記事一覧

当ブログについて

NPB2021

NPB2020

選手

打線

球場

記録

分析

私的左翼手ランキング2014年版

手元にあるデータを出来る限り活用して、NPB2014年シーズンの左翼手総合評価を試みます。
今回は「300打席以上を記録し、最も多く先発出場した守備位置が左翼である選手」を対象とします。

具体的な評価法と指標の説明については一番下に記しました。


12位 中田翔(日本ハム) 簡易WAR:-0.2
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.269 27 100 0 +16 +1 -8 -30 -21 -0.2
栗山監督が構想していた三塁コンバート案は実現されず、本来のポジションである左翼での出場が主となりました。
2年ぶりに全試合出場を達成したほか、初のタイトルとなる打点王も獲得し打撃面では充実したシーズンでしたが、
故障を抱えつつプレーした影響か外野守備指標でかなり悪い数字が出ており、総合貢献はあまり伸びていません。

■攻撃評価
中田翔1 
長打力(IsoP)はレギュラー定着後では最低の値でしたが三振率には改善が見られており、
打撃の完成度は年々向上している印象を受けます。
この三振率を維持できれば来季は揺れ戻しで打率を戻すのではないかと思います。

■守備評価
中田翔2 
今季の中田翔は左膝の故障報道がシーズン中に何度かありました。
その影響か左翼守備時の守備範囲が相当狭くなっていた可能性が示唆されています。


11位 和田一浩(中日) 簡易WAR:+1.3
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.281 16 65 2 +12 +2 -4 -9 +2 +1.3
2000本安打まであと100本を残し開幕を迎えましたが、8月に死球骨折で痛恨の離脱。
13年ぶりに規定打席も割り不完全燃焼に終わったシーズンとなりましたが、
出場機会あたりの貢献量の質はまだまだ高く、中日にとっては欠かせない選手と言えそうです。

■攻撃評価
和田一浩1 
年齢による適性BABIPの低下を考慮しても、不運気味なシーズンだったことが伺えます。
三振率、奪四死球率、長打力(IsoP)の3項目でキャリア平均を上回っており、
42歳にして衰えがほぼ見られない驚異的な打撃成績を残しています。

■守備評価
和田一浩2 
キャリアを通じて見ると左翼手としては名手の部類に入る和田ですが、近年は守備範囲がやや狭くなっている印象を受けます。
ただし和田の場合、データスタジアムのコラムで公開されている守備イニングと比較して推計値の誤差がやや大きく、
今回の算定では同僚の藤井と野本に守備得点を若干吸われているようです。


10位 マット・マートン(阪神) 簡易WAR:+1.6
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.338 14 84 2 +22 +4 -6 -22 -3 +1.6
来日5年目のシーズンとなった2014年は春先の大活躍もあり首位打者を獲得。
一方でRRFベースの刺殺数評価は低迷が見られ、総合的な貢献はあまり伸びていません。

■攻撃評価
マット・マートン1 
奪四死球率がキャリアハイを記録した以外は標準的なシーズンだったと言えますが、
必ずしも幸運だったとは言えない成績で首位打者を獲ってしまうのがマートンの恐ろしいところです。

■守備評価
マット・マートン2 
UZRとは乖離している結果ですが、刺殺数は左翼平均を大きく下回っています。


9位 藤井淳志(中日) 簡易WAR:+1.9
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.274 6 36 2 +2 +2 -3 +7 +8 +1.9
打率3割を記録した昨季に続いて今季も打撃好調を維持。左翼平均以上の打撃貢献を記録しています。
守備面での貢献も大きく、出場機会は少ないながら総合的な貢献量は大きなものとなっています。

■攻撃評価
藤井淳志1 
2014年は奪四死球率に大きな改善が見られました。
BABIP傑出を除いた打撃内容は大活躍した2009年を上回っており、好調なシーズンであったことが伺えます。

■守備評価
藤井淳志2 
前述の通り同僚の和田の守備得点を若干吸っている可能性が高いですが、左翼平均を大きく上回る刺殺数を記録しています。


8位 中村晃(ソフトバンク) 簡易WAR:+2.2
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.308 4 61 10 +16 +2 -7 -10 +0 +2.2
2014年はソフトバンク打線のリードオフマンを務め安打を量産。最多安打タイトルも獲得しました。
外野守備は平均的な評価ながら一塁補殺数が標準よりかなり少なく、守備得点は奮っていません。

■攻撃評価
中村晃1 
四死球長打のセカンダリが低下したものの、三振率に大きな改善が見られます。
BABIP傑出は2年連続で非常に高い値となりましたが、中村の場合適性値自体が高いという印象を受けます。

■守備評価
中村晃2 
一塁で大きなマイナスを計上していますが、これだけ少ない出場機会だと打球の偏りの影響が否めないです。
外野守備に関してはほぼ標準的な内容だと言えそうです。


7位 ブラッド・エルドレッド(広島) 簡易WAR:+2.5
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.260 37 104 2 +18 +0 -7 -4 +8 +2.5
来日3年目のシーズンにして初めて規定打席に到達。広島の外国人ではランス以来となる本塁打王を獲得したものの、
出塁率がリーグ野手平均を下回っており、打撃貢献は少し物足りない数値となっています。

■攻撃評価
ブラッド・エルドレッド1 
2014年は長打力(IsoP)が伸びた一方、三振率は悪化しています。
こうして見てみると、前2年の段階で既に長打力の片鱗を見せていたようですね。

■守備評価
ブラッド・エルドレッド2 
今回は外野刺殺に対する左腕補正は行っていませんが、広島はリーグ平均に対して左投手の投球回が極端に少ないため、
左翼手の守備得点が若干高めに出ている可能性は十分考えられます。右翼手についてその逆も然りです。


6位 坂口智隆(オリックス) 簡易WAR:+2.7
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.235 2 40 3 -7 +1 -3 +22 +13 +2.7
2012年の大怪我以降では初めて100試合以上に出場したシーズンとなりました。
打撃は左翼平均を大きく下回っていますが、パリーグ左翼手では最大の守備利得を叩き出しています。

■攻撃評価
坂口智隆1 
2014年は三振率,奪四死球率,長打力(IsoP)などの打撃内容は総合的に見てキャリア標準以上でした。
故障を境にBABIP傑出だけが実値にして1割近く下がっていますが、坂口の打撃に何が起こったんでしょうか。

■守備評価
坂口智隆2 
NPBでは左中間にイージーな打球が飛んだ場合、左翼手が中堅手に打球処理を譲る光景が見られますが、
オリックスの左中間は前任者のT-岡田の時代からその傾向が他球団と比べて緩いようで、
左翼手の守備得点が伸びやすくなっている点は注意が必要かもしれません。


5位 レスリー・アンダーソン(巨人) 簡易WAR:+2.7
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.319 15 50 1 +17 +1 -4 +3 +16 +2.7
来日1年目となった2014年は貧打にあえぐ巨人打線の中で唯一打率3割を達成。
故障により稼働率は低かったものの大きな利得を生み出しています。課題と評される守備もレンジ系指標では平均以上という評価です。

■攻撃評価
レスリー・アンダーソン1 
三振率,奪四死球率,長打力(IsoP)がいずれもほぼ標準以上の値です。
サンプルとなる打席数が少ないため適性BABIPはまだ分かりませんが、
おそらく今季の高打率は高BABIPに依存するものではないという印象を受けます。

■守備評価
レスリー・アンダーソン2 
左翼刺殺数は標準を上回る評価です。


4位 筒香嘉智(DeNA) 簡易WAR:+3.3
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.300 22 77 2 +23 -3 -5 +2 +17 +3.3
2014年はバルディリスの加入により三塁から左翼にコンバート。外野守備で平均以上の守備利得を記録しています。
打撃では課題だったアベレージ力を大幅に向上させ、莫大な打撃貢献を叩き出しました。

■攻撃評価
筒香嘉智1 
二塁打と本塁打が増加し、長打力(IsoP)に大きな向上が見られました。
三振率、奪四死球率についてはブレイク前とほぼ変化がなく、高打率は高BABIPに依存するものである可能性が高いと言えます。
この部分の改善が無ければ、来季は打率を落とすのではないでしょうか。

■守備評価
筒香嘉智2 
元々三塁守備指標でも悪くない数字が出ている選手だけに、外野でも平均以上のフットワークを見せているように見えます。


3位 ウラディミール・バレンティン(ヤクルト) 簡易WAR:+4.1
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.301 31 69 2 +33 -4 -5 +1 +26 +4.2 
当ブログの選出するセリーグ私的ベストナイン左翼手です。
NPB新記録の60HRを記録した昨季からHR数は半減しましたが、12球団の左翼手中トップの打撃成績を残しています。

■攻撃評価
ウラディミール・バレンティン1 
長打力(IsoP)傑出はキャリアワーストの値となりましたが、
それでもリーグ平均の倍以上の数字を残しており文句の付けようがありません。
BABIP傑出は年々向上していますが、これは打撃の変化によるものなのか運の偏りなのか判断が難しいところです。

■守備評価
ウラディミール・バレンティン2 
昨年までは右翼で無視できない大きさのマイナスを毎年記録していましたが、
左翼にコンバートされた今季はキャリアで初めて全体がプラスになりました。


2位 内川聖一(ソフトバンク) 簡易WAR:+4.4
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.307 18 74 0 +22 +1 -8 +9 +25 +4.4
2014年は右打者として歴代最長タイとなる7年連続打率3割を達成。安定感のある打撃で今季も大きな打撃利得を計上しています。
チーム編成上の問題からか今季はDHでの出場も多く見られましたが、左翼守備も標準以上という評価です。

■攻撃評価
内川聖一1 
2014年はBABIP傑出を見るにやや不幸なシーズンだったことが伺えますが、
内川にとっては打率3割を記録する上であまり障害にならなかったようですね。

■守備評価
内川聖一2 
数字を見るに同僚の長谷川の守備得点を若干吸っている可能性がありますが、左翼平均以上の刺殺数を記録しています。


1位 栗山巧(西武) 簡易WAR:+4.5
■総合評価
打率 HR 打点 盗塁 RCAA 球場補正 守備位置補正 守備得点 攻守総合貢献 簡易WAR
0.288 3 61 3 +16 -3 -7 +16 +22 +4.5
当ブログの選出するパリーグ私的ベストナイン左翼手です。
主将として臨んだ今季は2年連続4度目となる全試合出場を達成しました。
四死球による出塁、稼働率の高さ、守備貢献の高さで大きな利得を生み出している点は阪神の鳥谷敬と似ており、
彼と同じく打撃主要三部門の数字だけ見ると最も過小評価されるタイプの選手であると言えます。

■攻撃評価
栗山巧1 
打撃面は栗山にとっては標準的なシーズンだったようです。

■守備評価
栗山巧2 
左翼平均を大きく上回る刺殺数を記録しています。

他ポジションの評価はこちらから 

□算出法
・攻撃得点 ・守備得点 ・守備位置補正得点 ・代替補正得点
の4要素を足し合わせて簡易WARを計算しています。

攻撃得点は球場補正をかけたRCAAを使用しました。球場補正は過去3年間の得点PFについて、
「2012年:2013年:2014年=1:2:4」と加重平均を取って算出した跳ね返り倍率に平均が1となるように等倍補正をかけ、
「(1-補正した跳ね返り倍率)×打席数×(リーグ総得点/リーグ総打席)」という式に入れて算出しています。

守備得点は内野についてはRRFをベースとしたこちらの方法で算出しました。「内野手
外野についてはクロスケさんの手法で算出しました。「外野守備評価
守備位置補正得点はこちらの方法で算出しました。「守備位置補正RCWIN通算記録
代替補正得点は「600打席で2勝分」として算出しました。参考:「リプレイスメント・レベル~Part2

打率+:リーグ平均を100としたときの打率傑出度
BABIP+:リーグ平均を100としたときのBABIP傑出度
三振率+:リーグ平均を100としたときの打数あたり三振率傑出度 数値が高いほど三振が少なく、優秀であることを示す
奪四死+:リーグ平均を100としたときの打席あたり奪四死球率傑出度
長打力+:リーグ平均を100としたときのIsoP(長打率-打率)傑出度

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2021年シーズンデータ
 ポジション別wRAAと先発救援別RSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2020]
 歴代打線守備力評価[-2020]

■打撃に関する記録
 wRAA通算 シーズン チーム
 wRC+通算 シーズン チーム
 BABIP+通算 シーズン チーム
 K%-通算 シーズン チーム
 BB%+通算 シーズン チーム
 ISO+通算 シーズン チーム

■投球に関する記録
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備に関する記録
 守備得点

■球場に関する記録
 一軍PF 2021 2020 2019
 二軍PF 2019 2018 2017
 セPF 得点 本塁打 BABIP
単打 二塁打 三塁打
三振 四球 FIP
 パPF 得点 本塁打 BABIP
単打 二塁打 三塁打
三振 四球 FIP
 球場別 東京ド 後楽園
甲子園
バンド ナゴヤ球場
マツダ 広島市民
De 横浜 川崎球場
神宮
PayPay 平和台 大阪球場
西 メラド 小倉球場
京セラ GS神戸 阪急西宮
ZOZO 東京スタジアム
札幌ド 駒沢球場
楽天生命
日本生命 藤井寺

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2020]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
  De 西
 2019年二軍分析
  De 西
 2019年補強・ドラフト評価
  De 西
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター