記事一覧

当ブログについて

NPB2021

NPB2020

選手

打線

球場

記録

分析

広瀬叔功[1955-1977]

成績サマリー
年度所属打席打率HR打点wRAAwRC+BABIP+K%-BB%+ISO+盗塁盗刺wSB守備位置補正守備年齢WAR    
1956南海26.400052.31991749753130200.40.1三二200.4
1957南海339.2842309.513011367509425140.32.3遊/二三右212.5
1958南海536.28873119.8140108496812833102.94.8224.9AS
1959南海526.31084515.213011234471101711-0.61.9遊/左右中233.6AS
1960南海542.26910465.71119749571172543.52.8遊/中243.1AS
1961南海567.2966467.31131105766934266.2-0.2遊中253.3AS
1962南海577.280125414.4124101711271055096.6-4.8中/二263.7AS
1963南海676.299146017.412611454861034576.9-7.1274.2AS B9
1964南海505.366125844.11861365310414072911.1-5.2287.1AS B9
1965南海524.298155523.414611146651513985.2-4.4294.5AS B9
1966南海395.26112396.01179867621362853.9-3.1302.1AS
1967南海167.204417-5.46674679085630.2-1.731-0.2
1968南海445.29454011.812611345731024427.9-3.4323.3AS
1969南海447.2841138-0.6991034450963994.1-3.4331.5AS
1970南海528.224731-16.770864594592872.5-3.734-0.1
1971南海513.2774363.010511165101723664.6-3.1352.2
1972南海419.241025-11.1769364111354275.5-2.8中/左360.5GG
1973南海49.24403-1.6681001019639420.0-0.437-0.1
1974南海123.2792173.712911174103100620.4-0.5中/左380.8
1975南海153.2780144.612911249185341021.2-1.7左/指中右391.0
1976南海64.17904-2.167758318433200.4-0.7中指400.0
1977南海125.244011-3.67296603760100.2-1.0中/指41-0.1
通算成績8246.282131705147.1118107558110159612373.2-35.2中/遊48.2


基本打撃成績
年度所属試合打席打数得点安打二塁三塁本塁塁打打点盗塁盗刺犠打犠飛四球故四死球三振併殺打率OBPSLGOPS    
1956南海192625410110135200010031.400.423.520.943
1957南海11433931747901932121302514421303294.284.316.382.698
1958南海120536504821453657212313310212514362.288.326.421.746AS
1959南海126526507861572768220451711211600245.310.330.434.764AS
1960南海1285425217014024101021446254002011389.269.297.411.708AS
1961南海13556753782159337622446426012524459.296.332.417.749AS
1962南海130577515991442161221354509365023574.280.343.414.757AS
1963南海149676626921872781427260457334102454.299.342.435.777AS B9
1964南海1415054561101673561225058729073943311.366.414.548.962AS B9
1965南海1225244907114633101524455398252423298.298.331.498.829AS B9
1966南海11039537649981761216339285201611333.261.293.434.726AS
1967南海761671522631214471763121002152.204.259.309.568
1968南海12144541273121257517540442142513255.294.336.425.760AS
1969南海110447423551201621117338399081521238.284.304.409.713AS
1970南海12452848363108152714831287423811294.224.281.306.587
1971南海12151346681129294417836366323903366.277.335.382.717
1972南海1104193745490142010825427253800289.241.307.289.596GG
1973南海4049411110200123421140250.244.333.293.626
1974南海651231111631512441762001101102.279.350.396.746
1975南海521531261535500401410231211282.278.387.317.704
1976南海276456610200124200080064.179.281.214.496
1977南海5012511913296103711101230091.244.258.311.569
通算成績21908246763712052157394881313120705596123345348218395640.282.326.409.735

先発出場
年度所属捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名   1番   2番   3番   4番   5番   6番   7番   8番   9番
1956南海 241221
1957南海11104454659811
1958南海1186550111
1959南海187158116455012
1960南海106116313406310
1961南海76551355391212
1962南海15929769715161
1963南海231448430332
1964南海1107611829
1965南海122731633
1966南海92357271211
1967南海3941220111
1968南海100152758
1969南海106361681
1970南海1186632515
1971南海115743110
1972南海68969242
1973南海871
1974南海11513111
1975南海213375151112
1976南海6547
1977南海120468236
通算成績282743653125228168404044501406851715

打順とポジションの変遷
所属打線起用登録名主要成績1番  2番  3番  4番  5番  6番  7番  8番  9番  
1956年南海打線-(三)広瀬叔功.400 0HR 5打点1木塚2岡本3杉山4飯田5長谷川6森下7大沢8野村9(投手)
1957年南海打線-(遊)広瀬叔功.284 2HR 30打点1蔭山2森下3杉山4野村5岡本6大沢7穴吹8寺田9(投手)
1958年南海打線1(遊)広瀬叔功.288 7HR 31打点1広瀬2杉山3長谷川4野村5穴吹6岡本7蔭山8寺田9(投手)
1959年南海打線1(遊)広瀬叔功.310 8HR 45打点1広瀬2半田3杉山4野村5長谷川6岡本7穴吹8寺田9(投手)
1960年南海打線2(遊)広瀬叔功.269 10HR 46打点1森下2広瀬3杉山4穴吹5野村6長谷川7半田8寺田9(投手)
1961年南海打線2(遊)広瀬叔功.296 6HR 46打点1長谷川2広瀬3杉山4野村5ピート6寺田7森下8穴吹9(投手)
1962年南海打線1(中)広瀬叔功.280 12HR 54打点1広瀬2穴吹3ピート4野村5ハドリ6井上7岡本8小池9(投手)
1963年南海打線1(中)広瀬叔功.299 14HR 60打点1広瀬2樋口3ピート4野村5ハドリ6井上7小池8森下9(投手)
1964年南海打線3(中)広瀬叔功.366 12HR 58打点1堀込2樋口3広瀬4野村5ハドリ6小池7森下8国貞9(投手)
1965年南海打線1(中)広瀬叔功.298 15HR 55打点1広瀬2樋口3堀込4野村5ハドリ6小池7森下8国貞9(投手)
1966年南海打線1(中)広瀬叔功.261 12HR 39打点1広瀬2樋口3ブルーム4野村5ハドリ6堀込7小池8国貞9(投手)
1967年南海打線-(中)広瀬叔功.204 4HR 17打点1ブレイザー2樋口3小泉4野村5ハドリ6堀込7国貞8小池9(投手)
1968年南海打線3(中)広瀬叔功.294 5HR 40打点1樋口2ブレイザー3広瀬4野村5柳田6国貞7キーオ8小池9(投手)
1969年南海打線3(中)広瀬叔功.284 11HR 38打点1樋口2ブレイザー3広瀬4野村5国貞6トーマス7島野8小池9(投手)
1970年南海打線1(中)広瀬叔功.224 7HR 31打点1広瀬2樋口3富田4野村5ジョーンズ6門田7古葉8小池9(投手)
1971年南海打線1(中)広瀬叔功.277 4HR 36打点1広瀬2桜井3門田4野村5ジョーンズ6高橋7富田8小池9(投手)
1972年南海打線1(中)広瀬叔功.241 0HR 25打点1広瀬2桜井3門田4野村5ジョーンズ6スミス7佐野8富田9(投手)
1973年南海打線-(左)広瀬叔功.244 0HR 3打点1島野2桜井3門田4野村5ジョーンズ6相羽7佐野8藤原9(投手)
1974年南海打線-(中)広瀬叔功.279 2HR 17打点1島野2桜井3パーカー4野村5門田6ロリッチ7佐野8藤原9(投手)
1975年南海打線-(左)広瀬叔功.278 0HR 14打点1島野2桜井3門田4野村5ロリッチ67藤原8ネトルス9定岡
1976年南海打線-(中)広瀬叔功.179 0HR 4打点1藤原2新井3門田4野村5片平6ビュフォ7柏原8桜井9定岡
1977年南海打線-(中)広瀬叔功.244 0HR 11打点1藤原2新井3門田4ホプキンス5野村6ピアース7柏原8定岡9河埜


コメント

No title

こんにちは。
samiさんは1964年のMVPは、スタンカと広瀬どちらが適当だと思われますか?

Re: No title

こんにちはさん、コメントありがとうございます!

実際にはスタンカがMVPを獲得していますが、私が記者だったら間違いなく広瀬に票を入れますね。
単年の成績で見た場合、NPB史上最高のセンターは1964年広瀬か1950年小鶴誠のどちらかだと個人的には思っています。
この打低時代に.366は驚異的な数字であること、81回試行して72回成功させる盗塁の精度の高さ、
レンジ系指標では史上最高クラスの外野守備と、これだけ打撃守備走塁をハイレベルで両立する選手は空前絶後に見えますね。

一方のスタンカは日本シリーズでは2日連続で完封を記録したりと圧倒的な投球だったようですが、
レギュラーシーズンの数字に関して言えば、この時代のエースピッチャーとしては割と平凡なものではないかと思います。

近鉄のフランチャイズ4の記事は作りかけで放置していました。
データは既にまとめてあるので、近い内に公開できると思いますのでお待ち下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2021年シーズンデータ
 ポジション別wRAAと先発救援別RSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2020]
 歴代打線守備力評価[-2020]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2020]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2020]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2020 2019 2018 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B
  HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
  De 西
 2019年二軍分析
  De 西
 2019年補強・ドラフト評価
  De 西
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター