記事一覧

当ブログについて

NPB2019

NPB2018

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

選手

打線

球場

記録

考察

2020年に向けた戦力分析 広島東洋カープ編 Part1 ~ 一軍の強みと弱み


本記事では、広島東洋カープの2019年時点での強みと弱みを評価して、
二軍の若手、ドラフト、補強内容と合わせて見ることで、2020年シーズンに向けた戦力分析を行います。
この記事は3部構成のPart1で、一軍の戦力状況を評価します。


目次
1. 強みと弱みの考え方
2. チーム全体の状況
3. 各ポジションの状況
4. どこを優先的に強化すべきか




強みと弱みの考え方

強みと弱みの定量化は「得失点差の改善に何点寄与したか」を基準に行いました。理由は以下の2点です。
1. 打撃(得点を増やすプレー)と、守備と投球(失点を減らすプレー)を同じ土俵で評価できる
2. 得失点差が改善すると、チームの貯金が増える傾向がある

日本プロ野球では、「得失点差」と「貯金」が極めて強い相関関係を持つことが知られており、
「得失点差の1/5」で「貯金」をおおよそ近似できるという経験則があります[1]。
よって「得失点差の改善に何点寄与したか」が分かれば「貯金増加にどれだけ貢献したか」も分かります。

一般的な目安として、優勝するためには「貯金20」、Aクラス入りには「貯金0」が必要です。
得失点差に換算して、優勝するためには「+100点」、Aクラス入りには「±0点」が必要になります。
それを踏まえたうえで「得失点差の改善に何点寄与したか」という観点から、広島の強みと弱みを見ていきましょう。



チーム全体の状況


※打撃・守備・投球は「平均的なチームと比べて打撃・守備・投球で得失点差を何点分改善させたか」を示す。wOBA[2]、UZR[3]、FIP[4]を元に算出。

2019年、広島東洋カープは4位となりました。貯金は±0、得失点差は-10。
野手陣の担当領域である打撃と守備では平均程度の水準をなんとかキープした一方、
投手陣の計上したやや大きい赤字がのしかかって、得失点差はAクラスライン(±0点)を下回りました。

昨季から最も凋落が激しかったのが打撃(wOBA)。約100点の下落を見せています。
3連覇中には歴史的な強力打線を形成したことで、打撃だけで得失点差が優勝ラインに到達する状況でしたが、
今季はその打撃のアドバンテージが完全に失われてしまったことで、4連覇を逃した形となりました。



各ポジションの状況


※打撃・守備は「平均的なチームと比較してそのポジションの打撃・守備で得失点差を何点分改善させたか」を示す。wOBA[2]とUZR[3]を元に算出。

強みとなったのが捕手と右翼手の2ポジション。担当は會澤翼と鈴木誠也の2人。
特に鈴木誠也の存在は大きく、右翼手は50点の寄与をもたらす広島最大のストロングポイントとなりました。
巨人遊撃手と西武捕手に並び、1ポジションが叩き出した寄与としては今季最大レベルの数値です。

弱みとなったのが三塁手・遊撃手・左翼手・中堅手の4ポジション。
遊撃手と中堅手は昨季は強みだったものの、今季は田中広輔の故障と丸佳浩の流出をカバーできず赤字を計上。
両ポジションだけで得失点差にして100点、貯金に換算して約20個分の戦力低下となっています。




※投球は「平均的な投手と比較して投球で得失点差を何点分改善させたか」を示す。FIP[4]を元に算出。

先発投手は好投手が揃うもののトータルで赤字となりました。
投球回の6番手以降では132.2投球回で-27点を計上するなど、ローテの谷間の赤字が響きました。
一方で5番手まででは利得を稼げており、6番手を確保できれば黒字に転じる公算が強い陣容です。

救援投手はまとまった赤字を計上しています。
平均以上の失点抑止力をもつ投手は多い一方、勝ちパターンが少々物足りません。
中﨑翔太や一岡竜司の不振により、支配的なリリーフが不足していることが背景にあるようです。



どこを優先的に強化すべきか


※縦軸は「平均的なチームと比較してそのポジションで得失点差を何点分改善させたか」、
横軸は「そのポジションを構成する選手の平均年齢がリーグ平均と比べて何歳高いか」を示す。年齢が高いほど成績低下のリスクが他球団より高い。


得失点差を改善するには「弱点の解消」を狙うと費用対効果が高いため[5]、
まず赤字を計上したポジションに対する強化を優先的に狙いたいところ。
加えて、バティスタの契約継続が不透明となっている一塁手の確保を優先するべきでしょう。

以上から、一塁手・三塁手・遊撃手・左翼手・中堅手・投手(先発/救援)が候補となりますが、
この中には一軍メンバーのやりくりで赤字を解消できそうなポジションもあります。

中堅手は西川龍馬が固定される見込みであるため、赤字を圧縮できる可能性が高い状況。優先度を下げてもよさそうです。
遊撃手も最大の赤字ポジションとなっていますが、田中広輔の回復・小園海斗の成長とプラス材料を多く抱えます。
来季は2人に託して、2人の成績を踏まえたうえで2020年オフに再判断するのがベターに思えます。

よって、現時点では一塁手・三塁手・左翼手・投手の人材確保を優先したいところ。
Part2では、これらのポジションに対して二軍からの選手供給がどのような見込みとなりそうかを見ていきます。

2020年に向けた戦力分析 広島東洋カープ編 Part2 ~ 二軍の育成状況



戦力分析

Part1 Part2 Part3 巨人編
Part1 Part2 Part3 DeNA編
Part1 Part2 Part3 阪神編
Part1 Part2 Part3 広島編
Part1 Part2 Part3 中日編
Part1 Part2 Part3 ヤクルト編
Part1 Part2 Part3 西武編
Part1 Part2 Part3 ソフトバンク編
Part1 Part2 Part3 楽天編
Part1 Part2 Part3 ロッテ編
Part1 Part2 Part3 日本ハム編
Part1 Part2 Part3 オリックス編



[1] Runs Per Win - 1.02 - Essense of Baseballが詳しいです。得失点差が10点改善すると勝利が1増えて敗戦が1減るため、貯金が2増える計算となります。
[2] wOBAを元に計算。係数は
1.02 - Essense of Baseballから引用。2017年-2019年のwOBA-PFを元に球場補正を行いました。
[3] リーグ平均が0となるように調整を行いました。
[4] 2017年-2019年のFIP-PFを元に球場補正を行いました。
[5] 例えば「-30点のポジションに±0点の選手を連れてくる」のと「±0点のポジションに+30点の選手を連れてくる」のは、
どちらも得失点差に対して同じ改善効果(+30点)をもたらしますが、「±0点の選手」は「+30点の選手」よりも年俸や機会の観点で獲得が容易です。
  ゆえに原則として大きいマイナスを計上しているポジションは強化の優先度を高めるべきでしょう。

コメント

No title

更新お疲れ様です。
スマホからの表示が変わっててビックリしました(笑)

広島は今後3年間くらいの選手育成戦略が難しそうですね…。
内野や投手の立て直しが、主力のFAとかに間に合うかどうかですね。

No title

外国人枠はどう運用していくのがいいでしょうか。
バティスタの契約がどうなるかがまだわからないので何とも言えませんが
投手と野手では野手のが差が付きやすいと思うので野手に2人以上使った方が良さそうな気はします。

捕手は磯村坂倉中村に新入団の石原がキャンプでアピールするなど人材が豊富な一方で
三塁手の若手の日本人選手が不足していますね。
捕手の誰かを三塁手にコンバートしてみてもいいかもしれません。

Re: No title

Yamagamiさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

スマホからの表示はある程度見やすくなったと思いますが、
まだ見づらいと思うのでもっと変えていきたいです。

>広島は今後3年間くらいの選手育成戦略が難しそうですね…。
>内野や投手の立て直しが、主力のFAとかに間に合うかどうかですね。
私も同意見です。

広島みたいなペイロールの都合で保有できる選手量が制限されているチームは、
巨人のようなチームと違って常に優勝を狙いに行くことはできないので、
どの時期に勝負をかけるかの判断も含めて、難しい判断を迫られていると思います。

Re: No title

Namikiさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

>外国人枠はどう運用していくのがいいでしょうか。
>バティスタの契約がどうなるかがまだわからないので何とも言えませんが
>投手と野手では野手のが差が付きやすいと思うので野手に2人以上使った方が良さそうな気はします。
バティスタの退団が確定してしまったので、それを前提に言うと、

外国人による穴埋めが容易な一塁手・三塁手・左翼手が現時点では弱点になりそうな見込みで、
今の広島の選手層を考えると、日本人だけでこれらを全て平均以上で埋めるのはかなり難しい状況ですので、
野手には2人以上を割いてここの穴埋めを狙う方が良いと思います。
(佐々岡監督は野手1人、投手3人の体制で行くことを示唆していますが、個人的にはあまりよくないかなあと)

いずれも打撃を求められるポジションなので、できれば打撃特化型の外国人を連れてきたかったところですが、
菊池流出の可能性があったため、どちらかというと守備型のピレラしか取れなかったのはちょっと痛いですね。
安価でも良いのでシーズン中にもう一人くらい獲得してもいいかもわかりません。

>捕手は磯村坂倉中村に新入団の石原がキャンプでアピールするなど人材が豊富な一方で
>三塁手の若手の日本人選手が不足していますね。
>捕手の誰かを三塁手にコンバートしてみてもいいかもしれません。
これは私も同意見です。坂倉将吾、中村奨成のどちらかはコンバートを検討して良いと思います。

個人的に思うのは、坂倉が出てきた時点で捕手余り、三塁手不足の状態になるのは分かっていたのに、
中村奨成を捕手一本で起用する方針は意図がちょっと読めないなと思ったりします。
(苑田スカウトは三塁起用を前提に獲得したようですが、緒方監督が三塁起用に反対したらしく、
この辺りはちぐはぐさをちょっと感じてしまいます。)

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2020年シーズンデータ
 ポジション別wRAAと先発救援別RSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2019]
 歴代打線守備力評価[-2019]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2020 2019 2018 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B   HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
  De 西
 2019年二軍分析
  De 西
 2019年補強・ドラフト評価
  De 西
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター