記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2015年打者の通信簿 オリックス・バファローズ編

オリックス打者の打撃内容を見る
2015年のオリックス・バファローズで200打席以上を記録した10人の打者について、
どの要素が効いて良い打撃成績を記録できたのか、どの要素が足を引っ張って悪い打撃成績を記録してしまったのか、
BABIP、K%(三振/打席)、BB%(四球/打席)、ISO(=長打率-打率)の観点から分析を行っていきたいと思います。


分析対象とした選手(シーズン200打席以上)
安達了一・糸井嘉男・中島裕之・T-岡田・駿太・伊藤光・カラバイヨ・ヘルマン・西野真弘・小谷野栄一


安達了一[27歳/遊撃手/593打席]
bac2015bs_adachi_r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


二遊間の選手の中では四球と長打のセカンダリは高い方で、玄人好みする打撃タイプです。
昨季はBABIP傑出が非常に低い値だったため、今季は適性値への回帰が期待できるのではないかと考えていますが、
難病に指定されている潰瘍性大腸炎でキャンプ離脱となりました。パフォーマンスに影響がなければよいのですが。

糸井嘉男[34歳/右翼手/565打席]
bac2015bs_itoi_r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


2010年代の通算RCWinNo.1打者。昨季はレギュラー定着後ではワーストの打率・出塁率を記録したものの、
各項目を個別に見ていくとBABIP傑出以外の項目は例年通りだったため、あまり心配は要らないのではないかと考えています。
年齢面がネックとなりつつありますが、同じ遅咲きの大打者である和田一浩のようなしぶとい活躍を期待したいところです。

中島裕之[33歳/一塁手/483打席]
bac2015bs3r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


2年間のブランクを経てNPBへ復帰しました。現時点では全盛期のような打撃は取り戻せておらず、
渡米前の数年間と比較すると特に長打力の落ち込みが大きくなっています。帰国前の手首の故障の影響もあるかもしれません。
BABIP傑出も渡米前と比べて低水準となっていますが、アウトになりにくい強い打球の減少に起因している可能性もあります。

T-岡田[27歳/左翼手/416打席]
bac2015bs4r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


高打率を残しましたがBABIPへの依存が強く、奪四球と長打はキャリアワーストの水準に沈むなど打撃内容はいまひとつでした。
近年では度重なる下半身の故障から守備負荷の低い一塁手や指名打者への転向が示唆されていますが、
長打力を2010年か2014年の水準まで戻さなければ、それらのポジションで打撃による利得を生み出すのは難しいかもしれません。

駿太[22歳/中堅手/382打席]
bac2015bs_shunta_r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


三振と奪四球については前年からほぼ据え置きとなりましたが、BABIPと長打力を大きく落としました。
現時点では守備で強みを作り出せていないため、打撃でも武器となる強みを持ち合わせていないのは痛いところです。
年齢的なピークを考えると守備面で劇的な成長を期待するのは難しく、レギュラー定着に向けては打撃改善が不可欠でしょう。

伊藤光[26歳/捕手/290打席]
bac2015bs_itou.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


近年では正捕手の地位を確固たるものとしていましたが、昨季は山崎勝と併用で出場機会を落としました。
打撃に関しては課題だった奪四球に改善が見られ、出塁率もキャリアハイをマークするなど実り多いシーズンだったと言えます。
パ捕手の中では日本ハム近藤に次ぐ打力を誇りますが、信頼を勝ち取れないのは守備面に不安があると見られているからでしょうか。

フランシスコ・カラバイヨ[32歳/一塁手/247打席]
bac2015bs7r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


春先には4番に固定され大活躍を見せましたが、6月以降は下降線を辿り出場機会を減らしていきました。
粗い打撃でしたが長打力は一塁手標準よりも高く、安い年俸を考えればリザーブしておく選択肢もあったかと思われますが、
ポジション(一塁・左翼)の被る中島裕之・ブランコ・T-岡田の存在もあり、昨季限りでの退団が決定しています。

エステバン・ヘルマン[37歳/三塁手/245打席]
bac2015bs8r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


外国人選手にしては珍しく、長打の少なさに対して四球をよく取れてBABIPも高い赤星憲広のような打撃タイプでした。
昨季時点で37歳と年齢がネックで、近年では奪四球力や長打力の低下に衰えの兆候が見て取れます。
三塁守備での貢献の乏しさやポジションの被る選手を多く抱えるチーム事情もあり、放出の判断は間違っていないと考えます。

西野真弘[25歳/二塁手/213打席]
bac2015bs9r.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


ルーキーながら4月中盤にレギュラーに定着。7月に故障により離脱するまで正二塁手を務めました。
打席数が少な過ぎて適性BABIPを読み取るのが難しいものの、BABIP傑出の数値はやや高めに見えるため、
打率に関しては「2年目のジンクス」に悩まされるかもしれません。三振・奪四球・長打力は二塁手としては上々の数値です。

小谷野栄一[35歳/三塁手/206打席]
bac2015bs_koyano.png
※「○+」は100を平均としたBABIP、四球/打席(BB%)、ISO(=長打率-打率)の傑出度を示す。
※「K%-」は100を平均とした三振/打席(K%)の傑出度を示す。値が低いほど三振が少なく、高いほど三振が多い。


直近5年間では三振は最も少なく、長打は最も多かったため打撃好調なシーズンだったと言えますが、
死球による右手首骨折の影響でレギュラー定着後ではワーストの出場機会に留まりました。
三塁手をメインポジションとする新外国人モレルの加入により、レギュラー争いが予想される今季は正念場となりそうです。


2015年打者の通信簿
2015年打者の通信簿 東京ヤクルトスワローズ編
2015年打者の通信簿 読売ジャイアンツ編
2015年打者の通信簿 阪神タイガース編
2015年打者の通信簿 広島東洋カープ編
2015年打者の通信簿 中日ドラゴンズ編
2015年打者の通信簿 横浜DeNAベイスターズ編
2015年打者の通信簿 福岡ソフトバンクホークス編
2015年打者の通信簿 北海道日本ハムファイターズ編
2015年打者の通信簿 千葉ロッテマリーンズ編
2015年打者の通信簿 埼玉西武ライオンズ編
2015年打者の通信簿 オリックス・バファローズ編
2015年打者の通信簿 東北楽天ゴールデンイーグルス編

コメント

安達の病気は心配ですね。守備では圧倒的な貢献をしていますし、打撃も改善傾向にあるので
健康の不安がなければリーグ最高のショートだと思います
幸い退院したそうで、同じく指定難病から復活を果たした大隣の例もありますし、回復してくれることを願っています

糸井は打撃の心配はなさそうですが、故障と加齢による守備成績の衰えのほうが深刻です
将来的には左翼転向も視野に入れるべきですが、T-岡田の起用がさらに難しくなるのが悩ましいですね
2014の一塁守備は好成績ですし、年齢的にも今がピークで復調すれば十分計算できると思うのですが
打撃不振が一時的なものか、故障による不可逆的なものであるかどうかが鍵になりそうです

Re: タイトルなし

カンザスさん、コメントありがとうございます!

> 健康の不安がなければリーグ最高のショートだと思います
これは本当に同感です。彼が正当な評価を受けられる日が来ることを願ってやみません。

> 打撃不振が一時的なものか、故障による不可逆的なものであるかどうかが鍵になりそうです
問題はこれなんですよね。T-岡田はあまり過去に例がない成績推移をしているので、判断が難しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 2017年戦力分析
 
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 セリーグ パリーグ


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
 
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター