記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2015年の二軍を俯瞰する 北海道日本ハムファイターズ編

北海道日本ハムファイターズ一軍の弱みは? 

2015年は79勝62敗2分で勝率.560を記録し、2年連続のAクラスとなりました。詳しくは2015年戦力分析とドラフトを参照。

防御率の低迷が首位のソフトバンクに大きく水をあけられる最大の要因となってしまいましたが、
守備面を考慮しても投球内容(FIP)との乖離が大きいため、現状維持でも防御率の向上が期待できる状況となっています。
ただし、パリーグNo.1投手の大谷翔平を抱えながら平均以下の成績に沈んだ先発陣は層の薄さが否めません。

野手はwRAAによるポジション別の打撃得点と、DELTA社のUZRによるポジション別の守備得点を見ると、
複数抱えていた守備面の穴が大コンバートで塞がり、チームの弱点は中堅手・右翼手・指名打者に集約される形となりました。
昨季はMVP級の活躍を見せた陽岱鋼の復帰で中堅手の穴は塞がる見込みが強いですが、
MLB志向が強いとされる陽の後釜は今のうちに見付けておきたいところです。二軍の育成状況はどうなっているでしょうか。

北海道日本ハムファイターズ二軍投手を俯瞰する

paf2015f2.png 
※失点率ベース投球得点はDERに基づいて守備補正をかけたものを使用しました。
※FIPベース投球得点は失点率スケールに変換したものを使用しました。


チーム防御率4.25はイースタンリーグ7チーム中6位、チームFIP3.83は同5位となっています。
戦力化できていない20代後半が一定数存在するほか、ベテラン投手2人が調整登板を重ねたため平均年齢は高めの陣容です。

北海道日本ハムファイターズ二軍野手を俯瞰する

paf2015f1.png
※リーグ全体平均に対する各ポジションの平均打力は、1996年-2015年における一軍ポジション別wOBAを元に算出しました。

レギュラーの4人が10代、レギュラー全員が25歳以下と平均年齢は12球団で最も低くなっています。
チーム495得点はロッテに次ぐイースタンリーグ2位の数値。平均年齢の低さを考えると驚異的な得点力と言えるかもしれません。

選手輩出を狙いたいポジションの状況

選手輩出が求められる先発陣は武田勝木佐貫洋上沢直之中村勝斎藤佑樹浦野博司といった
過去に一軍ローテーション入り経験のある投手の調整登板が多く、新たに若手育成を行うのが難しい状況になっています。
チーム最多投球回の高梨裕稔が光る活躍を見せてはいますが、現時点では将来に不安を残す陣容であることは否めません。
一軍の先発不足を解消するだけでなく二軍で育成に使える枠を広げる意味でも、彼らの復活に期待せざるを得ません。

外野手については若手の台頭が著しく、特に淺間大基石川慎吾の成長は目覚ましいものがあります。
一軍でも石川は低打率ながら高い奪四球力と長打力を示し、淺間は打率.285を記録するなど定着の足掛かりを築きました。
既にレギュラーを掴みかけている杉谷拳士岡大海の存在もあり、外野手の穴は塞がる見込みが強いのではないでしょうか。

指名打者についてはライバルとなる外国人打者と比較しても見劣りしないようなスラッガーは不在であることから、
来季は一軍の現有戦力(今季の起用法だと近藤健介が有力?)か新外国人のどちらかで埋めていくことになりそうです。

期待の若手は淺間大基(外)、石川慎吾(外)、高梨裕稔(投)

淺間大基は高卒1年目の19歳。ファームで3,4月の月間MVPに輝くと5月には一軍に昇格し、初出場初安打と結果を出しました。
二軍では打率3割を記録しました。俊足の左打者ということで適性BABIPの高さで打率を押し上げるタイプに見えますが、
四球/三振比が悪くフリースインガーぶりが目立つのが今の課題で、これを改善できれば安定して高打率を記録できそうです。

石川慎吾は高卒4年目の22歳。今季は西武菊池から決勝HRを放つなど、左腕キラーとして一軍でも活躍しました。
8月には右翼手のレギュラーを掴みかけたものの、不振により9月以降はレギュラーを外される格好になりましたが、
四球と長打を多く稼ぐセカンダリの高さは大きな魅力で、正右翼手の一番手候補なのではないかと個人的には見ています。

高梨裕稔は大卒2年目の24歳。ファーム最多の122奪三振を奪い、最多奪三振タイトルを獲得しています。
先発投手としては非常に高い奪三振率(9.58)を記録しており、こちらもファームの規定到達投手では最高値でした。
5月の一軍初登板では黒星を喫したものの、10月にロングリリーフで4回4K無四球無失点と好投。来季はローテ入りが期待されます。

今後、選手の補充が必要なポジション

野手は成長の期待できる年齢の選手に絞って出場機会を与えた上で、結果も伴っている理想的な状態です。
育成の観点から見れば満点に近い運用状況であり、野手の育成ではしばらくアドバンテージを維持できるのではないでしょうか。
強いて挙げれば攻撃型ポジションを任せられる大砲タイプのスラッガーが少ないため、そこが今後の狙い目となりそうです。

対照的に投手は思うように育成が進んでおらず、重点的にプロスペクトを確保していく必要がありそうです。
前述の通り一軍実績のある中堅投手を多く抱えている点が悩ましいですが、近い内に戦力を整理する必要があるかもしれません。
2015年のドラフトで1位から5位で投手を指名するなど、日本ハム首脳陣は投手の育成に今後のターゲットを絞っているようです。

2015年日本ハム打線二軍   
※「○○+」はBABIP、三振/打席(K%)、四球/打席(BB%)の傑出度を示す
※「ISO+」は長打率傑出度と打率傑出度の差から算出したISOの傑出度を示す


2015年の二軍を俯瞰する
2015年の二軍を俯瞰する 福岡ソフトバンクホークス編
2015年の二軍を俯瞰する 北海道日本ハムファイターズ編
2015年の二軍を俯瞰する 千葉ロッテマリーンズ編
2015年の二軍を俯瞰する 埼玉西武ライオンズ編
2015年の二軍を俯瞰する オリックス・バファローズ編
2015年の二軍を俯瞰する 東北楽天ゴールデンイーグルス編
2015年の二軍を俯瞰する 東京ヤクルトスワローズ編
2015年の二軍を俯瞰する 読売ジャイアンツ編
2015年の二軍を俯瞰する 阪神タイガース編
2015年の二軍を俯瞰する 広島東洋カープ編
2015年の二軍を俯瞰する 中日ドラゴンズ編
2015年の二軍を俯瞰する 横浜DeNAベイスターズ編

コメント

No title

2014シーズンは若いピッチャーが出てきてこれから安泰かなって思ってましたが結局は大谷だけが残った感じになってしまいましたね。もちろんこれからどうなるかはわからないし活躍して欲しいですけど、ドラフトと助っ人2人を取った運営はきちんと仕事してますね。今年こそ優勝して欲しいです。

野手に関しては言うことはないですね
攻撃ポジションも一軍に中田・西川と若い強打者がおり、焦らず素材を探す余裕があります
投手は高梨が期待大ですが、一軍の課題である先発の層の強化のために頭数を揃えたいところです
チーム全体の若さから、通常なら育成に時間をかけられる状況なのですが
大谷が抜ける前に優勝を狙うためにはあまり悠長に構えているわけにもいきません
大学・社会人投手の指名が目立つのはそのあたりの事情も関係しているのでしょうか

Re: No title

めでぃさん、コメントありがとうございます!

昨季出てきた若手が揃って成績を落とすのは、フロントにとって想定外だったのではないでしょうか。
特にまだ若い上沢直之、中村勝、浦野博司は持ち直す余地が十分にあると見ていますが、
来たる大谷の退団を考えると、彼らの調整と並行して若手育成を図るのは駒数を確保する上で必須になるかと思います。
フロントもこの辺りの現状はしっかりと把握して、打つべき手は打っている印象ですね。

Re: タイトルなし

カンザスさん、コメントありがとうございます!

野手に関しては選手の年齢層を考えると、近い内にソフトバンクに迫れる可能性は高いと見ています。あとは投手ですね。
フロントは大谷が抜けるまでに勝負をかける心積もりだとすれば、今後は付け焼刃的な投手補強が多くなるような気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2018年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 一軍打線
  De 西
 二軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2018]
 歴代打線守備力評価[-2018]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2018]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2018]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2018 2017 2016 それ以前
 二軍PF
 2018 2017 2016 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2018]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2018]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター