記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

PFを考慮した2018年パリーグwOBAとRSAA(シーズン終了時点)

パークファクターを考慮した打撃貢献と投球貢献についてまとめました。

□チーム打撃成績
順位球団基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
1位西武.275 196HR 792得点15.731.091351222438341716-14291-5
2位ソフトバンク.266 202HR 685得点8.841.0083114-6-15-710713451715
3位日本ハム.251 139HR 589得点-0.370.9931003-6-13-5117412
4位オリックス.245 108HR 538得点-8.350.99-8985-10-19-17-22-1717-3462
5位ロッテ.247 *78HR 534得点-6.670.86-3195517164-2-15-22-13-17
6位楽天.242 132HR 520得点-8.991.08-10483-17-16-12-5-5-18-22-123
※西武打線は[wRAA]135,[wRC+]122を記録。平均的な打線と比べて135点分多く得点を生み出し、1.22倍の得点創出力を持つことを示す。
※右の数値はwRAAをポジション別に分解したものです。西武の中堅手は平均的な中堅手と比べて29点分多く得点を生み出したことを示す。



□チーム投球成績
順位球団防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-DER守備得点得点PF
1位西武4.244.30-33-341051059711196.694-31.09
2位ソフトバンク3.904.27-13-37105106104117103.713311.00
3位日本ハム3.773.58394992921018193.690-310.99
4位オリックス3.703.601831989510187102.700190.99
5位ロッテ4.053.88-49-341071068799109.686-140.86
6位楽天3.783.823825949611010698.693-11.08
※西武投手陣は[RSAA(失)]-33,[ERA-]105を記録。平均的な投手陣と比べて(失点率ベースで)33点分失点を増やし、1.05倍の防御率を記録したことを示す。
※西武投手陣は[RSAA(F)]-34, [FIP-]105を記録。平均的な投手陣と比べて(FIPベースで)34点分失点を増やし、1.05倍のFIPを記録したことを示す。
※西武投手陣は[K%+]97,[BB%-]111,[HR%-]96を記録。平均的な投手陣と比べて0.97倍の三振、1.11倍の四球、0.96倍の本塁打を出したことを示す。
※西武守備陣は[守備得点]-3を記録。平均的な守備陣と比べて-3点分失点を増やしたことを示す。



□チーム総合成績
順位球団打撃守備投球総合勝敗成績貯金得点/失点点差
1位西武135-3-339988勝53敗2分35792得点653失点139
2位ソフトバンク8331-1310182勝60敗1分22685得点579失点106
3位日本ハム3-31391174勝66敗3分8589得点586失点3
4位オリックス-891918-5165勝73敗5分-8538得点565失点-27
5位ロッテ-31-14-49-9459勝81敗3分-22534得点628失点-94
6位楽天-104-138-6758勝82敗3分-24520得点583失点-63
※西武野手陣は平均と比べて打撃で135点分得点を多く生み出した、
 西武野手陣は平均と比べて守備で*3点分失点を増やした、
 西武投手陣は平均と比べて投球で33点分失点を増やしたことを示す。



□個人打撃成績(規定打席以上)
柳田悠岐(ソ)は[wRAA]63、[wRC+]202を記録。平均的な野手と比べて63点分得点を多く生み出し、2.02倍の得点創出力を持つことを示す。
柳田悠岐(ソ)は[BABIP+]134、[K%-]99、[BB%+]132、[ISO+]202を記録。こちらは打撃スタイルを捉えることを狙いとした指標であり、
 平均的な野手と比べて1.34倍のBABIPを記録し、0.99倍の三振、1.32倍の四球を出し、2.02倍のISOを記録したことを示す。

選手名T打席野手基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+BABIP+K%-BB%+ISO+
柳田悠岐550.352 36HR 102打点6.421.006320213499132202
山川穂高西647.281 47HR 124打点5.111.095117099119163199
吉田正尚598.321 26HR 86打点4.390.994216311166132165
秋山翔吾西685.323 24HR 82打点4.901.094515912078135136
井上晴哉548.292 24HR 99打点2.740.8631150109101136161
近藤健介555.323 *9HR 69打点2.790.99301491318918395
浅村栄斗西640.310 32HR 127打点3.461.093514811291127140
外崎修汰西510.287 18HR 67打点1.751.0916128114111110119
西川遥輝636.278 10HR 48打点2.690.99201281138917690
デスパイネDH469.238 29HR 74打点1.101.001412682103137166
森友哉西552.275 16HR 80打点2.001.0916126108106152117
島内宏明453.292 11HR 53打点1.181.08121241045312196
中村晃580.292 14HR 57打点1.741.00151231086112193
中村奨吾639.284 *8HR 57打点1.280.86161221107711182
松田宣浩580.248 32HR 82打点1.231.001412189101113155
上林誠知608.270 22HR 62打点1.681.001311910610058142
鈴木大地558.266 *8HR 49打点0.300.86811395519399
中田翔599.265 25HR 106打点0.410.998111917484140
ロメロ501.237 25HR 63打点0.500.9951098712196153
角中勝也470.265 *7HR 57打点0.070.864107987012188
レアード505.233 26HR 65打点0.240.99310589134101151
田中和基465.265 18HR 45打点0.621.08110310511793109
今江年晶465.276 10HR 49打点-0.361.08-297107888083
銀次552.276 *5HR 48打点-0.091.08-4931014610257
源田壮亮西666.278 *4HR 57打点0.261.09-593110848662
田村龍弘476.239 *3HR 35打点-1.520.86-108293749967
中島卓也449.261 *1HR 23打点-0.740.99-12761151079136
藤岡裕大611.230 *5HR 42打点-2.550.86-207091838556
安達了一514.219 *3HR 41打点-2.700.99-334383665641
選手名T打席野手基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+BABIP+K%-BB%+ISO+


□個人打撃成績(ポジション別/今季スタメン出場した野手のみ)
※右端の数値はwRAAをポジション別に分解したものです。森友哉(西)は平均的な捕手と比べて打撃で23点分得点を多く生み出したことを示す。
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
森友哉西552.275 16HR 80打点2.001.091612623-------5
田村龍弘476.239 *3HR 35打点-1.520.86-10829--------
岡田雅利西108.272 *3HR *7打点-0.111.090974--------
清水優心242.215 *7HR 21打点-0.770.99-6773--------
鶴岡慎也260.243 *2HR 22打点-1.030.99-10640-------0
飯田大祐3.000 *0HR *0打点-0.030.990370--------
甲斐拓也363.213 *7HR 37打点-1.501.00-15640--------
石川亮57.220 *0HR *3打点-0.270.99-3590--------
石原彪5.200 *0HR *0打点-0.031.08-1-60--------
黒羽根利規2.000 *0HR *0打点-0.050.99-1-1290--------
細川亨2.000 *0HR *0打点-0.051.08-1-1320--------
柿沼友哉3.000 *0HR *0打点-0.070.86-1-124-1--------
市川友也51.167 *2HR *5打点-0.271.00-347-1--------
吉田裕太12.100 *0HR *0打点-0.150.86-2-21-1--------
堀内謙伍24.174 *0HR *2打点-0.161.08-220-1--------
栗原陵矢9.111 *0HR *0打点-0.141.00-2-59-1--------
足立祐一20.111 *0HR *0打点-0.301.08-3-40-2--------1
炭谷銀仁朗西135.248 *0HR *9打点-0.661.09-850-2--------
伊藤光16.000 *0HR *0打点-0.300.99-3-63-2--------
江村直也18.063 *0HR *0打点-0.320.86-3-58-2--------
髙谷裕亮57.173 *1HR *4打点-0.491.00-516-3--------
山下斐紹104.198 *2HR *9打点-0.661.08-834-4--------
若月健矢302.245 *1HR 27打点-1.510.99-1653-4--------
山崎勝己104.207 *0HR *5打点-0.810.99-829-4--------
嶋基宏361.206 *0HR 21打点-2.131.08-2342-9--------
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
山川穂高西647.281 47HR 124打点5.111.0951170-38------0
井上晴哉548.292 24HR 99打点2.740.8631150-19------1
明石健志115.282 *1HR 12打点0.281.002116-01--0---
福田秀平128.263 *7HR 15打点0.121.002116-0---000-
ドミンゲス93.190 *7HR 16打点0.090.861111-0------0
中島宏之251.289 *5HR 34打点0.080.992106--1-0----0
中田翔599.265 25HR 106打点0.410.998111--4---0--0
今江年晶465.276 10HR 49打点-0.361.08-297--4--2-----1
伏見寅威201.274 *1HR 17打点-0.210.99-1950-5-------
T-岡田333.225 13HR 43打点-0.550.99-586--6----3---
銀次552.276 *5HR 48打点-0.091.08-493--9-2-----0
内川聖一296.242 *8HR 30打点-0.851.00-1070--15-------
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
浅村栄斗西640.310 32HR 127打点3.461.0935148--35------
中村奨吾639.284 *8HR 57打点1.280.8616122--16------
牧原大成264.317 *3HR 26打点0.661.004114--4---0--
田中賢介124.295 *0HR *8打点0.120.991107--1-----0
杉谷拳士130.231 *3HR *9打点-0.120.99097--0--000-
渡邉諒183.242 *7HR 14打点-0.280.99-195---10-----
呉念庭西11.091 *0HR *1打点-0.191.09-2-75---1------1
渡辺直人111.208 *2HR 12打点-0.181.08-285---100---0
本多雄一101.259 *1HR *8打点-0.041.00-188---1------
太田賢吾41.194 *0HR *5打点-0.260.99-246---100----
川瀬晃36.188 *0HR *2打点-0.331.00-320---2--1----
山足達也72.167 *1HR *7打点-0.400.99-454---2-1-----
小島脩平54.120 *0HR *2打点-0.610.99-7-17---3---3-1-1-
山﨑剛84.232 *0HR *7打点-0.371.08-551---3--1----
川島慶三152.268 *3HR 16打点-0.201.00-478---4------
福田周平345.264 *1HR 15打点-0.430.99-489---4-0----
藤田一也289.266 *4HR 16打点-0.441.08-487---4------
横尾俊建210.207 *9HR 24打点-0.880.99-864--1-5-3--1--0
石井一成163.189 *1HR *4打点-0.840.99-1045---6-1-1----
大城滉二428.231 *4HR 28打点-1.770.99-1764---8-50-1-4--
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
中村剛也西392.265 28HR 74打点1.531.0916137---14----0
松田宣浩580.248 32HR 82打点1.231.0014121---11-----
鈴木大地558.266 *8HR 49打点0.300.868113---5----0
金子一輝西14.357 *1HR *2打点0.061.091175---1-----
ウィーラー413.269 15HR 58打点0.371.084108---1----0
レアード505.233 26HR 65打点0.240.993105---0-----
鈴木昂平22.176 *0HR *0打点-0.210.99-226----1-1----
西野真弘207.293 *0HR 16打点-0.090.99-196--0-2-----
山田遥楓西19.059 *1HR *2打点-0.191.09-20----2-----
白崎浩之73.239 *1HR *9打点-0.170.99-276----2-----
内田靖人193.198 12HR 25打点-0.371.08-384--2--3-----
小谷野栄一258.209 *1HR 17打点-1.380.99-1450--4--11-----2
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
源田壮亮西666.278 *4HR 57打点0.261.09-593----16----
今宮健太405.266 11HR 45打点-0.051.00099----13----
茂木栄五郎413.247 *7HR 24打点-0.351.08-687----7----
中島卓也449.261 *1HR 23打点-0.740.99-1276----2----
平沼翔太9.333 *0HR *0打点0.030.990114----0----
三木亮41.235 *0HR *4打点-0.230.86-253----0-1---
藤岡裕大611.230 *5HR 42打点-2.550.86-2070-----1----
西巻賢二82.247 *0HR *3打点-0.401.08-547---1--2----
西田哲朗113.211 *4HR 16打点-0.521.00-745--1-20-2----
髙田知季153.188 *2HR 15打点-0.781.00-852---3--2----
村林一輝49.114 *0HR *2打点-0.711.08-7-27---1--4----
三好匠54.104 *0HR *0打点-0.781.08-8-29----1-5----
安達了一514.219 *3HR 41打点-2.700.99-3343-----16----
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
吉田正尚598.321 26HR 86打点4.390.9942163-----25-95
近藤健介555.323 *9HR 69打点2.790.9930149-----19-17
中村晃580.292 14HR 57打点1.741.0015123-1---7-1-
島内宏明453.292 11HR 53打点1.181.0812124-----7020
グラシアル202.292 *9HR 30打点0.511.007129-00--3-12
栗山巧西363.256 *8HR 52打点0.581.095112-----2--1
塚田正義45.270 *3HR *6打点0.241.003161-0---2-1-
長谷川勇也112.287 *5HR 20打点0.371.003126-----1--1
角中勝也470.265 *7HR 57打点0.070.864107-----1--1
吉田雄人6.167 *0HR *0打点-0.050.99-1-24-----00--
愛斗西3.000 *0HR *0打点-0.071.09-1-132------1---
細谷圭27.182 *0HR *1打点-0.110.86-161-0----1---
島井寛仁9.000 *0HR *0打点-0.251.08-2-132------1-1--
斉藤彰吾西104.241 *1HR *8打点-0.171.09-284------1--1-
城所龍磨26.167 *1HR *2打点-0.141.00-238------2---
フェルナンド16.188 *0HR *0打点-0.171.08-2-14------2---
根元俊一45.186 *0HR *3打点-0.420.86-54--1----3---1
岩見雅紀24.000 *0HR *0打点-0.621.08-6-132------4---2
ディクソン60.175 *1HR *3打点-0.541.08-613------5---2
菅野剛士161.176 *2HR 18打点-0.710.86-573------5--1-
岡島豪郎241.190 *3HR 15打点-1.321.08-1447------10-1-5-
金子侑司西356.223 *1HR 34打点-1.271.09-1758------12--6-
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
柳田悠岐550.352 36HR 102打点6.421.0063202-----14531
秋山翔吾西685.323 24HR 82打点4.901.0945159------29--
西川遥輝636.278 10HR 48打点2.690.9920128------5--
伊志嶺翔大57.283 *0HR *2打点-0.030.861113-----00-0
宮﨑祐樹102.238 *3HR *8打点0.080.992115-------100
岡田幸文18.214 *0HR *0打点-0.230.86-156-------1--
八百板卓丸45.184 *0HR *0打点-0.341.08-336------1-2-1-
小田裕也164.287 *2HR 15打点0.110.990102-------20-
後藤駿太43.216 *0HR *4打点-0.220.99-251-------3--
聖澤諒69.194 *0HR *2打点-0.531.08-623------1-3-2-
オコエ瑠偉117.198 *2HR *6打点-0.791.08-842-------5-4-
武田健吾107.221 *1HR 12打点-0.560.99-647-----0-6-2-
岡大海166.204 *3HR 13打点-0.550.86-574-------80-
荻野貴司351.287 *2HR 25打点0.000.860100-------8--
田中和基465.265 18HR 45打点0.621.081103-------10--
宗佑磨289.233 *5HR 22打点-0.550.99-777-------14--
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
上林誠知608.270 22HR 62打点1.681.0013119------011-
大田泰示429.274 14HR 59打点0.900.9913127-----1011-
外崎修汰西510.287 18HR 67打点1.751.0916128---5-0-10-
ロメロ501.237 25HR 63打点0.500.995109-------31
杉本裕太郎14.250 *2HR *8打点0.190.992224-----0-2-
木村文紀西120.260 *3HR 12打点0.121.091104-----0-0-
淺間大基99.239 *3HR *7打点-0.010.990105-----0-0-
西浦颯大7.167 *0HR *0打点-0.070.99-132--------1-
姫野優也5.000 *0HR *0打点-0.110.99-1-29--------1-
ペゲーロ348.233 17HR 44打点0.031.08-197--------10
熊代聖人西10.000 *0HR *0打点-0.171.09-2-83--------2-
平沢大河353.213 *5HR 32打点-0.450.86-392-0--00-1-3-
加藤翔平132.231 *0HR *9打点-0.500.86-661-----0-3-4-
西村凌93.193 *2HR *8打点-0.550.99-735------1-3-4-
岡大海60.154 *0HR *7打点-0.480.99-526--------5-
清田育宏303.226 *2HR 27打点-1.240.86-1070------60-5-
松本剛139.222 *1HR *9打点-0.800.99-851---1---10-6-
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
アマダーDH234.269 20HR 42打点1.161.0812148-0------11
デスパイネDH469.238 29HR 74打点1.101.0014126-----0--11
大嶺翔太DH18.294 *0HR *0打点-0.020.86078-----0--0
李杜軒DH18.188 *0HR *3打点-0.100.86-153-0-------1
アルシアDH324.222 14HR 43打点-0.220.990101-----0---1
枡田慎太郎DH70.177 *3HR 13打点-0.231.08-367-0----1---2
マレーロDH245.201 11HR 26打点-0.330.99-291--3-------2
安田尚憲DH60.151 *1HR *7打点-0.360.86-448-0--1-----2
清宮幸太郎DH180.200 *7HR 18打点-0.320.99-480--1----1---3
松井稼頭央西DH41.154 *0HR *2打点-0.441.09-5-9------2---3
メヒア西DH234.212 *9HR 21打点-0.521.09-676-0-------8
福浦和也DH196.210 *1HR 11打点-1.330.86-1438---------15
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH


□個人投球成績(規定投球回以上)
岸孝之(楽)は[RSAA(失)]24.5,[ERA-]*68を記録。平均的な投手と比べて(失点率ベースで)24.5点分失点を少なく抑え、0.68倍の防御率を記録したことを示す。
岸孝之(楽)は[RSAA(F)]13.2, [FIP-]*83を記録。平均的な投手と比べて(FIPベースで)13.2点分失点を少なく抑え、0.83倍のFIPを記録したことを示す。
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
岸孝之159.0回 11勝*4敗2.723.2824.513.26883137551261.08.26083%
菊池雄星西163.2回 14勝*4敗3.083.2020.417.1767913183881.09.24876%
上沢直之165.1回 11勝*6敗3.163.0418.717.1777812466930.99.28476%
マルティネス161.2回 10勝11敗3.513.8510.50.985997569970.99.28876%
則本昂大180.1回 10勝11敗3.693.018.820.8927613379891.08.30674%
多和田真三郎西172.2回 16勝*5敗3.813.652.88.894907878591.09.28970%
西勇輝162.1回 10勝13敗3.603.407.27.996899361960.99.29275%
涌井秀章150.2回 *7勝*9敗3.703.803.3-2.69810483811180.86.29676%
山岡泰輔146.0回 *7勝12敗3.954.24-5.1-7.7105112104911480.99.27574%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%


□個人投球成績(チーム別)
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
千賀滉大141.0回 13勝*7敗3.513.895.92.394971451171231.00.28282%
バンデンハーク138.0回 10勝*7敗4.304.56-6.7-8.91161131131231231.00.25175%
石川柊太127.1回 13勝*6敗3.604.771.3-11.59811992941271.00.25781%
武田翔太124.2回 *4勝*9敗4.483.59-12.16.5122898784721.00.29065%
東浜巨103.0回 *7勝*5敗3.324.223.6-2.590105102891211.00.26080%
中田賢一91.2回 *5勝*3敗5.205.00-13.4-10.81411241001641091.00.28772%
加治屋蓮66.2回 *4勝*3敗3.383.394.45.1928497104601.00.31580%
森唯斗61.1回 *2勝*4敗2.793.397.24.6758412689951.00.27084%
大竹耕太郎48.2回 *3勝*2敗3.883.910.50.71059795781051.00.27775%
ミランダ47.2回 *6勝*1敗1.893.7011.21.85192109167541.00.20789%
モイネロ45.2回 *5勝*1敗4.533.77-2.61.3121941561491081.00.24569%
岡本健38.1回 *1勝*0敗3.054.023.90.08310070113661.00.29182%
嘉弥真新也33.0回 *2勝*1敗2.453.503.72.16687113101801.00.16574%
二保旭30.1回 *1勝*0敗5.345.46-5.7-5.214613661156721.00.30372%
高橋礼30.0回 *0勝*1敗3.004.493.2-1.78111263125561.00.23681%
攝津正29.2回 *2勝*4敗5.166.36-5.9-8.3140158891591791.00.24775%
松本裕樹28.2回 *1勝*2敗3.455.361.7-4.694133841331381.00.23888%
寺原隼人26.1回 *0勝*0敗2.394.293.6-0.86510785173281.00.29685%
五十嵐亮太20.0回 *0勝*1敗4.504.47-2.2-1.112311178138731.00.31374%
田中正義13.2回 *0勝*1敗8.567.75-6.9-6.12311931221113221.00.32471%
スアレス10.0回 *1勝*1敗6.304.02-2.60.0172100102116671.00.41271%
笠谷俊介7.2回 *0勝*1敗7.045.92-2.7-1.719414753182881.00.35771%
サファテ6.0回 *1勝*0敗3.001.420.71.9803518714201.00.30871%
松田遼馬3.0回 *0勝*0敗6.001.92-0.60.81594822325301.00.40060%
岩嵜翔2.0回 *1勝*0敗0.000.920.90.7023208001.00.000--
椎野新2.0回 *0勝*0敗9.008.42-1.1-1.12442096504291.00.1670%
笠原大芽1.0回 *0勝*0敗9.005.92-0.6-0.22541470001.00.40067%
飯田優也0.1回 *0勝*0敗54.0020.92-1.9-0.71466520039301.00.0000%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
多和田真三郎西172.2回 16勝*5敗3.813.652.88.894907878591.09.28970%
菊池雄星西163.2回 14勝*4敗3.083.2020.417.1767913183881.09.24876%
榎田大樹西132.2回 11勝*4敗3.324.0411.40.682999785891.09.29580%
十亀剣西124.1回 *5勝*8敗4.424.77-4.7-10.3109117861261071.09.26172%
今井達也西78.2回 *5勝*5敗4.814.65-6.8-5.41191141051221151.09.27670%
カスティーヨ西74.1回 *7勝*4敗4.484.44-1.9-3.211110986164541.09.24770%
ウルフ西66.0回 *4勝*4敗4.774.54-10.0-3.711811177751241.09.35370%
平井克典西53.0回 *3勝*1敗3.404.283.7-1.3841051391061491.09.23381%
野田昇吾西41.0回 *1勝*1敗3.515.242.9-5.7871281241601391.09.27487%
ヒース西39.2回 *4勝*1敗2.502.398.28.0625918861911.09.26784%
増田達至西38.1回 *2勝*4敗5.174.12-4.4-0.212710176641061.09.29867%
ワグナー西32.0回 *2勝*1敗4.224.98-5.5-3.510412291189731.09.27466%
武隈祥太西29.2回 *1勝*2敗6.375.31-7.6-4.4157130881641031.09.34869%
伊藤翔西26.1回 *3勝*0敗2.733.570.81.667876394311.09.27569%
小石博孝西26.1回 *1勝*0敗4.106.300.8-7.0101155491571251.09.24483%
松本直晃西24.0回 *0勝*0敗6.755.13-6.3-3.0166126791071271.09.32966%
マーティン西21.2回 *2勝*1敗2.083.665.51.15190165164821.09.28392%
髙橋光成西20.0回 *2勝*1敗4.504.82-0.3-1.811111892172791.09.25074%
高木勇人西19.2回 *1勝*2敗8.695.21-12.4-2.721412858138751.09.32445%
齊藤大将西16.2回 *1勝*3敗7.026.34-4.9-4.517315672216921.09.24564%
相内誠西15.2回 *0勝*1敗3.453.751.60.68592100126541.09.28378%
郭俊麟西15.2回 *1勝*0敗6.326.11-3.4-3.815615082892111.09.27169%
小川龍也西11.1回 *1勝*0敗1.592.742.51.83967857901.09.31480%
佐野泰雄西9.2回 *0勝*1敗8.388.51-4.3-5.1207209361282291.09.35373%
大石達也西9.0回 *1勝*0敗7.005.92-3.6-2.0173145911121671.09.34563%
田村伊知郎西5.0回 *0勝*0敗3.604.320.4-0.1891068001711.09.29487%
南川忠亮西4.2回 *0勝*0敗15.437.85-6.7-2.13801931241342661.09.62549%
本田圭佑西2.1回 *0勝*0敗23.1415.35-4.9-3.15693760804791.09.41738%
中塚駿太西2.0回 *0勝*0敗18.004.92-3.0-0.244412117237101.09.60043%
豊田拓矢西1.1回 *0勝*0敗13.505.17-1.4-0.2332127017201.09.33333%
髙橋朋己西0.0回 *0勝*0敗-----2.0------060301.091.0000%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
則本昂大180.1回 10勝11敗3.693.018.820.8927613379891.08.30674%
岸孝之159.0回 11勝*4敗2.723.2824.513.26883137551261.08.26083%
辛島航117.2回 *4勝*9敗4.053.891.61.210198105106891.08.31476%
古川侑利98.0回 *4勝*9敗4.134.221.2-2.810310699129981.08.28975%
藤平尚真81.1回 *4勝*7敗4.436.03-3.9-20.01101521021761771.08.21980%
美馬学79.0回 *2勝*6敗4.564.77-4.0-7.511312065791321.08.29174%
塩見貴洋68.1回 *2勝*3敗3.563.332.95.38884103341081.08.30473%
松井裕樹66.2回 *5勝*8敗3.652.324.113.29158175121531.08.31872%
青山浩二48.2回 *4勝*1敗1.853.3512.43.64684100123381.08.24386%
高梨雄平48.0回 *1勝*4敗2.442.552.18.26164135127181.08.28770%
ハーマン45.1回 *2勝*3敗1.992.688.87.04967130109411.08.28880%
池田隆英42.2回 *1勝*5敗5.914.35-12.5-1.914710963120731.08.35764%
宋家豪41.2回 *5勝*3敗1.733.8111.00.843961231481121.08.20495%
近藤弘樹29.0回 *0勝*2敗6.835.06-8.0-3.817012762811441.08.30061%
久保裕也26.1回 *1勝*0敗1.714.786.7-2.542120871151341.08.23199%
菅原秀23.1回 *0勝*0敗7.335.92-8.8-5.4182149911511861.08.25854%
福山博之21.1回 *1勝*2敗6.754.70-5.7-1.916811822164381.08.33364%
森雄大19.0回 *0勝*0敗2.375.083.1-2.55912861162941.08.25987%
森原康平17.0回 *1勝*2敗5.821.80-2.84.41454514148511.08.34051%
菊池保則13.0回 *0勝*0敗1.382.774.31.9347014785681.08.29496%
釜田佳直12.2回 *0勝*0敗8.535.84-5.9-2.821214773245561.08.31763%
小野郁10.1回 *0勝*1敗3.484.181.0-0.387105116112891.08.30881%
濱矢廣大9.2回 *0勝*0敗3.723.850.70.19397105115911.08.28678%
西宮悠介9.1回 *0勝*0敗3.865.390.5-1.696135132258911.08.30083%
安樂智大8.0回 *0勝*2敗10.135.17-6.1-1.12511302555871.08.35145%
西口直人7.2回 *0勝*0敗2.354.231.7-0.25810656411291.08.16787%
今野龍太5.0回 *0勝*0敗1.802.321.41.0455814721401.08.33388%
戸村健次1.0回 *0勝*0敗18.0018.92-1.5-1.844747601685361.08.40077%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
西勇輝162.1回 10勝13敗3.603.407.27.996899361960.99.29275%
山岡泰輔146.0回 *7勝12敗3.954.24-5.1-7.7105112104911480.99.27574%
アルバース114.0回 *9勝*2敗3.083.2111.48.082849753960.99.28077%
金子千尋100.0回 *4勝*7敗3.874.05-1.9-3.010310789941110.99.27874%
ディクソン99.0回 *4勝*6敗3.553.204.77.1948410884740.99.28874%
田嶋大樹68.2回 *6勝*3敗4.063.84-1.9-0.3107101126951340.99.27673%
増井浩俊65.0回 *2勝*5敗2.492.9811.46.46678132137630.99.29885%
吉田一将56.1回 *3勝*4敗3.832.871.56.31017512189750.99.27771%
近藤大亮54.0回 *3勝*3敗3.333.963.5-1.0881041241401360.99.19778%
山本由伸53.0回 *4勝*2敗2.893.135.04.3768211587820.99.24874%
ローチ50.1回 *2勝*3敗5.013.93-8.5-0.81341044577390.99.33365%
澤田圭佑49.2回 *5勝*0敗2.543.028.54.66780119631080.99.28886%
東明大貴39.2回 *1勝*4敗2.272.347.96.960628423280.99.27477%
松葉貴大36.1回 *2勝*1敗5.205.04-5.6-5.4138133781101650.99.29871%
比嘉幹貴35.1回 *0勝*2敗2.043.206.02.554848760970.99.22081%
黒木優太34.0回 *1勝*1敗4.503.42-1.71.5119909696900.99.32771%
山田修義21.1回 *1勝*2敗3.802.50-0.33.31006612782520.99.22854%
榊原翼18.0回 *0勝*0敗3.502.201.23.4935812611200.99.25063%
山﨑福也17.2回 *0勝*1敗4.584.39-3.1-1.3122116601011090.99.30667%
岸田護15.1回 *0勝*0敗2.351.492.94.262391263900.99.30273%
岩本輝14.2回 *1勝*2敗4.305.85-1.4-3.6114154591282070.99.21776%
金田和之12.1回 *0勝*0敗7.304.95-4.5-1.71941301151421340.99.45073%
小林慶祐9.0回 *0勝*0敗11.008.37-9.0-4.9294220961153480.99.50062%
K-鈴木7.1回 *0勝*0敗8.5911.38-5.7-6.6230299252473110.99.28670%
大山暁史5.1回 *0勝*0敗5.061.98-0.61.213552894800.99.42167%
齋藤綱記3.1回 *0勝*0敗5.402.32-0.50.6141611789600.99.0000%
海田智行2.2回 *0勝*0敗13.502.92-2.80.3367770000.99.35720%
青山大紀2.0回 *0勝*0敗4.508.42-0.1-1.11192228948100.99.40086%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
上沢直之165.1回 11勝*6敗3.163.0418.717.1777812466930.99.28476%
マルティネス161.2回 10勝11敗3.513.8510.50.985997569970.99.28876%
加藤貴之113.1回 *5勝*8敗4.533.35-5.37.4110869267760.99.32267%
有原航平110.2回 *8勝*5敗4.553.89-5.70.2111100102371490.99.30870%
高梨裕稔110.0回 *5勝*7敗4.504.80-7.1-11.911012394721890.99.27172%
村田透77.0回 *6勝*3敗3.273.495.83.880907866650.99.26471%
公文克彦54.0回 *2勝*0敗2.172.3811.49.8536112773550.99.30883%
トンキン51.0回 *4勝*4敗3.713.781.00.7909780119370.99.26771%
石川直也48.2回 *1勝*2敗2.592.807.76.4647214398810.99.30881%
玉井大翔48.0回 *2勝*3敗4.133.80-0.50.61019710573990.99.29972%
宮西尚生45.0回 *4勝*3敗1.802.9410.95.24475115126220.99.23182%
浦野博司41.2回 *2勝*2敗2.162.259.38.2535814563740.99.27082%
ロドリゲス37.2回 *3勝*2敗5.262.89-4.44.512874778500.99.32359%
上原健太37.1回 *4勝*0敗3.133.643.31.176938482780.99.26174%
堀瑞輝35.1回 *2勝*3敗5.866.35-5.8-10.31441631001292420.99.24774%
井口和朋32.2回 *1勝*1敗2.481.855.08.061471198200.99.28369%
鍵谷陽平27.1回 *0勝*0敗4.283.69-0.50.71049595110650.99.34174%
西村天裕23.0回 *2勝*2敗3.522.882.22.88674135138410.99.32377%
杉浦稔大12.2回 *2勝*0敗2.843.162.11.1708112975880.99.16170%
藤岡貴裕9.2回 *0勝*2敗6.523.85-2.20.1159997320800.99.38765%
斎藤佑樹8.2回 *0勝*1敗7.2710.07-3.8-6.4178258373131840.99.23173%
田中豊樹7.2回 *0勝*0敗11.744.49-6.2-0.52861151161541090.99.41741%
白村明弘4.2回 *0勝*0敗9.644.64-3.7-0.423311996511800.99.41239%
宮台康平4.2回 *0勝*0敗3.865.490.3-0.9941416919500.99.26780%
吉田侑樹3.2回 *0勝*1敗7.363.47-4.20.2176895511700.99.37525%
新垣勇人2.0回 *0勝*0敗9.003.42-1.00.1215885010700.99.44460%
北浦竜次1.0回 *0勝*0敗0.000.920.50.4024183000.99.000--
立田将太1.0回 *0勝*0敗0.000.920.50.4024183000.99.000--
石井裕也0.1回 *0勝*0敗0.002.920.20.00750000.99.000--
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
涌井秀章150.2回 *7勝*9敗3.703.803.3-2.69810483811180.86.29676%
石川歩133.1回 *9勝*8敗3.923.93-0.5-4.210310772621240.86.28073%
ボルシンガー117.2回 13勝*2敗3.063.369.34.2819292107680.86.27275%
有吉優樹106.0回 *6勝*5敗3.744.70-1.8-13.29812861801500.86.28878%
二木康太100.2回 *4勝*7敗3.933.37-3.53.5104921131001000.86.28968%
酒居知史83.2回 *2勝*6敗5.594.87-19.0-12.1148133771121490.86.29664%
益田直也64.1回 *2勝*6敗3.083.593.10.682981211221050.86.22873%
内竜也58.2回 *3勝*5敗3.843.011.54.61028211794960.86.28472%
唐川侑己47.2回 *1勝*3敗2.833.614.60.3759986631230.86.27079%
大谷智久41.2回 *1勝*3敗5.405.08-6.1-7.1143139991062180.86.32078%
チェン K.41.1回 *0勝*1敗3.924.95-1.3-6.4104135801341560.86.27278%
松永昂大40.0回 *2勝*5敗3.152.923.13.58380107125270.86.33677%
種市篤暉38.1回 *0勝*4敗6.104.25-10.6-2.716111687921370.86.30357%
シェッパーズ37.2回 *1勝*3敗4.543.16-3.92.312086104118540.86.37170%
南昌輝33.0回 *2勝*2敗3.002.532.04.5796910013300.86.35276%
土肥星也28.1回 *2勝*1敗5.085.22-3.2-5.3134142671521480.86.29274%
渡邉啓太28.0回 *0勝*1敗4.824.06-5.2-1.31271114992720.86.33366%
田中靖洋26.1回 *2勝*1敗4.443.53-1.00.41179674531230.86.27369%
岩下大輝25.2回 *1勝*3敗4.563.23-2.31.3120887613200.86.32667%
高野圭佑17.1回 *1勝*0敗4.153.21-0.10.9109887265630.86.37974%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%


| 2018年セリーグwOBAとRSAA | 2018年パリーグwOBAとRSAA |
| 2017年セリーグwOBAとRSAA | 2017年パリーグwOBAとRSAA |
| 2016年セリーグwOBAとRSAA | 2016年パリーグwOBAとRSAA |
| 2015年セリーグwOBAとRSAA | 2015年パリーグwOBAとRSAA |


備考
wOBAの係数はBaseball-LAB「打撃指標wOBA」を参考にしました。
守備位置は先発出場守備位置から判定しました。
球場補正は2017年,2016年,2015年のPFを4:2:1で加重平均したものを用いて、本拠地試合割合から跳ね返り係数を算出し、
「リーグの平均的な打者が同じ環境で同じ打席を消化した場合に、どれだけ打撃内容が変化するか」
「リーグの平均的な投手が同じ環境で同じ投球回を投げた場合に、どれだけ投球内容が変化するか」を基準に行いました。
DER守備得点の算出はBaseball-LAB「
DERでチーム守備力を計測する」を参考にしました。投球の守備補正はこちらを参照。

コメント

今年も月曜日に楽しみにしてます!

オリックスは酷いですね…。宮内オーナーの体調がまた悪化してしまう…。

Re: タイトルなし

Yamagamiさん、コメントありがとうございます!
大変励みになります!

UZRと合わせて見ても、今季は野手が攻守両面であまり良くないですね。

内川選手はどうなるでしょうか?
試合を見ていると運が悪いのかなと思うのですが…
年齢を考えると衰えてもおかしくないので

Re: タイトルなし

ITさん、コメントありがとうございます!

今季は三振の少なさはキャリアハイペースですが、四球と長打が例年と比べて少なくなっていますね。
1.02のBatted-Ballを見ても強い打球が飛ばせなくなっている形跡が確認でき、
警戒されなくなったことでボール球が減り、その結果として四球が減ったように感じます。

コンタクトや選球眼は例年並みの水準を維持していることに加えて、
最近は長打が増えてきているので、一時的な不調だったようにも感じますが、
年齢が年齢だけに、仰る通り不可逆的な衰えであってもおかしくないと私も感じます。

No title

今年のパの得点数は不思議ですね。
http://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-2290.html
5/5終了時点でリーグ野手平均OPSはわずか.699であるにもかかわらず、
失点率は4.22にまで達していて、防御率は赤い星判定目前の3.98と、打高シーズンとなっています。
正確にはわかりませんが、セでも平均OPSは昨年並みなのにかかわらず打高傾向にあるようです。
計算が間違っているのでしょうか?
OPSと失点率は今までのところ相関関係にあるように見えましたが、今年になってここまで差が開いた理由はどこにあると思われますか?

Re: No title

すいすいさん、コメントありがとうございます!

今季は両リーグ全体の傾向として、クラッチ度が高いのが原因だと思います。
例年と比べて「良いところで安打が出る」傾向が強いので、
打率や本塁打から推定される値より、実際の得点が多く入っているようです。

例年と比べて、得点圏打率と打率の乖離も大きくなっています。
(得点圏打率でクラッチ度を全て評価できるわけではありませんが、
全体像をおおまかに掴むにはこの指標でも十分だと思います。)

リーグ平均打率 / リーグ平均得点圏打率 / 差
2018セ .251 / .270 / .019
2017セ .251 / .259 / .008
2016セ .253 / .257 / .004

2018パ .245 / .266 / .022
2017パ .250 / .258 / .008
2016パ .259 / .262 / .003

「こうした(=クラッチ度が高い)傾向が現れた原因は何か」というテーマに関しては、
1打席1打席の結果を丹念に辿っていかないと明らかにできないので、
正直なところ私のような個人には手に余る問題ですが、
劇的に何かが変わったとも思えないので、おそらく運の要素が強いのではないかと考えます。
つまり、「たまたま」良いところで安打が出ているのではないかと。

まだ今季も1/5を消化したところですし、シーズンの進行に伴ってサンプルサイズが大きくなるのに従って、
例年通りのOPSに対応した失点率に収束していくのではないかと考えます。

No title

samiさん、ありがとうございます!
想像以上に顕著な変化ですね。
片方のリーグのみの得点圏打率の変化ならば偶然だと思えるのですが、
両方のリーグで同時に得点圏打率と打率が不自然なほど乖離するというのは不思議ですね。

年間を通じてOPSと比較し得点が多すぎる・少なすぎるという事例が過去に存在する以上、
(多すぎる:2000パなど、少なすぎる:1972-1973パ、1986パなど)
今年は(現時点では)2000パのような年だと考える以外になさそうですね。

Re: No title

すいすいさん、返信ありがとうございます!

>今年は(現時点では)2000パのような年だと考える以外になさそうですね。
そうだと思いますね。

ここ数年のデータを見ると、フルシーズン換算では
「リーグ平均得点圏打率」と「リーグ平均打率」の差は1分以内におおむね収束している一方、
「チーム平均得点圏打率」と「チーム平均打率」の差が2分以上に開くことはそこまで珍しくありません。
現時点での今季のリーグ全体のサンプルサイズは後者と同じくらいですから、運の要素で説明できそうな乖離ではあります。

>片方のリーグのみの得点圏打率の変化ならば偶然だと思えるのですが、
>両方のリーグで同時に得点圏打率と打率が不自然なほど乖離するというのは不思議ですね。
シーズンが終わってもこの傾向がそのままなら、何らかの変化が起きたと言えるかもしれませんね。
個人的にちょっと思ったのは、リクエスト制の導入が何らかの変化をもたらした可能性でしょうか。
おそらくリクエストが多く発生するのは得点の絡む場面でしょうからね。

リクエストには「アウトからセーフになるケース」と「セーフからアウトになるケース」の両方があると思いますが、
後者より前者の方が多く発生するのなら、全体の傾向としてクラッチ度が上がる可能性は考えられるかもしれません。
(そこまで影響を与えるほどリクエストは絶対数自体が多くないかな、とも思いますが)

西武打線の得点利益が5月の初めにして、物凄いことになってますね
この成績をシーズン終了まで保てば、歴代打線1位の傑出度になるのでしょうか?

Re: タイトルなし

開聞岳さん、コメントありがとうございます!

>この成績をシーズン終了まで保てば、歴代打線1位の傑出度になるのでしょうか?
はい。その通りです。
ここまでの西武打線は、パリーグの平均的な打線と比べて1試合あたり2.16点多い得点を記録しています。
本拠地が打者優位球場なのでPFを考慮すると数値は落ちますが、それでも2点以上を上積みできています。

http://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-2463.html
昨季に広島打線の猛打を取り上げましたが、この時の広島打線の上積みですら1.57点/試合に過ぎません。
シーズン終了時点まで現在の得点力を維持できるのであれば、歴代最強打線と断言してもよいと考えます。

No title

ソフトバンクは打撃のマイナスを圧縮していますが、
そのマイナスが集中している今宮内川が柳田の前後になっているのがまずいですね。
一般に打順は得点生産にそれほど寄与せず、
意図的に悪い順に並べたりしない限り大きな差はつかないと言われますが、
図ったように非効率な並びになっています。

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!

仰る通りで、ソフトバンクの組み方は非効率なものになっていますね。

1番 98
2番 84
3番 232
4番 63
5番 105
6番 128
7番 110
8番 80
9番 74

各打順で先発した打者の平均wRC+は以上のようになっています。
一般的にセイバーメトリクスでは1番2番4番に強打者を入れるのが正解とされますが、
その1番2番4番よりも、3番5番6番7番の方が得点生産力が高くなっていますね。

首脳陣も内川の不調は読めなかったでしょうし、開幕当初に意図した形にはなっていないのでしょうが、
1番2番に入れる面子はもう少し工夫できたのではないかと思う次第です。
(これに関しては今季に限った話ではないんですけれども...)

返信ありがとうございます

起用する側としては結果が最初から分かってるわけではないですし、
昨年好調だった今宮、内川に期待するのは致し方ない部分もあるんですが、
他に駒がないわけじゃないのになあとは毎年思いますね。
中村は出塁、松田デスパイネは長打で安定して成績を残していますし、
柳田の前後に置くなら彼らで不足は無さそうなんですが。

リーグは違いますがヤクルトも効率悪そうですね
坂口、青木は山田、バレンティンの前に置いた方が良さそうだと思うんですが…

西武打線がここ数試合落ち込んでいますね。
今までが順調過ぎたとは思いますが、ここまで完封試合が続くとなると運の偏りもあるのでしょうか?

Re: 返信ありがとうございます

カンザスさん、返信ありがとうございます!

>中村は出塁、松田デスパイネは長打で安定して成績を残していますし、
>柳田の前後に置くなら彼らで不足は無さそうなんですが。
今季の成績であってもそれがベターだと思いますね。
このところ中村を1番に入れたり、内川の抹消でデスパイネが4番に入れたりと、
工藤監督も試行錯誤しているようなので、今後の変化に期待したいです。

Re: タイトルなし

ITさん、コメントありがとうございます!

各打順で先発した打者の平均成績(5月15日時点)
出塁率 / 長打率 / wRC+
1番 .421 / .550 / 159
2番 .372 / .346 / *94
3番 .405 / .523 / 146
4番 .394 / .489 / 134
5番 .347 / .380 / *90
6番 .401 / .424 / 121
7番 .285 / .316 / *50
8番 .267 / .218 / *19

現時点のヤクルトは「1番最強打線」になっていますね。

日本プロ野球全体に言える傾向ですが、2番の得点生産力が低いのは言わずもがな、
長距離砲の山田哲人が進塁能力を活かしにくい1番に入っている点も少々もったいないと思いますが、
打順の強弱だけ見ればそこまで非効率な組み方にはなっていないかな、というのが個人的な感想です。

「1番2番4番に強打者を入れる」、「出塁型打者と長打型打者を交互に入れる」セオリーを踏まえて、
1番坂口、2番山田、3番青木、4番バレンティンみたいな組み方が私は好きですね。

統計的な研究では、同じ平均得点を記録する打線であっても、
「長打特化打線」より「出塁特化打線」の方が試合毎の得点のムラが大きいと言われています。
「出塁特化打線」はビッグイニングを作りやすい一方で、無得点に終わるイニングも多くなるからですね。

このような観点で見ると、今季の西武打線はどちらかと言えば「出塁特化打線」なんですよね。
パリーグの中で本塁打の出やすい本拠地を抱えながらも、現時点でチーム本塁打は3位に留まっている一方、
一方でBB%とBABIPはダントツのリーグNo.1、出塁率も2位のロッテと4分近く離して1位になっています。
そういう意味では、平均得点の割に得点力にムラが生じやすい打線ということは一つ言えるのではないかなと思います。

No title

大田は柳田、秋山に次ぐwar3位につけており、日ハムの新たなストロングポイントになっていますね。
彼が巨人にいれば陽の穴は埋まったのではないかと思うとなんとも皮肉ですが…
若い時期から守れる大砲の片鱗は見せており、プロスペクトとして期待されていたのは間違いないと思うのですが、
コンタクトの不足を長打で補うタイプなのに、見逃し三振に厳しい原監督の指揮下だったのが不運でしたかね。
橋上コーチがずっと巨人にいれば違う未来があったのかな、とつい考えてしまいます。

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!

大田は本当に良い掘り出し物でしたね。トレード時はここまで伸びるとは思いませんでした。
近年の巨人は両翼で負債を抱えることが多いので、
「もし上手く育成できていたら...」と思わずにはいられないですね。

本人もコメントしていましたが、巨人の指導方法と相性が悪かったのだと思います。
環境の変化でこれだけ成績を伸ばす選手が存在する事実を目の当たりにすると、
これまでに日の目を見なかったプロスペクトたちも、もしかしたら...と思ってしまいます。

No title

外崎は三塁手として攻守に大きく貢献していますね。他球団のレギュラー陣がやや振るわない影響もありますが。
パの三塁手はちょうど世代交代期なので、よそがもたつけば西武は三塁手でもアドバンテージを築けるかもしれません。
また複数ポジションを守れる選手は攻撃力不足なタイプが多いのですが、外崎は平均以上に打撃で貢献しています。
まだ未知数な部分は大きいですが、起用の柔軟性も含め強力なカードに成長できるのではないかと期待しています。

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!

パ全体(NPB全体?)の傾向として三塁手が不足する中で、外崎はかなり面白い存在になりましたね。
ここまで三塁守備をそつなくこなすとは思っていなかったのが正直なところです。
西武は両翼のプロスペクトが豊富なので、彼らで両翼を埋めて外崎は三塁に、という長期的なプランも見えてきました。

守備だけでなくて得点創出のスタイルもあまり類を見ない選手ですよね。
三振がそこそこ多くて本塁打が多い割に二塁打/三塁打が少ないので、
出たての鈍足の長距離砲がポテンシャルを発揮し始めた時期のような打撃成績なんですが、
それなのに走塁・盗塁がかなり上手いんですよね。なかなかどこが強みなのかが掴めない選手だなと。

掘り下げれば掘り下げるほど興味深い選手です。

No title

荻野の打撃成績でポジション平均がマイナスになってしまうとはセンターの平均打力はかなり高そうですね。
柳田と秋山が大きく押し上げているんでしょうが。

松井裕樹は不調と今年は言われていますがFIPで見るとむしろ平均を上回っていますね。
BABIPやLOBといった要素で不運が重なってそこまで力が落ちていないのに実際のパフォーマンスより低く評価されてる可能性もありそうです。

Re: No title

コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

今季のパは中堅手の平均OPSが全ポジションで一番高くなっています。
仰る通り、秋山翔吾・柳田悠岐という歴史的な打者が2人存在することが大きいですね。
昨季は2リーグ分立後では中堅手の平均打力が最も高いシーズンでしたが、今季はそれを更新することになるかもしれません。

今の松井裕樹の防御率は実力を反映したものではないと私も思っています。
ただ松井の場合、FIPもなかなか額面通りに取りづらい部分があるかなと。
これだけ優秀なFIPが出ているのは本塁打を1本も打たれていないことが大きく効いていますが、
被本塁打もある程度のサンプルサイズを確保しないと、実力が十分に反映されないスタッツなので...

No title

今年のソフトバンクはよくホームランを打つし打たれるなと思い、何の気なしにチームHR/FBを調べたんですが、
攻撃時が13.6、守備時が12.0とここ数年では飛び抜けた高値になっています。狭いので高めに振れるのはありうる事なんですが、
両方ともここまで極端な数値が出るのは運以外の要因があるのでしょうか?

No title

今期の柳田は例年より四球が少ないと思うのですが原因はあるのでしょうか?

Re: No title

コメントありがとうございます!

例年と比べて早打ちになっていることが主な要因だと思います。
今季はストライクゾーン・ボールゾーン共にスイングする割合がかなり高くなっています。
(特にストライクゾーン内のスイング率は昨季までのキャリアハイを大きく上回っているため、
意識的に早く打ちに行っている可能性が高いように感じます)

今季はボールゾーンに投げ込まれる割合が低いのも影響しているようです。
鳥谷敬や西川遥輝のような「少ないボール球を高い精度で見極める」タイプの打者とは異なり、
柳田は「大量に投げ込まれるボール球をそこそこの精度で見極める」ことで四球を稼ぐタイプなので、
ボール球の供給が減ったことがダイレクトに四球減につながった印象を受けます。

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅れまして申し訳ございません。

1.02で確認すると、打つ方も打たれる方も2014年以降の最高値になっていますね。
今季のパークファクターが示している通り、本拠地で際立ってホームランが出ているわけではないため、
「本拠地が狭いから」だけでは説明がつかない数値だと思います。

今季はソフトバンクだけでなくセパ両リーグでホームランが増加しているため、
極端な数値が出ている原因は、ソフトバンクだけに起因しているわけではなく、
NPB全体の環境の変化に起因する部分も大きいと考えています。

特にパリーグでは3年間で打者がフライをホームランにする割合が35%も上がっているので、
例えばHR/FBを生値でなく傑出度で評価すると、今季の突き抜け具合は多少マイルドなものになりますね。
(傑出度で見ても2014年以降の最高値に変わりはないのですが、「極端に高い数値」とまでは言えないのではと思います)

2018セ HR/FB 平均 *9.6 広 12.4 傑出度 1.29 被HR/FB 平均 10.1 巨 11.1 傑出度 1.10
2018パ HR/FB 平均 10.0 ソ 13.6 傑出度 1.36 被HR/FB 平均 *9.5 ソ 12.3 傑出度 1.29 <<<
2017セ HR/FB 平均 *8.9 広 10.4 傑出度 1.17 被HR/FB 平均 *8.8 ヤ 10.9 傑出度 1.24
2017パ HR/FB 平均 *9.2 ソ 12.1 傑出度 1.32 被HR/FB 平均 *9.3 ソ 10.2 傑出度 1.10
2016セ HR/FB 平均 *8.5 広 10.5 傑出度 1.24 被HR/FB 平均 *8.6 D *9.8 傑出度 1.14
2016パ HR/FB 平均 *7.5 日 *9.1 傑出度 1.21 被HR/FB 平均 *7.3 ソ *9.2 傑出度 1.26
2015セ HR/FB 平均 *6.9 D *8.2 傑出度 1.19 被HR/FB 平均 *7.0 D *7.9 傑出度 1.13
2015パ HR/FB 平均 *7.4 西 *9.8 傑出度 1.32 被HR/FB 平均 *7.3 ソ *8.1 傑出度 1.11
2014セ HR/FB 平均 *8.2 広 *9.8 傑出度 1.20 被HR/FB 平均 *8.3 ヤ *9.9 傑出度 1.19
2014パ HR/FB 平均 *7.1 西 *8.7 傑出度 1.23 被HR/FB 平均 *6.9 ロ *7.7 傑出度 1.12
出典:https://1point02.jp/op/index.aspx

「なぜこうした変化が起こったのか」と問われると、私が手に入れられる範囲のデータでは断言はできないのですが、
ホームランの出やすさが、反発係数と強く連動してきた近年の傾向を踏まえると、
今回のホームラン増加も「使用球の反発係数が上がった」と考えるのが一番自然なのかな、と思ったりします。

NPBは2015年から反発係数の規定値を撤廃し、計測結果の公表もされなくなってしまったので、何とも言えないんですけどね。
ただ、構成選手の入れ替えや技術面の進歩だけで、これだけの増加が起こるというのはちょっと考えづらいと思います。

返信ありがとうございます

使用球が統一されて以降、HR/FBは徐々に増加していますね。NPBがバランスのいい地点を探っているんでしょうか?
ソフトバンクの本拠地特性、守備陣の能力を考えると、ゴロピッチャーを優先起用する戦略も取れそうですね。
奪三振、与四球ともに平凡ながら、GB/FBで非常に優れた数字を残している加治屋のブレイクも肯けます。
ただ彼の場合強い打球を打たれる割合が高く、babipが高いのが気がかりですね。苦労して芽が出て来た選手なので、来年以降も定着してほしいのですが。

Re: 返信ありがとうございます

カンザスさん、コメントありがとうございます!

「集客数upを狙って戦略的に飛ぶボールを使っている」みたいな狙いがあるなら、抜け目ないなと思うんですけどね笑
ホームランがいっぱい出て、得点もたくさん入るような環境の方が、集客はおそらく伸びやすいでしょうから。

使用球の反発係数を意図的に変更するというのは、個人的にはちょっと考えにくいのかなと思っています。
現在のNPBは、「妙なボールを使っている」という評判が立つことに対して、かなり過敏になっているように見えるので。
反発係数規定が撤廃された理由も、「反発係数の許容幅が狭く『違反』が生じやすいことが混乱を招く」だったくらいですからね。
そうしたリスクを払うようなことはたぶんしないんじゃないかなと思うんですよね。

ソフトバンク投手陣は、本拠地やバックの守備能力を考えると、
三振を取る妙味が相対的に乏しく、ゴロを打たせる妙味が大きい環境に置かれていると思いますね。
仰る通り、加治屋はこうした環境を最大限に生かせる投球スタイルであるように感じます。

ソフトバンク投手陣全体に関して言えば、ここ数年は高奪三振率、低ゴロ率を記録する投手が多く、
環境とややミスマッチな構成になっている印象は受けますね。
スピンの効いたフォーシーム主体の投手が多いのが影響しているんじゃないかなと、個人的には思っているのですが。

返信ありがとうございます

狭い球場を本拠地とするチームが失点を減らそうとすると、
バットに当てさせないか、ゴロを打たせ本塁打のリスクを減らすかの二通りに分かれると思います。
近年のソフトバンクは高い奪三振率を維持し、前者の方法で失点抑止に成功していました。
ところが原因は不明ですが、DELTAのゾーン周りの数値を昨年と比較すると
特にボールゾーンでの被スイング率の低下、コンタクト率の上昇が見られ、ファーストストライク率、空振り率も低下しています。
ソフトバンクだけでなくリーグ全体でもそのような傾向なんですが、
元々ボール球を振らせて三振を狙う戦略をとっていたためマイナス方向に噛み合ってしまい、苦しいカウントでの勝負を強いられ
ボールが飛ぶようになったことも合わせて与四球、奪三振、被本塁打全てが悪化する結果になっています。
偶然や投手の不調でなく他球団のアプローチの変更が原因なら、戦略の変更を考える必要がありそうですね。
ただ奪三振とGB/FBは相反する傾向にあり、現状の投手陣の資質と噛み合わない恐れがある上、この傾向が続く保証もないため
バッテリーで完結できる奪三振を重視するのが悪手だと言い切れないのが難しいところです。

No title

いつも楽しみさせてもらってます。

まだシーズンが終わったわけでありませんが歴代の打線アーカイブを見ても今年の西武のようにスタメンのほとんどのrcwinがプラスになる打線はないような気がします。過去のコメントにもありましたが、このままいくと仮定すると歴代でも最強の打線になりそうですか?

Re: No title

九番ライトさん、コメントありがとうございます!

そう仰っていただけますと幸いです。

今季の西武打線に関しては、歴代最強だと断言するまでは至りませんが、
歴代最強候補には入る打線だというのが個人的な見解です。

例えば、今季の西武はパ・リーグの平均的な打線に対して、1試合あたり1.28点多く得点を記録していますが、
足を引っ張ってリーグ平均を下げる球団が消滅した12球団制移行後に限れば、
同年同リーグの平均的な打線に対して、これより多く得点を上積みしたチームは存在しません。(1978年阪急の1.24点が次点)

ただ、これは球場の影響が考慮されていない単純な指標ですので、それも考慮に入れると事情が変わるかと思います。
現在のメットライフドームはやや得点が入りやすい球場ですから、西武打線は若干有利な環境でプレーしていることになります。
シーズン終了後に確定したパークファクターの値を使ってきっちり補正値を算出したいと思いますが、
現時点の暫定値を見る限りでは、昨季の広島打線の方が上になるのでは、と予想しています。

とはいえ、1950年松竹打線、2005年ロッテ打線、2017年広島打線辺りと並んで、
最強候補には確実に入ってくる打線だと考えます。

こちらの記事が参考になりますと幸いです。
この記事と同じロジックで「球場補正込みで平均に対して上積みできた得点」を算出すると、
今季の西武打線は1.15点/試合辺りの水準になると思われます。
http://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-2463.html

No title

返信ありがとうがございます。
そう考えると昨年のカープの打線はとてもすごかったんですね!これからも記事楽しみに読ませていただきます!

Re: 返信ありがとうございます

カンザスさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

今季のソフトバンク投手陣は、面子はほぼ同じなのに与四球が大幅に増えてしまいましたよね。
ボールゾーンスイング率の悪化が特に顕著なので、ボール球を上手く見逃されるようになって与四球を増やしたように見えます。
この原因は、ソフトバンク投手陣の不振と他球団のアプローチ変更のどちらか(か両方か)だと私も思います。

NPB全体のボールスイング率は、DELTA調べだと2014年以降は年々下がっています。
選球眼に優れる打者を起用する傾向が強くなっているのか、ストライクゾーン自体が狭くなっているのか分かりませんが、
球界全体でトレンドの変化が起こっていて、ソフトバンクがそれに対応できていない可能性は否定できないと思いますね。
(DELTAは中継映像からゾーン内外を判定していたと記憶しているので、
年度を跨いだ比較をする際に、鵜呑みにはできない可能性がある点は注意が必要ですが)

仰る通りで、たまたま現在はバックの守備が良いので奪三振の妙味が小さくなっていますが、
現在の守備力をずっと維持できるとは限らないため、周囲に依存せずにアウトを取れる奪三振はもちろん魅力的だと思います。

Re: No title

九番ライトさん、コメントありがとうございます!

私の中では、昨年のカープ打線は史上最強打線の最有力候補、
という気持ちはまだ変わっていません。
そう仰っていただると幸いです。今後ともよろしくお願い致します!

No title

西武の秋山、浅村、山川の得点が100を超えましたが
過去に100得点トリオのチームってあったんでしょうか

Re: No title

お味噌さん、コメントありがとうございます!

100得点トリオは日本プロ野球で4例目ですね。パ・リーグでは初めてです。

1949年大阪打線 別当薫  129得点 / 藤村富美男 116得点 / 金田正泰 108得点
1950年松竹打線 小鶴誠  143得点 / 岩本義行  121得点 / 金山次郎 104得点 / 三村勲 102得点
1985年阪神打線 真弓明信 108得点 / 掛布雅之  102得点 / R.バース 100得点
2018年西武打線 山川穂高 109得点 / 秋山翔吾  102得点 / 浅村栄斗 100得点

返信ありがとうございます

パ・リーグでは初めてだったんですね、勉強になりました。
得点王というタイトルが無いせいかあまり取り上げられないので、詳しく書いて下さってありがとうございます。

Re: 返信ありがとうございます

お味噌さん、コメントありがとうございます!

「その打者が生産した得点」の近似値を表す指標という観点で見ると、
打点と同じくらい重要な数字だと私は思っていますが、どうも馴染みが薄いですよね。
今後ともよろしくお願い致します。

No title

スマートフォン表示だと、守備位置別選手INDEXや守備得点、補正RCWIN(RSWIN)などのページにトップページから飛ぶことができないのですが、メニューに追加していただくことは可能ですか?
https://i.imgur.com/If1Cqhd.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2018年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 一軍打線
  De 西
 二軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2017]
 歴代打線守備力評価[-2017]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2017]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2018 2017 2016 それ以前
 二軍PF
 2018 2017 2016 それ以前
 種類別
 セリーグ パリーグ 得点PF
 セリーグ パリーグ 本塁打PF
 セリーグ パリーグ BABIP-PF
 セリーグ パリーグ 単打PF
 セリーグ パリーグ 二塁打PF
 セリーグ パリーグ 三塁打PF
 セリーグ パリーグ 三振PF
 セリーグ パリーグ 四死球PF
 球場別
 マツダスタジアム
 阪神甲子園球場
 横浜スタジアム
 東京ドーム
 ナゴヤドーム
 明治神宮野球場
 福岡ヤフオクドーム
 メットライフドーム
 楽天生命パーク宮城
 京セラドーム大阪
 札幌ドーム
 ZOZOマリンスタジアム
 広島市民球場
 川崎球場

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2017]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター