記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2017年戦力分析 埼玉西武ライオンズ編


チーム全体の状況

20180214_L.png
※打撃・守備・投球の数値は、各部門で「リーグ平均に対し何点分の利得を作れたか」を示す。打撃はwOBA[1]、守備はUZRとDER[2]、投球はFIP[3]をベースに算出。
※「P勝率」は得点と失点から期待される勝率(ピタゴラス勝率)、「B勝率」はwOBAとUZRとFIPから期待される勝率(Baserun勝率)を示す。


2017年、埼玉西武ライオンズは2位となりました。Aクラスは4年ぶり。
復権の足掛かりを掴んだシーズンになったと言えそうです。

躍進の原動力となったのが、打撃(wOBA)と守備(UZR)の大幅な改善。
ベテランの成績低下が目立ったものの、源田壮亮・山川穂高ら新鋭がそれをカバーして余りある活躍を見せ、
野手の担当領域である打撃と守備で得点換算で100点近い底上げを達成し、首位ソフトバンクに迫りました。

打撃(wOBA)・守備(UZR)・投球(FIP)から期待される勝率(Baserun勝率)は、実際の勝率より5分以上高く、
どちらかと言えば実力通りの勝率が得られない不運なシーズンだったと考えられます。
ソフトバンクにはゲーム差で13.5も離されていますが、実質的な戦力差はそこまで大きくないと言えます。


各ポジションの状況

20180211_L野手
※打撃はwOBA、守備はUZRを用いて「同ポジションの平均的な選手と比較してチームの得失点改善に何点分貢献したか」を評価。右のグラフは打撃と守備の合算値です。

野手は強みのポジションを新たに作り出すことに成功しています。
二塁手で浅村栄斗、中堅手で秋山翔吾がトップクラスの働きを見せたのは例年と変わりませんが、
山川穂高・源田壮亮がレギュラーに定着し、一塁手・遊撃手も新たなチームの強みになりました。

一方で、レギュラーを固定できなかった右翼手はチームの弱みに。
左翼兼任の外崎修汰が上々の働きを見せたものの、カバー要員の部分でマイナスが発生しました。
また、栗山巧が調子を落としたことで、指名打者の打撃力不足もやや目立つようになっています。


20180211_L投手
※右端の投球利得はFIPを用いて「平均的な先発(救援)投手と比較してチームの失点を何点分減らしたか」を評価。
※同点~3点リードの状況での登板割合が50%以上かつ30登板以上の投手を「勝ちパターン」と定義しました。[4]

先発投手は菊池雄星・野上亮麿がダブルエースとなりました。
更にウルフ・十亀剣・多和田真三郎の活躍により、先発5番手まで平均以上の先発投手を確保。
彼らが投球回を多く消化したため、6番手以降の層の薄さもカバーして先発はチームの強みに。

救援投手は敗戦処理の部分でややマイナスを作っていますが、
シュリッター・牧田明久・増田達至など、勝ちパターンには高水準な投手を配置できています。
リード状況で7回を迎えた72試合で逆転されたのは2試合のみ。ソフトバンク以下の割合でした。


来季の戦力向上に向けて

最大のネックは投手陣。野上亮麿・牧田和久・シュリッターが抜ける危機的な状況です。
高橋朋己の復帰の目途が立ったのは好材料ですが、現行メンバーの選手層では代替でマイナスが発生する懸念が強いため、
ドラフト・外国人枠・トレードをフルに使って投手をかき集めたいところ。ここの出来で来季の順位は大きく変動します。

右翼手は全ポジション中最大のマイナスを計上した一方、若手の成長による上積みが期待できそうです。
二軍では20歳の愛斗と21歳の戸川大輔が平均以上の打撃成績を残したほか、レギュラー候補の外崎修汰もまだ伸びる年齢。
気を抜けない状況は続いていますが補強の優先度は投手より低いのではないでしょうか。

一方、運用の方でポイントとなるのが森友哉の捕手起用。オープン戦ではいよいよ捕手に専念する動きが出てきています。
捕手でこれまで通りの打撃を披露できれば、平均的な捕手に対して50点以上の得点を上積みできます(フルシーズン換算)。
守備に破綻がなければ一塁手・中堅手に匹敵するプラスを創出できる可能性が高いです。

投手陣の補強、右翼手のプロスペクト台頭、森友哉の捕手起用が上手くかみ合った場合、
戦力的にソフトバンクを凌駕してもおかしくない状況にあります。


今オフの動き

□外部補強
 ワグナー   34歳 投手 右投右打 新外国人 ラスベガス(3A)
 高木勇人   28歳 投手 右投右打 FA補償 巨人
 榎田大樹   31歳 投手 打 トレード 阪神
 カスティーヨ 28歳 投手 右投右打 新外国人 LAD(MLB)
 松井稼頭央  42歳 外野 右投両打 自由契約 楽天

高木勇人・カスティーヨが先発陣に、榎田大樹・ワグナーが救援陣に加わりました。
彼らの出来がチームの順位に直結します。活躍に期待したいところ。

□ドラフト
 齊藤大将 22歳 投手 打 ドラフト1位 明治大
 西川愛也 18歳 外野 右投打 ドラフト2位 花坂徳栄高
 伊藤翔  18歳 投手 右投右打 ドラフト3位 徳島(四国IL)
 平良海馬 17歳 投手 右投打 ドラフト4位 八重山商工高
 與座海人 22歳 投手 右投右打 ドラフト5位 岐阜経済大
 綱島龍生 17歳 遊撃 右投左打 ドラフト6位 糸魚川白嶺高

投手中心のドラフトに。一軍のニーズを考えると田嶋大樹のクジは当てておきたかったところ。
1位では即戦力投手の齊藤大将を指名しましたが、もう一人くらい上位で即戦力を指名しておいてもよかったかもしれません。
ドラフト2位の西川愛也は三塁手で育てる方針のようです。プロスペクトが不足気味の内野手に高卒選手が2人加わる格好に。


■他球団の2017年戦力分析はこちら [][][De][][][][][西][][][][]
■他球団の2015年戦力分析はこちら [][][][][][De][][][][西][][]
■他球団の2014年戦力分析はこちら [][][][][De][][][][][][西][]

[1] 参考:Baseball-LAB Archives「打撃指標wOBA」 球場補正は2015年-2017年の得点PFを使用しました。
[2] 参考:1.02 - Essence of Baseball リーグ平均が0となるように調整を行いました。
  2013年以前についてはDELTA社のUZRが公表されていないため、DER守備得点で代用しました。参考:Baseball-LAB Archives 「DERでチーム守備力を計測する
[3] 失点率スケールに変換して、球場補正は2015年-2017年のFIP-PFを使用しました。
[4] イニング途中で登板した投手の点差状況は手に入らなかったため、入手できたデータの範囲で評価しました。

コメント

チームを支えてきた中村、栗山に衰えが見えますが、それを補って余りある若手の台頭は希望が持てますね。
野手はプロスペクトが揃っており、山川や森が出場機会を増やせば上積みも十分狙えます。
ただ森の扱いは悩ましいですね。うまくいけば全盛期の阿部に匹敵する支配力を発揮できそうですが、
打撃型捕手は本人に問題がなくても投手陣の不調の責任を押し付けられやすいので…
炭谷の存在もあり、外野やDHの成績が奮わなければ一旦森をそちらに回して凌ぐ可能性もあります。

投手は主力が一気に抜け、即戦力を見込んだクジを外すなどかなり危ういですね。
新戦力が当たらなければ大きくマイナスを出す可能性があります。

ベテランの処遇に加え、浅村、秋山のFAや海外挑戦が噂される菊池など、今後も選手流出の危険があり
西武のフロントはこの先難しい舵取りを強いられることになりそうです。
ここを乗り切れば優勝も十分狙えそうなんですが。

Re: タイトルなし

カンザスさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

西武に関しては開幕から中村の調子が上がってこないのがちょっと気になっています。
最悪の場合、おそらく外崎を三塁手に回してバックアップすることになりそうですが、
更に両翼が手薄になりそうでちょっと不安ですね...

森は起用法次第でチームの順位が変わりそうな選手ですね。
両翼が薄いチーム事情もありますし、山川の台頭で指名打者にはメヒアが収まっているので、
捕手で起用しない試合では是非とも両翼で起用してもらいたいと思います。

今のところ投手陣の代替と森の捕手起用が上手くいっているので、
今の調子を維持できれば、シーズン終了時点でソフトバンクを凌駕していてもおかしくないように感じます。

仰る通りここからはFA流出が厳しくなり、西武のペイロールでは全員を引き留めるのも難しいでしょうから、
優勝を狙うならやはり今年が最大のチャンスではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2018年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター