記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2016年打者の通信簿 横浜DeNAベイスターズ編


ポジション別に最優秀打者を選ぶ 2016年セリーグ編
前の記事では打者が生み出す総合的なバリューについて見てきた訳ですが、
どこからそれが生み出されるのかについては触れませんでした。

攻撃と守備を同時に行えない野球において、勝つために攻撃側が取れる手段は得点を増やすことしかありません。
だから打者の優劣を考える場合には「得点をどれだけ多く生み出せたか」という物差しだけで事足ります。

一方で得点の生み出し方は打者によって十人十色であり、その多様性は野球の醍醐味でもあります。
各打者のこうした違い、打撃内容の強み弱みを眺めて語りたいというのが今回の趣旨です。
得点の生み出し方によってその後の得点生産力の推移も変わるので、その辺りについても言及できればと思っています。



「打撃内容」とは

とても曖昧な言葉なので、この記事におけるその定義について。
打撃を構成する要素は多岐にわたり、やろうと思えば際限なく細分化できてしまうので、
ここでは打者を特徴づける要素として次の4つに着目しました。

BABIP / K%(三振/打席) / BB%(四球/打席) / ISO(長打率-打率)

これだけ見ておけば、得点生産力を包括的に捉えられるというのがその理由です。
得点生産力は出塁力と長打力から構成されますが、出塁力は出塁率で説明が付き、長打力はISOで説明が付きます。
更に細分化すると出塁率は打率とBB%(四球率)で構成され、打率はBABIPとK%(三振率)で構成されます。

更にISOを二塁打・三塁打・本塁打へ細分化する考え方もあると思いますが、
同レベルのISOを残す打者は長打の内訳にあまり差が無いことが多く、
打者のタイプ分けを細かく行えるメリットより、煩雑になるデメリットの方が大きいと考えて今回は止めました。



表の見方について 例:倉本寿彦(DeNA)

DB凡例_20170102

平均的な野手と比べて0.73倍の得点生産力を持ち(wRC+)、1.19倍のBABIPを記録し(BABIP+)、
0.99倍の三振を喫し(K%-)、0.46倍の四球を選び(BB%+)、0.37倍のISOを記録した(ISO+)ことを示します。

平均的な野手を100とした倍率表記を取っていますが、
これは平均を評価の物差しにすることで年度間の環境差を補正するのと、
馴染みの無い生の数値をそのまま出すよりも優秀かどうかを判断しやすくするのが狙いです。

右端は平均的な同ポジションの野手と比べて、どれだけ得点のバリューを生み出したかを示しました。
平均的な三塁手に対して-0点、平均的な遊撃手に対して-17点の利得を生み出したことを意味します。
その打者がポジションの中ではどれくらい優秀なのかの確認にどうぞ。メインポジションは で着色しました。



DeNA打者の打撃内容を眺める

それでは上記の方法で打撃内容を見ていきたいと思います。
今回はシーズン200打席をクリアした以下の10人を対象としました。
倉本寿彦 / 筒香嘉智 / 桑原将志 / ロペス / 梶谷隆幸 / 戸柱恭孝 / 宮﨑敏郎 / 石川雄洋 / エリアン / 白崎浩之



倉本寿彦 25歳/遊撃手/566打席
DB倉本_20170102

ストライクゾーン・ボールゾーン共にスイング率の高い、積極スイングが特徴的な打者。
課題である選球眼の悪さをカバーすることには成功しているものの、
副作用として四球が非常に少なくなっており、遊撃手であることを考慮しても得点生産力は物足りません。

今季は遊撃手レギュラーに定着。チーム最多の138試合で先発出場を記録しました。
打撃面の改善はBABIPの高騰によるところが最も大きいですが、
パワーに優れない打者がBABIPをこれだけ高く安定させた前例は少なく、来季は打率低下の懸念が強いと考えます。


筒香嘉智 25歳/左翼手/561打席 個別記事
DB筒香_20170102

現役打者ではトップクラスの長打力を持つパワーヒッター。
フェンス直撃を狙いやすい地の利を上手く生かし、二塁打でBABIPを押し上げている点が特徴的。
攻撃型ポジションで強打者の集まる左翼手であることを考慮しても、他球団に対してアドバンテージを築ける得点生産力を誇ります。

今季は春先の故障で皆勤とはいかなかったものの、離脱期間を除くほとんどの試合で4番打者を務めました。
昨季から本塁打を倍増させたパワー面での成長もさることながら、ボール球の見極めの改善により四球も大幅に伸ばしています。
環境を考慮した得点生産力は球団史上最高値であり、単シーズンという枠で見れば球団史上最高打者と評しても良いと考えます。


桑原将志 23歳/中堅手/522打席
DB桑原_20170102

DB桑原f_20170307 ※二軍成績 

二塁打・三塁打・本塁打を万遍なく稼ぐ中距離打者。
二軍成績からはBABIPを高く安定させられる打球の質を持っていることが窺える一方、
ボール球の見極めには課題を残しており、ストライクゾーン管理能力は平均以下に留まるのが弱点となっています。

今季は不振に陥った荒波の代役に抜擢。そのまま中堅手レギュラーに定着しました。
強打者の少ない中堅手の中では平均以上の得点生産力を記録しており、
まだまだ上積みが期待できる年齢であることから、チームに対して長期的なアドバンテージをもたらす可能性を秘めています。


ホセ・ロペス 33歳/一塁手/518打席 個別記事
ロペス_20170316

積極スイングで選球眼の悪さをカバーしている打者。
ポップフライが多いことからBABIPが低く、四球の少なさもあって出塁率は平均以下に留まるものの、
その欠点を埋め合わせて余りある長打力を持ち合わせており、強打者の多い一塁手の平均を上回る得点生産力を保持しています。

今季は練習中のアクシデントによる故障離脱があり、昨季から出場機会を下げています。
来日してから右肩上がりで成長を続ける長打力(ISO)はキャリアハイを更新。
またBABIPはキャリア標準から大きく乖離していることから、来季は打率向上が期待できると考えられます。


梶谷隆幸 28歳/右翼手/450打席 個別記事
DB梶谷_20170102

フェンス直撃を狙いやすい地の利を生かした、高BABIPと高ISOを武器とする中距離打者。
コンタクト率はワーストクラスで三振の多さを弱点としているものの、
選球眼は優秀であるため四球は多く、両翼のような攻撃型ポジションにおいても見劣りしない得点生産力を誇ります。

今季は左脇腹の故障により開幕から出遅れ、直近3年間では最も少ない出場機会に留まりました。
昨季と比べて出場機会を落としながらも本塁打は増やしており、レギュラー定着以降では最も高いISOをマークした一方、
コンタクト率が悪化し三振も増やしていることから、より強振を多用する打撃スタイルに移行したと見られます。


戸柱恭孝 26歳/捕手/393打席
DB戸柱_20170102

今季はシーズンを通して一軍に帯同。ルーキーながら正捕手の座を射止めています。
現時点では捕手であることを考慮しても長打力は物足りない水準にあり、
明確に強みと呼べる要素も持ち合わせていないことから、得点生産力は強打者の少ない捕手の中でも見劣りするのが否めません。

球界随一のフレーミング能力を持つという指摘もあるように、守備による貢献は計り知れないと思われる打者だけに、
他球団に対して打撃でディスアドバンテージを作る現状を解消できればチームの新たな強みとなる可能性があります。
2年目のシーズンを迎える来季はアジャストによる成績向上を期待したいところ。


宮﨑敏郎 28歳/二塁手/335打席
DB宮崎_20170102

DB宮崎f_20170102 ※二軍成績

コンタクト力と長打力を高いレベルで両立する中距離打者。
最初から本塁打を狙わない打者を除けば、現役打者ではトップクラスに三振が少ないのが特徴。
今季は一軍でもこうした持ち味を発揮することに成功し、一塁手・二塁手・三塁手とポジションを跨いで出場機会を伸ばしました。

来季はレギュラーが不在である二塁手での起用がメインとなる見込み。
今季の得点生産力は一塁手として起用しても利得を生み出せるほど優秀な数値であったため、
二塁守備の方で際立った損失を計上しなければ、チームの新たなアドバンテージ供給源となる可能性を秘めています。


石川雄洋 30歳/二塁手/329打席 個別記事
DB石川_20170102

現時点では二遊間平均を下回るストライクゾーン管理能力が課題。
ボール球の見極めとコンタクトに優れないことから、長打力に対して三振が多いのが最大の弱点。
高BABIPを安定させられる打球の質など光る要素も持っているものの、二遊間の中でも得点生産力は物足りない水準に留まります。

今季は長期離脱こそなかったものの不振が原因でスタメンを外れる場面も度々見られ、出場機会を大幅に落としました。
昨季からの成績低下はBABIPの暴落に依存している部分が強いため、ある程度は持ち直せると考えますが、
以前と比べるとエリアンの加入・宮﨑の台頭でレギュラー争いは激化しているため、そこから更なる上積みが必要となりそうです。


エリアン・エレラ 31歳/三塁手/274打席
DBエリアン_20170102

今季はシーズン途中に新外国人として加入。二塁手・三塁手を中心に出場を重ねました。
ライナーを多く飛ばすため二遊間の中では比較的優秀な長打力を誇りますが、
選球眼の課題から四球に対して三振が多く、得点生産力は守備型ポジションであることを考慮しても現時点では物足りません。

来季は二塁手での起用が示唆されていますが、シリアコの加入で外国人枠が圧迫されて使いどころが難しくなっています。
BABIPは渡米前に比較的高い数値を残していることから今季の数値はフロックである可能性が高く、
打率に関してはある程度は持ち直しが期待できるのではないかと考えます。


白崎浩之 26歳/三塁手/214打席
DB白崎_20170102

DB白崎f_20170307 ※二軍成績

二遊間の中では比較的優秀な水準にある長打力が持ち味。
昨季に続いて高ISOを記録したことでパワー面での成長がフロックではないことを証明した格好ですが、
早打ちでコンタクトの悪さをカバーしているため四球が少なく、出塁率の乏しさから三塁手としては得点生産力が物足りません。

対戦打席数が少ない中で通算10HRを左投手から記録するなど、対左投手と対右投手で打撃成績の差が大きいのが特徴的。
右投手先発時にはスタメンを外れるケースも多いため、出場機会を伸ばすために対右投手への対策が必須となりそうです。
また極度に低迷したBABIPからは極めて不運なシーズンだったことが窺えるため、来季は打率向上が見込めると考えます。


2016年打者の通信簿
2016年打者の通信簿 広島東洋カープ編
2016年打者の通信簿 読売ジャイアンツ編
2016年打者の通信簿 横浜DeNAベイスターズ編 / 2015年版
2016年打者の通信簿 阪神タイガース編
2016年打者の通信簿 東京ヤクルトスワローズ編
2016年打者の通信簿 中日ドラゴンズ編
2016年打者の通信簿 北海道日本ハムファイターズ編
2016年打者の通信簿 福岡ソフトバンクホークス編
2016年打者の通信簿 千葉ロッテマリーンズ編
2016年打者の通信簿 埼玉西武ライオンズ編
2016年打者の通信簿 東北楽天ゴールデンイーグルス編
2016年打者の通信簿 オリックス・バファローズ編

※wOBAの係数はBaseball-LAB「打撃指標wOBA」を参考にしました。
※wRC+の球場補正は2016年、2015年、2014年の得点PFを4:2:1で加重平均したものを元に計算しました。他要素については球場補正を行っていません。
※同ポジション平均比較wRAAは先発出場を元に算出した同年の同ポジション平均を比較対象としました。

コメント

今年度の打者通信簿、心待ちにしておりました。

宮﨑をセカンド、サードをオープン戦好調のシリアコに固定できれば、去年大穴だったこの2つのポジションをいくらか埋めることができるかもしれませんね。シリアコがシーズン中もどれだけ同じ様に活躍できるかにかかっていますが。それに守備の方も心配です。具体的なUZRなどはわかりませんが、宮﨑の二塁守備はあまり良くなかったような気がします。

Re: タイトルなし

石川さん、コメントありがとうございます!
そう仰っていただけて大変嬉しいです。

前評判から見てシリアコは戦力化に時間がかかるタイプだと思っていたので、これだけ早く活躍するのは予想外でしたね。
改めて成績を見ると三振は多くてBABIPが5割近いので高打率はフロックであるように感じますが、
二塁打5本に本塁打1本と長打力を示したことで、長打性の打球を飛ばせることが分かったのは収穫だったように思います。

守備能力の評価まで踏み込むためにはもう少しサンプルサイズが必要だと感じますが、
現時点ではUZRベースで見ても宮﨑の二塁守備は平均以下ながら、打撃でカバーできるレベルのマイナスに留まっています。
同リーグに山田哲人や菊池涼介みたいな歴史的な二塁手が存在する中でこれは凄いことだと思いますね。
ただし本人の守備適性は三塁手の方にあるようなので、将来的には三塁手に収まるような編成が好ましいのではと考えます。

今のDeNAはプラスになっているポジションとマイナスになっているポジションが非常にはっきりとしているため、
マイナス側が上手く埋められたら更に躍進できると思うんですよね。
広島次第ではありますが優勝を狙える位置まで行ける可能性もあるかなと。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター