記事一覧

当ブログについて

NPB2021

NPB2020

選手

打線

球場

記録

分析

パリーグBABIPパークファクター[1957-]

セ:
 パ:



各本拠地の本塁打を除く安打の出やすさを評価しました。
数値は「同じリーグの平均的な球場(6本拠地の平均)と比べてBABIPが何倍高くなるか」を示します。
入手データの都合上、2004年以前は犠飛を含まない数値となります。

BABIPパークファクター
年度福岡ソフトバンクホークス埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズ北海道日本ハムファイターズ東北楽天/大阪近鉄オリックスバファローズ
20201.00福岡ドーム1.00西武ドーム0.95千葉マリンスタジアム1.00札幌ドーム1.00宮城球場1.06大阪ドーム
 
20190.99福岡ドーム1.03西武ドーム0.95千葉マリンスタジアム1.02札幌ドーム1.02宮城球場0.99大阪ドーム
20180.96福岡ドーム1.01西武ドーム1.00千葉マリンスタジアム1.04札幌ドーム1.00宮城球場0.98大阪ドーム
20170.91福岡ドーム0.99西武ドーム1.07千葉マリンスタジアム0.98札幌ドーム1.00宮城球場1.07大阪ドーム
20161.04福岡ドーム1.06西武ドーム0.98千葉マリンスタジアム0.95札幌ドーム1.01宮城球場0.96大阪ドーム
20150.99福岡ドーム1.01西武ドーム1.03千葉マリンスタジアム0.97札幌ドーム0.99宮城球場1.01大阪ドーム
20140.98福岡ドーム1.01西武ドーム0.96千葉マリンスタジアム1.02札幌ドーム1.01宮城球場1.01大阪ドーム
20130.99福岡ドーム1.06西武ドーム1.03千葉マリンスタジアム0.99札幌ドーム0.99宮城球場0.93大阪ドーム
20121.01福岡ドーム0.96西武ドーム1.01千葉マリンスタジアム1.01札幌ドーム1.03宮城球場0.99大阪ドーム
20111.02福岡ドーム1.08西武ドーム0.97千葉マリンスタジアム0.99札幌ドーム1.00宮城球場0.93大阪ドーム
20100.97福岡ドーム1.00西武ドーム0.98千葉マリンスタジアム1.01札幌ドーム1.00宮城球場1.03大阪ドーム*1
 
20091.03福岡ドーム1.03西武ドーム1.00千葉マリンスタジアム1.00札幌ドーム0.99宮城球場0.96大阪ドーム*1
20080.99福岡ドーム0.97西武ドーム1.06千葉マリンスタジアム0.97札幌ドーム0.99宮城球場1.01大阪ドーム*1
20071.04福岡ドーム1.04西武ドーム0.95千葉マリンスタジアム0.98札幌ドーム1.03宮城球場0.95大阪ドーム*1
20060.99福岡ドーム1.00西武ドーム1.00千葉マリンスタジアム0.98札幌ドーム0.99宮城球場1.04大阪ドーム*1
20050.99福岡ドーム1.02西武ドーム0.99千葉マリンスタジアム0.95札幌ドーム1.06宮城球場0.98大阪ドーム*1
20040.99福岡ドーム0.97西武ドーム0.93千葉マリンスタジアム1.02札幌ドーム1.02大阪ドーム1.08GS神戸
20030.98福岡ドーム1.02西武ドーム0.96千葉マリンスタジアム1.03東京ドーム0.96大阪ドーム1.06GS神戸
20021.03福岡ドーム0.98西武ドーム1.00千葉マリンスタジアム0.93東京ドーム0.98大阪ドーム1.08GS神戸
20011.03福岡ドーム0.96西武ドーム1.06千葉マリンスタジアム0.97東京ドーム0.93大阪ドーム1.07GS神戸
20001.02福岡ドーム0.98西武ドーム1.02千葉マリンスタジアム0.99東京ドーム1.00大阪ドーム1.00GS神戸
 
19991.02福岡ドーム0.91西武ドーム1.07千葉マリンスタジアム1.01東京ドーム1.06大阪ドーム0.95GS神戸
19981.02福岡ドーム1.02西武ドーム0.98千葉マリンスタジアム0.93東京ドーム1.02大阪ドーム1.03GS神戸
19971.03福岡ドーム0.98西武球場1.00千葉マリンスタジアム1.00東京ドーム0.99大阪ドーム0.99GS神戸
19961.03福岡ドーム0.96西武球場1.04千葉マリンスタジアム1.03東京ドーム0.95藤井寺球場0.98GS神戸
19951.00福岡ドーム0.98西武球場1.01千葉マリンスタジアム0.99東京ドーム1.00藤井寺球場1.02GS神戸
19940.93福岡ドーム0.97西武球場1.00千葉マリンスタジアム1.04東京ドーム1.05藤井寺球場1.02GS神戸
19930.95福岡ドーム0.96西武球場1.11千葉マリンスタジアム0.98東京ドーム1.02藤井寺球場1.00GS神戸
19920.96平和台球場0.93西武球場0.98千葉マリンスタジアム1.02東京ドーム1.06藤井寺球場1.08GS神戸
19910.98平和台球場0.94西武球場1.08川崎球場0.96東京ドーム1.01藤井寺球場1.05GS神戸
19900.99平和台球場0.97西武球場1.11川崎球場0.92東京ドーム1.09藤井寺球場0.94阪急西宮球場
 
19891.02平和台球場1.02西武球場1.05川崎球場0.93東京ドーム1.01藤井寺球場0.99阪急西宮球場
19881.02大阪球場0.92西武球場1.13川崎球場0.92東京ドーム1.07藤井寺球場0.97阪急西宮球場
19871.00大阪球場0.90西武球場1.01川崎球場1.02後楽園球場1.09藤井寺球場1.00阪急西宮球場
19860.95大阪球場1.04西武球場1.07川崎球場0.96後楽園球場1.04藤井寺球場0.97阪急西宮球場
19851.02大阪球場1.01西武球場1.04川崎球場0.95後楽園球場0.98藤井寺球場1.01阪急西宮球場
19841.01大阪球場0.95西武球場1.01川崎球場0.96後楽園球場1.06藤井寺球場*21.01阪急西宮球場
19831.01大阪球場0.86西武球場1.04川崎球場1.06後楽園球場1.05日本生命球場1.04阪急西宮球場
19820.98大阪球場0.92西武球場1.06川崎球場1.03後楽園球場1.08日本生命球場0.97阪急西宮球場
19810.96大阪球場0.95西武球場1.00川崎球場1.02後楽園球場1.06日本生命球場1.03阪急西宮球場
19801.09大阪球場0.99西武球場1.02川崎球場0.99後楽園球場0.96日本生命球場0.95阪急西宮球場
 
19790.96大阪球場1.07西武球場1.01川崎球場0.99後楽園球場0.93日本生命球場1.06阪急西宮球場
19780.97大阪球場1.02平和台球場0.99川崎球場1.03後楽園球場0.95日本生命球場1.04阪急西宮球場
19771.01大阪球場0.95平和台球場1.04宮城球場1.01後楽園球場0.97日本生命球場*31.06阪急西宮球場
19761.01大阪球場0.94平和台球場1.05宮城球場1.01後楽園球場0.97日本生命球場1.03阪急西宮球場
19750.97大阪球場0.96平和台球場1.01宮城球場0.92後楽園球場1.04日本生命球場*31.13阪急西宮球場
19740.98大阪球場0.97平和台球場0.95宮城球場0.97後楽園球場1.03日本生命球場*31.10阪急西宮球場
19731.04大阪球場0.99平和台球場1.00宮城球場*40.89後楽園球場1.06日本生命球場1.03阪急西宮球場
19721.14大阪球場1.01平和台球場*50.99東京スタジアム0.91後楽園球場0.96日本生命球場0.98阪急西宮球場
19710.99大阪球場1.04平和台球場*51.01東京スタジアム0.91後楽園球場1.01日本生命球場1.04阪急西宮球場
19701.04大阪球場0.94平和台球場*51.00東京スタジアム0.95後楽園球場1.06日本生命球場1.03阪急西宮球場
 
19690.94大阪球場0.99平和台球場*51.05東京スタジアム0.93後楽園球場1.07日本生命球場1.04阪急西宮球場
19681.02大阪球場0.98平和台球場*51.03東京スタジアム0.93後楽園球場1.04日本生命球場1.00阪急西宮球場
19671.05大阪球場0.97平和台球場*51.01東京スタジアム0.91後楽園球場1.01日本生命球場1.07阪急西宮球場*6
19660.97大阪球場0.95平和台球場*51.01東京スタジアム0.96後楽園球場*71.10日本生命球場1.02阪急西宮球場
19651.02大阪球場1.01小倉球場*80.96東京スタジアム0.99後楽園球場0.95日本生命球場1.07阪急西宮球場
19640.99大阪球場1.01平和台球場0.97東京スタジアム0.91後楽園球場*71.09日本生命球場1.05阪急西宮球場
19630.94大阪球場1.05平和台球場1.00東京スタジアム0.92明治神宮野球場*91.09日本生命球場1.00阪急西宮球場
19621.05大阪球場1.01平和台球場0.97東京スタジアム0.88明治神宮野球場*91.06日本生命球場1.04阪急西宮球場
19611.01大阪球場1.02平和台球場0.96後楽園球場*101.00駒沢球場1.04日本生命球場0.98阪急西宮球場
19601.00大阪球場1.07平和台球場0.97後楽園球場0.95駒沢球場0.98日本生命球場1.03阪急西宮球場
 
19591.05大阪球場0.99平和台球場0.95後楽園球場1.03駒沢球場0.99日本生命球場0.98阪急西宮球場
19581.00大阪球場0.99平和台球場0.98後楽園球場0.98駒沢球場1.05日本生命球場0.99阪急西宮球場
19571.02大阪球場1.02平和台球場0.92後楽園球場1.06駒沢球場1.05大阪球場0.97阪急西宮球場

*1 GS神戸を含む
*2 日本生命球場を含む
*3 藤井寺球場を含む
*4 川崎球場を含む
*5 小倉球場を含む
*6 西京極球場を含む
*7 明治神宮野球場を含む
*8 平和台球場を含む
*9 後楽園球場を含む
*10 駒沢球場を含む



算出方法

PFは該当球場を本拠地とするチームが記録した「本拠地での成績」と「他球場での成績」から算出されます。
具体的な算出方法は「パークファクターはどのような考え方で算出されるか」を参照ください。
また、この記事のデータは試合数ベースではなく打席数ベースで算出しています。

PFの算出方法では「中日が得点が取れないからナゴヤドームの得点PFが低い」といった事態は起こりません。
PFは該当球場を本拠地とするチームが残した本拠地と他球場の成績比較から算出されるため、
そのチームが該当イベントを記録しやすいかどうかは、PF値に対して反映されない算出方法になっています。

コメント

No title

2017シーズンの福岡ドームは歴代でもかなりの低値だったんですね。
得点やHRPFと比べて球場毎の差が少なく、安定している印象を受けます。
個人差が出ないよう対象を広げ、サンプル数を増やせば一定値に収束する性質を表しているように思えますね。
打者BABIPは選手毎にある程度の傾向はあるが、投手評価に当てはめるには運の要素が大きすぎると言われるのも納得できます。
投手の場合は守っている野手のレベルで左右されるのでフェアではないというのもあるかもしれませんが。

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!

特に0.8台は過去のデータを見てもかなり珍しいですね。
断言するにはもう少しサンプルサイズが欲しいですが、やはり新調した芝の影響ではと思ってしまいます。

厳密に見ていけばBABIPが高く出やすい球場や低く出やすい球場は確かに存在するのですが、
仰るように球場毎の差は本塁打PFと比べてずっと小さく、偏りを見いだせない球場も多いように見えます。
普通に考えると球場のサイズが違えばBABIPも変わりそうなものなのですが、不思議ですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2021年シーズンデータ
 ポジション別wRAAと先発救援別RSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2020]
 歴代打線守備力評価[-2020]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2020]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2020]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2020 2019 2018 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B
  HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
  De 西
 2019年二軍分析
  De 西
 2019年補強・ドラフト評価
  De 西
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター