記事一覧

当ブログについて

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

2013年私的シルバースラッガー賞

最も打撃の良かった選手を守備位置ごとに選出します。
今回は本拠地球場の影響と、リプレイスメント補正を取り入れてみました。

具体的な評価法は以下のようになります。巨人の阿部選手を例にします。
注)長くなるので、結果だけご覧になりたい方は読み飛ばしていただいて構いません。


1)RCAAを計算する
「平均的打力の野手が同じ打席数だけ立つ場合と比べて、どれだけチームの総得点を増やしたか」を示します。
阿部選手は41.70だったため、平均的な野手と比べチームの総得点を42点増やしたと評価できます。

2)Rrep(リプレイスメント補正)を計算する
故障などにより試合を欠場してしまうと、代わりに控え選手が試合に出ることになり、
結果的にチームの総得点を減らすことになります。
多く打席に立つことで、控え選手の出場を減らしたと評価されます。

控え選手が打席に立つことによる損失は、統計的に「600打席につき20点」
であることが知られているため、これを補正として算出します。
阿部選手は529打席に立ったため、「529÷600×20 = 17.63」となり、
控え選手を打席に立たせなかったことにより、チームの総得点を18点増やしたと評価できます。

3)球場補正を計算する
過去3年間の本拠地の得点パークファクター(球場ごとの得点の入りやすさ)を基に補正をかけます。

各球場ごとの具体的な補正値は以下のようになっています。(全て600打席あたり)
 東京ドーム     1.13点
 阪神甲子園球場   2.01点
 マツダスタジアム  2.09点
 ナゴヤドーム    6.47点
 横浜スタジアム  -5.52点
 明治神宮野球場  -6.17点

 Kスタ宮城     0.27点
 西武ドーム    -3.51点
 QVCマリン   -1.66点
 ヤフオクドーム   3.34点
 京セラドーム    2.62点
 札幌ドーム     1.84点
 
 算出にあたってプロ野球 ヌルデータ置き場様のデータを使用させていただきました。
 この場を借りてお礼を申し上げます。

阿部選手は東京ドーム本拠地の球団で529打席に立ったため、「529÷600×1.13 = 0.99」となり、
球場の影響で創出した得点が1点低くなっていると評価されます。この影響を補正します。

4)1)~3)を足す
「41.70+17.63+0.99 = 60.52」となり、阿部選手は61点となります。
この値が打者としての最終評価となります。

5)ポジション出場割合を計算する
阿部選手は121試合に先発出場しました。その内訳は、

 捕手:115試合 一塁手:4試合 指名打者:2試合

となっています。

今回はポジションごとに強打者を選出するのが目的です。
阿部選手が「捕手として」どれだけチームに打撃で貢献したかを調べたいので、
阿部選手の捕手としての出場割合を計算すると、
「115÷(115+4+2) = 95.0%」となります。

6)4)に5)をかける
「60.52×95.0% = 57.33」となり、
阿部選手の捕手としての打撃貢献は57点となりました。
今回この指標は「pRCAR(position Runs Created Above Replacement)」という名前にしました。
ネーミングに関しては適当なのでツッコまないでください。


■セリーグ投手
2013セSSP

注)投手のRCAAは「平均的打力の投手が同じ打席数だけ立つ場合と比べて、
  どれだけチームの総得点を増やしたか」を計算しました。
  また控え投手とレギュラー投手の打撃力の差は0であるとみなし、「Rrep=0」としています。


■セリーグ捕手
2013セSSC


■セリーグ一塁手
2013セSS1B

 クラーク選手がロペス選手に迫っているのに注目。


■セリーグ二塁手
2013セSS2B

 森野選手は他ポジションでの出場が多かったため惜しくも届かず。


■セリーグ三塁手
2013セSS3B


■セリーグ遊撃手
2013セSSSS

 梶谷選手は後半戦で怒涛の活躍。
 全試合出場した坂本選手を上回る打撃貢献を記録した。


■セリーグ左翼手
2013セSSLF

 なぜか3位に右翼本職の人が食い込む。


■セリーグ中堅手
2013セSSCF

 長野選手は右翼手と中堅手で出場がほぼ半々に割れてしまった。


■セリーグ右翼手
2013セSSRF


■パリーグ捕手
2013パSSC

 オリックスの伊藤選手が躍進。今季のパリーグは全体的に若手の台頭が目立った。


■パリーグ一塁手
2013パSS1B


■パリーグ二塁手
2013パSS2B


■パリーグ三塁手
2013パSS3B

 6球団全てレギュラーが堅く、パ最大の激戦区と言えそう。


■パリーグ遊撃手
2013パSSSS

 相次ぐメジャー流出で打撃型遊撃手はとうとう絶滅。世代交代の過渡期か。
 

■パリーグ左翼手
2013パSSLF


■パリーグ中堅手
2013パSSCF

 長谷川選手は若干出場ポジションが割れたがギリギリ1位に。


■パリーグ右翼手
2013パSSRF


■パリーグ指名打者
2013パSSDH

 指名打者専任選手が不在の球団もちらほら見られた。


■セリーグ総評
2013セSS

■パリーグ総評
2013パSS


■おまけ
異なるポジションの選手の比較をするために、ここから更に守備位置による補正をかけます。
具体的な補正値は、Baseball-Referenceさんのデータを引用させていただきました。

   捕手 10.0点
  一塁手 -10.0点
  二塁手  3.0点
  三塁手  2.5点
  遊撃手  7.5点
  左翼手 -7.5点
  中堅手  2.5点
  右翼手 -7.5点
 指名打者 -15.0点

MLBのデータなので日本の野球に当てはまらないところもあるかもしれません。
これを600打席あたりの補正係数とし、選手の打席数に応じて補正をかけました。
Rposの部分がそれに当たります。

2013セBMVP

 ここに守備による得点貢献を加えてRPWで割れば、WARに近い値が得られると思います。
 阿部選手とバレンティン選手の差はおよそ14点となりました。
 これは守備貢献の差で十分にひっくり返りうる量です。
 以上から、阿部選手がMVPを獲得してもそこまで不思議なことではないと私は考えます。


2013パBAMVP

 楽天からはマギー選手、ジョーンズ選手の2人だけが選出。
 今年の楽天打線躍進の要因として、この2人の他で打線に大穴を開けなかったことが一つ挙げられそうです。
 ポジション毎に見ても、「リーグを代表する」とはいかないまでも、
 そこそこの打力を持った選手が全てのポジションに揃っています。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2017年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 ファームwOBAとRSAA
 ウリーグ イリーグ 各種PF
 各球団の一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2016]
 歴代打線守備力評価[-2016]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2016]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 一軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 二軍PF
 2017 2016 2015 それ以前
 球場別各種PF
 マツダスタジアム
 横浜スタジアム
 ナゴヤドーム
 種類別各種PF
 セリーグ得点PF[1957-2016]
 パリーグ得点PF[1957-2016]

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2016]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 DERチーム守備得点の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 [守備位置別安打記録]
 通算 シーズン
 [奪三振率]
 通算 シーズン
 [与四球率]
 通算 シーズン
 [K%]
 通算 シーズン
 [BB%]
 通算 シーズン
 [wSB+(盗塁得点)]
 通算 シーズン
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター