記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

打順の組み方を眺める 2016年パリーグ編

はじめに

打順の組み方を眺める 2016年セリーグ編」に続いて、
打順に対して各チームの首脳陣がどのような考え方を持っているのかを捉えるべく、
「どのような選手を先発させたか」という情報から、各チームの打順の組み方を眺めていきたいと思います。

本記事では打順を特徴づける要素として総合的な得点生産力、出塁力、長打力にスポットを当てました。
数多い要素の中でこれらに着目する理由ですが、打線の得点効率と深く関わってくるためです。
この辺りの説明についてはセリーグの方と全く同じなので、既に読んだという方は適宜読み飛ばしてください。

先発打順別に得点生産力を見る

手始めに各チームが各打順において先発出場させた打者の平均wRC+を調べました[1]。
wRC+は「平均的な打者と比べた打席あたりの得点生産力」を表します。
打者の得点生産力は球場の影響を受けることが分かっているため、得点PFを元に補正を行っています[2]。

前の打順ほど多くの打席が回ってくるので、「得点の最大化を図る」という攻撃側の最終目的を考えると、
打席あたりの得点生産力の高い打者から前に並べることは打順の組み方の基本原則となります。

「それならwRC+順に並んでいる打順が最適打順なのか?」という話になりますが、
打順によって打席に入った時のアウト数と走者状況が異なることが統計的に知られているのに対し、
wRC+は平均的な状況下での得点生産力を表した指標であり、こうした状況の違いは考慮されていない点は注意が必要です。

そのためwRC+順に並べた打線が必ずしも最適打順になるとは限りませんが、
平均的な状況での得点生産力が大きく劣る打者は、どのような状況であっても得点を多く生産するのは難しいでしょうから、
こうした選手を上位打線に配置して、多くの打席数を与えていないかということは打順を見る上で重要な要素となります。

パwRC__20161025 パ名簿1a_20161025 
※各打順の平均wRC+に対して最も強く影響を与えた選手として、各打順の最多先発出場選手を併記しました。

日本ハム・楽天は最も得点生産力の低い打者を8番に配置したのに対し、
ソフトバンク・ロッテ・西武・オリックスはこうした打者を9番に配置しており、
最も得点生産力の低い打者をどの打順で出場させているか、という点で起用法に違いが見られました。

他の打順はチーム間のバラつきが小さく、どのチームも似たような配置となっています。
パは絶対的なレギュラーであっても打順を固定せず、一つの打順を多くの選手に担当させる傾向があるため、
成績が均質化されて突き抜けた特徴を示しにくいことが原因の一つかもしれません。

全体の傾向としては2番に得点生産力の劣る打者を配置するチームが多いようです。この点はセと共通していますが、
普段はリードオフマンとして起用される出塁力の高い打者(秋山翔吾、西川遥輝)を2番で先発させるなど、
セではあまり見られない起用法を行うチームもあり、パの2番打者の平均wRC+はセほど低い値にはなっていません。

先発打順別に出塁力を見る

そもそも、なぜ総合的な得点生産力を出塁力と長打力に分けて見るのかという話ですが、
これは「得点生産を出塁に依存する打者」と「得点生産を長打に依存する打者」では得意なアウト数と走者状況が異なるからです。
打順によってアウト数と走者状況が異なることを踏まえると、打順を見る上でこのタイプ分けは重要な要素となります。

Full-Countのコラム「2番打者には強打者を... よく聞く説の根拠とは?」では、
セイバーメトリクス研究家であるトム・タンゴによる、数理モデルを用いた打順研究が紹介されています。
この点について、このコラムでは以下のように打順を組むのが良いと指摘されています。

○最も重要[1・2・4番]
 1番・2番・4番はだいたい同じ程度に、最も重要な打順である。打線で最も優れた3人をこの打順で起用すべき。
 その中でも四球の多い出塁タイプは1・2番に、長打が多いタイプは4番にすべきである。
 なお、2番は併殺を避けるために走力のある打者だとなおよい。

○次に重要[3・5番]
 1番・2番・4番に次ぐ2人をここに配置すべき。2番と3番の打力は現実では逆転している場合が多いが、これは率直に誤りである。

○重要度はあまり高くない[6・7・8・9番]
 6番から9番は、1番から5番に比べると重要度が低い。打力の落ちる4人を、その中で打力が高い順に6番から配置すればいい。


こうした打順に関する研究を踏まえて、まずは出塁力について見ていきましょう。
今回は出塁力を代表する最もポピュラーな指標である出塁率に着目し、先発打順別の平均出塁率を調べました。
打者の出塁率も球場の影響を受けることが知られているため、出塁率-PFを元に補正を行っています[3]。

パOBP_20161025 パ名簿2a_20161025 
※各打順の平均出塁率に対して最も強く影響を与えた選手として、各打順の最多先発出場選手を併記しました。

出塁率の観点から見て理想的な組み方になっていたのが日本ハムと西武。
1番と2番に出塁率が平均を大きく上回る打者を配置できたほか、
全体を見ても概ね1番から9番までアウトになりにくい順に打者を並べる組み方になっていました。

一方で上記のセオリーから外れた組み方になっていたのがソフトバンクとロッテ。
7番まで出塁率の高い打者を配置できる野手層の厚さを誇りながら、
1番2番の出塁率が相対的に低く、得点効率の悪い組み方になっていた可能性が考えられます。

9番の出塁率の分散が大きくなっています。9番は1番の前を打つため出塁後の生還率が高く、
打席数の減少を考慮しても、出塁率の高い打者を配置すると得点効率を上げられる可能性があるため、
「上位打線との繋がり」と「打席減少」のどちらを重視するか、という点で各チームの判断が分かれたようです。

この問題はセリーグにおける「投手は何番に置くのが正解か?」という話にも通じます。
この点に関して、上で示したタンゴのモデルは「6番以降は打力の高い順に並べるのが良い」としており、
「上位打線との繋がりによる利得」が「打席減少による損失」よりも小さいことを示唆しています。

先発打順別に長打力を見る

次に打撃を構成するもう一つの要素である長打力を見ていきます。今回は長打力を代表する指標として、
「打数あたりの長打によるエクストラベース数」を示すISO(IsoP)に着目しました。
打者のISOも球場の影響を受けることが知られているため、ISO-PFを元に補正を行っています[4]。

パISO_20161025 パ名簿3a_20161025 
※各打順の平均ISOに対して最も強く影響を与えた選手として、各打順の最多先発出場選手を併記しました。

出塁率と比べると9番打者のISOの分散は小さくなっていることから、
9番打者の得点生産力の違いは出塁能力のバラつきに由来していることが分かります。
また長打力の高い打者を4番付近に集めている点、2番の長打力が低い点はセと共通しています。

出塁率と合わせて見ると興味深い配置になっているのが日本ハムで、
3番(大谷、田中賢)、4番(中田)、5番(田中賢)、6番(レアード)と出塁型と長打型の打者が交互に並んでいます。

数理モデルの研究によれば、同程度の得点生産力を持つ打者を並べる場合、
出塁型と長打型を交互に並べると得点効率が上がることが知られています。
栗山監督が意識していたかは分かりませんが、今季の日本ハムはこれを実践するような組み方になっていました。

打順の組み方を眺める 2016年セリーグ編 同年のセリーグ編

[1] wOBAの係数はBaseball-LAB「打撃指標wOBA」を参考にしました。
[2] wRC+の球場補正は2016年、2015年、2014年の得点PFを4:2:1で加重平均したものを元に計算しました。
[3] 出塁率の球場補正は2016年のデータが未集計なので、2015年、2014年、2013年の出塁率-PFを4:2:1で加重平均したものを元に計算しました。
    データが手に入らなかったためPF計算に使用した出塁率には犠飛が含まれていませんが、犠飛の少なさ(打席の0.5%程度)を考えると影響は軽微だと考えられます。
[4] ISOの球場補正は2016年のデータが未集計なので、2015年、2014年、2013年のISO-PFを4:2:1で加重平均したものを元に計算しました。

コメント

No title

個人的に西武の打順の組み方が美しくて好きです。ロジックの話に美的感覚を持ち込むのはどうかとも思いますが、
アウトになりにくい打者に多く打席を回す基本原則に沿った、右下がりのグラフを見るのは気持ちがいいものです。
西武と日ハムのwRCを見ると、3番と4番の打力が逆転しているように見えますが、
これは3番(浅村、大谷)の復調と4番(中村、中田)の不調が同時に起こったためで、
最終結果がわからない段階でこのような組み方になるのは致し方ないかと思います。
ケチをつけるなら中島の2番起用ぐらいでしょうか?

逆にソフトバンクは勿体無い組み方になっていますね。特に中村の下位での起用には疑問符が付きます。
いわゆるセイバー志向でない従来の日本的打順に沿ったとしても、トップに置きやすい打者だと思うのですが…
個人的には1番中村、2番柳田の打順を是非見てみたいです。

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!

西武の打順の組み方は意図が明確で良いですね。
・「出塁率は前から良い順に並べる」
・「長打力は出塁率の少し後ろにピークを持ってくる」

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/545182/
中村の7番起用に関しては工藤監督本人のコメントが残っていて、
「1番2番には機動力のある打者を置きたい」、「中村はチャンスで多く回る打順で使いたい」という意図のようですね。
(ソース元が東スポなんですけど本人のコメントとして載ってるので流石に捏造はないはず・・・)

結果的に1番2番には中村よりも出塁率が1割以上低い今宮や福田が起用された訳ですが、
そもそも出塁できなければ機動力があっても活かしようがありませんし、
四球による出塁が多い中村に走者を帰す役割を期待するのもミスマッチな気がしてなりません。

返信ありがとうございます

福本豊の有名なエピソードの一つに、盗塁のコツを訊ねられて「まず塁に出なアカン」と答えたというものがあります。
笑い話として捉えられがちですが、これはまさに真理だと思いますね。
盗塁ばかりがクローズアップされがちですが、これだけ足を警戒される打者でありながら、
歴代のホームランバッターと遜色ない出塁能力こそ強調されるべきかと思います。

チャンスでの勝負強さに再現性がないというのはよく言われることですし、中村の適性についてもご指摘の通りです。
そもそも7番にチャンスがたくさん回るような組み方はおかしいだろうと突っ込むべきかもしれませんが。

面白い記事をありがどうございます

傑出度の高いバッターが中軸にいても、青い(打力の低い)選手が半分以上を占めるラインナップより、平均以上の打者を多く並べて切れ目を作らない打線の方が強力そうだということが、視覚的に理解できて面白かったです

Re: 返信ありがとうございます

カンザスさん、返信ありがとうございます!

福本豊氏の話は感覚的であるように見えて理屈が通っていることが多いので面白いですよね。
非常に頭の切れる方なのにそれを前面に押し出さないところも含めて、とても好きな野球人の一人です。

Re: タイトルなし

開聞岳さん、コメントありがとうございます!

そう仰っていただけると嬉しいです。
参考になりましたら幸いです。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2018年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター