記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2016年打者の通信簿 福岡ソフトバンクホークス編


ポジション別に最優秀打者を選ぶ 2016年パリーグ編
前の記事では打者が生み出す総合的なバリューについて見てきた訳ですが、
どこからそれが生み出されるのかについては触れませんでした。

攻撃と守備を同時に行えない野球において、勝つために攻撃側が取れる手段は得点を増やすことしかありません。
だから打者の優劣を考える場合には「得点をどれだけ多く生み出せたか」という物差しだけで事足ります。

一方で得点の生み出し方は打者によって十人十色であり、その多様性は野球の醍醐味でもあります。
各打者のこうした違い、打撃内容の強み弱みを眺めて語りたいというのが今回の趣旨です。
得点の生み出し方によってその後の得点生産力の推移も変わるので、その辺りについても言及できればと思っています。



「打撃内容」とは

とても曖昧な言葉なので、この記事におけるその定義について。
打撃を構成する要素は多岐にわたり、やろうと思えば際限なく細分化できてしまうので、
ここでは打者を特徴づける要素として次の4つに着目しました。

BABIP / K%(三振/打席) / BB%(四球/打席) / ISO(長打率-打率)

これだけ見ておけば、得点生産力を包括的に捉えられるというのがその理由です。
得点生産力は出塁力と長打力から構成されますが、出塁力は出塁率で説明が付き、長打力はISOで説明が付きます。
更に細分化すると出塁率は打率とBB%(四球率)で構成され、打率はBABIPとK%(三振率)で構成されます。

更にISOを二塁打・三塁打・本塁打へ細分化する考え方もあると思いますが、
同レベルのISOを残す打者は長打の内訳にあまり差が無いことが多く、
打者のタイプ分けを細かく行えるメリットより、煩雑になるデメリットの方が大きいと考えて今回は止めました。



表の見方について 例:中村晃(ソフトバンク)

H凡例_20170102

平均的な野手と比べて1.31倍の得点生産力を持ち(wRC+)、1.01倍のBABIPを記録し(BABIP+)、
0.48倍の三振を喫し(K%-)、1.88倍の四球を選び(BB%+)、0.78倍のISOを記録した(ISO+)ことを示します。

平均的な野手を100とした倍率表記を取っていますが、
これは平均を評価の物差しにすることで年度間の環境差を補正するのと、
馴染みの無い生の数値をそのまま出すよりも優秀かどうかを判断しやすくするのが狙いです。

右端は平均的な同ポジションの野手と比べて、どれだけ得点のバリューを生み出したかを示しました。
平均的な一塁手に対して+1点、平均的な左翼手に対して+4点、平均的な右翼手に対して+2点の利得を生み出したことを意味します。
その打者がポジションの中ではどれくらい優秀なのかの確認にどうぞ。メインポジションは で着色しました。



ソフトバンク打者の打撃内容を眺める

それでは上記の方法で打撃内容を見ていきたいと思います。
今回はシーズン200打席をクリアした以下の10人を対象としました。
中村晃 / 松田宣浩 / 内川聖一 / 今宮健太 / 柳田悠岐 / 長谷川勇也 / 本多雄一 / 鶴岡慎也 / 福田秀平 / 吉村裕基



中村晃 27歳/左翼手/612打席 個別記事
H中村_20170102

規定打席到達打者では最低のスイング率をマークする、「ひたすら待つ」待球スタイルが特徴的な打者。
現役打者ではトップクラスのコンタクト力も持ち合わせているため粘って四球を選ぶことに長けており、
通算出塁率.384は統一球導入後に台頭した日本人打者の中では柳田悠岐・山田哲人に次ぐ数値。
一塁手・左翼手・右翼手のような攻撃型ポジションでも見劣りしない、優秀な得点生産力を保持しています。

今季は左翼手を中心に全試合で先発出場を記録しました。
昨季と比較して下位打線での先発起用が増えたため、勝負を避けられてボールゾーンへの被投球割合が大幅に増加。
持ち前の選球眼と待球スタイルによりこれを利用して四球を大幅に増やした結果、出塁率をキャリア初の4割台に乗せています。


松田宣浩 33歳/三塁手/609打席 個別記事
H松田_20170102

元々フライの多い中距離打者でしたが、ホームランテラスの導入により長距離打者へ。
コンタクト率は現役打者では最低クラスながら、積極スイングでカバーして三振を抑えているのが特徴。
出塁率は平均程度であるものの長打力に起因する進塁能力が圧倒的で、強打者の多い三塁手の中でも優れた得点生産力を持ちます。

今季は最終回の代走交代が一度あったものの、三塁手としてはフルイニング出場をマークしています。
例年並みの本数の長打を放っていることから打球の質の劣化が考えにくい中でBABIPを落としており、
運の要素が悪い方向に働いたシーズンだったことが窺えます。来季はBABIPの向上による打率回復が期待できると考えられます。


内川聖一 34歳/一塁手/605打席 個別記事
H内川_20170102

高BABIPと低三振を両立する現役屈指のアベレージヒッター。
コンタクトの良さだけでなく積極スイングによっても三振を抑えているため、その副作用として四球が少ないのが弱点。
ただ強みとなっている部分と比べると損失は微々たるもので、攻撃型ポジションでも平均以上の得点生産力を誇ります。

今季はシーズンを通して故障離脱することなく、141試合において4番打者を務めました。
近年ではホームランテラスが導入されたにもかかわらずISOを年々落としていることから、
以前のように強い打球を飛ばせなくなっている形跡が確認でき、走塁面の衰えも重なって高BABIPを残せなくなってきています。


今宮健太 25歳/遊撃手/590打席 個別記事
H今宮_20170102

二遊間では比較的優れた長打力を持つ一方、ポップフライも多いフライヒッター。
守備側にとって処理しやすい打球の多さからBABIPがあまり伸びない打撃スタイルであるため、
打率と出塁率などの出塁系指標が高くないのが弱点で、得点生産力は守備型ポジションの平均をやや下回ってます。

今季はシーズンを通して一軍に帯同し、遊撃手として136試合で先発出場しました。
2015年から本拠地に導入されたホームランテラスと非常に相性の良い打者であり、
他球団の二遊間の選手が同じ環境でプレーする場合よりも強くISOを伸ばして、打撃で負債を作る状態を解消しつつあります。


柳田悠岐 28歳/中堅手/536打席 個別記事
H柳田_20170102

日本プロ野球史上最もBABIPの高い打者。通算BABIP.383はイチローを上回る歴代1位(通算2000打席以上)。
広角に打つ場合と比べると打撃側も守備側もグラウンドの狭い範囲を使ってプレーを行うことになるため、
一般的に左打ちのプルヒッターはBABIPが低くなる傾向にあることを考えると、(例:王貞治、前田智徳、松中信彦)
守備側にとってアウトに取ることが極めて難しい、強い打球をそれだけ数多く放っていることが窺えます。

強い打球を打たれることを恐れる守備側がボール先行での勝負を多く挑んでいることに加え、
近年ではボール球の見極めが改善したことで四球も急激に増えており、BB%も歴史的な水準に達しつつあります。
高BABIPと高BB%に起因する歴代屈指の出塁能力により、中堅手の中では歴代トップクラスの得点生産力を保持しています。

今季は指の骨折によりシーズン終盤に戦線離脱。出場機会を昨季から落としました。
前述の選球眼の改善により出場機会を落としたにもかかわらず四球は増加。
パワー面では昨季から数字を若干下げてしまったものの、出塁能力の高さに関しては更に磨きがかかっています。


長谷川勇也 32歳/指名打者/442打席 個別記事
H長谷川_20170102

高BABIPを持ち味とする中距離打者。ポップフライが少なくライナーの多い打球の質が武器。
ボール球の見極めは優秀ながらコンタクトに課題があり三振は少なくないものの、
それをカバーしうる高BABIPを持つアベレージヒッターであり、中堅手・右翼手としては平均を上回る得点生産力を誇ります。

今季は下半身のコンディション不良により、外野守備にはあまり就かず指名打者中心の出場となりました。
昨季のブランクによる影響がまだ抜けていないようで打撃は本調子を取り戻せておらず、
三振が増えてBABIPが下がったことで打率を落としており、指名打者として見ると物足りない得点生産力に留まりました。


本多雄一 32歳/二塁手/388打席 個別記事
H本多_20170102

ゴロが多くフライの少ない打球傾向と、持ち前の俊足を生かした内野安打の多さに起因する高BABIPが最大の武器。
パワーに乏しい打者の集まる守備型ポジションの選手であることを考慮しても長打力は物足りませんが、
高BABIPと盗塁による得点生産がその弱点を打ち消しており、二塁手としてはポジション平均を上回る得点生産力を誇ります。

今季はコンディション不良による戦線離脱があったものの、二塁手で92試合において先発出場を記録しました。
打撃内容に関してもおおむね故障以前の水準に戻しており、復調を印象付けたシーズンになりました。

少々気になるのが三塁打の減少。ホームランテラスの設置による外野フィールドの縮小が影響していると見られます。
元々本塁打をほとんど期待できない一方で三塁打によってISOを稼ぐ打撃スタイルだったため、
ホームランテラスによる本塁打増の恩恵を受けられないまま、持ち味の三塁打だけ封じられた状況になってしまっています。


鶴岡慎也 35歳/捕手/263打席
H鶴岡_20170102

三振の少なさが打者としての持ち味。今季のチームでは内川・中村に次いで低いK%を記録しています。
コンタクトの良さだけでなく早打ちによって三振を防いでいる側面もあり、その副作用で四球も少ないのが弱点。
強打者の少ない捕手の中においてポジション平均を若干下回る得点生産力を保持しています。

今季はチーム最多の67試合で捕手先発出場。その他の試合でも途中出場する場面が多く見られました。
長打力が好調で二塁打が大幅に増加させておりISO+は自身最高値を記録しています。
年齢は35歳とベテランの域に入ってきていますが、少なくとも打撃に関してはまだ衰えを見せていません。


福田秀平 27歳/右翼手/239打席
H福田_20170102

H福田f_20170102 ※二軍成績

32回連続盗塁成功の日本プロ野球記録を持つ盗塁の名手。
打撃ではボール球の見極めを元々課題としていましたが、近年では選球眼の著しい改善により四球が大幅に増加。
2015年以降は打者として起用される場面も目立つようになってきています。

今季はレギュラー不在の右翼手を中心に52試合で先発出場。打席数も自己最高の数値を記録しています。
本塁打が少ないため外野手として見ると長打力に物足りなさが否めませんが、
本多と同様に三塁打によってISOを稼ぐ打撃スタイルで、狭い本拠地と相性が悪いのが気の毒なところ。

バックアップ要員として見ると及第点の水準にはあるものの、
外野手レギュラーとして起用することを考えると、現時点では得点生産力は物足りない水準に留まります。
二軍では安定して高BABIPを記録している点が特徴的であり、一軍で同じ打球を飛ばせるかが定着のポイントになりそうです。


吉村裕基 32歳/右翼手/206打席 個別記事
吉村裕基_20170319

かつてはシーズン30HRをクリアしたこともある長距離打者。
持ち前のパワーによるISOの高さを持ち味としているものの、選球眼の悪さによりストライクゾーン管理能力が弱点となっており、
一塁手や右翼手のような攻撃型ポジションで起用するには物足りない得点生産力に留まります。

今季はレギュラー不在の右翼手を中心に出場し、移籍後では最多となる打席数を記録しました。
近年では改善傾向にあったボール球の見極めが以前の水準に戻ったことに加えて、
持ち味の長打力も自身最低水準にまで落ち込み、増加した出場機会とは対照的に不調なシーズンだったことが窺えます。


2016年打者の通信簿
2016年打者の通信簿 広島東洋カープ編
2016年打者の通信簿 読売ジャイアンツ編
2016年打者の通信簿 横浜DeNAベイスターズ編
2016年打者の通信簿 阪神タイガース編
2016年打者の通信簿 東京ヤクルトスワローズ編
2016年打者の通信簿 中日ドラゴンズ編
2016年打者の通信簿 北海道日本ハムファイターズ編
2016年打者の通信簿 福岡ソフトバンクホークス編 / 2015年版
2016年打者の通信簿 千葉ロッテマリーンズ編
2016年打者の通信簿 埼玉西武ライオンズ編
2016年打者の通信簿 東北楽天ゴールデンイーグルス編
2016年打者の通信簿 オリックス・バファローズ編

※wOBAの係数はBaseball-LAB「打撃指標wOBA」を参考にしました。
※wRC+の球場補正は2016年、2015年、2014年の得点PFを4:2:1で加重平均したものを元に計算しました。他要素については球場補正を行っていません。
※同ポジション平均比較wRAAは先発出場を元に算出した同年の同ポジション平均を比較対象としました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター