記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2015年打者の通信簿 中日ドラゴンズ編

中日打者の打撃内容を見る
2015年の中日ドラゴンズにおいて200打席以上を記録した9人の打者について、
どの要素が効いて良い打撃成績を記録できたのか、どの要素が足を引っ張って悪い打撃成績を記録してしまったのか、
BABIP、K%(三振/打席)、BB%(四球/打席)、ISO(=長打率-打率)の観点から分析を行っていきたいと思います。


分析対象とした選手(シーズン200打席以上)
大島洋平・ルナ・平田良介・エルナンデス・亀澤恭平・藤井淳志・森野将彦・荒木雅博・和田一浩


大島洋平[30歳/中堅手/620打席]
bac2015d_ohshima_r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


年毎のBABIPの揺らぎが非常に大きい打者であり、「はずれ年」だった昨年は打率を大きく落としました。
三振率は相変わらず高水準で、長打力についてもキャリアハイのHR数を残すなど良い数値が出ていることから不調とは考え難く、
来季は打率回復が期待できると思います。リードオフマンとして起用するのならもう少し四球も増やしたいところです。

エクトル・ルナ[35歳/三塁手/564打席]
bac2015d_luna_r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


三振率と奪四球率に関してはキャリアハイの数値が出ましたが、BABIPと長打力は低下傾向にあり判断が難しいところです。
BABIPは右打者の中では異常値とも言える好成績を続けて出していたため、昨年の数値が適性値に近いという印象を受けます。
長打力(ISO)は広島への移籍で回復が狙えそうで、広島は三塁手の攻撃力アップが期待できると思います。問題は守備でしょうか。

平田良介[27歳/右翼手/559打席]
bac2015d_hirata_r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


長打力の成長にはやや頭打ちの傾向が見られますが、三振を抑えつつ四球を選び取る能力は順調に伸びています。
この打撃スタイルの打者は高い出塁率が期待できるため、一番打者に固定して起用しても面白いかもしれません。
ナゴヤドームを本拠地とする中日の場合、平田のような奪四球に優れた出塁型打者を並べるのが最適解になると考えられます。

アンダーソン・エルナンデス[33歳/遊撃手/548打席]
bac2015d4r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


BABIPと長打力が向上しました。広角に打ち分ける打者で足も遅くないため、BABIPは前年より適性値に近付いた印象を受けます。
四球/三振比からは打撃の粗さが垣間見えますが、遊撃手らしからぬ長打力の高さは大きな武器です。
遊撃手であることを考えれば打撃面に関しては申し分のない内容となっていますが、課題は守備面でしょう。

亀澤恭平[27歳/二塁手/376打席]
bac2015d_kamezawa_r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


打撃結果のサンプルが少なく現時点では判断が難しいですが、ソフトバンク時代の二軍打撃成績と併せて見る限りでは、
低長打のゴロヒッターであるため適性BABIP自体が低い可能性が否めず、高打率を期待するのが難しいタイプかもしれません。
年齢的に長打力を伸ばすのは難しいため、レギュラー起用するためには四球を増やして出塁力に強みを作りたいところです。

藤井淳志[34歳/左翼手/315打席]
bac2015d_fujii_r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


いわゆる違反球と絶望的に相性の悪い打者でしたが、ボールの反発力が向上した2013年以降は復活を遂げました。
昨季は三振率はやや悪めでしたが奪四球率と長打力はキャリアハイに近い数値を残しており、まだまだ成長の跡が見られます。
衰えが早いとされる適性BABIPの高さに依存する打撃である点が課題。長くプレーするためにはもう一つ強みを作りたいところです。

森野将彦[37歳/一塁手/252打席]
bac2015d_morino_r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


昨季はこっそりとキャリアハイの奪四球率を記録しており、長打の極端な少なさに目を瞑れば好調のシーズンでした。
長打の減少には開幕カードでの右手の故障が影響していると考えられ、故障の癒える今季は回復も期待できそうですが、
新外国人ビシエドの加入により、一塁手としての出場機会の確保は難しくなる見込み。キャリアにおける正念場となりそうです。

荒木雅博[38歳/二塁手/238打席]
bac2015d_araki_r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


UZRベースで見ると守備面では衰えが隠せなくなってきていますが、打撃に関しては衰える気配を見せておらず、
三振率と長打力はキャリア平均以上、奪四球率に至っては38歳のシーズンにしてキャリアハイの数値をマークしています。
盗塁についても成功9に対して失敗1とこちらもまだまだ衰えを見せていません。使い方次第でまだまだ光る選手でしょう。

和田一浩[43歳/左翼手/234打席]
bac2015d_wada_r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


打撃三部門の数字を一見しただけでは分かりにくいですが、前年の死球による手首骨折の影響が大きかったのか、
三振率・奪四球率・長打力は直近5年水準で見ても明らかに落ちており、BABIP傑出の高さに強く依存する打撃になっていました。
この推移は非可逆的なものではなかった可能性も考えられますが、一つの引き際としては間違っていなかったように感じます。

2015年打者の通信簿
2015年打者の通信簿 東京ヤクルトスワローズ編
2015年打者の通信簿 読売ジャイアンツ編
2015年打者の通信簿 阪神タイガース編
2015年打者の通信簿 広島東洋カープ編
2015年打者の通信簿 中日ドラゴンズ編
2015年打者の通信簿 横浜DeNAベイスターズ編
2015年打者の通信簿 福岡ソフトバンクホークス編
2015年打者の通信簿 北海道日本ハムファイターズ編
2015年打者の通信簿 千葉ロッテマリーンズ編
2015年打者の通信簿 埼玉西武ライオンズ編
2015年打者の通信簿 オリックス・バファローズ編
2015年打者の通信簿 東北楽天ゴールデンイーグルス編

コメント

ご指摘の通り、平田や森野のような出塁率型の中距離打者を揃えるのがベストだと思われます
若手では高橋周平の奪四球が改善されつつあるので期待したいですね
ルナを切り高橋を積極的にレギュラー起用する環境は整っていますし、ぜひ定着してもらいたいです

Re: タイトルなし

カンザスさん、コメントありがとうございます!

打低環境ほど四球の価値は相対的に上がりますからね。
高奪四球、低与四球のチームだった落合中日が統一球元年を制したのは必然だったと思っています。

若い頃の森野は三振が多く四球の少ない打者でしたが、今の高橋はその頃の森野と被って見えますね。
彼のように長い年月をかけてでも、成熟した打者になってくれるよう期待しています。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2018年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 一軍打線
  De 西
 二軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2018]
 歴代打線守備力評価[-2018]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2018]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2018]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2018 2017 2016 それ以前
 二軍PF
 2018 2017 2016 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2018]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2018]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター