記事一覧

当ブログについて

NPB2019

NPB2018

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

選手

打線

球場

記録

考察

2020年に向けた戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編


本記事では、横浜DeNAベイスターズの2019年時点での強みと弱みを評価して、
二軍の若手、ドラフト、補強内容と合わせて見ることで、2020年シーズンに向けた戦力分析を行います。
最後までお付き合いいただけますと幸いです。


目次
1. 強みと弱みの考え方
2. チーム全体の状況
3. 各ポジションの状況
4. どこを優先的に強化すべきか
5. 二軍の育成状況
6. ドラフト
7. 補強
8. 総評



強みと弱みの考え方

強みと弱みの定量化は「得失点差の改善に何点寄与したか」を基準に行いました。理由は以下の2点です。
 1. 打撃(得点を増やすプレー)と、守備と投球(失点を減らすプレー)を同じ土俵で評価できる
 2. 得失点差が改善すると、チームの貯金が増える傾向がある

日本プロ野球では、「得失点差」と「貯金」が極めて強い相関関係を持つことが知られており、
「得失点差の1/5」で「貯金」をおおよそ近似できるという経験則があります[1]。
よって「得失点差の改善に何点寄与したか」が分かれば「貯金増加にどれだけ貢献したか」も分かります。

一般的な目安として、優勝するためには「貯金20」、Aクラス入りには「貯金0」が必要です。
得失点差に換算して、優勝するためには「+100点」、Aクラス入りには「±0点」が必要になります。
それを踏まえたうえで「得失点差の改善に何点寄与したか」という観点から、DeNAの強みと弱みを見ていきましょう。



チーム全体の状況


※打撃・守備・投球は「平均的なチームと比べて打撃・守備・投球で得失点差を何点分改善させたか」を示す。wOBA[2]、UZR[3]、FIP[4]を元に算出。
※2019年DeNAは平均的なチームと比べて得失点差に対して打撃で-31点、守備で-7点、投球で41点の寄与をもたらしたことを示す。

2019年、横浜DeNAベイスターズは2位となりました。2位以上は1998年の優勝以来。
野手陣の担当領域である打撃と守備で赤字を計上してしまった一方、
投手陣はエース今永昇太を柱にすばらしい働きを見せ、2年ぶりのAクラスに返り咲きとなりました。

近年では野手陣の担当領域が黒字となったのは2017年のみ。残りのシーズンは赤字となっています。
優勝には得失点差+100点が必要ですが、投手陣が単体で+100点の寄与を見せたチームは数例のみ。(1990巨人他)
野手陣に赤字を抱えたまま達成するのはかなり難しいため、優勝を狙うなら野手陣の黒字化が必須となりそうです。



各ポジションの状況


※打撃・守備は「平均的なチームと比較してそのポジションの打撃・守備で得失点差を何点分改善させたか」を示す。wOBA[2]とUZR[3]を元に算出。

野手は他チームと比べて強みと弱みがはっきりしないフラットな構成です。
近年弱点になりがちだった二遊間は、大和・柴田竜拓・ソトの働きで負債がほぼ解消された一方、
例年強みとしているポジション(一塁/三塁/左翼)では、例年通りの強さを発揮できませんでした。

「長所を作る」より「弱点を潰す」方が編成上の費用対効果は高いため[5]、
「弱点を潰す」ことが徹底されている現状には、DeNAの編成戦略の上手さが垣間見えます。
しかし、致命的な弱点をもつ他チームと比べて、来季の戦力向上の伸びしろが乏しいという見方もできそうです。




※投球は「平均的な投手と比較して投球で得失点差を何点分改善させたか」を示す。FIP[4]を元に算出。

先発投手は全ポジション中最大の寄与を叩き出しました。
特に選手層の厚さは傑出しており、今永始め投球回上位8人が平均以上の失点抑止力をマーク。
貯金を期待できる投手だけでローテが埋まったことで、「谷間のないローテ」を形成しました。

救援投手はリーグ平均をやや下回る水準に留まりました。
7回にエスコバーが定着しましたが、8,9回を担当した山崎康晃とパットンが不調気味だったため、
リード時にどれだけ支配的な投手を起用できたかという点で、他チームにやや後れを取りました。



どこを優先的に強化すべきか


※縦軸は「平均的なチームと比較してそのポジションで得失点差を何点分改善させたか」、
 横軸は「そのポジションを構成する選手の平均年齢がリーグ平均と比べて何歳高いか」を示す。年齢が高いほど成績低下のリスクが他球団より高い。


DeNAは明確な弱点ポジションを抱えないチームでした。
得失点差を改善するうえで費用対効果の高い「弱点の穴埋め」がやりづらい状況なので、
将来の成績低下リスクへの対処を主眼に、高齢化しているポジションに対し後継選手の用意を進めていきたいところ。

各ポジションの年齢を見ると、高齢化が進んでいるのが一塁手と三塁手と遊撃手。ここは世代交代の準備が急務です。
また、今オフは筒香嘉智がポスティングによるMLB挑戦を表明しました。
彼が左翼手で出場した約400打席、約800イニングは他の選手で代替しなければなりません。



二軍の育成状況

ここでは「他チームよりもどれだけ多くの選手を一軍に送り出せそうか」という観点で、各ポジションを見ていきます。
日本プロ野球における年齢曲線の研究から、打撃は27歳、投球は22歳まで加齢による成長が見込めるとされるため[6]、
これより低い年齢に有望な選手をどれだけ抱え込めているかが評価基準となります。



捕手


※グラフの縦軸はwRC+(平均的な打者と比べた得点生産力/平均=100)[7]、横軸は年齢、丸の大きさはそのポジションで出場した打席数を示す。
※BABIP、K%(=三振/打席)、BB%(=四球/打席)、ISO(=長打率-打率)は、リーグ平均と比べて何倍の数値を記録したかを示す。平均=100[8]。


若手では山本祐大(21歳)と益子京右(19歳)が起用されました。
山本も益子も二軍捕手の標準レベルの打撃成績を残しており、来季の一軍定着は難しそうですが順調な育成状況です。
ただし、一軍メンバーと二軍メンバーの年齢差が気掛かりで、確実なバトンタッチを狙うならギャップを埋める動きが必要です。



一塁手



DeNAは一塁手を「二遊間を本職とする中堅選手のリザーブ枠」として活用しており、
次世代の一塁手レギュラーを二軍から輩出しようとする動きはありません。
最初から二軍の活用は考えておらず、ロペスの後継者は現一軍メンバーと補強により用意する方針のようです。

現一軍メンバーで後継者の有力候補となるのが佐野恵太。外野手としての出場が多いですが本職は一塁手です。
打撃のポテンシャルに優れており、強打が求められる一塁手での起用にも耐えうる打者でしょう。
ただ、現状はほぼ対右投手のみの起用となっているため、固定する場合は苦手としている左投手への対応が課題となります。



二塁手



若手では伊藤裕季也(23歳)と大河(21歳)が起用されました。
伊藤裕は投手優位の横須賀スタジアムを本拠地に14本塁打を放つなど、高い長打力(ISO)が持ち味。
若手二塁手の中ではトップクラスの打撃能力を有し、来季中の一軍定着の可能性もあるDeNAの誇るプロスペクトの一人です。

伊藤裕で二塁手をある程度の水準で埋めることができれば、
ラミレス監督が検討している、ソトの一塁コンバートがしやすくなる編成上のメリットもあります。
これが実現すればロペスの後継者問題の見通しがかなり良くなるため、伊藤裕にかかる期待は非常に大きいと言えるでしょう。



三塁手



若手では伊藤裕季也(23歳)が起用されました。打撃能力は若手三塁手の中でも見劣りしません。
伊藤裕が守備に就いたポジションは二塁手と三塁手がちょうど半々となっており、
一軍では当面は二塁手で起用されそうですが、将来的には宮﨑敏郎の後継者として正三塁手に据える想定も見て取れます。



遊撃手


若手では知野直人(20歳)と大河(21歳)が起用されました。
知野は三振が極めて多く出塁能力には課題がありますが、長打力(ISO)は若手遊撃手ではトップクラス。
戦力化にはまだ時間がかかりそうですが、今後は重点的に出場機会を割り当てていきたい選手でしょう。

近年固定されていた大河(21歳)は惜しくも戦力外となってしまいました。
四球が極めて多く、遊撃手としては標準的な打撃能力は有していたため、戦力外はかなりシビアな判断に思えました。
DeNAの遊撃手育成は振り出しに戻ったかたちで、一軍に遊撃手を送り出すにはまだ時間がかかりそうです。



中堅手



若手では関根大気(24歳)と宮本秀明(23歳)が起用されました。
関根は1年目以降伸び悩んでいましたが、ここへきて二軍最強クラスの強打者に成長しました。
二軍では既にやることのない状態なので、来季は一軍で積極的に起用してアジャストできるかを確認したいところ。



左翼手・右翼手



若手では細川成也(21歳)、楠本泰史(24歳)、関根大気(24歳)、宮本秀明(23歳)が起用されました。
細川、楠本、関根の3人は若手外野手の中でもトップレベルの打撃成績を残しており、
外野手に関しては他チームと比べて大きな突き上げが期待できそうです。

細川成也は左翼守の後継者選びで、若手の中では最有力候補となる選手。
打撃は粗く三振がやや多いものの、長打力(ISO)では他チームにも比肩する若手が見当たりません。
すでに一軍レベルの投手にも一定のアジャストを見せており、来季の一軍定着に大きな期待のかかる選手の一人です。



投手


※グラフの縦軸はFIP-(平均的な投手と比べた失点抑止力/平均=100)[9]、横軸は年齢、丸の大きさは投球回を示す。
※K%(=奪三振/対戦打席)、BB%(=与四球/対戦打席)、HR%(=被本塁打/対戦打席)は、リーグ平均と比べて何倍の数値を記録したかを示す。平均=100[10]。


若手では京山将弥(21歳)、中川虎大(20歳)、阪口皓亮(20歳)が起用されました。
他チームと比べても21歳以下の若手に出場機会がたくさん割り当てられており、
20代中盤以降の投手が成長しにくいことを踏まえた育成方針が取られています。(「投手22歳ピーク説」がベース?)

中川虎は本拠地を考慮しても被本塁打が少なく、それが失点抑止力の高さにつながりました。
しかし、二軍の打球傾向を見る限りではフライを多く打たれるタイプの投手であるため、
被本塁打の少なさについてはフロックの可能性が否めません。来季も成績を持続できるかがポイントになりそうです。



ドラフト



1位指名は森敬斗(遊/18歳)、2位指名は坂本裕哉(投/23歳)となりました。
2位以上で二遊間の選手を指名したチームは、セ・リーグではDeNAのみ。二遊間が不作気味の中でプロスペクトを確保した形です。
大和の世代交代を狙いつつ、二遊間に新しいストロングポイントを作りたいという強い意志が感じられました。

ただ、大和と年齢が10歳以上離れているのは、バトンタッチの時間的猶予を考えると少々気掛かり。
近年では源田、京田、大城など大学社会人卒の遊撃手が優れた守備能力を見せるケースが多いため、
即戦力遊撃手の上位指名は来季以降も選択肢に入れてよいのではないかと思われます。

3位以下では投手2人、捕手1人、内野手1人、外野手1人を指名しました。
若手不足により育成が滞っているポジションはないため、通常運航と言ったところでしょう。
強いて言うなら年齢層的に外野手は次世代の種まきを狙いたい時期なので、高卒選手を指名しても良かったかもしれません。



補強



外国人ではオースティン(一/外)、ピープルズ(投)を獲得しました。
現状の見通しだと外国人枠の3枠はロペス、ソト、エスコバーがほぼ固定される見込みで、
残りの1枠はパットンとオースティンで使い分け、ピープルズは投手のリザーブ要員という運用になりそうです。

オースティンは左投手を得意としている長距離打者。一方で右投手が苦手です。
左投手を苦手とする佐野とプラトン起用することで、互いの弱点を消し去る運用も想定していると思われます。
ロペスの代役が必要な場合は一塁手、平時には両翼で併用することでポジションの底上げが期待できそうです。



総評

現状、明確なマイナスを計上している弱点ポジションはなく、
将来の成績低下リスクの高いポジションでも世代交代の用意が着々と進められています。
遊撃手はまだテコ入れが必要ですが、全体の状況としては打つべき手は打ち尽くしている印象を受けました。

一方、優勝を狙うなら野手のストロングポイントを新構築したいところ。
現有戦力では伊藤裕季也(二)、細川成也(左)、森敬斗(遊)に大きな期待がかかりますが、
ドラフトでも上位指名枠を積極的に活用して、プロスペクト野手を確保していくことが必要となりそうです。

DeNAが野手で強みを作り出せていないのは、上位指名を投手に割いてきたことも背景にあると思われます[11]。
チームの持ち味であるスカウト力も相まって、投手育成は他チームと比較してかなり余裕のある状況なので、
今後は野手重視ドラフトに舵を切っていくことが求められるでしょう。森の1位指名はそうした方針転換の嚆矢にも見えました。



2020年に向けた戦力分析

2020年に向けた戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編
2020年に向けた戦力分析 広島東洋カープ編



横浜DeNAベイスターズ戦力分析

2014年戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編
2015年戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編
2017年戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編
2020年に向けた戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編



[1] Runs Per Win - 1.02 - Essense of Baseballが詳しいです。得失点差が10点改善すると勝利が1増えて敗戦が1減るため、貯金が2増える計算となります。
[2] wOBAを元に計算した。係数は
1.02 - Essense of Baseballから引用。2017年-2019年のwOBA-PFを元に球場補正を行いました。
[3] リーグ平均が0となるように調整を行いました。
[4] 2017年-2019年のFIP-PFを元に球場補正を行いました。
[5] 例えば「-30点のポジションに±0点の選手を連れてくる」のと「±0点のポジションに+30点の選手を連れてくる」のは、
  どちらも得失点差に対して同じ改善効果(+30点)をもたらすが、「±0点の選手」は「+30点の選手」よりも年俸や機会の観点で獲得が容易である。
[6] 岡田友輔ほか(2012)『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1』 水曜社
[7] 2019年の二軍wOBA-PFを元に球場補正を行いました。
[8] 2019年の二軍BABIP-PF、K%-PF、BB%-PF、ISO-PFを元に球場補正を行いました。
[9] 2019年の二軍FIP-PFを元に球場補正を行いました。
[10] 2019年の二軍K%-PF、BB%-PF、HR%-PFを元に球場補正を行いました。
[11] 2013年-2018年のドラフトを見ると、DeNAはリーグで唯一野手の1位指名権獲得が1回もなく、2位以上で獲得した野手もリーグ最少の2人となっている。
  一般的にチームの明確な強みとなるような野手は上位指名から輩出されることが多い。

コメント

戦力分析待ってました!

記事でも触れられてますが、大河選手の戦力外は何が決め手だったんでしょうか?
(森選手に打席を割り当てるため…?)

No title

ロペスが年齢の影響かかつてのように大きなプラスを作れなくなってきましたね。
将来一塁手でマイナスを作らないためにはソトをコンバートするか佐野が活躍する以外では外国人を補強して短期の穴埋めが必要になるでしょうか。
(佐野が活躍してくれれば他に外国人枠を使えるのでそういう意味でも期待は大きそうです。)

ソトの起用法はチームの得失点を増やすうえで最適なのは二塁のような気もするのですが一塁の世代交代も担ってもらいたいですし難しそうです。
昨季は右翼もソトが二塁を兼任した影響かマイナスですが(筒香が抜けたとはいえ)外野は桑原・梶谷といった元レギュラーに加えプロスペクトが他の守備位置に比べて豊富なので何とかなるような気はします。

(ソトには一塁の世代交代をしてもらいたい一方で20年オフにメジャー契約を結ぶ可能性もあるそうですがここは外国人選手に保有権がないという難しさがありますね)

Re: タイトルなし

Yamagamiさん、コメントありがとうございます!

>戦力分析待ってました!
そう仰っていただけると書いた甲斐がありました。
ありがとうございます!

私の方でもいろいろ調べましたが、
最終的に何が決め手になったのか、はっきりとは分かりませんでした。

・DeNAが二軍の四球数を重要視していない
・成績以外の要素(フィジカルの伸び悩み、故障、素行、...)
私に思い当たるのはこれくらいですね。

森選手に打席を割り当てるにしても、他の選手を切る選択肢もあったでしょうから、
その中で大河選手が選ばれたことは、年齢を考えるとかなり厳しい判断に思えました。

Re: No title

Namikiさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

>ロペスが年齢の影響かかつてのように大きなプラスを作れなくなってきましたね。
仰る通りで、今オフのDeNAはロペスの衰えをかなり意識して対策を講じている印象を受けます。
オースティン獲得も一番の狙いはおそらくロペスのバックアップでしょうね。

好成績を残す外国人打者の連れてきやすさや、成績を落とした時の切りやすさ等を踏まえると、
一塁手に長期的に日本人が居座る編成はあまり好ましくないと個人的には思っています。
近年の編成を見るとDeNAも同じ意見を持っているようなので、佐野の一塁手起用は今季だけに留まる可能性が高いように思います。
来季以降の本命はやはり外国人選手ではないでしょうか。ソト、オースティン、新外国人、等々になると思います。

>ソトの起用法はチームの得失点を増やすうえで最適なのは二塁のような気もするのですが一塁の世代交代も担ってもらいたいですし難しそうです。
これは私も同意見ですが、通年で固定したらコンディションに影響が出そうな点が怖いですね。
元々、一塁三塁をメインに出場していた選手なので、二塁を破綻のないレベルで守れるのなら、
一塁も結構高いレベルで守れそうな気がするんですがどうなんでしょう?
一塁守備で大きめのプラスを出すようなら、一塁手としてもかなり起用しやすいと思います。

>昨季は右翼もソトが二塁を兼任した影響かマイナスですが(筒香が抜けたとはいえ)外野は桑原・梶谷といった元レギュラーに加えプロスペクトが他の守備位置に比べて豊富なので何とかなるような気はします。
私も同意見で、外野については現状のデプスだと何とかなる可能性が高いでしょうね。
筒香の抜けた穴はおそらく顕在化しないと予想しています。
これについては筒香の流出に備えて準備を重ねてきたDeNAフロントのファインプレーですね。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2019年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 一軍打線
  De 西
 2020年に向けた戦力分析
 De


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2019]
 歴代打線守備力評価[-2019]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B   HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2020年に向けた戦力分析
 De
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム