記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2017年戦力分析 中日ドラゴンズ編


チーム全体の状況

20180214_D.png 
※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。
※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。


2017年、中日ドラゴンズは5位となりました。5年連続Bクラスは球団史上初。
球団創設以来初の低迷期からなかなか抜け出せずにいます。

長期的な低迷の原因となっている投手陣の不振が、今季は更に深刻化しました。
野手陣は打撃(wOBA)・守備(UZR)の合計値でリーグ平均水準を維持する一方、
投手陣だけで得点換算で-100点近いマイナスを出しており、今季もAクラスを逃す最大の要因となりました。


各ポジションの状況

20180211_D野手
※打撃はwOBA、守備はUZRを用いて「同ポジションの平均的な選手と比較してチームの得失点改善に何点分貢献したか」を評価。右のグラフは打撃と守備の合算値です。

野手は攻撃型ポジションに強みが集中する構成となりました。
ビシエド・福田永将・ゲレーロの活躍により、一塁手・三塁手・左翼手が主な利得の供給源に。
他チームが外国人打者の補強に躓く中、海外からの打者獲得で上手く強みを作り出せています。

一方で守備型ポジションに弱みが集中する構成となりました。
二塁手は荒木雅博と亀澤恭平が起用されたものの、共に決め手を欠きレギュラーを固定できず。
中堅手は大島洋平の守備貢献低下、大島離脱時のカバー要員によるマイナス拡大が響きました。


20180317_投手
※右端の投球利得はFIPを用いて「平均的な先発(救援)投手と比較してチームの失点を何点分減らしたか」を評価。
※同点~3点リードの状況での登板割合が50%以上かつ30登板以上の投手を「勝ちパターン」と定義しました。[4]

先発投手は依然として中日における最大の弱点となっています。
先発ローテーションが固まらず、谷間で先発した投手がマイナスを広げてしまっただけでなく、
バルデス・大野雄大・吉見一起の不振により、上位ローテでもマイナスが発生する苦しい状況。

救援投手も人材難に苦しめられるシーズンとなりました。
田島慎二の不振と又吉克樹の先発転向で、勝ちパターンでもマイナスを計上してしまう結果に。
岩瀬仁紀の復活と三ツ間卓也の台頭もあったものの、既存メンバーの成績低下をカバーできず。


来季の戦力向上に向けて

投手陣がネックとなっている状況は今季も解消できていません。
野手陣は平均水準の活躍を見せた一方、投手陣は平均と比べて100点近く失点を増やしました。
言い換えればチームの借金は投手陣に起因しているため、ここさえ立て直せれば勝率5割とAクラスが見えてきます。

となれば、問題は「投手陣をどう立て直していくか」という点におおむね集約されます。
明るい材料は若手の層の厚さ。特に先発陣は成長による底上げが期待しやすい年齢構成になっています。
既に一線級の成績を残している柳裕也を始め、小笠原慎之介・鈴木翔太・笠原祥太郎の成長次第で順位は大幅に変動しそうです。

また、現状有効に使えているとは言い難い外国人枠も見直していきたいところ。
ジョーダンは好成績を残しましたが、外国人投手全体の貢献は他球団と比べて物足りなさが否めません。
タイトルを獲るような先発投手やリリーフとはいかないまでも、平均水準の新外国人を獲得するだけでマイナスを圧縮できます。

野手の方は二塁手で大きなマイナスが発生しており、ここは早急に手を打つ必要がありそうです。
一軍メンバーの年齢構成からは成長の上積みが期待しにくいことに加えて、近年では二軍における育成状況も芳しくありません。
堂上直倫・高橋周平を二塁手に回す動きも見られますが、更にドラフトでも即戦力のレギュラー候補を獲得していきたいところ。

また、ゲレーロの退団が確定している左翼手の代替にも不安を残しています。
大島洋平・平田良介の離脱時のマイナスの大きさは、外野手のカバー要員が不足している現状を物語っています。
藤井淳志・松井佑介とレギュラー候補はいるものの、ここに関しても補強やドラフトで優先的に人員を増やしていきたいところ。


今オフの動き

□外部補強
 ジー    31歳 投手 右投右打 新外国人 MIN(MLB)
 ガルシア  28歳 投手 打 新外国人 KC(MLB)
 松坂大輔  37歳 投手 右投右打 自由契約 ソフトバンク
 大野奨太  31歳 捕手 右投右打 FA移籍 日本ハム
 アルモンテ 28歳 外野 右投両打 新外国人 モンテレイ(メキシカンリーグ)
 モヤ    26歳 外野 右投両打 新外国人 トレド(3A)

外国人投手は4人全員を放出し、代わりにMLB実績のあるジーとガルシアが入る形に。
両者ともに先発で起用される見込みであり、全ポジション中最大となっているマイナスの圧縮に期待がかかります。
(先発で好成績を残していたジョーダンを引き抜かれたのは失策だったかもしれません。彼を残せればベストでした)

□ドラフト
 鈴木博志 20歳 投手 右投右打 ドラフト1位 ヤマハ
 石川翔  18歳 投手 右投打 ドラフト2位 青藍泰斗高
 高松渡  18歳 遊撃 右投打 ドラフト3位 滝川第二高
 清水達也 18歳 投手 右投右打 ドラフト4位 花咲徳栄高
 伊藤康祐 18歳 外野 右投右打 ドラフト5位 中京大中京高
 山本拓実 18歳 投手 右投右打 ドラフト6位 市立西宮高

将来性重視の高校ドラフトに。ドラフト1位の鈴木博志を除く全員が高卒となっています。
現在の野手構成については二軍を含めて20代前半の世代がかなり少ない一方、
現行レギュラーはほぼ全員が30代となるため、このままだと数年後に働き盛りの中堅世代の空洞化が起こる可能性があります。


2017年戦力分析

2017年戦力分析 広島東洋カープ編
2017年戦力分析 阪神タイガース編
2017年戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編
2017年戦力分析 読売ジャイアンツ編
2017年戦力分析 中日ドラゴンズ編
2017年戦力分析 東京ヤクルトスワローズ編
2017年戦力分析 福岡ソフトバンクホークス編
2017年戦力分析 埼玉西武ライオンズ編
2017年戦力分析 東北楽天ゴールデンイーグルス編
2017年戦力分析 オリックス・バファローズ編
2017年戦力分析 北海道日本ハムファイターズ編
2017年戦力分析 千葉ロッテマリーンズ編

中日ドラゴンズ戦力分析

2014年戦力分析 中日ドラゴンズ編
2015年戦力分析 中日ドラゴンズ編
2017年戦力分析 中日ドラゴンズ編


[1] 参考:Baseball-LAB Archives「打撃指標wOBA」 球場補正は2015年-2017年の得点PFを使用しました。
[2] 参考:1.02 - Essence of Baseball リーグ平均が0となるように調整を行いました。
  2013年以前についてはDELTA社のUZRが公表されていないため、DER守備得点で代用しました。参考:Baseball-LAB Archives 「DERでチーム守備力を計測する
[3] 失点率スケールに変換して、球場補正は2015年-2017年のFIP-PFを使用しました。
[4] イニング途中で登板した投手の点差状況は手に入らなかったため、入手できたデータの範囲で評価しました。

コメント

こんばんは。

投手が弱いのは今に始まった事ではなく、ここ数年のドラフトでもそれを補うように投手中心の戦略が見て取れますが、いかんせん力不足で定着できないために一向に目処が立たず、野手の比重を増やそうにも増やせない歯痒さが感じられます。

特に先発に関しては表も裏もない惨憺たる状況で、ひとまずは「表」の構築が急務ですね。

打者、投手ともに四球関連のスタッツが悪く、特殊な環境を生かせていないと感じます。打者では平田の不調が痛いですね。
高橋が壁にぶつかっているのも気がかりです。セカンド挑戦などなんとかして試合に出そうという意図は見えるので、
チャンスが与えられている間にポテンシャルを発揮してもらいたいです。
また京田は久々に出てきた野手で期待が持てる若手です。後半戦に見せた成長がフロックでないことを示してほしいですね。

投手は柳が指標でも良い数字を残しており期待できそうですが、とにかく頭数が足りません。
正直FAでは野上を全力で取りに行った方が良かったのではと思います。

ドラフトは高卒メインで、ようやく本腰をいれて育成する姿勢を見せましたが、
ご指摘の通り世代に空白ができる可能性は高いですね。
ただ個人的に中日は切るほうで思いきりを見せられるかのほうが重要な気がします。
戦力化できていない中堅を整理して若手の出場機会を確保しなければ、育成重視も絵に描いた餅になりかねません。
広島、横浜と苦しい時期を過ごしたチームが今躍進していますが、
中日がかつての輝きを取り戻すにはフロントの舵取りが試されますね。

【急募】デカくて速い投手

昨シーズンの中日は、対広島戦、対阪神戦、対巨人戦の中継をそれぞれ数試合みた程度なのですが、まずパッと見でわかるのが投手の体格が相手チームよりも見劣りすること。そして投手(特に先発)の平均球速がざっと5kmくらい遅いということです。

ストレートの平均球速と被打率の低さにはかなり相関があり、また体格と球速の間にも相関があります(則本や美馬のような例外もありますが)。また小兵で速い球を投げる投手は、一般的に選手寿命が短いと言われます。ドラゴンズは技術を磨くよりも何よりも、まず「デカくて速い」投手をかき集めるのが先決ではないかと愚考します。

なのでゲレーロの流出は痛いですが、外国人枠を先発投手に使っていくのは正しい方針ではないかと。MLBで平均的な投手であっても、NPBに来れば球速面で優位に立てます。

巨人の澤村がナゴヤドームで支配的な投球をすることは、そこそこ知られているかと思います。あの広い外野を考えると、150km超の速球をボンボンとストライクゾーンに投げ込めば、そうそう本塁打は喰らわないと思うんですよね。でもドラゴンズにはそういうスタイルの投手が少ない。せっかくの本拠地アドバンテージをうまく生かせていないのではないかと。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

仰る通りで、高木政権以降の上位指名野手(1位or2位)は京田陽太1人だけですね。
それをぴったり当てているのは見事なんですが、投手の方は戦力化の目途が立たないのは皮肉というか...

オープン戦を見ていると、ジーと柳にはどうしても期待してしまいますね。
彼らがローテの表を形成できれば面白そうなのですが。

Re: タイトルなし

カンザスさん、コメントありがとうございます!

高橋は二軍でも年々成績を落としているので、その点が気掛かりですね。
仰る通りで今年は多少無理しても起用しようというフロントの動きは伝わってくるので、
それがプラスに働いてくれるといいんですけどね。

京田は将来的にチームのストロングポイントになる可能性のある選手ですね。
昨季のBABIPはややフロックの匂いがしますが、年齢的に打撃はまだ発展途上だと思われるので成長に期待したいです。
基本的にはゴロの多い選手ですが意外とパワーがあるので、今宮のように本塁打を増やしていけると面白いと思います。

野上は底上げを狙うなら是非取りに行きたい選手でしたが、
動きがなかったのはやっぱり年俸と年齢がネックと判断されたんですかね。
フライピッチャーなのでナゴヤドームとかなり相性が良い点も好材料かなと思ったんですが。

>ただ個人的に中日は切るほうで思いきりを見せられるかのほうが重要な気がします。
仰る通りだと思います。中日は野手の整理の判断基準がおそらく一番甘いですからね。
今年か来年あたりでバッサリ切れないと、野手の方も下がってきて、
かつての阪神のような長期的な暗黒時代を迎える可能性が高くなるのかなと思っています。
野手の方が立て直しが難しいですからね。

Re: 【急募】デカくて速い投手

duplesさん、コメントありがとうございます!

私もほとんど同じ意見です。
DELTAの1.02でチーム別のストレート平均球速を見ることができますが、
中日は12球団中ぶっちぎりで最下位なんですよね。

こうした投手陣が形成された最大の原因は、
制球力重視の投手ドラフトを推し進めたのが最大の原因ではないかと個人的には考えています。
2011年優勝時のインタビューで、中日首脳陣は「投手指名はコントロールを最も重視している」とはっきり明言していました。
この辺りから広島やソフトバンクが球速の出せる投手をかき集め始めて、投手陣を立て直したのとは対照的な結果だと思います。

>あの広い外野を考えると、150km超の速球をボンボンとストライクゾーンに投げ込めば、
>そうそう本塁打は喰らわないと思うんですよね。
こちらに関しては私は逆の仮説を持っていて、ナゴヤドームのような打低環境下では、
ボールをバットに当てられてもその得点価値が小さいので、バットに当てられた際のリスクを小さくすることや、
バットに当てられないようにすることで発生するマージンも小さくなるのではと考えています。
こうなると、多少は球威が落ちようがストライクゾーン内に投げ込める能力の重要性が相対的に高くなるのかなと。

特に違反球×ナゴヤドームという異常な環境下においては、
「バットにどんな当て方をされようがストライクゾーン内に投げ込めば抑えられる」という考え方も一理あったのではと思っています。
ただ2013年からボールの反発係数が大きく上がってしまったために、それが通用しなくなったように見えるんですよね。

No title

投手はかなり厳しいですね…。柱となるべき中堅層が戦力になってないのが厳しい。
野手の方も、社会人を中心に指名していたドラフトのツケがそろそろ回ってきそうですね…。

Re: No title

Yamagamiさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

こうして見ると、先発は20代後半が空白になってしまっていますね。
この世代は先発で結果が出なかったら、すぐにリリーフに回すような運用がされていましたし、
投手ドラフトの比重もリリーフに偏っていましたから、育成の巧拙以前に方針がまずかったように個人的には思います。
今の若手先発も二軍で傑出した成績を残している投手は少ないですから、依然として見通しはあんまり良くないですね。

野手は高齢の社卒野手で二軍が埋まっており、次の世代への投資が全くできていない状態なので、
これから5年間で京田のような即戦力をある程度確保できないと、暗黒時代がかなり長期化するのではないかと思います。

20失点…
ここまでドラフトで獲得した投手が外れると刷新すべきは首脳陣ではなくスカウトなのではないかと思います…

愚痴になってすみません

Re: タイトルなし

中日ファンさん、コメントありがとうございます!

リリーフは結構当てている印象があるんですが、(又吉、福谷、岡田、田島、祖父江、...)
首脳陣の登板管理が不十分なために、次々にフェードアウトしているように感じています。
鈴木博志も大切に使ってもらいたいところですが、少し不安もあります。

先発の方は仰る通りでスカウトの不振が大きいのではと私も思いますね。
(上でも書いたのですが制球力偏重の方針がまずかったのではと思っています)
なかなか柳以外に先発ローテーションに定着できそうな選手が出てきませんね。

返信ありがとうございます

本当に同感で最近の中日の投手は先発、リリーフともに長期的に活躍してくれる選手が非常に少ないです

特に先発は中田スカウトの高卒素材型偏重が大きかったのではないかと思っていて

彼がスカウトのトップになって以降多くの高卒素材型の投手を獲得してきたのですが
悉く戦力になれず、今でもそうですが中日の投手陣(野手もそうですが)の主力の多くは大社卒という状況が続きました

落合の即戦力社会人ドラフトは叩かれがちですが、それ以前から中日は不味いドラフトを繰り返してきたわけでそれだけにその中心にいた編成・スカウトの責任は重いと感じます

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

>特に先発は中田スカウトの高卒素材型偏重が大きかったのではないかと思っていて
私も同じことを思っていました。

http://archive.baseball-lab.jp/column_detail/&blog_id=7&id=120
現DELTAの岡田さんがドラフト成否の傾向について昔まとめられた記事ですが、
1位指名だと高卒投手はハイリスクハイリターン、即戦力投手はローリスクミドルリターンという傾向があるようです。

特に大卒投手はリスクが少ないため、中日のように駒数が圧倒的に足りていない球団は、
大卒を重点的に指名していく方針が正解だったのではと思っています。
(最近の例だと、DeNAや広島は大卒投手を多く上位指名することで短期間で先発陣を立て直しています)

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2018年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター