記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2016年広島打線、得点力向上の要因は?

広島、好調打線で首位に=一発に小技、多彩な攻め(時事通信)
広島の緒方監督は、「スカッとする試合だ」と心地よさそうに笑った。3本塁打を含む14安打を放つ快勝で、
首位に浮上したのだから無理もない。 (中略) 緒方監督は4安打5打点の活躍を見せた松山を「4番の働き」と絶賛した。
脇役もしっかり働いて両リーグ断トツトップの247得点を誇る打線が、チームを2週間ぶりの首位に引き上げた。

2016年の広島東洋カープは春先から打線が好調で、得点力によるアドバンテージを得た状況となっています。
各球団の得点力の格差が非常に小さかった昨季の状況から、広島は如何にして一歩抜けた存在になったのでしょうか?
まずはチーム編成の観点からその要因を探りたいと思います。

編成の観点から要因を探る

wOBAを用いてポジション別の得点力への寄与を評価し、得点力向上の要因を探ります。
守備位置の推定には先発出場守備位置を使用し、球場補正は共に2013年-2015年の得点PFを用い、
「同年同ポジションの平均と比較して、打撃でチームの得点を何点分増やしたと評価されるか」を調べました。

広島得点力2015
※例:2015年田中広輔は平均的な遊撃手が同じ打席数を消化する場合に比べて、打撃で8点分多く得点を生み出したことを示す。

広島得点力2016
※例:2016年菊池涼介は平均的な二塁手が同じ打席数を消化する場合に比べて、打撃で6点分多く得点を生み出したことを示す。

現在のペースを維持できれば、シーズン終了時点で2016年の各数値はおよそ3倍となります。(現在がシーズンの1/3時点であるため)
2015年時点では弱点となるポジションを複数抱えていたのに対して、2016年は弱点が塞がった様子が見て取れますが、
その要因としては「選手層の変化による改善」と「既存選手の復調による改善」の二つが挙げられます。

選手層の変化による改善

まずは「選手層の変化による改善」について見ていきます。
各ポジションを構成する選手の顔ぶれを見ると、特に三塁・左翼・右翼で選手が大きく入れ替わりました。
結果としていずれのポジションでも打撃得点は大幅に改善しており、編成面でのテコ入れは成功した形となっています。

広島得点力入れ替え

最も大きなテコ入れが行われたのが三塁手です。レギュラーの梵英心に見切りを付ける形でルナを獲得、
中日時代と変わらない高い出塁能力を如何なく発揮し、三塁平均を上回る打撃貢献を残していましたが、
4月中盤に太ももを痛めて故障離脱すると代替要員として新鋭の安部友裕が抜擢され、これが上手くはまりました。

右翼手は昨季は最も固定率が低かったものの、その中で最も高い打撃貢献を残した鈴木誠也が今季は固定されました。
左翼手はテコ入れとは毛色が違いますが、エルドレッドの好調ぶりが得点力向上に大きく貢献しているほか、
出場増により相対的に打撃の劣る他の選手の出場機会を減らしたことも要因の一つとなっています。

昨季は三塁・左翼・右翼でリーグ平均に対して10点少ない得点しか生み出すことができませんでしたが、
今季は既にリーグ平均に対して26点多く得点を生み出しており、フルシーズン換算では78点まで伸びる見込みとなっています。
選手層の変化による三塁・左翼・右翼の打撃改善が、チームの得点力向上の大きな要因となったようです。

既存選手の復調による改善

次は「既存選手の復調による改善」について見ていきます。
2015年-2016年の広島において、捕手・一塁・二塁・遊撃・中堅はポジションを構成する選手がほぼ同一となっています。
顔ぶれの変わっていない5ポジションの打撃得点推移は以下のようになっています。

広島得点力復調2
※丸の数値は一見下がっているように見えますが、2016年の数値はフルシーズン換算では39点で前年を上回るペースとなっています。

昨季は捕手・一塁・二塁・遊撃・中堅でリーグ平均に対して29点多く得点を生み出しましたが、
今季は既にリーグ平均に対して21点多く得点を生み出しており、フルシーズン換算では63点まで伸びる見込みとなっています。
レギュラーの好調ぶりも得点力を下支えする要因になっていると言えるのではないでしょうか。

広島打線の今後は?

最後に広島打線の今後を占う為に、打撃内容にまで踏み込んで見ていきます。
2015年と2016年の広島打線の主要オーダーと、リーグ平均と比較した各打撃内容を以下にまとめました。

広島得点力打線3
※「○○+」はリーグ平均を100としたときのBABIP、三振/打席(K%)、四球/打席(BB%)、長打力-打率(ISO)の傑出度を示す。
※「wRC+」はリーグ平均を100としたときの打撃による得点創出力傑出度を示す。

チーム全体の打撃内容を見ると、BABIP上昇が得点力向上に対して最も大きく寄与しているようです。
昨季のチームBABIPはリーグ平均程度だったのに対し、今季はリーグ平均の1.1倍近い数値を記録していますが、
この数値は12球団制移行後で最も高かった1958年巨人打線を上回っており、歴史的に見ても高水準の数値となっています。

キャリア標準に対して異常に高いBABIPを残す打者の多さがこの背景にはあるようですが、(新井貴浩・エルドレッドなど)
「短期的なスパンでは運の要素が強く、打席数の増加に伴いキャリア標準に対して収束する」というBABIPの特性を考えると、
今後も同じだけの得点力を継続していけるかと問われれば、やや不安を残ると言わざるを得ません。

一方で三振(K%-)が減り、四球(BB%+)が増え、長打(ISO)も増えるなど再現性の強い項目でも改善が見られることから、
打線の潜在的な得点力が上昇しているのは間違いありません。現在ほど強力なアドバンテージを維持し続けるのは難しいでしょうが、
打線が広島のペナントレースを牽引していく状況は今後も続いていくのではないでしょうか。

コメント

いつも興味深い記事を、たのしく読まさせてもらってます

BABIPについて教えて頂きたいことがあるのですが、「BABIPは振れ幅が大きい指標なので、単年だけで適性BABIPを判断するのは危険」という解説を、先日掲示板で見かけました

その後自分で調べたところ、イチロー選手や柳田選手のように、適性BABIPの高いバッターが、数が少ないながらも存在するということも知りました

それでは、対象にする打者の「適性BABIP」を判断するためのサンプル数は、どのくらいの打席数が必要なのでしょうか?

Re: タイトルなし

開聞岳さん、コメントありがとうございます!

BABIPに関してはBaseball-Labのこちらのコラムが非常に参考になると思います。
http://www.baseball-lab.jp/column/entry/175/

対象にする打者の「適性BABIP」を判断するために必要なサンプル数は、おおむね「800BIP」程度であるようですね。
打者のタイプによって若干異なりますが、打席数に換算すればおよそ1100打席程度だと思われます。

記事の紹介ありがとうございます とても参考になりました
そして自分が予想していたよりも、BABIPの予想はかなり難しいのだな、と思いました

現在広島が記録している、チームBABIP傑出度の高さが日本では一例しかないとなると、BABIPが平均値に戻る「可能性は高い」と見た方がいいですね

広島主力打者のライナー率やSpdは今のところ優秀な数字を記録しているので、BABIPの推移も緩やかになる「可能性は高い」のかも知れませんが(笑)

Re: タイトルなし

開聞岳さん、ご返信ありがとうございます!

打線を構成するメンバーの通算BABIPを元に打線全体の適性BABIPを考えると、
今のメンバーで歴代最高のチームBABIP傑出度を維持するのはかなり厳しいのではないかというのが論拠ですね。
例えばエルドレッドのBABIPが例年並みになるだけで、チームBABIP傑出度は1.05倍付近まで落ちてしまいます。

ただそれでも仰る通り広島打線の適性BABIPはリーグ平均よりやや高めではあるようなので、
最終的にはその辺りに落ち着くのではないかと思って見ています。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター