記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

PFを考慮した2019年パリーグwOBAとRSAA(シーズン終了時点)

パークファクターを考慮した打撃貢献と投球貢献についてまとめました。

□チーム打撃成績
順位球団基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
1位西武.266 174HR 756得点10.381.127111155281817-1-3126-21-17
2位ソフトバンク.251 183HR 582得点0.541.04-159713-19-206-521-13-1013
3位楽天.252 141HR 614得点-0.290.9822103-19127-4203-20214
4位ロッテ.250 158HR 642得点2.180.9445107-617-518-5-31715-4
5位日本ハム.252 *93HR 560得点-4.460.97-3794-11-4-4-15-16-81419-14
6位オリックス.243 102HR 544得点-8.300.95-8686-31-22-15-22618-24-69
※西武打線は[wRAA]71,[wRC+]111を記録。平均的な打線と比べて71点分多く得点を生み出し、1.11倍の得点創出力を持つことを示す。
※右の数値はwRAAをポジション別に分解したものです。西武の捕手は平均的な捕手と比べて55点分多く得点を生み出したことを示す。



□チーム投球成績
順位球団防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-DER守備得点得点PF
1位西武4.364.40-36-561041098310395.685-191.12
2位ソフトバンク3.633.934117949710811390.704151.04
3位楽天3.743.82-1371049910296105.706450.98
4位ロッテ3.913.852799698104101100.684-400.94
5位日本ハム3.763.68-17141029810289109.702300.97
6位オリックス4.063.78-391019810398105.685-290.95
※西武投手陣は[RSAA(失)]-36,[ERA-]104を記録。平均的な投手陣と比べて(失点率ベースで)36点分失点を増やし、1.04倍の防御率を記録したことを示す。
※西武投手陣は[RSAA(F)]-56, [FIP-]109を記録。平均的な投手陣と比べて(FIPベースで)56点分失点を増やし、1.09倍のFIPを記録したことを示す。
※西武投手陣は[K%+]83,[BB%-]103,[HR%-]95を記録。平均的な投手陣と比べて0.83倍の三振、1.03倍の四球、0.95倍の本塁打を出したことを示す。
※西武守備陣は[守備得点]-19を記録。平均的な守備陣と比べて19点分失点を増やしたことを示す。



□チーム総合成績
順位球団打撃守備投球総合勝敗成績貯金得点/失点点差
1位西武71-19-361580勝62敗1分18756得点695失点61
2位ソフトバンク-1515414076勝62敗5分14582得点564失点18
3位楽天2245-135371勝68敗4分3614得点578失点36
4位ロッテ45-40273369勝70敗4分-1642得点611失点31
5位日本ハム-3730-17-2465勝73敗5分-8560得点586失点-26
6位オリックス-86-29-3-11961勝75敗7分-14544得点637失点-93
※西武野手陣は平均と比べて打撃で71点分得点を多く生み出した、
 西武野手陣は平均と比べて守備で19点分失点を増やした、
 西武投手陣は平均と比べて投球で36点分失点を増やしたことを示す。



□個人打撃成績(規定打席以上)
吉田正尚(オ)は[wRAA]45、[wRC+]166を記録。平均的な野手と比べて45点分得点を多く生み出し、1.66倍の得点創出力を持つことを示す。
吉田正尚(オ)は[BABIP+]109、[K%-]55、[BB%+]142、[ISO+]164を記録。こちらは打撃スタイルを捉えることを狙いとした指標であり、
 平均的な野手と比べて1.09倍のBABIPを記録し、0.55倍の三振、1.42倍の四球を出し、1.64倍のISOを記録したことを示す。

選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+BABIP+K%-BB%+ISO+
吉田正尚610.322 29HR 85打点4.540.954516610955142164
森友哉西573.329 23HR 105打点4.321.124116312183142149
ブラッシュ527.261 33HR 95打点3.210.9837163110152172205
山川穂高西626.256 43HR 120打点3.341.123314790121155195
浅村栄斗635.263 33HR 92打点2.840.9830142104130164179
デスパイネ519.259 36HR 88打点2.381.042414193117135178
中村剛也西557.286 30HR 123打点2.731.1225140109118109166
秋山翔吾西678.303 20HR 62打点3.251.123013911685130115
荻野貴司569.315 10HR 46打点2.670.94241381175180109
近藤健介600.302 *2HR 59打点2.060.97251381197019773
鈴木大地614.288 15HR 68打点2.020.942513610863104116
井上晴哉509.252 24HR 65打点1.510.94191339499150147
外崎修汰西621.274 26HR 90打点2.461.1222131106113114151
レアード553.248 32HR 89打点1.160.941712794119114164
西川遥輝651.288 *5HR 41打点1.830.97181251198816472
島内宏明585.287 10HR 57打点1.080.98151221055711188
茂木栄五郎648.282 13HR 55打点1.360.981512011495114102
中田翔514.242 24HR 80打点0.590.9791158283123153
銀次590.304 *5HR 56打点0.410.988113113509957
大田泰示594.289 20HR 77打点0.730.9781131109752120
松田宣浩576.260 30HR 76打点0.951.0481139510264151
甲斐拓也454.260 11HR 43打点0.051.04210511712812287
ウィーラー472.243 19HR 67打点-0.400.98210489104102128
渡邉諒543.262 11HR 58打点0.030.97110210911410191
中村奨吾586.232 17HR 59打点-0.470.94-3958884103100
福田周平583.250 *2HR 38打点-0.840.95-888945111744
栗山巧西466.252 *7HR 54打点-0.561.12-68810611511670
源田壮亮西609.274 *2HR 41打点-0.481.12-1283104597452
内川聖一535.256 12HR 41打点-0.971.04-137890475877
金子侑司西524.251 *3HR 33打点-0.791.12-18691008310528
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+BABIP+K%-BB%+ISO+


□個人打撃成績(ポジション別/今季スタメン出場した野手のみ)
※右端の数値はwRAAをポジション別に分解したものです。森友哉(西)は平均的な捕手と比べて打撃で54点分得点を多く生み出したことを示す。
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
森友哉西573.329 23HR 105打点4.321.124116354-------1
甲斐拓也454.260 11HR 43打点0.051.04210514--------
清水優心246.259 *5HR 24打点-0.370.97-2924--------
岡田雅利西78.262 *1HR *7打点0.101.1211173--------
吉田裕太56.234 *2HR *7打点-0.160.940941--------
嶋基宏131.209 *3HR 15打点-0.390.98-3790--------
細川亨8.333 *0HR *1打点-0.020.940840--------
黒羽根利規3.000 *0HR *1打点-0.020.970390--------
郡拓也4.250 *0HR *0打点-0.030.970300--------
髙城俊人12.182 *0HR *0打点-0.100.95-120-1--------
駒月仁人西7.143 *0HR *0打点-0.091.12-1-42-1--------
髙谷裕亮42.167 *1HR *1打点-0.201.04-256-1--------
山下斐紹66.183 *3HR *5打点-0.290.98-353-1-1-------
中田祥多西9.125 *0HR *0打点-0.121.12-2-53-1--------
石原彪7.000 *0HR *0打点-0.160.98-2-125-2--------
山崎勝己8.000 *0HR *0打点-0.210.95-2-125-2--------
田村龍弘321.243 *3HR 31打点-1.130.94-1072-2--------
柿沼友哉73.167 *1HR *2打点-0.420.94-451-2--------
足立祐一47.154 *2HR *4打点-0.280.98-336-2--------
伏見寅威72.164 *1HR *9打点-0.530.95-538-2--------2
松井雅人42.194 *0HR *2打点-0.310.95-425-2--------
太田光112.219 *1HR *6打点-0.570.98-653-3--------
江村直也35.097 *1HR *4打点-0.460.94-4-11-4--------
飯田大祐16.000 *0HR *0打点-0.350.95-4-125-4--------
鶴岡慎也69.177 *1HR *4打点-0.560.97-625-4--------
宇佐見真吾103.198 *0HR *9打点-0.850.97-829-5--------1
石川亮86.200 *0HR *3打点-0.720.97-821-6--------
堀内謙伍140.156 *0HR 13打点-1.330.98-155-11--------
若月健矢348.178 *1HR 21打点-2.620.95-2926-20--------
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
山川穂高西626.256 43HR 120打点3.341.1233147-28------0
鈴木大地614.288 15HR 68打点2.020.9425136-1115-1--1
井上晴哉509.252 24HR 65打点1.510.9419133-9------4
中田翔514.242 24HR 80打点0.590.979115-4------0
銀次590.304 *5HR 56打点0.410.988113-300----0
内田靖人5.000 *0HR *0打点0.020.980176-0-------
白崎浩之54.204 *2HR *6打点-0.200.95-268--10-1-----
和田恋113.252 *2HR 11打点-0.360.98-374--2----1--10
香月一也33.152 *1HR *3打点-0.330.94-4-4--2-------2
メネセス118.206 *4HR 14打点-0.330.95-380--2---0---1
T-岡田56.120 *1HR *2打点-0.630.95-610--4-------2
マレーロ133.211 *2HR 14打点-0.710.95-756--6-------3
モヤ255.244 10HR 35打点-0.470.95-485--6---0---1
清宮幸太郎278.204 *7HR 33打点-0.970.97-1068--7----3---5
内川聖一535.256 12HR 41打点-0.971.04-1378--17-------1
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
浅村栄斗635.263 33HR 92打点2.840.9830142--26-----1
外崎修汰西621.274 26HR 90打点2.461.1222131--19--0---
川島慶三88.364 *1HR *8打点0.751.048184--7--1---
渡邉諒543.262 11HR 58打点0.030.971102---1------
三森大貴51.208 *0HR *1打点-0.201.04-260--1-1------
山足達也64.164 *1HR *8打点-0.580.95-619---2-2-1----
川瀬晃37.176 *0HR *1打点-0.421.04-4-7---4--1----
明石健志315.248 *5HR 21打点-0.371.04-587--1-5---1---
中村奨吾586.232 17HR 59打点-0.470.94-395---5-----0
牧原大成436.242 *3HR 27打点-2.041.04-2353---9--2-2-9-1-
福田周平583.250 *2HR 38打点-0.840.95-888---10-0----
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
中村剛也西557.286 30HR 123打点2.731.1225140---22----1
レアード553.248 32HR 89打点1.160.9417127---13----1
松田宣浩576.260 30HR 76打点0.951.048113---6-----
山﨑剛30.333 *1HR *2打点0.260.982158--110----
ウィーラー472.243 19HR 67打点-0.400.982104---0-----2
熊代聖人西17.267 *0HR *0打点-0.031.12075---00----
山野辺翔西18.071 *0HR *1打点-0.151.12-134--0-1-----
今井順之助7.143 *0HR *1打点-0.090.97-1-36----1-----
水口大地西11.000 *0HR *0打点-0.171.12-2-86---1-2-----
佐藤龍世西63.220 *2HR *7打点-0.101.12-181----2-----
今江年晶79.276 *1HR *7打点-0.370.98-277-0--2-----1
淺間大基33.207 *0HR *1打点-0.140.97-256----2-----
平沼翔太184.236 *1HR 16打点-0.530.97-574----50----
西野真弘188.241 *1HR 14打点-0.440.95-574---1-5-----
頓宮裕真93.198 *3HR 10打点-0.560.95-645-0--5-----1
小島脩平266.220 *4HR 18打点-1.130.95-1356--1-1-9--2--10
横尾俊建191.188 *3HR 13打点-0.910.97-1056-0--10-----1
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
茂木栄五郎648.282 13HR 55打点1.360.9815120---125---0
今宮健太426.256 14HR 41打点0.081.04-198----8----
大城滉二345.262 *3HR 28打点-0.350.95-196----6----
安達了一179.277 *2HR 20打点0.100.951106---04----
源田壮亮西609.274 *2HR 41打点-0.481.12-1283----2----
藤岡裕大278.264 *2HR 21打点-0.450.94-583----1----
石井一成226.224 *4HR 22打点-0.630.97-579---1-20----
松田進6.200 *0HR *1打点-0.060.94062----0----
三好匠4.250 *0HR *1打点-0.010.98030----0----
鈴木昂平53.227 *0HR *0打点-0.240.95-273-0-00----
藤田一也136.258 *2HR 10打点-0.240.98-475--0-10----
宜保翔28.231 *0HR *0打点-0.120.95-155--0--1----
西田哲朗8.125 *0HR *1打点-0.081.04-1-12-----1----
山田遥楓西13.167 *0HR *0打点-0.151.12-13-----1----
平沢大河108.198 *1HR *8打点-0.480.94-465-----2----
太田椋16.000 *0HR *0打点-0.230.95-2-30-----2----
永江恭平西26.095 *0HR *1打点-0.261.12-310-----2----
谷内亮太26.080 *0HR *1打点-0.480.97-5-57---2--2----
三木亮145.214 *2HR 15打点-0.590.94-755--0--4----
村林一輝25.083 *0HR *0打点-0.460.98-5-61-----4----
髙田知季125.157 *0HR 10打点-1.341.04-16-14---4--10----
中島卓也328.220 *0HR 16打点-1.740.97-2045-----13----
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
吉田正尚610.322 29HR 85打点4.540.9545166-----24-310
グラシアル410.319 28HR 68打点2.851.0429163-0---21-21
近藤健介600.302 *2HR 59打点2.060.9725138---5-8-23
島内宏明585.287 10HR 57打点1.080.9815122-----60-0
長谷川勇也54.302 *3HR *9打点0.481.044172-----3--1
三家和真22.286 *1HR *5打点0.130.941149-----1---
江川智晃17.333 *0HR *0打点0.041.040115-----0-0-
白村明弘3.000 *0HR *0打点-0.070.97-1-125------1---
栗原陵矢45.231 *1HR *7打点-0.071.04-186------1--0
万波中正4.000 *0HR *0打点-0.090.97-1-125------1---
角中勝也435.258 *8HR 48打点0.180.945110------1--0
谷口雄也50.229 *2HR 10打点-0.110.97-178------2-0-
菅野剛士73.197 *3HR *7打点-0.150.94-278------2-0-
杉本裕太郎51.157 *4HR *7打点-0.310.95-346------2--10
杉谷拳士157.209 *4HR 12打点-0.350.97-476--1-1-1--200-
鈴木将平西28.154 *0HR *1打点-0.361.12-4-20------4---
王柏融340.255 *3HR 35打点-0.620.97-781------7---6
金子侑司西524.251 *3HR 33打点-0.791.12-1869------23--1-
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
秋山翔吾西678.303 20HR 62打点3.251.1230139------26--
荻野貴司569.315 10HR 46打点2.670.9424138------211-
西川遥輝651.288 *5HR 41打点1.830.9718125------14--
柳田悠岐157.289 *7HR 23打点1.021.0411162------9-1
宗佑磨177.270 *2HR 14打点0.110.953113-----020-
福田秀平183.259 *9HR 26打点0.371.042107--0--001-
下水流昂101.250 *2HR *6打点-0.140.98-191-----0-10-
武田健吾9.125 *0HR *0打点-0.070.95-13-------1--
真砂勇介23.143 *0HR *1打点-0.231.04-3-20-------2-1-
藤原恭大19.105 *0HR *2打点-0.300.94-3-58-------4--
後藤駿太194.224 *1HR 22打点-0.440.95-482-------40-
佐野皓大130.207 *1HR *9打点-0.650.95-845------3-4-2-
田中和基193.188 *1HR *9打点-1.040.98-861-------90-
辰己涼介369.229 *4HR 25打点-0.660.98-881-------90-
釜元豪189.220 *4HR 11打点-0.601.04-957------1-9--
西浦颯大239.195 *1HR 18打点-1.510.95-1834-------12-5-
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
大田泰示594.289 20HR 77打点0.730.978113-------170
マーティン228.232 14HR 39打点0.660.949135------012-
岡大海182.227 *6HR 16打点0.220.942109------03-
清田育宏377.253 10HR 57打点-0.220.94-198------2-3-1
中川圭太396.288 *3HR 32打点0.090.950100--1-0---30
松井佑介18.333 *1HR *1打点0.080.951147-------1-
コラス21.278 *1HR *2打点0.081.041135-------1-
西村凌53.265 *2HR *4打点0.060.950105-----0-1-
塚田正義24.222 *1HR *3打点0.041.040116-------1-
中村晃159.245 *3HR 11打点-0.121.04-385-0-----00
小郷裕哉34.172 *1HR *4打点-0.100.98-173-----000-
戸川大輔西25.174 *1HR *1打点-0.131.12-155-----0--1-
斉藤彰吾西3.000 *0HR *0打点-0.071.12-1-131--------1-
宮﨑祐樹28.130 *0HR *1打点-0.250.95-315------1-1-1-
美間優槻22.091 *1HR *1打点-0.251.04-3-18--1-1-----1-
加藤翔平120.202 *4HR *9打点-0.400.94-472-----0-1-1-
フェルナンド39.235 *0HR *7打点-0.200.98-253--------1-
細谷圭20.158 *0HR *1打点-0.180.94-29--------2-
橋本到10.000 *0HR *0打点-0.160.98-2-76--------2-
小田裕也203.206 *3HR 21打点-0.750.95-962------1-4-3-
オコエ瑠偉122.182 *3HR 15打点-0.660.98-748------1-1-4-
周東佑京114.196 *1HR *6打点-0.481.04-931---2---2--5-
渡邊佳明245.225 *1HR 26打点-1.230.98-1352----5--1--6-
愛斗西57.151 *0HR *3打点-0.651.12-8-24------1--6-
上林誠知286.194 11HR 31打点-0.891.04-1263-------1-7-
木村文紀西441.220 10HR 38打点-1.381.12-1962--------12-
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH
ブラッシュ527.261 33HR 95打点3.210.9837163-------1717
デスパイネ519.259 36HR 88打点2.381.0424141-----1--12
ロメロ331.305 18HR 63打点1.900.9518149-----3--9
福浦和也4.000 *0HR *0打点-0.090.94-1-124---------1
メヒア西147.211 *6HR 31打点-0.081.12-288-0-------5
バルガス102.179 *1HR *6打点-0.360.94-376---------5
田中賢介170.255 *1HR 16打点-0.290.97-382--10------6
栗山巧西466.252 *7HR 54打点-0.561.12-688------2---14
選手名T打席基本成績RCWin得点PFwRAAwRC+捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼DH


□個人投球成績(規定投球回以上)
山岡泰輔(オ)は[RSAA(失)]*6.8,[ERA-]*92を記録。平均的な投手と比べて(失点率ベースで)*6.8点分失点を少なく抑え、0.92倍の防御率を記録したことを示す。
山岡泰輔(オ)は[RSAA(F)]13.7, [FIP-]*83を記録。平均的な投手と比べて(FIPベースで)13.7点分失点を少なく抑え、0.83倍のFIPを記録したことを示す。
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
有原航平164.1回 15勝 *8敗2.462.9725.416.1677912972930.97.23479%
千賀滉大180.1回 13勝 *8敗2.793.1425.619.77278153111901.04.27282%
山岡泰輔170.0回 13勝 *4敗3.713.186.813.7928311471960.95.28870%
美馬学143.2回 *8勝 *5敗4.013.67-6.23.41129595451260.98.28871%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%


□個人投球成績(チーム別)
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
今井達也西135.1回 *7勝 *9敗4.324.60-4.5-9.2103114931371001.12.27972%
髙橋光成西123.2回 10勝 *6敗4.514.29-13.4-3.81071068696871.12.33669%
十亀剣西102.0回 *5勝 *6敗4.504.37-3.5-4.110710868791011.12.27668%
ニール西100.1回 12勝 *1敗2.873.5713.75.768886641731.12.28876%
本田圭佑西91.1回 *6勝 *6敗4.634.63-1.1-6.711011575851291.12.27070%
松本航西85.1回 *7勝 *4敗4.544.73-3.2-7.2108117901361071.12.29274%
平井克典西82.1回 *5勝 *4敗3.503.559.35.0838899102631.12.29177%
増田達至西69.2回 *4勝 *1敗1.812.1220.616.3435314442681.12.25185%
榎田大樹西69.0回 *4勝 *3敗6.525.53-18.4-12.615513755751401.12.30363%
佐野泰雄西67.2回 *2勝 *2敗4.394.050.8-0.110410070122501.12.29471%
多和田真三郎西66.1回 *1勝 *6敗5.834.78-12.8-6.01381186493971.12.33066%
マーティン西41.2回 *2勝 *5敗3.674.34-3.6-1.58810896160371.12.30470%
小川龍也西38.1回 *4勝 *1敗2.584.007.70.262999587951.12.28286%
ヒース西31.1回 *2勝 *3敗3.733.121.03.58977134118551.12.28969%
森脇亮介西31.0回 *2勝 *1敗4.944.86-1.1-3.111812089159781.12.28073%
平良海馬西24.0回 *2勝 *1敗3.383.59-0.71.3808911092671.12.36573%
野田昇吾西19.2回 *2勝 *0敗3.664.402.1-0.98710963121441.12.21373%
小石博孝西15.1回 *0勝 *0敗5.875.60-2.1-2.913913946821081.12.25066%
國場翼西14.2回 *1勝 *0敗3.686.741.6-4.987167171281801.12.20089%
武隈祥太西14.2回 *1勝 *1敗6.145.79-3.4-3.114614339200551.12.26563%
齊藤大将西10.2回 *0勝 *0敗6.759.02-3.5-6.5161223731332921.12.25878%
郭俊麟西10.0回 *1勝 *1敗4.504.93-0.9-1.110712284155851.12.20763%
相内誠西9.1回 *0勝 *1敗11.578.28-7.2-4.8274205521332191.12.38961%
田村伊知郎西7.1回 *0勝 *0敗6.145.52-1.2-1.3146137471331091.12.30869%
伊藤翔西6.0回 *0勝 *0敗6.005.93-0.9-1.4143147421361491.12.31670%
松本直晃西5.0回 *0勝 *0敗7.207.53-1.4-2.117018664452981.12.36883%
廖任磊西3.0回 *0勝 *0敗3.005.590.5-0.67213815202661.12.375111%
大石達也西2.1回 *0勝 *0敗15.434.21-2.80.037110424103381.12.6000%
高木勇人西2.1回 *0勝 *0敗7.7114.07-5.8-2.9182348332832331.12.33326%
粟津凱士西2.0回 *0勝 *0敗9.004.43-1.0-0.1212110011301.12.44460%
南川忠亮西0.0回 *0勝 *0敗.--.---1.00.0--0113401.12.---67%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
千賀滉大180.1回 13勝 *8敗2.793.1425.619.77278153111901.04.27282%
高橋礼143.0回 12勝 *6敗3.344.0711.5-0.7871016394611.04.23674%
大竹耕太郎106.0回 *5勝 *4敗3.823.813.02.9999582511051.04.29475%
ミランダ86.0回 *7勝 *5敗4.195.29-3.4-13.2109131771401211.04.25777%
武田翔太83.0回 *5勝 *3敗4.553.77-8.82.71189398124591.04.29965%
モイネロ59.1回 *3勝 *1敗1.522.4215.211.73960177114581.04.26688%
甲斐野央58.2回 *2勝 *5敗4.143.66-0.12.710791146150841.04.31675%
和田毅57.2回 *4勝 *4敗3.904.681.3-4.510111695651631.04.26881%
森唯斗53.0回 *2勝 *3敗2.212.7212.18.5576714068841.04.26188%
松田遼馬52.0回 *2勝 *4敗3.814.751.7-4.6981181251551241.04.25482%
髙橋純平51.0回 *3勝 *2敗2.652.857.27.4687114393691.04.26478%
椎野新46.0回 *5勝 *2敗3.134.231.8-1.181105120168861.04.26979%
二保旭38.1回 *1勝 *4敗3.995.43-1.0-6.6104135461081301.04.26678%
加治屋蓮36.0回 *3勝 *1敗6.005.01-9.0-4.315612469145841.04.32266%
東浜巨35.1回 *2勝 *2敗6.375.33-9.3-5.6165132831631131.04.30164%
松本裕樹33.2回 *1勝 *1敗4.012.78-2.15.21046911184491.04.32765%
嘉弥真新也31.0回 *2勝 *2敗2.612.541.65.7686310344281.04.30468%
スアレス26.2回 *0勝 *4敗5.746.19-5.4-7.01481531081771701.04.30676%
川原弘之23.2回 *0勝 *0敗2.664.531.1-1.46911248149341.04.26676%
泉圭輔18.1回 *2勝 *0敗1.963.143.72.05178114112451.04.30885%
バンデンハーク17.1回 *2勝 *0敗3.122.231.23.88055169341081.04.27566%
奥村政稔12.1回 *0勝 *1敗8.766.66-6.2-4.0227165871351841.04.28659%
田浦文丸10.0回 *0勝 *0敗4.504.83-0.3-1.011612074164871.04.25071%
笠谷俊介5.0回 *0勝 *0敗7.206.93-1.6-1.81851721363011371.04.45578%
中田賢一4.2回 *0勝 *0敗1.934.641.2-0.3501155116801.04.21486%
杉山一樹4.0回 *0勝 *0敗9.004.68-2.1-0.32331169626601.04.41760%
石川柊太3.0回 *0勝 *0敗0.000.931.41.1023138001.04.250100%
岩嵜翔2.0回 *0勝 *0敗4.502.43-0.10.41166012614001.04.20050%
田中正義0.2回 *0勝 *0敗0.0011.930.3-0.60296044701.04.333100%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
有原航平164.1回 15勝 *8敗2.462.9725.416.1677912972930.97.23479%
金子弌大109.2回 *8勝 *7敗3.043.847.2-0.98310284100930.97.28779%
加藤貴之92.0回 *5勝 *7敗3.523.812.3-0.49610195701240.97.27375%
ロドリゲス91.1回 *6勝 *7敗3.253.644.91.589977481780.97.28376%
上沢直之71.1回 *5勝 *3敗3.153.18-1.95.28684107101690.97.30570%
杉浦稔大65.0回 *4勝 *4敗3.743.48-0.72.310192102591180.97.25065%
玉井大翔62.0回 *2勝 *3敗2.613.055.75.471816899170.97.25872%
堀瑞輝60.1回 *4勝 *4敗5.223.84-9.9-0.5142102118781450.97.29965%
石川直也54.1回 *3勝 *2敗3.312.544.78.28967175841160.97.27076%
公文克彦52.1回 *2勝 *0敗3.963.90-0.5-0.810810375971000.97.22868%
秋吉亮51.2回 *0勝 *5敗2.963.624.30.980961161031210.97.23479%
宮西尚生47.1回 *1勝 *2敗1.711.628.412.5464314438230.97.25671%
上原健太45.1回 *1勝 *3敗5.564.14-10.8-2.115211079531530.97.30959%
西村天裕44.2回 *1勝 *0敗3.833.75-1.80.11031001441181300.97.30475%
浦野博司34.1回 *3勝 *1敗4.985.63-4.5-7.8135150122563280.97.28684%
村田透34.0回 *0勝 *2敗3.183.720.20.2879986421240.97.26972%
井口和朋32.0回 *1勝 *0敗2.533.715.30.269987462980.97.25085%
バーベイト32.0回 *2勝 *2敗5.635.55-8.7-7.0154147771651450.97.30668%
斎藤佑樹21.0回 *0勝 *2敗4.713.54-2.60.61299471106490.97.27359%
吉田侑樹21.0回 *0勝 *0敗6.006.74-4.6-7.6164179891292610.97.33382%
北浦竜次17.1回 *1勝 *1敗5.714.02-3.3-0.51581073989550.97.30863%
鍵谷陽平16.2回 *0勝 *0敗5.942.99-3.51.61627910718000.97.32761%
吉田輝星11.0回 *1勝 *3敗12.276.29-10.1-3.43361671131372170.97.42950%
吉川光夫10.2回 *0勝 *3敗6.755.83-3.2-2.7184155821611700.97.27366%
生田目翼8.0回 *0勝 *1敗7.887.18-6.5-3.3218190261182190.97.25836%
ハンコック7.0回 *0勝 *1敗9.004.21-3.8-0.42441121241751290.97.36852%
藤岡貴裕3.0回 *0勝 *0敗15.006.59-3.7-1.04111756033900.97.40044%
鈴木遼太郎2.0回 *0勝 *0敗0.001.430.90.603817112800.97.400100%
田中瑛斗2.0回 *0勝 *1敗9.003.43-1.10.1248915712800.97.28633%
中村勝2.0回 *0勝 *1敗27.0015.43-5.1-2.975740903293040.97.22218%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
山岡泰輔170.0回 13勝 *4敗3.713.186.813.7928311471960.95.28870%
山本由伸143.0回 *8勝 *6敗1.952.6933.320.1497011972610.95.24580%
K-鈴木102.1回 *4勝 *6敗4.314.64-5.5-9.91071211011201400.95.28773%
榊原翼79.1回 *3勝 *4敗2.723.8510.10.06810092123630.95.26078%
アルバース63.1回 *2勝 *6敗5.834.54-12.5-5.414311884401820.95.34466%
竹安大知54.0回 *3勝 *2敗4.503.98-1.2-0.91111048280900.95.34173%
山﨑福也54.0回 *2勝 *3敗4.504.56-0.3-4.7111119811311070.95.26574%
荒西祐大51.2回 *1勝 *4敗5.573.97-6.5-0.813810398901140.95.32065%
増井浩俊50.1回 *1勝 *4敗4.832.99-4.25.312078144115920.95.33868%
近藤大亮49.2回 *4勝 *6敗3.442.725.36.88671151116810.95.28976%
田嶋大樹49.2回 *3勝 *4敗3.443.63-1.41.3859494101770.95.28668%
海田智行49.0回 *1勝 *2敗1.842.589.27.645678762220.95.26874%
山田修義43.0回 *0勝 *0敗3.563.884.1-0.2891011321151470.95.24079%
吉田一将37.2回 *1勝 *1敗4.063.591.61.2101939399810.95.27371%
ディクソン35.2回 *2勝 *1敗3.032.425.56.27563131132280.95.30177%
比嘉幹貴33.1回 *3勝 *2敗4.593.71-2.60.611496132861490.95.31068%
エップラー31.1回 *4勝 *4敗4.022.93-0.43.599769472620.95.38672%
張奕27.1回 *2勝 *4敗5.936.11-6.4-7.614615970792340.95.31572%
澤田圭佑26.0回 *2勝 *2敗4.854.23-1.1-1.2119110801361040.95.29475%
松葉貴大22.2回 *0勝 *4敗5.564.96-4.7-3.113712965951220.95.30365%
神戸文也21.0回 *0勝 *0敗3.864.590.3-1.996120116651980.95.23676%
成瀬善久19.2回 *0勝 *1敗7.324.96-6.2-2.718012975981400.95.32359%
東明大貴19.0回 *1勝 *1敗7.118.08-5.6-9.9175210511942320.95.25073%
小林慶祐17.1回 *0勝 *2敗5.714.66-6.4-1.7141121107672060.95.33958%
岩本輝7.1回 *0勝 *2敗14.738.38-8.3-4.1362218602821960.95.28047%
金田和之7.1回 *1勝 *0敗4.913.06-0.30.712080579200.95.41473%
齋藤綱記7.0回 *0勝 *0敗10.294.50-6.5-0.62501179021600.95.48357%
吉田凌4.1回 *0勝 *0敗8.3110.08-1.8-3.3205262491584010.95.35783%
左澤優3.0回 *0勝 *0敗0.003.931.50.0010211925500.95.143100%
鈴木優2.0回 *0勝 *0敗4.505.430.0-0.411314111536800.95.25075%
富山凌雅2.0回 *0勝 *0敗0.000.931.00.7024172000.95.000--%
岸田護0.1回 *0勝 *0敗0.00-3.070.20.30-80517000.95.-----%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
二木康太128.2回 *7勝 10敗4.413.59-3.94.910892109641140.94.29968%
石川歩118.2回 *8勝 *5敗3.643.339.68.489858264680.94.31575%
種市篤暉116.2回 *8勝 *2敗3.243.1710.810.58081137116830.94.33679%
涌井秀章104.0回 *3勝 *7敗4.503.93-5.9-0.211010096671160.94.32671%
ボルシンガー103.0回 *4勝 *6敗4.634.68-9.5-9.8113120951281150.94.29571%
岩下大輝96.1回 *5勝 *3敗3.644.773.9-10.290122931331320.94.24578%
西野勇士70.0回 *2勝 *3敗2.963.2011.76.1738211895830.94.27279%
益田直也58.2回 *4勝 *5敗2.153.2514.04.75383125110840.94.21585%
酒居知史57.2回 *5勝 *4敗4.374.020.6-0.81081031241161390.94.27576%
チェン K.57.0回 *1勝 *1敗3.633.170.55.1898191123300.94.29469%
小島和哉54.1回 *3勝 *5敗4.313.62-0.91.9106939999820.94.31170%
東條大樹52.1回 *1勝 *0敗3.784.190.0-1.8931071171041150.94.31377%
田中靖洋39.2回 *4勝 *1敗2.723.107.83.967798983460.94.33383%
唐川侑己37.2回 *5勝 *3敗5.264.31-6.1-1.812811091411590.94.32366%
松永昂大34.2回 *2勝 *3敗2.603.854.20.36498114136800.94.24778%
佐々木千隼32.0回 *2勝 *1敗2.533.585.01.3629287106590.94.25877%
土肥星也31.2回 *1勝 *0敗3.133.943.8-0.1771011051011120.94.33385%
中村稔弥25.0回 *1勝 *1敗4.323.370.41.71068610489740.94.29668%
東妻勇輔21.0回 *3勝 *2敗4.714.21-0.5-0.811610889162830.94.27972%
ブランドン16.0回 *0勝 *2敗3.943.49-1.10.89789137184510.94.36672%
有吉優樹7.1回 *0勝 *2敗13.5011.52-7.3-6.8327295281554130.94.30853%
阿部和成4.0回 *0勝 *0敗0.003.432.00.20887316400.94.100100%
永野将司4.0回 *0勝 *1敗4.504.180.0-0.11111076815300.94.30067%
南昌輝3.2回 *0勝 *1敗12.277.29-3.2-1.5302187852552120.94.30045%
石崎剛2.0回 *0勝 *0敗9.004.43-1.0-0.1214113011500.94.44460%
大谷智久1.2回 *0勝 *2敗10.805.33-2.1-0.32581365123000.94.28625%
レイビン1.2回 *0勝 *0敗27.0016.73-4.2-2.6653428432873190.94.33336%
高野圭佑1.1回 *0勝 *0敗13.5024.68-1.3-3.432563101449560.94.200167%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%
美馬学143.2回 *8勝 *5敗4.013.67-6.23.41129595451260.98.28871%
石橋良太127.1回 *8勝 *7敗3.824.82-4.5-14.910712567741490.98.23875%
辛島航117.1回 *9勝 *6敗4.144.43-7.7-8.1116115821241080.98.28975%
岸孝之93.2回 *3勝 *5敗3.563.564.33.59992115741260.98.26577%
松井裕樹69.2回 *2勝 *8敗1.941.7814.417.85346201100740.98.26183%
則本昂大68.0回 *5勝 *5敗2.782.873.08.37774127421040.98.28072%
森原康平64.0回 *4勝 *2敗1.972.3513.311.9546112980470.98.26283%
青山浩二53.1回 *2勝 *4敗2.704.317.5-2.97511288981530.98.19989%
塩見貴洋51.1回 *3勝 *1敗3.163.144.74.58781121511220.98.26777%
ブセニッツ51.0回 *4勝 *3敗1.942.897.46.15475104102180.98.30280%
ハーマン47.1回 *5勝 *3敗3.043.125.14.38481135981080.98.22878%
宋家豪45.1回 *3勝 *2敗2.183.126.04.16081109139430.98.26479%
弓削隼人43.1回 *3勝 *3敗3.743.621.11.310494100591160.98.28775%
古川侑利38.1回 *1勝 *2敗6.344.99-10.2-5.3177129931391410.98.27763%
菅原秀35.1回 *1勝 *3敗4.084.14-3.6-1.211510767141250.98.29869%
福井優也33.0回 *3勝 *1敗5.185.26-4.6-5.614513668180800.98.27772%
安樂智大32.1回 *0勝 *2敗4.735.06-7.9-4.713213170901460.98.25359%
高梨雄平31.1回 *2勝 *1敗2.302.705.94.5637014317800.98.32185%
久保裕也22.1回 *2勝 *1敗2.825.032.8-3.279130761321270.98.20088%
釜田佳直21.2回 *1勝 *1敗5.405.74-3.6-5.0152149751331560.98.30077%
小野郁18.2回 *0勝 *0敗6.274.64-4.9-1.817712082651380.98.36569%
西宮悠介16.1回 *1勝 *0敗7.713.66-7.80.42149512722800.98.40058%
戸村健次15.2回 *0勝 *0敗6.323.37-8.20.917787104139550.98.33345%
近藤弘樹9.1回 *0勝 *2敗8.686.03-5.0-2.524815635511810.98.33356%
今野龍太9.0回 *1勝 *0敗10.004.15-6.1-0.32841078177910.98.37545%
福山博之8.2回 *0勝 *0敗5.193.39-1.30.514788533000.98.26758%
藤平尚真8.2回 *0勝 *1敗10.3811.00-6.2-7.6289285681753550.98.20067%
熊原健人3.1回 *0勝 *0敗5.407.73-0.5-1.6151200901992350.98.30089%
寺岡寛治3.0回 *0勝 *0敗9.005.93-1.7-0.82591536802660.98.41765%
由規1.0回 *0勝 *0敗0.00-1.070.50.60-28339000.98.000--%
渡邊佑樹1.0回 *0勝 *0敗0.002.930.50.107630545100.98.---100%
選手名T基本成績防御率FIPRSAA(失)RSAA(F)ERA-FIP-K%+BB%-HR%-得点PFBABIPLOB%


| 2019年セリーグwOBAとRSAA | 2019年パリーグwOBAとRSAA |
| 2018年セリーグwOBAとRSAA | 2018年パリーグwOBAとRSAA |
| 2017年セリーグwOBAとRSAA | 2017年パリーグwOBAとRSAA |
| 2016年セリーグwOBAとRSAA | 2016年パリーグwOBAとRSAA |
| 2015年セリーグwOBAとRSAA | 2015年パリーグwOBAとRSAA |


備考
wOBAの係数はBaseball-LAB「打撃指標wOBA」を参考にしました。
守備位置は先発出場守備位置から判定しました。
球場補正は2019年,2018年,2017年のPFを4:2:1で加重平均したものを用いて、本拠地試合割合から跳ね返り係数を算出し、
「リーグの平均的な打者が同じ環境で同じ打席を消化した場合に、どれだけ打撃内容が変化するか」
「リーグの平均的な投手が同じ環境で同じ投球回を投げた場合に、どれだけ投球内容が変化するか」を基準に行いました。
なお、ZOZOマリンスタジアムについてはホームランラグーン設置により球場特性が変わったと見られるため、2019年PFをそのまま用いて補正を行いました。
wRAAおよびwRC+は得点PF(打席数ベース/併記)、RSAA(失点率)は得点PF(打席数ベース/併記)とDER(後述の守備補正)、
RSAA(FIP)はFIP-PF、DER守備得点はDER-PF、ERA-は得点PF(打席数ベース/併記)とDER、FIP-はFIP-PF、
K%-およびK%+はK%PF、BB%+およびBB%-は四死球%PF、ISO+はISO-PF、HR%-はHR%PFで補正を行っています。
DER守備得点の算出はBaseball-LAB「
DERでチーム守備力を計測する」を参考にしました。投球の守備補正はこちらを参照。

コメント

更新お疲れ様です

楽しみにしていたので、今年もリアルタイムで経過を追うことができて嬉しいです。

ソフトバンクは予想外に怪我人が出て頭を抱えたくなる状況ですが、よく2位で踏ん張ってますね。
離脱した選手の貯金もあるにせよ、筑後かと見紛うような野手陣でプラスなのは十分頑張っていると思います。

また去年急激に悪化した投手陣が持ち直したのも大きいです。
武田は昨年LOB%など運に左右されやすい部分で悪い値が出ており、今年は持ち直すだろうと予測していましたが、
その他にも若い選手を積極的に起用して大きなプラスを出せています。
資金が豊富なチームだということで、工藤監督は結果を出しても色々文句を言われることが多いですが、
個人的には細かい部分で注文はあれども、総合的に見れば本当によくやってくれていると思います。

No title

お疲れ様です。

今年のパリーグで一番気になるのは、ソフトバンクのチームLOB%でしょうね。
4月27日時点で82%という異常値で、2位3位の77%という数値を大幅に上回っています。
DeltaのUZRで、2014の集計開始以来チームUZRが最高値ペースとなっているのと関係はあるのでしょうか?
これは例年通り75%程度に収束するのでしょうか?歴代でも80%を超えたことは早々ないのでは?
ソフトバンクというチームは毎年LOB%が12球団トップに近いのですが、これはチームの守備力によるものか、ホームの芝の影響によるものか?ただ運の良さが続いただけか?どう思われますか?

今年は四球が多いですね。
去年はセリーグが急増、パリーグが維持といった感じでしたが、その影響がパリーグまで押し寄せているような感じがします。
得点が入ったほうが面白いので歓迎していますが、K%が不変であるのにBB%だけが去年と変わっているというのは不思議です。

お疲れ様です! 今年も更新楽しみにしています。

Re: 更新お疲れ様です

カンザスさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

>楽しみにしていたので、今年もリアルタイムで経過を追うことができて嬉しいです。

そう仰っていただけるとこちらも大変嬉しいです。

>資金が豊富なチームだということで、工藤監督は結果を出しても色々文句を言われることが多いですが、
>個人的には細かい部分で注文はあれども、総合的に見れば本当によくやってくれていると思います。

離脱者をこれだけ出した状態での首位キープは素晴らしいですね。
仰るように投手陣は若手の躍進が支えになってリーグトップクラスの内容を維持しているため、
工藤監督の若手を抜擢するセンスの良さが光っているという印象を受けます。

ただ、レギュラーが全員離脱した外野手はちょっと心配な状況ですね。
中堅手と右翼手は釜元、周東、牧原の3人が頑張っていますが、
外野手としては攻撃力不足が否めないため、ネックのポジションとなる可能性があります。

特に柳田の離脱は長期的なものになる見込みが強いため、
この空白をどれだけカバーできるかが、優勝争いの上でポイントになるように思います。
(個人的には美間を右翼か中堅で試してみると面白そうだなと思っています)

Re: No title

すいすいさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

ディフェンス力(=投手力+守備力)に優れたチームは、LOB%が高くなる傾向があります。
LOB%は「出塁したランナーが残塁した割合(大雑把に言えば)」を現すスタッツなので、
安打などによって走者を進塁させないチームほど、高い数値を出しやすいというロジックです。

2001年-2018年のデータだと、チームDERとチームLOB%の相関係数は0.75となっています。
仰る通り、近年のソフトバンクは「安打が出にくい本拠地」と「優れた守備陣」を抱えており、
優秀なDERを記録することが多いため、これがLOB%が高く出やすい原因の一つになっていると考えます。

運の影響については定量的に言えない部分が大きいので、アバウトな推定になってしまいますが、
前述のデータから最小二乗法で近似式を求めると、DERから推定される今季のソフトバンクのLOB%は77%となります。
現在のLOB%(78%)はDERで十分説明できる範囲に収まっているため、運が良いといった印象は個人的には受けません。

(LOB%をチームに適用する場合、選手個人に適用する場合よりもサンプルサイズがかなり大きいため、
そもそも運の影響は顕著には入り込まないのではないか、と個人的には予測しています。)

四球と三振の推移に関しても興味深く思いますが、
過去の統計上、春先は四球が出やすい傾向があるようなので、
もう少しシーズンが消化されるまで、注意深く見ていきたいと思います。

Re: タイトルなし

開聞岳さん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

>お疲れ様です! 今年も更新楽しみにしています。
そう仰っていただけますと幸いです。大変励みになります。

話が変わりますが、以前開聞岳さんが要望されていた記事が未だに着手できておらず申し訳ございません。
各打線のページに個別に記載したいと思っているのですが、なかなか考えがまとまりません。
大変申し訳ございませんが、気長に待っていただけますと幸いです。

返信ありがとうございます

>ただ、レギュラーが全員離脱した外野手はちょっと心配な状況ですね。

グラシアルは復帰したものの、上林は骨折、柳田中村は依然として復帰時期が不透明なのは不安ですね。
私も外野は攻撃を重視すべきだと思っているので、長打力に優れる美間の起用は有力な選択肢だと思います。
ただ個人的には、ほぼ走塁守備のみで凄い勢いでwarを稼いでいる周東がどこまで行けるか見てみたい気持ちもあるんですよね笑

攻撃力向上の手段として、現在右の川島と組んで運用している左打ち二塁手に三森を固定するのも面白いと思います。
一軍・二軍成績ともIsoはリーグ平均を上回っており、他の左打ち二塁手の打撃が極端に落ち込んでいる現状では、
仮に期待外れに終わってもそれほど傷口は広がらないだろうと考えます。
課題の守備は試合を見ると送球に不安があってヒヤヒヤするんですが、1.02によればErrRとDPRはマイナスでもRngRはプラスなんですよね。
二遊間の選手としてはかなり大柄(185cm)なので見かけがもっさりして見えるのかもしれません。
体格に恵まれた送球難の内野手としては浅村や若い頃の内川が思い浮かびますね。二塁守備得点のコメントと被ってしまいますが、
平均をやや下回るレベルで守れるのであれば、二塁手として起用した方がチームとしてプラスに働くと思います。

Re: 返信ありがとうございます

カンザスさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

三森はスケールの大きさが感じられる良い選手ですね。
年齢を考えると長打力はまだまだ伸びると思いますし、今のチーム状況なら積極的に使っていくべきだと私も思います。
ただ、仰るように一塁手ではなく二塁手として起用してもらいたいですね。

返信ありがとうございます

三森は降格してしまいましたね。明石が復調気味かつ今宮が万全でないので、遊撃を守れる川瀬が上がるのは妥当な判断でしょうね。
個人的には下げる前にまとまったチャンスを与えてほしかったとは思います。勝ってるのに文句ばかり言われると書いておいてなんですけども笑

外野はグラシアル、釜元の頑張りで左・中はなんとかなっていますが、右翼は福田が復帰後再びスタメンを外れるなど目処が立ちません。
昨日は美間が起用されましたし、守備は目を瞑って打てる選手を置くのが現状ベストかと思います。
また、二軍では格が違う打撃を見せていた中村晃が一軍合流(登録はまだ)という記事もあり、復帰が叶えば攻撃力不足はかなり改善されそうです。
柳田の代わりは求める方が無茶だと思うので、上林か本人の復帰まで釜元に引き続き頑張ってもらうしかなさそうですね。

Re: 返信ありがとうございます

カンザスさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

中村晃がまた抹消されてしまいましたが、上林が絶妙なタイミングで戻ってきましたね。
釜元に加えてスタメン復帰後の福田も好調を維持していますし、
外野手に関してはある程度の水準でカバーできる目途が立ったという印象を受けました。

そうなると俄然気になってくるのが二塁手ですね。
1.02のUZRは最下位で、打撃と合わせたマイナスが無視できないレベルになってきています。
6月に入ってからは川島が抹消されて明石と川瀬の2人体制ですが、現状の成績を見るとしっかりカバーできるかやや不安かなと。
個人的には三森をもう少し見てみたかったですね。

No title

>そうなると俄然気になってくるのが二塁手ですね。

川島が離脱したのは痛かったですね。現状では非力な左打ちばかり揃っており、使い分ける意味がなくなってしまっています。
二塁を守れる強打者という点では、三森あるいは増田を起用しても面白いと思います。
守備面の不安はありますが、現状の二塁手成績では裏目に出ても大してマイナスにならないというのは以前述べた通りですね。

また、内川の守る一塁もマイナスが大きくなっています。守備面のプラスはありますが、
打撃ポジションとしては許容できない打力なのは去年と同様です。
こちらは二軍で好調の栗原を起用するか、グラシアルを一塁で起用し福田、釜元、上林で外野を組むのが現状ベストでしょうか。

一塁は補強により強打者を置きやすいポジションであり、ここに衰えたベテランを固定するのは
見かけの打撃成績以上にチームに与える影響が大きくなります。典型例が岡本が定着する前の阿部ですね。
内川は昨年も今年と同等の成績ですし、不調ではなく不可逆的な衰えである可能性が高いです。
松田も一塁コンバートを考えるべき年齢ですし、一塁の使い方、功労者の遇し方はこの先の課題になりそうですね。

No title

以前両セパ年度別 打低打高早見表でコメントした者ですが、
現時点において鈴木大地選手は一塁手として予想以上に上手くやっていると言えますね。
というか今年の打撃成績、特に長打率に関しての傑出度が凄いです。
ラグーンも当然理由の一つでしょうけどそれでもこの高さはもっと根本的な要因がありそう。

更新お疲れ様です

ロッテのPF適用が2019年のみになったことで、極端に打撃優位のように見えていたのが常識的な?値になりましたね。
昨年は投打ともに大きくマイナスを出していたのに、今年は劇的に改善しています。
レアード、マーティンなど格安で強打者を補強できていますし、今シーズンのフロントの働きは素晴らしいですね。
運が悪いのか貯金には繋がっていませんが、得失点差は1-5位まで団子なので、
この先の紛れ次第で大きな順位変動が起きてもおかしくないと思います。

ロッテの打撃はGB/FBが1.04→0.88と昨年よりフライヒッティングに偏っており、環境の変化を生かせています。
ラグーン設置前はフライを上げるメリットが薄く、最初から長打を捨てていた選手もいたのかもしれませんね。

投球はK-BB%が8.3→11.8と改善しています。1.02によれば2014年以降一度も10以上を記録しておらず、投手力は近年の課題だったんですが、
今年になって大幅に良化した理由を投手に不利なはずのラグーン設置では説明できません。
球速かなとも思ったんですが、これも1.02では直球の平均球速がリーグ最下位となっています。
samiさんは何か理由が思い当たりますか?

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

何度も書いてしまうんですが、増田や三森も程々にスタメンで試してほしいですね笑
現状二塁手は攻守合わせるとリプレイスメントレベルに達していないと思われるので、
彼らで底上げできる可能性は十分あるように感じます。

一塁手は内川のUZRがかなり良好で、打撃のマイナスをほとんど埋め合わせてしまっているので、
今季は手薄な外野手から回すより内川で凌いだ方が堅実かもしれません。

ただ、再現性の観点で言えば来季以降もこれだけの守備力を維持し続けるのは難しいと考えます。
また、打撃成績の低下も不可逆的な衰えである可能性が高いというのも同意見です。
今後も内川だけで一塁手を埋めるのは難しくなりそうなので、後任の確保に本格的に着手すべきだと思いますね。

仰るようにおそらく松田をコンバートすることになると思うんですが、松田が抜けた後、
三塁手をどうやって埋めるかというビジョンが全く見えてこないのがちょっと不安ですよね。
フロントが後任に増田を据えようとしているのは分かるんですが、
現状では松田の守備に若干陰りが見えてきていることを考えると、バトンタッチが間に合わない可能性もあると思います。

取りうる手段の少なさを考えると、今のうちにグラシアルが三塁をどれだけ守れるか調べておく必要があると思いますが、
そうした動きが全くないのは、ちょっと不安ですね。練習等で確認しているのでしょうか?
グラシアルを三塁手に入れて、松田を一塁手に回せるならそれが現状の選択肢ではベストだと個人的には思います。

Re: No title

コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

今季の鈴木大地選手の打撃は素晴らしいですね。
山川穂高選手と並んで、一塁手としてはトップクラスの打撃成績です。
この成績向上はラグーン設置だけでは説明できないので、本人による部分も大きいと考えます。

今季で顕著なのが、引っ張り方向の打球が増えていることですね。
鈴木大地選手は元々プルヒッターですが、今季は例年と比べて更に引っ張り方向の打球が増えています。
引っ張り方向は反対方向と比べて一般的に強い打球が多くなる傾向があるので、
オーバーフェンスの打球増加と、フェアグラウンド上に飛んだ際のアウト減(→打率向上)に繋がったのではと推定しています。

返信ありがとうございます

1.02によるとSB二塁手のwrc+は97と優秀なので、差がどこから来ているのか調べたのですが、
二塁手としての出場時とその他のポジションで打撃成績に差がついている選手が多い事が原因のようです。
8/16現在、メイン2名の二塁手成績/全体成績をwrc+で見ると以下のようになっています。
牧原 80/47
明石 98/79

特に牧原は二塁/遊撃/外野で比較すると80/171/-2と極端な偏りが出ており、しかも外野手としての出場が178打席で最多となっています。
牧原の個人成績においてもチーム成績においても損害が拡大するばかりですので、彼は二遊間に専念させるのが得策でしょうね。

ただ例年であれば彼らの成績でも十分なのですが、今年のパ二塁手のwrc+は106とリーグ平均を上回っています。各チームのレギュラーを見ますと
浅村 139
外崎 127
渡邉 105
中村 101
福田 92
と非常にハイレベルになっており、来年以降もこの傾向が続く可能性は十分あります。
従来の感覚で起用し続けると一気に差をつけられかねないので、攻撃型二塁手の発掘を怠らないでほしいですね。

三塁は周東が1イニング守った以外は松田が出ずっぱりで、2015年以降は松田がほぼ全て守る状況が続いています。
怪我人続出で軽々に休めなかったのはわかるのですが、年齢を考えると負担が大きすぎるので、
休養日を設けてその間に後釜候補を試すのがベストでしょうね。増田を二/三で起用して出場機会を確保するのが効率が良さそうです。
ただ選手視点ではライバルにチャンスを与えることになるわけで、そのあたりの機微をうまくコントロールできるかは難しいところですね。

グラシアルは昨年は三塁守備練習もしていたんですが、先日私が見に行った時の試合前ノックは外野のみでした。
放っておくと全ポジションで練習しようとするのでやめさせたという話があり、疲労を考慮しての措置だと思われます。
キャンプ、OP戦ではサードで出場していますので、首脳陣はいつでもいけると判断しているのではないでしょうか。

Re: 更新お疲れ様です

カンザスさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

今年のロッテの躍進は大変興味深いですね。
新戦力の補強と既存戦力の底上げが両方上手くいったという印象です。
要因についてはまだしっかり見れていないので、シーズン終了後にもじっくり考えたいと思っています。

打撃に関しては戦略的に打球傾向を変えているような形跡が見て取れますね。
仰るようにフライが増えたことも良い傾向だと思いますが、HR/FBをほぼ倍に伸ばしているのも見逃せないですね。
ここまでの上昇はラグーンの設置とレアードの加入だけでは説明が付きません。

フライを増やしてもフライの質が下がったら元も子もありませんが、
今季のロッテはフライの質も並行して上げてきています。
打球角度を上げるだけじゃなくて、「強いフライ」の量産に成功しているようですね。

投球に関してはボールゾーンの被コンタクト率が顕著に落ちているのが効いていそうです。
昨季はリーグワースト水準だった数値が、今季はリーグトップ水準まで改善していますね。
空振りが増えた分だけK-BB%が改善したのではと考えます。

Pitch Valueで見ると今季はスライダーの数値がやたら良いので、
チーム全体の傾向として、ボールゾーンに外れるスライダーでかなり空振りを取れているのではと思われます。
これはスライダーを決め球にしている種市の定着がかなり効いているのではと推定します。

これを調べていて思ったんですけど、1.02のチーム単位のPitch Valueの数値はちょっと怪しいですね。
Pitch Valueは定義からして全ての数値を合計したら±0近辺の値にならないとおかしいですが、(米Fangraphsはそうなります)
1.02の数値を合計すると投球の方は大幅なマイナス、打撃の方は大幅なプラスになるので...
算出に使っている「平均の定義」か「得点価値」のどちらかが間違っているような気がします。

Re: 返信ありがとうございます

カンザスさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

興味深く拝読いたしました。
実績ベースだとソフトバンクの二塁手はそこまで穴になっていないんですね。

「出場ポジションが変わると打撃成績が変わるのか」は興味深いテーマだと思っています。
過去に「出場ポジションが変わっても打撃成績はあまり変化しない」という研究を目にした記憶がありまして、(ソースは失念)
その研究はMLBを対象にしていましたが、NPBもおそらく同じ傾向を示すのではないかと私は予想しています。

仮にこの傾向がNPBにも当てはまるのだとすれば、
牧原や明石が二塁手で好成績を残している理由は、サンプルサイズの小ささによるバラつきに起因している可能性があり、
出場打席が増えるに従って平均回帰が発生して二塁手での成績も下がるのではないか、と個人的には考えます。

グラシアルについて、貴重な情報をありがとうございます。
首脳陣の頭の中には選択肢としてあるようですね。

増田のポテンシャルは素晴らしいですが、彼をもってしても確実に埋められるとは言えないので、
念のため後任候補をもう少し用意できると良いですよね。
グラシアルが三塁を守れるとなると、大変心強い存在になると思います。

余談ですが、松田が毎日12時間睡眠を取っているという話は驚きましたね。
三塁手の激務度と年齢を考えると、松田の頑丈さはどこから来るのだろうと不思議に思ってましたが、
この話を聞いてなんとなく腑に落ちたような気がしました。

No title

出場守備位置が打撃成績に影響を与えるというのは
そういったイメージから守備負担が重いとされる守備位置から軽いとされる守備位置へのコンバートで成績が改善された例ばかり(例えば二塁→一塁の井口や遊撃→三塁の鳥谷など)が目につき
遊撃→二塁でそれほど成績が変化しなかった鈴木大地や
遊撃→外野で成績が低下した梶谷や
二塁起用で打撃成績の低下が心配されたマギーが打撃成績を落とすこともなかったような例を無意識に見逃していて(または数少ない例外だと思い込んで)
確証バイアスで正しいと思い込んでいて実際はそれほど影響はないのではという可能性を疑っています。

(守備位置別打撃成績は手に入りにくいデータなので検証は難しそうではありますが。)

センターラインの選手層が貧弱で反面攻撃型守備位置に選手が揃っているようなチームは読売のマギー二塁コンバートのように貢献が期待できない正守備位置の選手を使うより守備のマイナスに目を瞑ってでも攻撃型守備位置の選手を使った方が全体の貢献ではマシになるなんてことも過去のチームがやらなかったけで意外と可能性はあるのかもしれません。
(近年ではソトの二塁起用がこれに当たるかと思います)

(このような起用は打撃成績の低下とは別に故障のリスクもありそうですがこれらもまた検証されていないだけに何とも言えないですね)

Re: No title

Namikiさん、コメントありがとうございます!

大変興味深いです。上では「同一シーズンに複数ポジションを転々とするケース」を想定していましたが、
仰るような「シーズン単位で完全にコンバートされるケース」も、当てはまる可能性は確かにありますね。

これは私の考えですが、打撃に影響が出るとすれば、コンディションの変化に起因する部分が大きいと推察します。
コンディションは「その試合にどれだけ負荷のかかるポジションで出たか」という短期的な要素で決まるものではなく、
それまでに長期的に蓄積された負荷によって決まるものではないかと思ってまして。

だから、「同一シーズンに複数ポジションを転々とするケース」では、出場ポジションが変わっても打撃成績は変わらない、
「シーズン単位で完全にコンバートされるケース」では、無視できない差が生じる可能性あり、というのが私の見立てです。
ですが、仰るように「実際に検証してみると意外と影響が小さかった」となることも十分考えられますね。

>センターラインの選手層が貧弱で反面攻撃型守備位置に選手が揃っているようなチームは...

過去にそういう起用がされなかったのは、「コンバートによる打撃成績の低下を恐れて」というよりは、
守備の影響力が長らくブラックボックスになっていたことが大きいのではと、個人的には思っています。

優勝チームからGG受賞者が多く選出される慣例からも見て取れますが、
日本プロ野球は「強いチーム=守備の良いチーム」という刷り込みが強いので、
守備の影響力は実態よりも極めて過大評価されてきた可能性が高いと私は考えています。

そのような価値観が一般的な状況の中では、
守備力の低い選手を高い守備力が求められるポジションに配置するのは相当の勇気が必要だっただろうと推察します。
現代では守備指標の普及もあって守備の影響の大きさがある程度可視化されたので、
今後は従来タブーとされたような起用も増えていくのではと予想しています。(マギーやソトの起用はその嚆矢かもしれませんね)

(続く)

Re: No title

参考までに、手元のデータで以下のようなサーベイ的な検証を行ってみました。

・同一シーズンに複数ポジションで先発した打者について、あるポジションで先発出場した際のwOBAと、
 他のポジションで先発出場した際のwOBAの差を調べて、平均値を算出。
・単純に平均を取ると、打席数が少ない場合に外れ値を拾ってしまう可能性があるので、
 比較する2つのポジションの内、少ない方の打席を加重として加重平均を取りました。(TangoTiger氏が好む平均の取り方です)
・2001年から2018年のデータを使用しました。
・手に入ったデータの都合上、wOBAは敬遠/犠飛/失策出塁が抜けた近似値。打席も「打数+四死球」で近似しました。

十分なサンプルサイズを持つ「ポジションの組み合わせ」のwOBA差は、以下のようになりました。
数値は左から右のポジションに移った時に、どれだけwOBAが上昇するかを示します。

指名打者 → 一塁手 / +0.007
指名打者 → 三塁手 / -0.005
指名打者 → 左翼手 / +0.013
指名打者 → 右翼手 / +0.011
 一塁手 → 二塁手 / +0.001
 一塁手 → 三塁手 / +0.004
 一塁手 → 左翼手 / +0.003
 一塁手 → 右翼手 / +0.003
 左翼手 → 三塁手 / -0.004
 左翼手 → 中堅手 / +0.007
 左翼手 → 右翼手 / +0.003
 右翼手 → 中堅手 / +0.004
 三塁手 → 二塁手 / +0.003
 三塁手 → 遊撃手 / +0.009
 二塁手 → 遊撃手 / +0.005

wOBAは、0.01の上昇で500打席あたりの得点生産が4点改善するくらいの相場観です。
その半分以下の影響しかないポジションの組み合わせが多いので、
全体的な傾向で言えば、「先発出場ポジションが変わっても打撃成績はあまり変わらない」と言えるのではと思います。

ただ、指名打者絡みだと差が大きくなっているのが興味深いですね。
特に一塁手・左翼手・右翼手は、指名打者出場時にwOBAを大きく下げているようです。

以下の二つの仮説をぱっと思い付きました。
①守備に就けないために打撃に悪影響が出ている。
 (以前、松中信彦が「守備に就けないと集中力が維持できない」と発言していたような記憶があります)
②コンディションが悪くなってきた時に指名打者に入れる起用のバイアスがあるために、
 指名打者出場時にコンディション不良時の打席数が多くなり、wOBAが下がっている。

全体の傾向として、守備負荷の低いポジションから守備負荷の高いポジションに移ると、
wOBAが上がる傾向があるのも、イメージとは逆の結果で興味深いですね。
もしかすると、これも②のような起用のバイアスを取り込んでしまっている可能性もありますが。

この方法だと「同一シーズンに複数ポジションを転々とするケース」の検証にはなりますが、
「シーズン単位で完全にコンバートされるケース」では、また別の傾向が出てくる可能性もありますね。
この辺りは上手い方法が思い付いたら、腰を据えて検証してみたいですね。

No title

>日本プロ野球は「強いチーム=守備の良いチーム」という刷り込みが強いので、
>守備の影響力は実態よりも極めて過大評価されてきた可能性が高いと私は考えています。

確かにその可能性がありましたね。
MLBでもマネー・ボール内で打撃を優先して不慣れな外野をジェレミー・ジアンビに守らせた結果、酷評されるという描写がありましたし
得失点に与える影響で測ると守備が長い間過大評価されてきたというのはありそうです。


> 比較する2つのポジションの内、少ない方の打席を加重として加重平均を取りました。(TangoTiger氏が好む平均の取り方です)

この説明が理解できなかったのですがどういうことでしょうか。よろしければ教えていただけないでしょうか。
(TangoTigerが計算の意味を紹介してるページや書籍があればそれらも教えていただければ幸いです。)

Re: No title

Namikiさん、ご返信ありがとうございます!

選手A 二塁出場時:400打席 wOBA.300 遊撃出場時:**4打席 wOBA.000
選手B 二塁出場時:200打席 wOBA.330 遊撃出場時:200打席 wOBA.320

上記のようなデータセットがあったと仮定します。
選手Aと選手Bの成績から「二塁出場時と遊撃出場時のwOBA差を求めたい」と考えた場合、
「2人の二塁出場時と遊撃出場時のwOBA差の平均値を取る」という方法が考えられると思います。

ここで、選手Aは遊撃出場時の打席数が4しかないため、
サンプルサイズの問題により遊撃出場時のwOBAが外れ値となる可能性が高く、
「二塁出場時と遊撃出場時のwOBA差」が外れ値である可能性も高くなってしまいます。

一方で、選手Bは二塁出場時と遊撃出場時の打席数が200もあるので、
選手Aと比べれば、「二塁出場時と遊撃出場時のwOBA差」が外れ値である可能性は低いと考えられます。

このように、「一方のポジションの打席数が少ない場合、ポジション違いによる打撃成績の変化が信頼できなくなる」と考えて、
比較する2つのポジションの内、少ない方の打席で重み付けして加重平均を取りました。
上のデータで言うと、選手AのwOBA差は「4」、選手BのwOBA差は「200」の重みを付けて加重平均を取ります。

年齢曲線(Aging-Cuve)は、この考え方をベースに加重平均を取って計算している研究が多いですね。(下を参照)
TangoTiger本人がロジックを具体的に説明している記事は、私が探した範囲では見つかりませんでした。

https://tht.fangraphs.com/how-do-baseball-players-age-part-1/
>If we decide to weight each couplet by playing time, to give more weight to those players who play more often, how do we do that? Do we use the combined number of PA (or the average of the two numbers) from both seasons? How about the lesser of the two numbers, or their harmonic mean (they are almost the same thing)? I don’t really know which is correct. Traditionally, researchers like Tango and even myself have used the “lesser of the two numbers” to do the weightings. The harmonic mean, by the way, of N numbers, A, B, C, etc., is N / (1 / A + 1 / B + 1 / C, etc.).

No title

ご丁寧に返信ありがとうございます。
勉強中の身として非常に助かります。

この手法を選手Aと選手Bを例に行うと

4*(0.300-0.000)+200*(.0.330-0.320)/4+200=1.209

ということでしょうか。(間違っていたらすみません。)

Re: No title

Namikiさん、コメントありがとうございます!

下のような感じですね。

遊撃手→二塁手のwOBA変化を調べたい場合
(4*(0.300-0.000)+200*(0.330-0.320))/(4+200)=0.016

二塁手→遊撃手のwOBA変化を調べたい場合
(4*(0.000-0.300)+200*(0.320-0.330))/(4+200)=-0.016

選手Aは遊撃出場時の打席数が少ないためにwOBA差(-.300)が大きくなってしまっています。
これよりも、両方の打席数の多い選手BのwOBA差(-.010)の方がデータの信頼性が高いと言えます。

「二塁出場時と遊撃出場時にwOBAがどれだけ変化するか」を調べたいときに、
そのまま平均を取ると、信頼性が低い選手Aの成績が結果に大きく織り込まれてしまって、
「二塁から遊撃へ移動するとwOBAが.155下がる(-.300と-0.10の平均値)」という結果になってしまいます。

これを避けるために、二塁と遊撃の両方で打席を多く消化した選手のデータをより重視して集計します。
それで「比較する2つのポジションの内、少ない方の打席で重み付けして加重平均を取る」という処置を取るということですね。
選手AのwOBA差(-.300)と選手BのwOBA差(-.010)は、4:200の加重比率で平均に織り込まれます。

選手Bと比べて選手Aのデータは結果に大きく反映されなくなるため、
単純に平均を取る場合と比較して、選手Aの記録した大幅なマイナス(-.300)があまり織り込まれなくなり、
上で計算したような「二塁から遊撃へ移動するとwOBAが.016下がる」という結果が得られる、というロジックです。

加重平均の考え方については、下記のサイトが参考になるかと思います。
https://toukeigaku-jouhou.info/2015/08/23/weighted-average/

No title

参考になります。ありがとうございました。

No title

守備得点とUZRの剥離が大きいように見えます。(特に西武と日ハム)
球場や数値に出てきにくいARMを差し引いても、まだ微妙なような・・・。
投手の影響を野手が受けすぎているのでしょうか?

Re: No title

コメントありがとうございます!

この守備得点はDERベースで、打球処理のみが評価対象になっているため、
ARMとCatcherが入っていない点はご注意ください。

UZRでは、日本ハムは打球処理以外の部分で大きなマイナスを作っており、
UZRにはそのマイナスが含まれている一方、この記事の数字では含まれていないため、
それが乖離の原因になっていると考えます。

ただ、それを踏まえて見ても、
西武とロッテは乖離がちょっと大きくなっていますね。

西武は仰る通りで、「投手が打たれた打球の質」が乖離を生み出している可能性があるように感じます。
DELTA社のデータでは、西武投手陣は12球団で最も高いHard%を記録しており、
守る側から見て処理が難しい打球を多く打たれている形跡があります。

DERはUZRのRngRとは高い相関を示すため、
全体の傾向として見れば、打球の質のバイアスは排除できているようですが、
今回のケースでは投手陣の打球の質が特殊であるために、それが排除できていない可能性は考えられます。

ロッテに関しては、ラグーンの設置により1年分のPFで球場補正を行っているため、
ややきつめのマイナス補正を食らっていることが影響している可能性があります。
(今季のZOZOマリンスタジアムは、かなり高いDER-PFが出ています)

この点については、来年や再来年のPFが手に入り次第、
遡って今季にも適用して平均を取って再計算を行うことを検討しています。

返信ありがとうございます

牧原の昨年と今年のwrc+の加重平均が80程度なので、ポジションの変更が打撃成績に影響しないとすると、
単純に外野起用するには打力不足と考えるべきですね。
外野レギュラーが全滅、長谷川や福田までコンディションに不安を抱える非常事態だったので致し方ない面はありますが、
二遊間の選手には荷が重かったようです。
戦力を優先するなら江川や塚田、育成重視なら栗原、九鬼、増田あたりの起用を増やしてもよかったとは思います。


浅村と西の獲得を目指したとき賛否両論あった(達川元ヘッドは「牧原が気の毒」と発言していた)んですが、
優勝を逃して選手層も高齢化が進んでおり、フロントは戦力を正しく認識できていたと思います。
ただSBは金満のイメージで語られる割にはFAで苦戦が続いており、
資金は専ら外国人獲得と流出阻止に使われているのが現状です。
上林を最後に野手レギュラークラスが出てきていないので、この先も強豪でいられるかどうかは
2014年以降のドラフトで獲得した選手がどれだけ定着できるかにかかってきそうですね。

Re: 返信ありがとうございます

カンザスさん、コメントありがとうございます!

上で検討した通り、ポジションを変えても打撃成績に影響はあまり出ないようなので、
2ポジションの出場成績が著しく乖離している場合、乖離が解消される方向に成績は推移すると考えられます。
それを踏まえても、外野手として見ると牧原の打力は少々物足りないですね。(外野起用は編成上仕方なかった面も大きいですが)

仰るように、浅村が取れていれば完璧だったと私も思うんですよね。
短期的には二塁手の穴埋めができますし、松田の後任として三塁手に回すこともできましたから。

>上林を最後に野手レギュラークラスが出てきていないので、この先も強豪でいられるかどうかは
>2014年以降のドラフトで獲得した選手がどれだけ定着できるかにかかってきそうですね。
この点については、私はかなり楽観的に見ています。
現在のソフトバンクはそのくらい野手のプロスペクトが豊富にいると考えています。

ただ、現状の一軍と二軍の年齢層のボリュームゾーンの差を考えると、
世代交代のバトンタッチが間に合わない可能性があるのが最大の懸念だと思っています。
この空白の期間をFAでどれだけ補えるかが、短中期的にはソフトバンクの最大の課題になるのではと思うんですよね。

No title

ずっと気になっていたのですが。
打撃/守備/投球の数字の合計はこれで正しいのですかね?
投球が失点率ベースなのであれば、合計得点では守備の影響が二重に計算されているのではないでしょうか?
DERベース守備とFIPベース投球で計算するべきなのでは?と思ってしまいました。

それでも、今年の西武の守備得点はdeltaの値とかけ離れすぎているように思いますが…

Re: No title

あさん、コメントありがとうございます!

http://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-1337.html
この記事で算出している失点率ベースRSAAは、DERベースで守備力の影響を差っ引く補正が入っています。
(Baseball-ReferenceがDRSを使って失点率ベースWARを補正しているのと同じロジックです)

仰るように、失点率ベースRSAAをそのまま使ってしまうと、守備の影響が二重に計上されてしまいますが、
上記のような補正が入っているのでダブルカウントにならないようになっています。

(この辺りの補正については、記事の下の方にものすごく小さく記載してあるのですが、
現状のままだと非常にわかりにくいと思いますので書き直しを検討します...)

西武のDER守備得点については上のコメントでも書きましたが、
西武投手陣が打たれている打球の質が特殊であるために発生している可能性が高いと考えています。
(DERを使った守備力算定は多くのケースにおいて有効に機能するので、今回はかなりイレギュラーなケースだと考えています)

DIPS系の評価指標は、大雑把に言ってしまうと打球の質に差がないという仮定の下に算出されていますから、
今季の西武投手陣を評価する際には、FIPやtRAも上手く機能していない可能性も考えられるかもしれません。
(これだけの乖離は西武投手陣が打たれたゴロ、内野フライ、外野フライ、ライナーの割合だけでは説明できないので)

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2019年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 イリーグ ウリーグ
 一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2019]
 歴代打線守備力評価[-2019]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B   HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター