記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2016年打者の通信簿 東京ヤクルトスワローズ編


ポジション別に最優秀打者を選ぶ 2016年セリーグ編
前の記事では打者が生み出す総合的なバリューについて見てきた訳ですが、
どこからそれが生み出されるのかについては触れませんでした。

攻撃と守備を同時に行えない野球において、勝つために攻撃側が取れる手段は得点を増やすことしかありません。
だから打者の優劣を考える場合には「得点をどれだけ多く生み出せたか」という物差しだけで事足ります。

一方で得点の生み出し方は打者によって十人十色であり、その多様性は野球の醍醐味でもあります。
各打者のこうした違い、打撃内容の強み弱みを眺めて語りたいというのが今回の趣旨です。
得点の生み出し方によってその後の得点生産力の推移も変わるので、その辺りについても言及できればと思っています。



「打撃内容」とは

とても曖昧な言葉なので、この記事におけるその定義について。
打撃を構成する要素は多岐にわたり、やろうと思えば際限なく細分化できてしまうので、
ここでは打者を特徴づける要素として次の4つに着目しました。

BABIP / K%(三振/打席) / BB%(四球/打席) / ISO(長打率-打率)

これだけ見ておけば、得点生産力を包括的に捉えられるというのがその理由です。
得点生産力は出塁力と長打力から構成されますが、出塁力は出塁率で説明が付き、長打力はISOで説明が付きます。
更に細分化すると出塁率は打率とBB%(四球率)で構成され、打率はBABIPとK%(三振率)で構成されます。

更にISOを二塁打・三塁打・本塁打へ細分化する考え方もあると思いますが、
同レベルのISOを残す打者は長打の内訳にあまり差が無いことが多く、
打者のタイプ分けを細かく行えるメリットより、煩雑になるデメリットの方が大きいと考えて今回は止めました。



表の見方について 例:坂口智隆(ヤクルト)

S凡例_20170102

平均的な野手と比べて1.00倍の得点生産力を持ち(wRC+)、1.11倍のBABIPを記録し(BABIP+)、
0.62倍の三振を喫し(K%-)、1.24倍の四球を選び(BB%+)、0.35倍のISOを記録した(ISO+)ことを示します。

平均的な野手を100とした倍率表記を取っていますが、
これは平均を評価の物差しにすることで年度間の環境差を補正するのと、
馴染みの無い生の数値をそのまま出すよりも優秀かどうかを判断しやすくするのが狙いです。

右端は平均的な同ポジションの野手と比べて、どれだけ得点のバリューを生み出したかを示しました。
平均的な左翼手に対して-1点、平均的な中堅手に対して+2点の利得を生み出したことを意味します。
その打者がポジションの中ではどれくらい優秀なのかの確認にどうぞ。メインポジションは で着色しました。



ヤクルト打者の打撃内容を眺める

それでは上記の方法で打撃内容を見ていきたいと思います。
今回はシーズン200打席をクリアした以下の10人と、リクエストのありました谷内亮太を対象としました。
坂口智隆 / 山田哲人 / バレンティン / 川端慎吾 / 雄平 / 大引啓次 / 中村悠平 / 西浦直亨 / 西田明央 / 今浪隆博



坂口智隆 32歳/中堅手/607打席 個別記事
S坂口_20170102

高水準の選球眼とコンタクト能力を持つ、ストライクゾーン管理能力に優れる打者。
持ち前の走塁能力によりしばしば二塁打を三塁打にしてしまうものの、
本塁打は多くないため中堅手としてはパワー不足で、得点生産力もやや物足りない水準です。

今季は新天地のヤクルトで中堅手レギュラーに定着し、チーム最多の607打席を記録しました。
本塁打の出やすい神宮へ本拠地を移したにもかかわらずISOが大きく下落しており、
打球の質の改善が考えにくい中でBABIPが高騰していることから、来季は打率低下の懸念が強いと考えます。


山田哲人 24歳/二塁手/590打席 個別記事
S山田_20170102

現役打者ではトップクラスの選球眼と長打力を持つパワーヒッター。
強振を多用する選手の中では三振は少ない方で、高打率も両立できる長距離打者であり、
歴史的に強打者の少ない二塁手の中では日本プロ野球史上最高の得点生産力を誇ります。

今季は死球を受けたことにより8月に戦線離脱し、稼働率を昨季からやや落としました。
前半戦は全盛期の王貞治に匹敵するペースで打撃利得を積み上げていましたが、
後半戦は死球の影響で極度の不振に陥り、復調の糸口が掴めないままシーズン終了を迎えました。


ウラディミール・バレンティン 32歳/左翼手/537打席 個別記事
Sバレンティン_20170102

歴代最高クラスの長打力を持つパワーヒッター。言わずと知れたシーズン本塁打記録保持者。
通算ISO傑出は2000打席以上では歴代1位。王貞治(245)を上回っています。
一塁手に次ぐ攻撃型ポジションである左翼手の中でも、傑出して高い得点生産力を誇ります。

今季は出遅れた春先を除いて一軍に帯同、2013年以来となる高い稼働率をマークしました。
しかし打撃内容を見ると長打力が少しずつ下がっていることに加えて、
ボール球の見極めの悪化により年々四球が減っており、出塁率もやや低下傾向にあります。


川端慎吾 29歳/三塁手/458打席 個別記事
S川端_20170102

現役屈指のアベレージヒッター。打率の構成要素であるBABIPの高さと三振の少なさが武器。
高BABIPはポップフライが少なくゴロとライナーの多い打球傾向に起因するようです。
四球や長打による貢献は乏しいという弱点を抱えるものの、三塁手としては比較的高い得点生産力を誇ります。

今季は自打球により1ヶ月に渡る戦線離脱があり、稼働率を落として100試合程度の出場に留まりました。
打撃内容を見ると持ち前のコンタクト力に磨きがかかり、K%はキャリアハイをマークした一方、
長打力はレギュラー定着後でワーストの水準に沈むなど、よりコンパクトな打撃スタイルに移行したという印象を受けます。


雄平 32歳/右翼手/436打席 個別記事
S雄平_20170102

高BABIPが持ち味の中距離打者。内野安打を多く稼ぐことに起因していると考えられます。
一方で積極スイングと選球眼の悪さにより四球を稼げないのが最大の弱点。
長打力の揺らぎにより年度間の成績偏差が大きいのも特徴で、不調時は右翼手としては物足りない得点生産力に留まります。

今季は左脇腹の故障で稼働率を落とし、3年ぶりに規定打席を割り込みました。
川端慎吾と同じくコンパクトな打撃スタイルに移行しつつあるようで、
年々コンタクト率が向上しており三振は減っている一方、長打力はキャリア最低水準に沈みました。


大引啓次 32歳/遊撃手/391打席 個別記事
S大引_20170102

慎重スイングと優秀な選球眼により、二遊間の中では四球を比較的多く稼げる打者。
ただし空振りがやや多いため粘った末に三振という打席も少なくなく、
長打力が低いという弱点もあり、遊撃手としては標準的な得点生産力に留まります。

今季は稼働率を上げたものの、腰痛による2度の離脱により規定打席には届きませんでした。
打撃では不運なシーズンだったと見られる昨季と比較してBABIPがV字回復したほか、
持ち前の辛抱強いスイング傾向がより一層顕著となり、三振と四球が共に大幅増加しました。


中村悠平 26歳/捕手/378打席 個別記事
S中村_20170102

捕手の中では比較的高いストライクゾーン管理能力を誇る打者。選球眼の良さが持ち味。
どちらかと言えばフライヒッターでありBABIPが高くないのが特徴である一方、
本塁打の出やすい本拠地の利を活かせているとは言い難く、捕手としては標準程度の得点生産力に届まります。

今季は離脱こそなかったものの、新鋭の西田明央との併用状態になり出場機会を減らしました。
極度に低迷したBABIPからは極めて不運なシーズンだったことが窺えるため、
現在の打撃内容を維持することが出来れば、来季は打率回復を見込める公算が強いと考えます。


西浦直亨 25歳/遊撃手/273打席
S西浦_20170102

S西浦f_20170107 ※二軍成績

二遊間の中では高水準にある長打力が持ち味。明確な弱点を抱えていないのも特徴。
遊撃手の打撃がハイレベルな現在のセリーグでは平均以下に留まるものの、
例年の環境であれば遊撃手としてチームに利得をもたらせる、比較的高い得点生産力を期待できる打者。

今季は第二遊撃手の地位を確立して出場機会を大きく伸ばし、川端離脱時には代役として三塁手も務めました。
打撃面では一軍でのBABIPが二軍での通算BABIPを大きく上回っていることから、
BABIPに関して言えばフロックの疑いがやや強く、打球の質を改善しなければ打率が低下する懸念があります。


西田明央 24歳/捕手/245打席
S西田_20170102

S西田f_20170107 ※二軍成績

捕手の中では高水準にある長打力が持ち味。本塁打だけでなく二塁打も多いのが特徴。
適性BABIPが高いタイプではないようで高打率は期待しにくいものの、
それをカバーして余りある高いISOにより、強打者の少ない捕手としては優秀な得点生産力を誇る打者。

今季は二番手捕手に定着。畠山の代役として一塁手でも先発するなど出場機会を大きく伸ばしました。
とはいえ現時点での得点生産力は一塁手として見ると物足りなさが否めないため、
一塁手でのレギュラー起用は避けて、捕手として起用した方が貢献を最大化できるのではないでしょうか。

そうなると同年代でポジションの被る中村悠平との兼ね合いが難しいところ。
長期的に見るとどちらかをトレードし、投手を補強する選択肢も視野に入れるべきかもしれません。
その場合、捕手が不足する一方で投手を豊富に抱えるソフトバンクとは良いトレードができるのではないかと考えます。

一軍で記録しているISO+が二軍の数値よりも高い水準にあるのが興味深い点。
二軍の方がサンプルサイズが大きいことから、一軍の数値がフロックであると解釈する事も出来そうですが、
上述の西浦などヤクルトの若手に同様の傾向が多く確認できることから、一軍と二軍の環境差が原因である可能性も考えられます。
(二軍本拠地は一軍本拠地より狭いのが一般的である中、ヤクルト二軍本拠地の戸田球場は神宮よりもフェンスが遠い位置にある)


今浪隆博 32歳/一塁手/240打席
S今浪_20170102

S今浪f_20170107 ※二軍成績

選球眼とコンタクト力に裏打ちされた、極めて優秀なストライクゾーン管理能力を持つ打者。
二遊間として見るとポジション平均程度の得点生産力を保持しているものの、
一塁手・三塁手として見ると長打力不足がやや目立ち、物足りない得点生産力に留まります。

今季は畠山と川端の離脱により、一塁手・三塁手での先発出場を大幅に増やしました。
ユーティリティー起用を行う上では申し分のない打撃能力を誇るものの、
二遊間での先発起用には守備力がもう少し、一三塁での先発起用には打撃力がもう少し欲しいところ。


谷内亮太 25歳/遊撃手/80打席
S谷内_20170102

S谷内f_20170107 ※二軍成績

二軍では極めて優秀なストライクゾーン管理能力を見せているのが特徴的な打者。
二遊間の中ではかなり高い水準の得点生産力を二軍では残しているものの、
一軍では打撃の持ち味を上手いこと発揮できておらず、安定して定着するには至っていませんでした。

今季は春先に大引が故障離脱すると代役に抜擢されて、打撃では好調を維持して四球と長打を量産。
ようやく殻を破ったかに見えたところで手首に死球を受けて戦線離脱となりました。
8月の復帰以降は調子を大きく落とし、開幕当初から成績を下げる中でシーズン終了を迎えました。

高打率に関してはBABIPの高騰による影響が大きく、フロックの疑いが強いと考えられるものの、
二軍で安定した好成績を残していることや春先の活躍からはポテンシャルの高さが窺えます。
二遊間は他のポジションと比べて旬が早いことを考えると、そろそろ定着の足掛かりを掴んでおきたいところ。
年齢的にも来季が正念場のシーズンとなりそうです。


2016年打者の通信簿
2016年打者の通信簿 広島東洋カープ編
2016年打者の通信簿 読売ジャイアンツ編
2016年打者の通信簿 横浜DeNAベイスターズ編
2016年打者の通信簿 阪神タイガース編
2016年打者の通信簿 東京ヤクルトスワローズ編 / 2015年版
2016年打者の通信簿 中日ドラゴンズ編
2016年打者の通信簿 北海道日本ハムファイターズ編
2016年打者の通信簿 福岡ソフトバンクホークス編
2016年打者の通信簿 千葉ロッテマリーンズ編
2016年打者の通信簿 埼玉西武ライオンズ編
2016年打者の通信簿 東北楽天ゴールデンイーグルス編
2016年打者の通信簿 オリックス・バファローズ編

※wOBAの係数はBaseball-LAB「打撃指標wOBA」を参考にしました。
※wRC+の球場補正は2016年、2015年、2014年の得点PFを4:2:1で加重平均したものを元に計算しました。他要素については球場補正を行っていません。
※同ポジション平均比較wRAAは先発出場を元に算出した同年の同ポジション平均を比較対象としました。

コメント

ヤクルトファンなので楽しみにしてました大変興味深いです。

坂口に関しては長年レギュラーを固定出来なかったセンターで、出塁率が高く、守備も無難なためヤクルトファンの間では大変評価が高くやや意外な印象を受けました。
ただ後を打つのが山田バレンティンであり、また同じくセンターの空いているオリックスから獲得出来たのは運が良かったなと思います。

大引、川端、畠山とコンディションに不安を抱える内野手が多く、谷内西浦西田廣岡がどこまで台頭出来るか大変楽しみなシーズンになりそうです。

Re: タイトルなし

たくさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

坂口に関しては、神宮が本拠地で0HRというのが響いていますね。
今回のような平均比較をベースとした評価基軸だと振るわない結果になりますが、
WARのように控え比較を基軸にすることによって、初めてその価値が確認できる打者ではないかと思います。

「打撃でチームに強みを作り出すことはできない」打者ではあるものの、
「打撃でチームの弱みを解消できる」打者であることは間違いないと考えます。
彼が移籍せずに同じ成績を残していたら、オリックスは最下位転落は免れたのではないかと思うんですよね。

仰るように将来が楽しみな内野手が多く出てきたので、今季のヤクルトはとても楽しみです。
外野手が不足気味な一軍事情とはギャップを感じなくもないですが、強打の選手も多いため外野に回すことで対応できそうです。
高いポテンシャルを持っているのに編成事情で出場できない、といった事態は避けたいところですね。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター