年連続で打率3割を記録した安部友裕が好成績を残しており、
守備力が重視されるこの3ポジションにおける、近年の広島の育成力の高さには目を見張るものがあります。

外国人で埋めればよい一塁手を除いて弱点を抱えないバランスの良い布陣となっていますが、
強いて挙げれば外野手が弱みとなっています。20代前半以下の若手が少ないのは、長期的に見れば不安材料と言えるでしょう。

今季は一軍の待機戦力が調整の場として多く利用した為、若手の出場機会が限られる事態になったのに加え、
2012年のドラフト1位野手である高橋大樹も出場機会を落とし、若手外野手の数不足が目立つようになってきました。
2015年のドラフトでも外野手の指名はなく、将来的にツケが回ってくる可能性は否定できないかもしれません。

2015年広島打線二軍
※「○○+」はBABIP、三振/打席(K%)、四球/打席(BB%)の傑出度を示す
※「ISO+」は長打率傑出度と打率傑出度の差から算出したISOの傑出度を示す


2015年の二軍を俯瞰する
2015年の二軍を俯瞰する 福岡ソフトバンクホークス編
2015年の二軍を俯瞰する 北海道日本ハムファイターズ編
2015年の二軍を俯瞰する 千葉ロッテマリーンズ編
2015年の二軍を俯瞰する 埼玉西武ライオンズ編
2015年の二軍を俯瞰する オリックス・バファローズ編
2015年の二軍を俯瞰する 東北楽天ゴールデンイーグルス編
2015年の二軍を俯瞰する 東京ヤクルトスワローズ編
2015年の二軍を俯瞰する 読売ジャイアンツ編
2015年の二軍を俯瞰する 阪神タイガース編
2015年の二軍を俯瞰する 広島東洋カープ編
2015年の二軍を俯瞰する 中日ドラゴンズ編
2015年の二軍を俯瞰する 横浜DeNAベイスターズ編

コメント

一軍野手に大きな穴がなく、特にセンターラインに若く力のある選手が揃っているのに加え
二軍も充実しているというのは素晴らしいですが
一軍主力と年齢層が被る選手は必然的に待機戦力となるため、攻撃ポジションの育成に注力したいところです
野手指名が捕手とショートというのも出場機会を考えるとやや勿体無いですね
下水流あたりは一軍で試してもよかったのではと感じますが
就任一年目から優勝を求められた緒方監督に育成まで考慮しろというのは厳しいかもしれません
堂林は三振は多いが四球もそれなりに取れるタイプと思うのですが、今年は奮いませんでしたね

投手はザガースキーとヒースまで切ったのはかなり不安が残りますね
前田が抜けてリリーフの負担も増すと思われるので
飯田や戸田、西原あたりに期待したいところです

Re: タイトルなし

カンザスさん、いつもコメントありがとうございます!

現状では二軍の層の厚さを活かせているとは言い難い状況なので、
トレードで攻撃ポジションの若手獲得を狙うのもありかもしれませんね。
攻撃ポジションのプロスペクトが美間だけという状況は正直物足りなさが否めません。

広島は外国人右腕ヘーゲンズの獲得を既に発表していますね。
手ごろな価格で優秀な外国人を連れてくるのが上手い広島のことなので大外れは考えにくいのですが、
ザガースキーかヒースのどちらかを残した方が確実なんじゃないかなあと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2018年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2018 2017 2016 それ以前
 二軍PF
 2018 2017 2016 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター