記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

PFを考慮した2018年セリーグwOBAとRSAA(シーズン終了時点)

パークファクターを考慮した打撃貢献と投球貢献についてまとめました。

□チーム打撃成績
順位球団野手基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH投手
1位広島.270 175HR 721得点8.481.009511626-6-13-817-85828-14
2位ヤクルト.273 134HR 658得点2.361.31-3195-22-1748-23-15211-1905
3位巨人.267 151HR 625得点0.331.002100-115-151040-12-8-210-4
4位DeNA.258 180HR 572得点-1.571.09-4093-21-2-2623-1519-12-81-2
5位中日.275 *97HR 598得点-3.390.796101-434-4-1-211-8111-6
6位阪神.260 *83HR 577得点-6.210.87-349422-24100-6-1-4110-13
※広島打線は[wRAA]95,[wRC+]116を記録。平均的な打線と比べて95点分多く得点を生み出し、1.16倍の得点創出力を持つことを示す。
※右の数値はwRAAをポジション別に分解したものです。広島の中堅手は平均的な中堅手と比べて58点分多く得点を生み出したことを示す。



□チーム投球成績
順位球団防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-DER守備得点得点PF
1位広島4.124.18-23-1910210397110100.68481.00
2位ヤクルト4.134.1530429294959282.681101.31
3位巨人3.793.9853339495988299.69171.00
4位DeNA4.183.953843959311210498.675-281.09
5位中日4.364.52-109-10612311889107129.699340.79
6位阪神4.033.831069899108106102.672-310.87
※広島投手陣は[RSAA(失)]-23,[ERA-]102を記録。平均的な投手陣と比べて(失点率ベースで)23点分失点を増やし、1.02倍の防御率を記録したことを示す。
※広島投手陣は[RSAA(F)]-19, [FIP-]103を記録。平均的な投手陣と比べて(FIPベースで)19点分失点を増やし、1.03倍のFIPを記録したことを示す。
※広島投手陣は[K%+]97,[BB%-]110,[HR%-]100を記録。平均的な投手陣と比べて0.97倍の三振、1.10倍の四球、1.00倍の本塁打を出したことを示す。
※広島守備陣は[守備得点]8を記録。平均的な守備陣と比べて8点分失点を少なく抑えたことを示す。



□チーム総合成績
順位球団打撃守備投球総合勝敗成績貯金得点/失点点差
1位広島958-238082勝59敗2分23721得点651失点70
2位ヤクルト-3110301075勝66敗2分9658得点665失点-7
3位巨人27536267勝71敗5分-4625得点575失点50
4位DeNA-40-2838-2967勝74敗2分-7572得点642失点-70
5位中日634-109-6863勝78敗2分-15598得点654失点-56
6位阪神-34-3110-5562勝79敗2分-17577得点628失点-51
※広島野手陣は平均と比べて打撃で95点分得点を多く生み出した、
 広島野手陣は平均と比べて守備で*8点分失点を少なく抑えた、
 広島投手陣は平均と比べて投球で23点分失点を増やしたことを示す。



□個人打撃成績(規定打席以上)
丸佳浩(広)は[wRAA]60、[wRC+]194を記録。平均的な野手と比べて60点分得点を多く生み出し、1.94倍の得点創出力を持つことを示す。
丸佳浩(広)は[BABIP+]115、[K%-]131、[BB%+]255、[ISO+]226を記録。こちらは打撃スタイルを捉えることを狙いとした指標であり、
 平均的な野手と比べて1.15倍のBABIPを記録し、1.31倍の三振、2.55倍の四球を出し、2.26倍のISOを記録したことを示す。

選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+BABIP+K%-BB%+ISO+
丸佳浩566.306 39HR 97打点5.351.0060194115131255226
鈴木誠也520.320 30HR 94打点4.641.0050184122127188210
ビシエド582.348 26HR 99打点3.440.79461701165995159
ソトDe459.310 41HR 95打点3.521.093316310312672218
山田哲人637.315 34HR 89打点5.461.3145162112105178160
筒香嘉智De580.295 38HR 89打点3.921.0939159100107157197
坂本勇人502.345 18HR 67打点3.491.003315813092128128
岡本和真616.309 33HR 100打点3.371.0037153114109124154
糸井嘉男509.308 16HR 68打点2.670.872814910768168129
平田良介568.329 *9HR 55打点2.170.79281431206812898
アルモンテ546.321 15HR 77打点1.680.79241391229887126
宮﨑敏郎De590.318 28HR 71打点2.491.09241351014473140
福留孝介499.280 14HR 72打点1.330.8718132105100163130
青木宣親567.327 10HR 67打点2.261.3120130111489688
バレンティン602.268 38HR 131打点2.331.312012989113151158
松山竜平446.302 12HR 74打点1.161.001112210359104115
ロペスDe459.288 26HR 77打点0.961.098115927340150
マギー547.285 21HR 84打点0.821.0071121029479121
糸原健斗637.286 *1HR 35打点0.430.8781121076315056
坂口智隆595.317 *3HR 37打点0.861.3151071135713546
田中広輔675.262 10HR 60打点0.281.00210310210012385
雄平482.318 11HR 67打点0.861.311102112737372
福田永将487.261 13HR 63打点-0.550.7909910713882110
野間峻祥447.286 *5HR 46打点0.031.00-197109887475
梅野隆太郎455.259 *8HR 47打点-0.440.87-296968195103
高橋周平477.254 11HR 69打点-0.790.79-4929710568112
大島洋平645.274 *7HR 57打点-0.510.79-692100707972
亀井善行461.254 13HR 49打点-0.451.00-78691858393
菊池涼介642.233 13HR 60打点-1.701.00-207288988886
西浦直亨550.242 10HR 55打点-1.491.31-216688907872
京田陽太632.235 *4HR 44打点-3.570.79-345393993354
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+BABIP+K%-BB%+ISO+


□個人打撃成績(ポジション別/今季スタメン出場した野手のみ)
※右端の数値はwRAAをポジション別に分解したものです。會澤翼(広)は平均的な捕手と比べて打撃で35点分得点を多く生み出したことを示す。
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH投手
會澤翼377.305 13HR 42打点1.581.001714035---------
梅野隆太郎455.259 *8HR 47打点-0.440.87-29619---------
原口文仁124.315 *2HR 19打点0.180.87211460------0-
大城卓三202.265 *4HR 17打点-0.261.00-3856---------
松井雅人260.229 *2HR 22打点-0.990.79-10652---------
大野奨太167.197 *2HR 10打点-0.740.79-6672---------
坂本誠志郎16.154 *0HR *1打点-0.110.87-128-1---------
長坂拳弥9.125 *0HR *0打点-0.100.87-1-15-1---------
松本直樹5.000 *0HR *0打点-0.111.31-1-145-1---------
木下拓哉28.120 *1HR *2打点-0.210.79-221-1---------
伊藤光De151.195 *1HR 11打点-0.911.09-949-2---------
磯村嘉孝91.215 *1HR *4打点-0.631.00-642-2---------
古賀優大15.077 *0HR *1打点-0.261.31-3-66-2---------
岡﨑太一13.000 *0HR *0打点-0.270.87-3-130-3---------
戸柱恭孝De59.179 *1HR *6打点-0.591.09-611-3---------
宇佐見真吾58.104 *0HR *3打点-0.581.00-68-3---------
小林誠司313.219 *2HR 26打点-1.751.00-1848-4---------
武山真吾54.068 *0HR *6打点-0.720.79-9-40-6---------
石原慶幸107.177 *1HR *7打点-1.091.00-122-7---------
髙城俊人De75.136 *0HR *3打点-0.891.09-11-26-7---------
井野卓97.144 *0HR *4打点-1.161.31-14-25-9---------
嶺井博希De230.177 *5HR 25打点-1.941.09-2022-10---------
中村悠平401.211 *5HR 26打点-2.141.31-2937-10---------
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH投手
ビシエド582.348 26HR 99打点3.440.7946170-34------1-
岡本和真616.309 33HR 100打点3.371.0037153-18-4-3----
松山竜平446.302 12HR 74打点1.161.0011122-1---0--0-
エルドレッド94.213 *5HR 14打点0.141.003126-1--------
バティスタ302.242 25HR 55打点0.681.007121-1---0-00-
武内晋一16.286 *1HR *3打点0.101.311143-0--------
メヒア44.268 *3HR *7打点0.051.001127-0--------
山崎憲晴22.222 *0HR *2打点-0.130.87-142--1-1-------
岩本貴裕8.143 *0HR *0打点-0.111.00-15--1--------
西田明央7.143 *0HR *0打点-0.101.31-1-57--1--------
ロペスDe459.288 26HR 77打点0.961.098115--2------0-
鵜久森淳志20.294 *0HR *3打点-0.071.31-149--2--------
荒木貴裕109.218 *3HR 21打点-0.141.31-378--20-1--1-0--
畠山和洋155.248 *5HR 27打点0.111.310102--3--------
中川大志De62.228 *2HR *7打点-0.201.09-179--3--------
ナバーロ225.276 *3HR 25打点-0.240.87-196--3----20---
阿部慎之助223.247 11HR 46打点-0.031.000102--3-------1-
陽川尚将299.252 *6HR 48打点-0.270.87-196--4-0--1--10-
坂口智隆595.317 *3HR 37打点0.861.315107--5----10-2--
新井貴浩132.219 *4HR 24打点-0.421.00-471--6-------1-
ロサリオ302.242 *8HR 40打点-1.180.87-974--15--------
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH投手
山田哲人637.315 34HR 89打点5.461.3145162--51-------
糸原健斗637.286 *1HR 35打点0.430.878112--1114-----
上本博紀53.422 *1HR *6打点0.560.875187--6-------
高橋周平477.254 11HR 69打点-0.790.79-492--1-1------
曽根海成22.278 *0HR *2打点0.041.000114--1-------
阿部寿樹26.217 *0HR *4打点-0.100.79084--0-------
板山祐太郎39.257 *1HR *3打点-0.240.87-173--0-0---1--
亀澤恭平206.286 *0HR *8打点-0.390.79-385---1-------
荒木雅博84.268 *1HR *3打点-0.350.79-275---1-------
宮本秀明De25.160 *2HR *2打点-0.161.09-230---2-------
マルティネス66.180 *2HR *5打点-0.311.00-450---3-------
三輪正義24.118 *0HR *1打点-0.261.31-3-28---3-------
石川雄洋De91.230 *0HR *7打点-0.461.09-549---4-------
西岡剛43.125 *0HR *1打点-0.460.87-5-3---5-------
田中浩康De52.188 *0HR *3打点-0.561.09-57---5-------
山下幸輝De65.222 *1HR *3打点-0.451.09-623---5-------
吉川尚輝355.253 *4HR 29打点-0.891.00-1075---5-0-----
田中俊太261.241 *2HR 12打点-0.941.00-968---6-1------
菊池涼介642.233 13HR 60打点-1.701.00-2072---13-------
倉本寿彦De235.232 *1HR 14打点-1.701.09-1927---15--2-----
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH投手
宮﨑敏郎De590.318 28HR 71打点2.491.0924135---24----0-
マギー547.285 21HR 84打点0.821.007112--08------
西川龍馬361.309 *6HR 46打点0.801.007117-0-7------
大引啓次136.350 *5HR 15打点0.561.315132---5------
大山悠輔378.274 11HR 48打点-0.060.874109---4-0----
小窪哲也28.308 *0HR *3打点0.111.001125---1------
福田永将487.261 13HR 63打点-0.550.79099-0-0------
飛雄馬De8.143 *0HR *0打点-0.111.09-11----1------
村上宗隆14.083 *1HR *2打点-0.091.31-130----1------
藤井亮太59.275 *0HR *4打点-0.201.31-269----2------
上本崇司13.091 *0HR *0打点-0.151.00-2-41----2------
奥村展征46.220 *1HR *4打点-0.211.31-337--0-3------
谷内亮太46.222 *0HR *7打点-0.361.31-59--1--3-1-----
庄司隼人15.000 *0HR *0打点-0.301.00-3-101----3------
宮本丈48.220 *0HR *6打点-0.291.31-432----4------
安部友裕252.236 *4HR 24打点-0.371.00-678--20-5------
鳥谷敬261.232 *1HR 22打点-0.950.87-872---2-5-----1-
美間優槻38.139 *0HR *1打点-0.571.00-6-37----6------
川端慎吾334.259 *3HR 31打点-0.961.31-1366--3--11------
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH投手
坂本勇人502.345 18HR 67打点3.491.0033158----43---0-
田中広輔675.262 10HR 60打点0.281.002103----17-----
北條史也266.322 *1HR 20打点0.000.871104--006-----
山本泰寛120.255 *0HR *3打点-0.251.00-283--0-0-----
熊谷敬宥18.231 *0HR *2打点-0.110.87-160----0-----
堂上直倫56.213 *0HR *6打点-0.450.79-435---1-1-1-----
若林晃弘19.056 *0HR *0打点-0.331.00-4-75-----3-----
柴田竜拓De265.219 *3HR 13打点-1.021.09-1261---30-4-----
森越祐人39.125 *0HR *1打点-0.470.87-5-6-----4-----
廣岡大志125.209 *2HR 10打点-0.791.31-1027----2-6-----
西浦直亨550.242 10HR 55打点-1.491.31-2166----1-8-----
大和De435.244 *2HR 27打点-1.391.09-2060--0--10-0---
植田海243.192 *0HR *1打点-1.620.87-1835---1--12-----
京田陽太632.235 *4HR 44打点-3.570.79-3453-----20-----
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH投手
筒香嘉智De580.295 38HR 89打点3.921.0939159-----25--1-
アルモンテ546.321 15HR 77打点1.680.7924139-----11--1-
福留孝介499.280 14HR 72打点1.330.8718132-----6-00-
バレンティン602.268 38HR 131打点2.331.3120129-----6--0-
関根大気De26.280 *0HR *3打点-0.061.09084------10---
和田恋8.125 *0HR *0打点-0.121.00-1-56------2----
石川慎吾28.192 *0HR *0打点-0.191.00-244------2--1--
楠本泰史De82.205 *0HR *2打点-0.461.09-542------4--3--
ゲレーロ323.244 15HR 40打点0.071.003109------4----
松井佑介22.136 *0HR *0打点-0.320.79-4-42------4----
藤井淳志162.241 *3HR 30打点-0.430.79-572------6-1-2--
野間峻祥447.286 *5HR 46打点0.031.00-197------80-2--
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH投手
丸佳浩566.306 39HR 97打点5.351.0060194-----059---
青木宣親567.327 10HR 67打点2.261.3120130------19---
髙橋大樹16.333 *0HR *0打点-0.011.000109------00--
天谷宗一郎1.000 *0HR *0打点-0.021.000-134------0---
重信慎之介185.281 *2HR 13打点-0.041.00-197-------1---
伊藤隼太172.247 *1HR 13打点-0.320.87-287------1-2-1-1-
荒波翔De13.000 *0HR *0打点-0.251.09-2-62-------2---
島田海吏37.200 *0HR *1打点-0.300.87-330-------30--
塩見泰隆26.040 *0HR *0打点-0.471.31-6-91-------3-3--
立岡宗一郎60.231 *0HR *5打点-0.261.00-356-------3---
桑原将志De421.261 *9HR 26打点0.231.09-295-------3---
陽岱鋼276.245 10HR 37打点-0.451.00-389-------4-1--
上田剛史101.224 *1HR *7打点-0.411.31-552------2-4---
乙坂智De109.204 *0HR *7打点-0.721.09-930------1-4-5--
江越大賀40.150 *1HR *1打点-0.360.87-5-1-------5---
中谷将大246.230 *5HR 26打点-1.010.87-1066--1----2-6-2--
大島洋平645.274 *7HR 57打点-0.510.79-692-------7---
俊介200.224 *2HR 21打点-1.160.87-1249------1-11---
髙山俊134.172 *1HR 14打点-1.410.87-148-------14---
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH投手
鈴木誠也520.320 30HR 94打点4.641.0050184-------36--
糸井嘉男509.308 16HR 68打点2.670.8728149------0150-
平田良介568.329 *9HR 55打点2.170.7928143-------13--
ソトDe459.310 41HR 95打点3.521.0933163-58----12--
細川成也De22.222 *1HR *2打点0.041.090118------00--
梶谷隆幸De137.268 *8HR 18打点0.421.093120------10--
モヤ101.301 *3HR 16打点0.110.792114-0---0-0--
下水流昂89.263 *4HR 12打点-0.211.00098------10-1--
山崎晃大朗47.184 *0HR *0打点-0.331.31-434------1-1-3--
長野久義426.290 13HR 52打点0.671.005111------2-4--
中井大介97.186 *1HR *6打点-0.711.00-739---1---1-2-4--
堂林翔太60.216 *0HR *5打点-0.421.00-442--------5--
佐野恵太De130.230 *5HR 14打点-0.531.09-754--3----1--60-
神里和毅De273.251 *5HR 21打点-0.471.09-583-------3-6--
雄平482.318 11HR 67打点0.861.311102--------11--
亀井善行461.254 13HR 49打点-0.451.00-786------7--12--
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH投手
大瀬良大地69.175 *0HR *9打点0.251.004150---------4
メッセンジャー61.151 *0HR *3打点0.170.872131---------2
菅野智之69.130 *1HR *4打点0.101.002121---------2
山口俊49.149 *0HR *2打点0.031.001117---------1
ブキャナン59.122 *0HR *3打点0.121.311110---------1
ガルシア56.130 *0HR *2打点-0.080.790100---------0
ジョンソン53.089 *0HR *2打点-0.081.00095---------0
東克樹De54.089 *0HR *1打点-0.071.09-180----------1
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH投手
※投手のRCWin、wRAA、wRC+は投手平均との比較から算出しました。

□個人投球成績(規定投球回以上)
菅野智之(巨)は[RSAA(失)]47.3,[ERA-]*53を記録。平均的な投手と比べて(失点率ベースで)47.3点分失点を少なく抑え、0.53倍の防御率を記録したことを示す。
菅野智之(巨)は[RSAA(F)]38.7, [FIP-]*63を記録。平均的な投手と比べて(FIPベースで)38.7点分失点を少なく抑え、0.63倍のFIPを記録したことを示す。
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
菅野智之202.0回 15勝*8敗2.142.6247.338.7536312850651.00.27883%
東克樹De154.0回 11勝*5敗2.453.0337.422.6567213179751.09.28383%
大瀬良大地182.0回 15勝*7敗2.623.6624.38.96590114651221.00.24278%
ジョンソン144.2回 11勝*5敗3.113.3915.911.877839790601.00.29576%
ガルシア168.2回 13勝*9敗2.993.9713.1-2.78410396115870.79.26980%
メッセンジャー173.2回 11勝*7敗3.633.4212.99.4888810492790.87.29273%
ブキャナン174.1回 10勝11敗4.034.3210.02.190986678721.31.29373%
山口俊154.0回 *9勝*9敗3.684.109.71.991981151021041.00.26476%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%


□個人投球成績(チーム別)
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
大瀬良大地182.0回 15勝*7敗2.623.6624.38.96590114651221.00.24278%
ジョンソン144.2回 11勝*5敗3.113.3915.911.877839790601.00.29576%
岡田明丈138.0回 *8勝*7敗5.094.11-16.4-0.812610199118871.00.30264%
九里亜蓮120.1回 *8勝*4敗4.264.20-1.1-2.010610386901001.00.30573%
野村祐輔119.1回 *7勝*6敗4.224.01-3.60.7105996167791.00.30669%
アドゥワ誠67.1回 *6勝*2敗3.744.653.9-4.99311554141551.00.26275%
中﨑翔太66.1回 *4勝*2敗2.714.039.50.26799100113971.00.29585%
フランスア65.0回 *3勝*4敗1.662.8515.99.64170159146451.00.23883%
一岡竜司56.1回 *5勝*6敗2.883.647.62.971901341061191.00.26482%
ジャクソン45.2回 *3勝*2敗2.764.446.4-2.1681091251481211.00.30087%
中村祐太44.2回 *3勝*4敗6.045.74-11.1-9.2150141791171581.00.30066%
今村猛38.1回 *3勝*2敗5.174.64-7.2-2.71281141061391171.00.28863%
薮田和樹26.2回 *2勝*1敗5.747.44-8.9-11.0143183702731211.00.30470%
高橋樹也21.1回 *0勝*0敗5.914.95-5.6-2.314712287791591.00.37069%
高橋昂也21.0回 *1勝*2敗9.436.89-12.7-7.2235170811671841.00.34759%
永川勝浩18.2回 *2勝*0敗4.824.09-1.9-0.112010184711001.00.28363%
戸田隆矢17.1回 *0勝*0敗5.195.43-2.5-2.9129134831261481.00.33375%
福井優也15.0回 *0勝*3敗8.406.72-6.6-4.9209166101853021.00.29556%
藤井皓哉14.2回 *1勝*0敗6.143.47-3.81.1152851501101111.00.42967%
中村恭平14.1回 *0勝*1敗7.534.31-5.0-0.41881067721401.00.40065%
飯田哲矢13.0回 *0勝*0敗6.234.82-2.6-1.21551191351111961.00.37874%
中田廉12.1回 *0勝*1敗13.144.50-13.0-0.7327111941371211.00.44440%
ヘルウェグ8.0回 *0勝*0敗1.132.872.91.2287115817301.00.23590%
佐藤祥万7.1回 *0勝*0敗8.593.53-4.40.5214878712701.00.32038%
長井良太3.1回 *0勝*0敗13.5011.52-3.4-3.033728403012131.00.23153%
カンポス1.0回 *0勝*0敗0.006.120.5-0.30151028601.00.333100%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
メッセンジャー173.2回 11勝*7敗3.633.4212.99.4888810492790.87.29273%
岩貞祐太132.0回 *7勝10敗3.483.8010.01.18598112661450.87.28977%
小野泰己126.1回 *7勝*7敗4.774.58-7.7-11.011611985162780.87.32172%
秋山拓巳105.0回 *5勝10敗3.863.056.610.4947910347810.87.32471%
才木浩人82.0回 *6勝10敗4.614.53-5.1-6.61121171171191450.87.30373%
藤浪晋太郎71.0回 *5勝*3敗5.324.22-9.5-3.1130109109166680.87.32567%
岩崎優62.0回 *1勝*3敗4.943.85-6.10.11201001291041290.87.34569%
桑原謙太朗57.0回 *5勝*3敗2.682.959.46.46676138581120.87.30382%
能見篤史56.1回 *4勝*3敗2.563.755.10.8629710695970.87.22771%
藤川球児54.1回 *5勝*3敗2.323.256.94.05784148186580.87.21575%
ドリス53.2回 *1勝*7敗2.853.014.85.6697812485780.87.30774%
岡本洋介44.2回 *1勝*0敗3.833.603.51.593937966700.87.30174%
望月惇志44.0回 *0勝*0敗4.304.67-2.0-4.31051211071031640.87.31574%
髙橋遥人34.2回 *2勝*3敗3.634.19-0.6-1.488108911071190.87.28671%
岩田稔30.2回 *0勝*4敗3.233.912.3-0.279101114801380.87.25076%
青柳晃洋21.2回 *1勝*1敗3.322.522.83.5816512074480.87.34476%
伊藤和雄21.1回 *0勝*1敗5.482.80-3.42.813472138125480.87.25549%
石崎剛15.0回 *0勝*0敗4.203.990.4-0.21041031791771370.87.27677%
マテオ14.2回 *0勝*1敗6.755.37-3.6-2.7164139901731220.87.37071%
髙橋聡文13.2回 *0勝*0敗3.953.780.90.195986187670.87.34680%
谷川昌希12.2回 *1勝*1敗7.825.10-5.6-1.9189132901301440.87.37560%
尾仲祐哉11.2回 *0勝*1敗3.862.87-0.21.4947413990870.87.37571%
馬場皐輔8.2回 *0勝*1敗5.196.24-0.6-2.5126161871122170.87.37085%
竹安大知8.0回 *0勝*0敗2.253.002.00.85578384300.87.20867%
モレノ6.2回 *0勝*0敗2.702.221.31.3665810912300.87.42182%
守屋功輝4.2回 *0勝*0敗11.576.98-3.6-1.8275181391331710.87.40057%
飯田優也3.0回 *0勝*0敗12.007.46-2.5-1.3290193951442780.87.40054%
山本翔也3.0回 *0勝*0敗15.0015.12-3.5-4.1362391302705240.87.20058%
島本浩也2.0回 *0勝*0敗9.004.12-1.0-0.122210712728700.87.50050%
福永春吾2.0回 *0勝*0敗22.5012.62-4.0-2.152932701773420.87.50045%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
東克樹De154.0回 11勝*5敗2.453.0337.422.6567213179751.09.28383%
濵口遥大De94.2回 *4勝*5敗3.903.868.74.28991124135781.09.32077%
石田健大De92.1回 *3勝*7敗4.974.63-12.5-4.5113109113981421.09.29765%
ウィーランドDe92.0回 *4勝*9敗4.994.68-9.6-5.0113111106891411.09.33370%
今永昇太De84.2回 *4勝11敗6.805.27-31.5-10.71541251061111621.09.34458%
三嶋一輝De68.0回 *7勝*2敗3.973.396.37.09180149124991.09.31477%
平良拳太郎De67.0回 *5勝*3敗3.494.506.9-2.279106991201141.09.29080%
井納翔一De61.0回 *6勝*3敗3.543.535.85.280849173711.09.29172%
京山将弥De59.0回 *6勝*6敗5.645.63-6.3-10.1128133831451351.09.31572%
山﨑康晃De56.1回 *2勝*4敗2.722.8912.09.2626814893801.09.25279%
パットンDe56.0回 *5勝*1敗2.572.2313.913.6595315180461.09.34283%
三上朋也De56.0回 *1勝*1敗3.053.4111.15.669818998451.09.30180%
バリオスDe54.0回 *2勝*5敗3.332.706.110.175649162161.09.29367%
エスコバーDe53.0回 *4勝*3敗3.573.264.36.38177129116651.09.30572%
砂田毅樹De52.1回 *0勝*2敗3.613.816.02.78290103129641.09.26876%
飯塚悟史De43.2回 *1勝*6敗4.745.39-0.5-6.2107127911361461.09.33380%
平田真吾De25.2回 *0勝*0敗6.663.24-5.23.11517712461931.09.40060%
武藤祐太De23.2回 *0勝*0敗6.465.70-4.3-4.2147135791391431.09.23560%
国吉佑樹De16.2回 *0勝*0敗4.864.50-0.1-0.6110106106141961.09.30673%
藤岡好明De14.2回 *1勝*0敗6.144.01-2.10.4138957187541.09.28058%
田中健二朗De12.1回 *1勝*1敗6.574.18-2.40.1150991381301341.09.37564%
須田幸太De10.2回 *0勝*0敗7.596.59-3.3-3.117215648802461.09.20645%
加賀繁De10.0回 *0勝*0敗8.103.92-3.60.41839311101681.09.37545%
中後悠平De7.1回 *0勝*0敗3.684.901.0-0.6831166120101.09.29279%
笠井崇正De3.0回 *0勝*0敗0.004.121.60.009713339101.09.000100%
田村丈De1.0回 *0勝*0敗18.003.12-1.40.1391740001.09.50033%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
菅野智之202.0回 15勝*8敗2.142.6247.338.7536312850651.00.27883%
山口俊154.0回 *9勝*9敗3.684.109.71.991981151021041.00.26476%
吉川光夫101.1回 *6勝*7敗4.264.950.8-9.310611890991381.00.26077%
メルセデス92.0回 *5勝*4敗2.053.1617.211.751757649421.00.23173%
田口麗斗86.1回 *2勝*8敗4.804.77-9.7-6.011911478741221.00.34574%
内海哲也82.0回 *5勝*5敗4.174.232.2-0.410310180581141.00.31278%
今村信貴77.0回 *6勝*2敗3.864.283.8-0.8961028087911.00.30077%
野上亮磨71.1回 *4勝*4敗4.795.23-3.0-8.911912592761861.00.28478%
澤村拓一52.1回 *1勝*6敗4.643.60-3.33.811586116124631.00.34071%
中川皓太37.2回 *1勝*0敗5.024.61-5.5-1.912411096531581.00.33969%
上原浩治34.2回 *0勝*5敗3.634.223.0-0.19010189391341.00.26278%
マシソン33.1回 *0勝*3敗2.973.004.44.87372158107841.00.24075%
アダメス32.0回 *0勝*2敗3.944.531.7-1.39810869155531.00.28377%
宮國椋丞32.0回 *0勝*0敗1.974.417.7-0.84910596821121.00.25393%
田原誠次31.2回 *2勝*0敗2.564.236.6-0.16310178701191.00.24588%
鍬原拓也27.2回 *1勝*2敗6.835.47-8.4-4.31691301461511821.00.27461%
ヤングマン26.0回 *3勝*1敗2.773.123.83.4697412092701.00.32480%
谷岡竜平25.0回 *2勝*1敗5.763.32-4.72.714379110149321.00.33362%
池田駿24.1回 *1勝*1敗4.073.99-3.10.6101955088331.00.33767%
カミネロ18.2回 *1勝*1敗5.792.75-3.83.31446510873411.00.41364%
篠原慎平10.0回 *0勝*0敗6.305.92-2.1-2.115714122461591.00.36674%
畠世周9.2回 *2勝*0敗2.791.681.73.069401255301.00.34575%
大竹寛9.0回 *1勝*1敗6.005.57-1.6-1.514913361521771.00.33374%
高木京介5.0回 *0勝*0敗12.605.12-4.6-0.63141221815601.00.34842%
髙田萌生2.0回 *0勝*1敗27.009.12-5.0-1.2676217021801.00.54540%
森福允彦2.0回 *0勝*0敗13.509.62-2.0-1.3336229003731.00.33338%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
ガルシア168.2回 13勝*9敗2.993.9713.1-2.78410396115870.79.26980%
吉見一起125.2回 *5勝*7敗3.874.370.0-8.211011461521380.79.29477%
笠原祥太郎108.2回 *6勝*4敗4.144.43-5.0-7.9117116951141190.79.27275%
小笠原慎之介107.1回 *5勝*6敗4.114.98-6.7-14.9116130811131530.79.28477%
藤嶋健人71.1回 *3勝*1敗3.664.601.7-6.610412067981240.79.27279%
山井大介62.1回 *3勝*6敗4.045.31-1.0-11.211413886902200.79.23681%
松坂大輔55.1回 *6勝*4敗3.744.46-1.0-4.2105116104141940.79.28178%
柳裕也53.1回 *2勝*5敗5.233.16-11.14.4148829285400.79.32959%
鈴木博志49.0回 *4勝*6敗4.414.92-6.8-6.5124128991381520.79.27572%
祖父江大輔48.2回 *2勝*2敗3.144.152.0-1.989108891021140.79.27079%
小熊凌祐43.1回 *3勝*4敗6.234.21-16.3-2.0176110101591750.79.32451%
佐藤優43.1回 *1勝*2敗2.083.174.03.55883143139520.79.23876%
又吉克樹41.1回 *2勝*5敗6.534.96-12.2-5.7185129771011520.79.35666%
岩瀬仁紀35.0回 *2勝*0敗4.633.67-2.80.713096101551000.79.25061%
田島慎二28.2回 *0勝*4敗7.225.81-10.7-6.9205152501501420.79.26861%
大野雄大27.1回 *0勝*3敗8.567.00-15.2-10.5241183831632560.79.30158%
ロドリゲス27.1回 *0勝*3敗2.303.232.92.06584116135410.79.28479%
ジー27.0回 *0勝*3敗4.005.35-2.3-5.011313974702140.79.25975%
福谷浩司27.0回 *0勝*1敗5.004.24-4.3-1.3140110127692080.79.35171%
マルティネス21.2回 *1勝*3敗6.655.48-6.7-4.318814373901920.79.33367%
岡田俊哉21.1回 *1勝*0敗5.064.39-3.8-1.414311499147960.79.33870%
木下雄介16.2回 *0勝*0敗5.404.14-2.7-0.61511081271381300.79.34169%
伊藤準規13.2回 *2勝*0敗3.957.00-0.1-5.3112183481891460.79.25086%
谷元圭介9.2回 *2勝*0敗14.905.09-15.9-1.543313374601700.79.46523%
浅尾拓也9.1回 *0勝*0敗4.825.59-0.9-2.0135146902231190.79.25074%
鈴木翔太8.2回 *0勝*0敗5.196.70-1.3-3.0148175351521080.79.31380%
三ツ間卓也5.2回 *0勝*0敗11.127.36-5.6-2.4314192831441530.79.38951%
清水達也2.0回 *0勝*0敗9.004.12-1.1-0.125310810322300.79.50060%
山本拓実2.0回 *0勝*0敗0.003.120.90.208119427900.79.333100%
石川翔1.0回 *0勝*0敗0.003.120.40.10810000.79.000--
福敬登0.1回 *0勝*0敗0.0012.120.1-0.30316055800.79.000100%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
ブキャナン174.1回 10勝11敗4.034.3210.02.190986678721.31.29373%
石川雅規110.2回 *7勝*6敗4.885.14-9.7-9.710911683931241.31.29569%
原樹理110.2回 *6勝*7敗3.092.7212.422.9696210474211.31.29967%
小川泰弘108.0回 *8勝*5敗2.753.1122.917.2617010859641.31.31181%
カラシティー94.2回 *7勝*3敗4.184.00-1.44.8939190113531.31.28066%
ハフ94.1回 *3勝*6敗4.874.19-2.52.71099598731001.31.31870%
近藤一樹76.2回 *7勝*4敗3.643.744.96.38185116102761.31.30373%
石山泰稚73.2回 *3勝*2敗2.083.1121.211.7467010856641.31.27085%
風張蓮57.2回 *2勝*4敗4.374.691.5-1.9971061311011451.31.25374%
中尾輝54.0回 *7勝*3敗3.503.924.53.37889117147641.31.31478%
大下佑馬43.2回 *2勝*1敗3.094.136.91.56994106581111.31.21275%
秋吉亮38.1回 *2勝*2敗4.234.350.90.394987580961.31.28572%
山中浩史37.1回 *2勝*0敗3.623.632.33.681826468391.31.31871%
由規34.1回 *1勝*2敗4.464.321.80.49998124142821.31.32377%
星知弥31.1回 *2勝*0敗4.025.743.1-5.190130881701171.31.21882%
中澤雅人28.2回 *0勝*0敗6.914.10-6.41.1154939752991.31.32655%
梅野雄吾26.2回 *3勝*2敗7.096.39-7.4-6.41581451011901241.31.30167%
館山昌平19.2回 *0勝*4敗6.864.96-8.3-1.315411269114651.31.40059%
高橋奎二15.0回 *1勝*1敗3.005.92-1.8-2.8671341501281841.31.28676%
松岡健一14.2回 *1勝*0敗4.914.35-3.00.11109999136441.31.31963%
古野正人9.0回 *1勝*1敗5.005.46-1.1-1.111212452281591.31.30369%
山田大樹5.2回 *0勝*1敗15.889.30-7.9-3.4356211471341931.31.34833%
ウルキデス5.1回 *0勝*0敗5.062.19-2.11.411350864601.31.31629%
山本哲哉4.0回 *0勝*0敗4.507.120.2-1.31011610581671.31.23587%
寺島成輝2.0回 *0勝*1敗27.0013.62-4.9-2.2602308803402441.31.50030%
村中恭兵2.0回 *0勝*0敗31.5015.62-5.9-2.7703354973451991.31.50035%
田川賢吾1.0回 *0勝*0敗0.004.120.50.009312927601.31.000100%
沼田拓巳1.0回 *0勝*0敗9.001.12-0.50.420225104001.31.50050%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%


| 2018年セリーグwOBAとRSAA | 2018年パリーグwOBAとRSAA |
| 2017年セリーグwOBAとRSAA | 2017年パリーグwOBAとRSAA |
| 2016年セリーグwOBAとRSAA | 2016年パリーグwOBAとRSAA |
| 2015年セリーグwOBAとRSAA | 2015年パリーグwOBAとRSAA |


備考
wOBAの係数はBaseball-LAB「打撃指標wOBA」を参考にしました。
守備位置は先発出場守備位置から判定しました。
球場補正は2018年,2017年,2016年のPFを4:2:1で加重平均したものを用いて、本拠地試合割合から跳ね返り係数を算出し、
「リーグの平均的な打者が同じ環境で同じ打席を消化した場合に、どれだけ打撃内容が変化するか」
「リーグの平均的な投手が同じ環境で同じ投球回を投げた場合に、どれだけ投球内容が変化するか」を基準に行いました。
DER守備得点の算出はBaseball-LAB「
DERでチーム守備力を計測する」を参考にしました。投球の守備補正はこちらを参照。

コメント

No title

更新お疲れ様です
戦力分析の考察部分が残ってる中こちらの更新もあり大変でしょうが頑張って下さい
まだ開幕直後とはいえ去年96敗のヤクルトが今日同率首位になったり巨人の小林が打ちまくったりと予想外の展開だらけで面白いですね

Re: No title

コメントありがとうございます!大変励みになります!

今季は若手の台頭が例年より目立っていますし、投手と野手の上位陣も昨季から入れ替わりが激しいですね。
ヤクルト打線が見事に勢いを取り戻しましたが、どこまで広島打線と張り合えるか注意深く見ていきたいです。

更新お疲れ様です

DeNA投手陣の成績は素晴らしいですが、利得の大半が被本塁打によるものなのは気になりますね。
短期間だと偏りが発生しやすいので、実力によるものかはまだ未知数だと思います。

Re: 更新お疲れ様です

カンザスさん、コメントありがとうございます!

GB/FBを見ても際立ってゴロを打たせているような形跡はないので、
HR/FBと合わせて見ても、今の数字はやや出来すぎといった印象が強いですね。

横浜スタジアムは今季から東京ドーム、福岡ドームと同タイプの人工芝に張り替えており、
両球場と同じようにゴロが安打になりにくい環境になっている可能性が高いので、
「投手陣がどれだけゴロを打たせられるか」というのは一つのポイントになりそうな感じではあります。

No title

デルタのDERだと4/28現在のセリーグで4位の巨人ですがチームディフェンスでセ2位、UZRでセ1位でした
DERとUZRの乖離はどこから来るものなのでしょうか
このサイトでは現在最下位になってますし巨人の守備力が高いのか低いのか良く分かりません・・・

Re: No title

コメントありがとうございます!

UZRは丹念に一つ一つの打球の行く末を追いかけて算出する指標ですが、
DERは本質的にはフェアグラウンド上に転がった打球がアウトになった割合を表しているに過ぎません。
巨人の乖離に関して言えば、それだけ処理の難しい打球を巨人投手陣が多く打たれているということだと思われます。

今のようなシーズン開幕直後の時期だと、投手陣が処理の難しい打球を多く打たれたことによるノイズが入りますが、
こうしたノイズはシーズンの進行に伴ってサンプル数が増えると解消されるものだと考えています。
例年だと、シーズン終了時点のDERとUZRは極めて高い相関を示すことが多いです。

更新お疲れ様です。

iPhoneからしか確認してないのですが、表示が妙に縦長になってませんか?

Re: タイトルなし

Yamagamiさん、コメントありがとうございます!

先日表のフォーマットを変えたのですが、
スマホから見ると幅の指定が上手くいかないようで表示が崩れるようです。
近日中に修正します。

(5/23追記) 修正しました。
スマホ向けにもっと最適化できればと常々思ってはいるんですが、私のhtmlの知識ではなかなか...

No title

お疲れ様です。いつも更新楽しみにしています。

ところで、今年のセリーグの四球の数が多いと思いませんか?
打者平均で、去年のBB%が8.4%、今年が昨日までで9.6%
ここ5年は8%台前半で推移していますが今年は異常です。
isoDは0.077で、1995セについで歴代2位の値となっているようですね。
ストライクゾーンが狭まったとみるべきでしょうか?
しかしK%は大して変わっていないようですね。
どう思われますか?

まだ9試合目ですが、柳はどうしたものでしょうね。
去年もそうですが、FIPの割りに打たれるタイプなんでしょうか。
彼が一本立ちしてくれないと、中日の若手先発は全滅になってしまいます。

横槍ですみませんが

スタッツを見ると、BABIPやLOB%のような運要素を含んだ指標が軒並み下振れしているので、まず「単に不運である」可能性があります

ただそれはあくまでも要因の一つで、柳の場合右投にしてはかなり球速が遅く、制球が悪い時には強い打球を打たれる傾向があります(1.02 deltaのhard%を参照)。当然ながら強い打球は内野を抜けやすく長打にもなりやすいため、失点に繋がりやすいです

昨日はアウトロー狙いの球がワンバウンドしたり中くらいの高さに浮いたりで制球に課題がありましたね

No title

昨年、こちらのブログを偶然発見し、驚愕しました。本当に素晴らしい!!
以来、頻繁に閲覧させていただいてます。
更新、大変だとは思いますが、こっそり(ずっと)応援してます。

Re: No title

すいすいさん、コメントありがとうございます!

現時点でも9.5%で近年ではかなりの高水準ですね。
両リーグでは2001パの9.6%以来、セでは1995年の9.8%以来の数値のようです。

1.02のPlate Disciplineデータを確認しましたが、「打者がボール玉を振る割合」(2017年:28.6%→2018年:28.4%)
「投手がストライクゾーンに投げ込む割合」(2017年:45.7%→2018年:45.4%)は昨季からほぼ変わっていないため、
ストライクゾーンに何らかの変更があった可能性は低いと個人的には思っています。

「サンプルサイズの小ささによるブレ」の線も考えてみましたが、
「5月終了時点の四死球/打席」と「シーズン終了時点の四死球/打席」の差の標準偏差は0.3%程度なので、(2001年-2017年)
「ここからシーズン終了までに昨年並みの水準に収束する」可能性も考えづらいように思います。
(BB%ではなく四死球/打席を使ったのは入手できたデータの都合上)

1球単位のデータがあればもう少し掘り下げられるかもしれませんが、
私が持っているデータから言えることはこの辺りが限界です。

今回調べていて興味深く思ったのですが、どうも「春先は四死球が出やすい」傾向があるみたいですね。
「5月終了時点の四死球/打席」よりも「シーズン終了時点の四死球/打席」の方が高かったシーズンは、
1957年-2017年のセリーグでは14シーズンしかありませんでした。14/61です。
(ちなみにこの点を考慮しても今年の四球増加は説明できません)

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

コメント欄で指摘されている方と私も同じ意見です。柳は強い打球を打たれやすい傾向があるため、
FIPで評価できない部分(フェアグラウンド上に飛ばされた打球の内容)が、他の投手より悪い可能性は考えられると思います。
もしそうであれば、柳は「FIPの割りに打たれるタイプ」の投手に該当するかと思います。
(楽天の則本も近いタイプだと個人的には予想しています)

ベテランと外国人の活躍で、先発ローテーションは昨季より充実したように感じますが、
仰る通りで若手の台頭はちょっと物足りませんね。現状では将来性という観点だとかなり不安が強いのかなと。
若手の年齢帯からは外れつつあるようにも思いますが、阿知羅拓馬は一軍で試してみても良いように感じます。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

私も同意見です。

柳は強い打球を打たれやすい割には被本塁打が少ないのが不思議ですよね。
どちらかと言えばゴロの多い投手であることももちろん影響していると思われますが、それにしても少ないなと。
この部分は当人に制御できない要素がプラスに働いているのでしょうかね。

現状の内容は幸運と不運が入り混じっていてなかなか実力を評価しづらい投手であるように感じます。
悪くてもイニングイーターくらいの働きはできるんじゃないかなと、個人的には思っていますが。

Re: No title

kojiroさん、コメントありがとうございます!

大変励みになります!ありがとうございます!
コンテンツの拡充は続けていきたいと思っているので、
今後ともお付き合いいただけますと幸いです。

No title

いつも楽しく閲覧させてもらってます!
今年のセの平均が現時点でops.717…ちょっと高く感じてしまいますw 単なる好みの問題ですがDHなしなら.690~.695くらいがちょうど良いかなと(勝手w)
でも打球管理系のスタッツは去年とほぼ変わりないんですよね…コメ欄の皆さんの指摘通り四球が関わってるのでしょうか(それに伴って四球恐れて置きに行っての痛打とか)

Re: No title

アンカツさん、コメントありがとうございます!

大変励みになります。

今季のセは統一球導入後では最も打高な環境になっていますね。
仰る通りで本塁打などの打球系の数値はあまり変わっておらず、四球増加が主に効いているみたいです。

好き嫌いで言えば、私はこのくらいの塩梅が好きですね。
ちょうど野球を見始めた時代の環境がこんな感じだったからかもしれません。
最優秀防御率はギリギリ1点台に届かなくて、最多本塁打はギリギリ40本に届かなくて、という感じで。

No title

FIPベースのRSAAで6点、守備得点で5点を稼いでいる巨人が失点率ベースのRSAAでは43点を稼げてる(8月16日時点)のはなぜでしょうか?

No title

柳裕也は中日投手陣の中ではいいFIPしてるのに、失点が多いのは何でだろ。球足の速い打球を打たれているんだろうか。守備陣は優秀なはずだし。

Re: No title

コメントありがとうございます!

今季の巨人は両RSAAの乖離が非常に大きくなっていますね。
当記事の失点率ベースRSAAは、自軍守備の影響を排除するようにボックススコアレベルの補正を行っています。
指標の根元にある考え方からすれば、FIPベースRSAAと一致してほしいところです。

なぜ乖離が起きるかについて、私は以下のように考えています。

ご存知だと思いますが、FIPは三振/四死球/被本塁打の3要素から期待失点を推定する指標です。
上記の3要素が同じ個数だけ発生したからと言って、必ずしも同じ失点になるとは限りません。

例えばあるイニングに「三振が3つ、四球が2つ、本塁打が1つ」発生した場合を考えると、
「三振、三振、本塁打、四球、四球、三振」という投球内容となった場合、1失点で済みますが、
「三振、三振、四球、四球、本塁打、三振」という投球内容となった場合、3失点してしまう計算になります。

このような少ないサンプルサイズだと、三振/四死球/被本塁打の3要素から失点を推定するのは難しいのですが、
何十イニング、何百イニングとサンプルサイズが増加していくと、
三振・四死球・本塁打が発生した時の走者アウト状況が一定値に収束するため、失点を推定できるというのがFIPの考え方です。
(本塁打を例に挙げると、投球回が少ないとソロばかり打たれたり3ラン/満塁を多く打たれたりするかもしれませんが、)
投球回が増えていくにつれてそうした偏りは少なくなっていき、被本塁打1本当たりの失点は約1.6点に収束します)

問題は、ここでいう「走者アウト状況が一定値に収束するために、必要なサンプルサイズがどのくらいか」ということですね。
過去のデータを見る限りでは、あるチームの投手陣が1シーズンに消化する程度のイニング数では、
「実際の失点」と「三振/四死球/被本塁打の3要素から推定される失点」に50点程度の乖離が生じるケースは度々あるようです。

もう一つ考えていることとしては、
投手の対戦打席の大部分を占める、「投手がフェアグラウンド上に打球を飛ばされた打席」については、
上記の3要素とは違い、バックの守備の影響が入り込む可能性があるため、評価対象から外されています。

FIPで期待失点を推定する際、「投手がフェアグラウンド上に打球を飛ばされた打席」に関しては、
「リーグの平均的な投手」がフェアグラウンド上に打球を飛ばされた際の失点期待値を代入して計算します。
例えば、巨人投手陣がフェアグラウンド上に飛ばされた打球の質が、平均と大きく異なっているような場合、
上記の計算処理で失点がうまく推定できない可能性が考えられるかもしれません。

今季の巨人は飛ばされる打球の強さに関してはリーグ平均並みのようですが、
ゴロ/フライ傾向に関しては、セリーグでは最も多くフライを打たれているようなので、
打たれている打球の質は平均から外れている、といった印象は受けます。(外れている程度は置いておいても)

Re: No title

カラガラさん、コメントありがとうございます!

今季の柳に関しては、平均的な投手よりも強い打球を多く打たれているため、
被BABIPが高くなり、FIPと防御率の乖離が生まれていると考えます。
強い打球を打たれている理由に関しては、球速の遅さが最大の原因だと個人的には予想しています。

ただ、今季のFIPと防御率の乖離は打球の強さだけで説明がつかないくらい大きいため、
「クラッチ度が低い」、すなわち走者を抱えた場面で多く打たれて効率良く失点している可能性もあります。
「安定してクラッチ度が低い投手」はほとんどいないため、この部分に関しては「運が悪い」で説明できると思っています。

過去にこのコメント欄でも柳の話題が出ましたので、そちらも参考になるかと思います。

No title

中日の投壊は今に始まったことではないにしても、ここまで来ると手の打ちようがないですね……

リリーフが深刻ですが、ローテの年齢層を考えると先発も十分深刻です。
中日の場合野手はリーグでも上位なので、ドラフトで即戦力投手の確保に成功すれば今季のヤクルトのように抜け出せると思いますが、二軍の事情を考慮すると野手も確保しておきたいので難しいですね。

今季も広島が独走していますが、戦力自体は下降気味のようなので、まだまだ来期以降は巨人を筆頭とした他球団にもチャンスはあると思います。
それだけに中日のように弱点がはっきりしているチームが簡単に育成に舵をきるのも勿体無く感じてしまいます。

柳は先発で使う気がないのなら、リリーフでの起用も考えてもいいかもしれませんね。
球速の遅さもカバーできますし、チーム事情にフィットしてます。
なによりせっかくの素材を二軍で置いておくのは勿体無く感じます。

No title

柳の件ありがとうございます。コメント欄見逃してました。勉強になります。

No title

こんにちは
セリーグの出塁率が高すぎるのでは?
と疑問に思ったら6月に同じ疑問がありましたね
9月12日現在、ストライクゾーンが変わってる可能性は考えられますか?

No title

出塁率以上にリーグの長打率の上がり幅が凄いですよね
春先はゾーンの問題だけかと思ってましたけど、数字を見るとボールの反発係数をかなり上げたとしか考えられないような気がしますが・・・

No title

いつも更新や過去の記事を楽しみに見させてもらってます。

個人的な意見なのですが、ヤクルトがシーズン当初不調でしたが、打てる打者を上位に固めるようになってから勝てるようになった気がしますがどうなんでしょうか?

Re: No title

コメントありがとうございます! >>8/20にコメントいただいた方
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

ナゴヤドームの影響で分かりにくくなっていますが、現在の中日の投壊は歴史的なレベルだと思います。
上記と同じ方法で、DER(守備)とPF(球場)の補正を行った失点率ベースのRSAAを通史的に算出すると、
2年連続で-100を下回ったチームは1979年・1980年の南海の1例のみですが、このままだと今季の中日が2例目になりそうです。

加えて、一軍レギュラーの年齢構成を考えると、野手の方も落ちてきそうな気配です。
短期的に見ると投手が足りず、長期的に見ると野手が足りない、仰る通りで悩ましい状況だと思います。

個人的には「投手陣より野手陣が低迷する方が深刻な事態に陥る可能性が高い」と考えており、
そろそろ野手の上位指名を意識して増やしていく必要があると思っています。

理由としては、投手は野手と比べてピークが早く短いため、好投手を数多く揃えて確保しておくことが難しく、
リーグ内のアドバンテージ・ディスアドバンテージがシャッフルされる頻度が高いということと、
(長期的に野手でアドバンテージを築くチームは多いが、長期的に投手でアドバンテージを築くチームは少ない)
野手陣の方が優劣の差が付きやすいことが挙げられます。(上記の打撃・守備・投球の3項を見ると分かるかと思います)

過去の傾向から言えば、野手は一度低迷すると立て直すのにかなり時間がかかるため、
いま現在のような代替要員が確保できない状態のまま一軍レギュラーが倒れ始めると、
90年代の阪神や00年代の横浜のような、10年以上にわたる長期的な暗黒時代に突入しかねないと思っています。

広島は丸が流出する事態になれば、他球団にも優勝の可能性がかなり出てきますね。
上手く短期間で投手陣を立て直せれば、仰る通り中日にもチャンスは舞い込むと思われるのが悩ましいですね。

一軍の投手事情を考えると、柳は二軍に置いておける状況ではないと私も考えます。
先発でもレベルの高い投球を期待できる投手なので、やはり先発で起用してもらいたいなと思っています。
リリーフと比べて先発は代替が難しいですからね。

Re: No title

カラガラさん、コメントありがとうございます!
大変返信が遅れまして申し訳ございません。
参考になりましたら幸いです。

No title

初歩的な質問で恥ずかしいのですが、「守備得点」はどのようにして算出しているのでしょうか。
それを説明されてる記事がすでにあれば、教えていただけると幸いです。

確かDERを元に、フィールド内に飛んだ打球にゴロアウトまたはフライアウトごとに値打ちを分けて、補正されているような記事を、どこかで読んだ記憶があるのですが・・。
また、その場合PFによる補正もされているのでしょうか。

Re: No title

コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

公式のアナウンスがないため、どうしても推定に留まりますが、
ストライクゾーンの変更がなされていたとしても、限定的なものだろうと私は考えています。

まず、「ストライクゾーンが変更されるとどのような影響が出るか」についてですが、
大規模な変更を行った際には、三振率と四球率が大幅に変動することが過去の推移から分かっています。
例えば、審判団が「ストライクゾーンを拡大する」と公式に宣言した1986年、2002年の成績を見ると、はっきりと傾向が表れています。

1985年セ K% 12.7% / BB% 9.4% → 1986年セ K% 15.0% / BB% 6.9%
1985年パ K% 12.2% / BB% 9.3% → 1986年パ K% 14.4% / BB% 7.8%
2001年セ K% 15.7% / BB% 9.1% → 2002年セ K% 17.8% / BB% 6.8%
2001年パ K% 16.4% / BB% 9.6% → 2002年パ K% 18.3% / BB% 7.2%
(投手成績を除いた打撃成績)

三振と四球が前年からこれだけ変動したケースは、2リーグ分立以降では他に例がありません。
ここからは「ストライクゾーンと三振四球が相関している」ことがある程度言えるのではないかと考えます。

2017年セ K% 18.1% / BB% 8.4% → K% 17.6% / BB% 9.2%
2017年パ K% 19.4% / BB% 8.3% → K% 18.8% / BB% 8.5%

それを踏まえて今季の成績に立ち返ってみると、確かにセリーグは三振が減って四球が増えています。
ただ、この程度の増減は数年に一度単位で起こることですので、ストライクゾーン以外の要因(ノイズ)によるものか、
もしくはストライクゾーンに変更があったとしても微調整レベルのものに留まると推定します。

トラッキングデータの普及していないNPBでは、各年度の正確なストライクゾーンは調べようがないため、
どこまで行っても推定にとどまるのが苦しいところですが。

今季の出塁率向上に関しては、三振減少と四球増加だけでなくBABIPの向上もかなり効いているようです。

Re: No title

アンカツさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

パリーグの方のコメント欄でも触れたのですが、私もそんな気がしてならないです。

本塁打数が使用球の反発係数に強く相関してきた過去の歴史を見ると、
これだけの本塁打の増加は、打者のスキルアップだけでは到底説明できないと思っています。
また、打者がフライを打ち上げる割合は変わらず、フライがホームランになる割合だけが上がっている点も気になるんですよね。

Re: No title

九番ライトさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

今季のヤクルトは5/25の借金11で底打ちして、6/12には借金1まで戻しています。
山田・青木・坂口・バレンティンの上位打線固定は5/24からなので、時期は符合していますね。

~5月 試合あたり得点 4.11点 / 試合あたり失点 4.91点
6月~ 試合あたり得点 4.91点 / 試合あたり失点 4.67点 
6月以降の快進撃については、得点力の改善が大きく効いているようですね。

ただ、彼らを上位打線に固定したことよりも、他の要因のほうが効いていると個人的には考えています。
過去の統計的な研究から考えて、打順の入れ替えの効果だけでは0.1点/試合の得点増も見込めないだろうと考えられるのと、
選手が好調になった要因を全て打順の組み替えに求めるのも難しいと考えるからです。(この辺りはなかなか検証が難しいですが)

Re: No title

kojiroさん、コメントありがとうございます!

チームの守備得点についてはこちらを参考にしています。
上の記事で算出している数値に関しては、ここから更にDER-PFによるPF補正を行っています。
http://archive.baseball-lab.jp/column_detail/&blog_id=8&id=32

外野手の個人数値についてはこちらが参考になれば幸いです。
PF補正は現状行っていませんが、将来的に入れようと考えています。
http://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-2077.html
http://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-2141.html

内野手はRRFから刺殺部分の評価を外したものを使用しています。以下の記事が参考になれば幸いです。
ここへ更に「リーグの平均的なチームと比べて左投手のイニングがどれだけ多いか」から、左腕補正を算出して加えています。
(補正係数に関しては守備得点のページに記載しています)
こちらもPF補正は現状行っていませんが、将来的に入れようと考えています。
http://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-2103.html

No title

>>打者がフライを打ち上げる割合は変わらず、フライがホームランになる割合だけが上がっている点も気になる

この点は私も気になっていました。と言うのも「フライボールレボリューション」という言葉に思考が引っ張られている気がするので。

起きている現象としては仰るようにGB/FBは変わらず、HR/FBが増加しているので、普通に推測すると反発力の増加を疑うと思うんですが
いくつかのメディアやウェブサイトではいわゆるフラレボに原因を求めている記事が見られます。
個人的に面白いなと思うのは、「反発力」という言葉は以前はむしろ思考を引っ張る側だったはずなんですよね。
道作さんが以前ご自身のサイトでラビットボールや統一球問題に言及されているのですが、その中に
「力なく上がった打球がなぜか失速せずそのままスタンドに入る現象を見れば、普通であれば空力の影響を考えるはずだが、『ハンパツリョク』という呪文とともに思考停止している」
という指摘があるんですね。この『ハンパツリョク』が『フライボールレボリューション』に変わっただけではないかなと。
反発係数のデータが公開されない以上はどこまで行っても推測の域を出ないのが残念ですが。

Re: No title

コメントありがとうございます!

ここ5年間で両リーグのGB/FBはほとんど変わっていませんから、
フライボールレボリューション(FBR)に起因するものではないことだけは間違いないでしょうね。

打者のスキルアップによってHR/FBが上昇した可能性も明確に否定はできませんが、
「打者はHR/FBは容易に変えられないが、GB/FBは比較的変えやすい」ためにFBRが流行したという経緯を考えると、
打者のスキルアップによってGB/FBが変わらずHR/FBだけが上昇するというのは、考えにくいのかなと思っています。

更に前述した「本塁打数が使用球の反発係数と強く相関する」という過去の経緯を考えても、
「ボールの反発係数が上がっている」と考えると、ぴったり辻褄が合うように思えてならないです。
(仰る通りボールの反発係数を調べない限りは推測の域を出ませんが)

その道作さんのコラムは私も読んだことがあります。確かに状況は似ていますね。
十分な検証もなしに二つの事柄の因果関係を断定してしまうようなことは、報道でも散見されますよね。
特に優勝チームが使った戦術を一つ取り上げて、「これができたから優勝した」みたいに書く記事は非常に多いように感じます。
(「バントが多かったから優勝した」「右打ちを徹底したから優勝した」「守備走塁でミスが少なかったから優勝した」などなど)

No title

私も同意見です。
報道の他にまとめサイト等でも、「反発係数が上がったと考えるのが自然では?」という声が少数というか、すぐに「打者のレベルが上がった」「意識が変わった」という声に打ち消される印象です。
個人的な推測なのですがラビットボールや違反球騒動を経て「もうボールの反発係数に左右されたくない」との思いが強く存在してバイアスが掛かってる傾向が強いのかなと。
HR/FBの数字のみが急激に上昇した点を考えれば「あ、ボール変わったな」に行き着くのが自然だと思いますが・・・。

この辺、今季終了したらひとつの記事にして貰えたらなーなんて(厚かましい)

Re: No title

アンカツさん、コメントありがとうございます!

ちょっと前までは見られなかった光景ですね。
私も今季はそのような印象が強かったです。

記事ですが、反発係数が判明しない限りどこまで行っても「推定」の話にしかならず、
反発係数の推定だけだと特筆性の弱い内容になってしまうと思われるので、
今年の打高化と絡めて上手くまとまりそうだったら、改めて記事にしたいと思います。

No title

フライボールレボリューションは日本の報道で取り上げられるたびに手放しで褒められている印象ですが
(「ゴロを打てという既存の常識は間違っていてフライを打つことこそが正しかった」というストーリーは面白くて魅力的ってこともあるんでしょうが)
もう少し実際にどの程度有効なのかを検証した方が良いと思ってしまいます。
確かにゴロより外野フライのほうが打球の得点価値では上です。
また打球角度を上昇させることで本塁打数は増加するでしょう。
ただそれとトレードオフで三振率や凡フライが増えてアウトになる率が上がっていたら結果的に得点数の増加にそれほど繋がらないんじゃないかと思います。
あと報道でよく使われる「フライボールレボリューションの影響でここ数年MLBの本塁打数が急増した」って表現ですが
MLBで2015年以降の本塁打率が上昇したのはボールの抗力の低下が大きな原因のようです。

Re: No title

コメントありがとうございます!

フライボールレボリューションに関しては私も同意見です。
仰る通り、GB/FBが他の要素と連動している可能性があるのがネックですよね。

例えば、今季の倉本は打球角度が上がってフライが増加しましたが、
それに連動したのかフライの得点価値が下がり、総体的な打撃のバリューは却って縮小してしまったようで。
「打球角度を上げること」が必ずしも善ではないことを示す貴重な実例ですね。

>あと報道でよく使われる「フライボールレボリューションの影響でここ数年MLBの本塁打数が急増した」って表現ですが
>MLBで2015年以降の本塁打率が上昇したのはボールの抗力の低下が大きな原因のようです。
差し支えなければソースを提示していただけないでしょうか。とても興味があります。

No title

https://www.mlb.com/news/mlb-report-on-baseballs-home-run-rates/c-278120310

抗力の低下が本塁打数の増加に影響しているという記事です。
ただしなぜ抗力が低下したのかはよくわからないようです。
(ボールの大きさや重さは変わってないみたいなので)

Re: No title

コメントありがとうございます!

リンクのご提示ありがとうございます。大変勉強になりました。
この記事だと「打者の変化が本塁打の増加に起用している証拠は見つからなかった」と断言していますね。
MLBの方の事情はあまり知らなかったので、ちょっとびっくりしました。

http://www.fit.ac.jp/~mizota/pdf/ronbun2011_03.pdf
2011年時点だと、MLB球は新旧NPB球よりもずっと抗力が大きかったようです。
抗力が減少してNPB球に近付いた(下回った?)ということですかね。

抗力の変化となると、素人感覚だと真っ先に縫い目の変化かなと疑ってしまうのですが、
(日米のボールの抗力の違いも、縫い目の高さに起因しているとよく言われるので)
上の記事だと縫い目の影響も明確に否定していますね。となると、表面の牛革の質が変わったとかでしょうか?

なんとも不思議です。

今永 石田はK% BB%は昨年度とあまり変わらないのにHR%が跳ね上がってるので来年好成績を残すための改善点はホームランをいかにして抑えるかにかかるのでしょうか?
自分で考えてて思ったんですけど%系の年度別比較って意味あるんですかね

No title

各ポジションを見ると上位2人がプラスで4人がマイナス、というケースが多いですね
そのせいで各チームマイナス選手だらけの真っ赤な感じで何とも異常に見えます

No title

3割2分近い打率に本塁打を10本記録していて一見強打者に見える雄平が右翼手のなかでは大きめのマイナスになってしまっているのを見ると
今年の右翼手の平均打力の高さと極端に打高の環境である神宮球場の影響を感じますね。
DeNAの右翼手は今年は梶谷の離脱や優れた打力を持つソトが離脱したロペスの代わりに一塁に入ったり、穴を埋めるために二塁を守ったりと出場が分散した影響もあってマイナスですが
来季ソトが1年通して右翼手を守るようなことがあったら右翼手の平均打力が凄いことになりそうですね。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

他の要素とトレードオフの関係になっている可能性もあるため、
一概には言い切れないのが苦しいところですが、そうした方針を取るのが基本線になると思います。
これ以上のことを言うには、打席単位のデータではなく、1球単位のデータが必要になってきますね。

>自分で考えてて思ったんですけど%系の年度別比較って意味あるんですかね
私は十分意味があると考えています。
生のデータは環境変化(ボール・ストライクゾーンなど)の影響を受けるため、
リーグ平均との差や比を求めて「傑出度」形式で表した方が、その影響を補正できてなおよいと考えます。

(リーグ平均には、どのようなボール・ストライクゾーンが使われたかという情報が全て含まれています。
これはこれで「好調の選手が多かったかどうか」や「選手の入れ替え」の影響を受けますが、
環境変化によって生じる「系統誤差」とは異なり、「偶然誤差」に近い性質をもった誤差になると考えられるため、
約30000打席にもなる1シーズン分のサンプルサイズを用意してやれば、生のデータよりベターな物差しになると考えます)

Re: No title

コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

ポジション内に飛び抜けた選手が存在する場合、
「プラス2人、マイナス4人」という構成になりがちですね。

「最低限の年俸で確保できる選手」が記録する打撃のマイナスは、年間で約-20点になると一般的に言われます。
(「リプレイスメントレベル」で調べていただければ研究結果が出てくると思います)
だから、あるチームが年間で特定のポジションで記録するマイナスは、「-20」がボトムラインとなるケースが多いです。

一方、ポジション内に飛び抜けた選手が存在する場合、上限の方は+20点で留まることは少なく、
今季の二塁手や中堅手が示している通り、+50点を超えるケースも珍しくありません。

言い換えれば、「下限はボトムラインが存在するけど、上限は際限ない」という分布になるので、
この非対称性によって平均値が中央値よりも高くなっているような印象を受けます。「平均貯蓄額の分布」と似ていますね。

No title

たびたび失礼します。

あるネット上のコミュニティで、こちらで公開されているデータがとても優れたものだと話題になっていました。
しかし、一部読み取り方というか、解釈のされ方が割れていたようなので、質問させてください。

ポジション別のwRAAですが、例えば巨人の岡本選手の場合、一塁手で17、三塁手で4、左翼手で3とありますが、
これはそれぞれのポジションで出場したときだけの結果を反映しているのか、それともトータルの打撃成績を元に、各ポジョションごとで評価値が変化しているのか、どちらなのでしょうか。

また、例えば阪神の原口選手は、捕手としてwRAAで6を記録してますが、この場合も捕手として出場したときの成績なのか、
もしくは代打成績も含むトータルの成績を元に、全捕手の中で相対評価したものなのか、どちらなのでしょう。

極めて初歩的な質問で恐縮ですが、教えていただけると幸いです。

No title

シーズンが終わった、という事はここからデータ整理や更新の時期ですね
手を付ける部分が多くて大変だとは思いますがひっそりと応援しています

Re: No title

コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

仰る通り、今季の雄平は球場補正とポジション補正のマイナスが大きくなっています。
球場を無視してwRAAを算出すると「全ポジションの平均的な打者に対して+7点を上積みした」となりますが、
神宮の環境を補正してマイナス6点、比較対象を右翼手に切り替えてマイナス12点、計18点を差し引いて「-11」となります。

今季の神宮は、日本プロ野球史上初めて「得点PFが2年連続で1.40以上」を記録しました。
歴代最高レベルの打者有利環境という評価なので、これに対するマイナスの補正が大きくなっています。

ポジション補正も大きいですね。今季のセ右翼手は全ポジション中最高の平均OPSを記録するくらい強打者が集まりました。
右翼手の平均OPSが全ポジション中最高になるのは、2007年以来11年ぶりの事態です。
この中で傑出するにはそれだけの数字が求められる、ということでこちらもマイナスの補正が大きくなっています。

ソトの右翼手先発出場は61試合でした。これはDeNAが消化した試合の半分以下に留まります。
ソトの出場していない分は佐野と神里が主に出場しましたが、二人の打撃水準が右翼平均に届かなかったことを考えると、
ソトが1年通して右翼手に固定されれば、仰る通り、右翼手の平均打力は更に大きく底上げされると思われます。

Re: No title

kojiroさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅れまして申し訳ございません。

>ポジション別のwRAAですが、例えば巨人の岡本選手の場合、一塁手で17、三塁手で4、左翼手で3とありますが、
>これはそれぞれのポジションで出場したときだけの結果を反映しているのか、それともトータルの打撃成績を元に、各ポジョシ>ョンごとで評価値が変化しているのか、どちらなのでしょうか。

結論から言いますと前者です。記事中での説明が不足しており申し訳ございません。
各ポジションの数値は、「そのポジションを守っている際に出場した打席において、
平均的な同ポジションの打者が同じ打席数を消化した場合と比較して、打撃で何点分得点を上積みしたか」を示します。

ただし、私が手に入れられた範囲の古典的ボックススコアからは、
どのポジションでどういう打撃成績を残したのか完全に特定することはできないため、
先発出場ポジションを元に打席数と打撃イベントを各ポジションに割り振って、推計した数値となっています。

ただ、原口選手のように代打打席が極めて多い選手は、この方法では上手く推計できません。
可能であるならば、代打打席はどのポジションにも帰属しないように処理するのが理想だと思われますが、
私が入手できたデータでは代打打席の選別ができないため、特定のポジションに割り振られることになります。
(原口選手の場合、代打打席の大半が捕手としての打席に割り振られています)

来季に関しては、算出に当たって代打打席を集計できる目途が立ちましたので、
代打打席は除外して算出を行いたいと考えています。

Re: No title

コメントありがとうございます!
大変返信が遅くなりまして申し訳ございません。

そう仰っていただけると、とても嬉しいです。
おかげさまで2018年のデータ更新も完了しました。
今季の戦力分析なども進めていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2018年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 一軍打線
  De 西
 二軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2018]
 歴代打線守備力評価[-2018]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2018]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2018]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2018 2017 2016 それ以前
 二軍PF
 2018 2017 2016 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2018]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2018]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター