記事一覧

当ブログについて

NPB2019

NPB2018

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

選手

打線

球場

記録

考察

2020年に向けた戦力分析 広島東洋カープ編


本記事では、広島東洋カープの2019年時点での強みと弱みを評価して、
二軍の若手、ドラフト、補強内容と合わせて見ることで、2020年シーズンに向けた戦力分析を行います。
最後までお付き合いいただけますと幸いです。


目次
1. 強みと弱みの考え方
2. チーム全体の状況
3. 各ポジションの状況
4. どこを優先的に強化すべきか
5. 二軍の育成状況
6. ドラフト
7. 補強
8. 総評



強みと弱みの考え方

強みと弱みの定量化は「得失点差の改善に何点寄与したか」を基準に行いました。理由は以下の2点です。
1. 打撃(得点を増やすプレー)と、守備と投球(失点を減らすプレー)を同じ土俵で評価できる
2. 得失点差が改善すると、チームの貯金が増える傾向がある

日本プロ野球では、「得失点差」と「貯金」が極めて強い相関関係を持つことが知られており、
「得失点差の1/5」で「貯金」をおおよそ近似できるという経験則があります[1]。
よって「得失点差の改善に何点寄与したか」が分かれば「貯金増加にどれだけ貢献したか」も分かります。

一般的な目安として、優勝するためには「貯金20」、Aクラス入りには「貯金0」が必要です。
得失点差に換算して、優勝するためには「+100点」、Aクラス入りには「±0点」が必要になります。
それを踏まえたうえで「得失点差の改善に何点寄与したか」という観点から、広島の強みと弱みを見ていきましょう。



チーム全体の状況


※打撃・守備・投球は「平均的なチームと比べて打撃・守備・投球で得失点差を何点分改善させたか」を示す。wOBA[2]、UZR[3]、FIP[4]を元に算出。

2019年、広島東洋カープは4位となりました。Bクラスは4年ぶり。
野手陣の担当領域である打撃と守備では平均程度の水準をなんとかキープした一方、
投手陣の計上したやや大きい赤字がのしかかって、得失点差はAクラスライン(±0点)を下回りました。

昨季から最も凋落が激しかったのが打撃(wOBA)。約100点の下落を見せています。
3連覇中には歴史的な強力打線を形成したことで、打撃だけで得失点差が優勝ラインに到達する状況でしたが、
今季はその打撃のアドバンテージが完全に失われてしまったことで、4連覇を逃した形となりました。



各ポジションの状況


※打撃・守備は「平均的なチームと比較してそのポジションの打撃・守備で得失点差を何点分改善させたか」を示す。wOBA[2]とUZR[3]を元に算出。

強みとなったのが捕手と右翼手の2ポジション。担当は會澤翼と鈴木誠也の2人。
特に鈴木誠也の存在は大きく、右翼手は50点の寄与をもたらす広島最大のストロングポイントとなりました。
巨人遊撃手と西武捕手に並び、1ポジションが叩き出した寄与としては今季最大レベルの数値です。

弱みとなったのが三塁手・遊撃手・左翼手・中堅手の4ポジション。
遊撃手と中堅手は昨季は強みだったものの、今季は田中広輔の故障と丸佳浩の流出をカバーできず赤字を計上。
両ポジションだけで得失点差にして100点、貯金に換算して約20個分の戦力低下となっています。




※投球は「平均的な投手と比較して投球で得失点差を何点分改善させたか」を示す。FIP[4]を元に算出。

先発投手は好投手が揃うもののトータルで赤字となりました。
投球回の6番手以降では132.2投球回で-27点を計上するなど、ローテの谷間の赤字が響きました。
一方で5番手まででは利得を稼げており、6番手を確保できれば黒字に転じる公算が強い陣容です。

救援投手はまとまった赤字を計上しています。
平均以上の失点抑止力をもつ投手は多い一方、勝ちパターンが少々物足りません。
中﨑翔太や一岡竜司の不振により、支配的なリリーフが不足していることが背景にあるようです。



どこを優先的に強化すべきか


※縦軸は「平均的なチームと比較してそのポジションで得失点差を何点分改善させたか」、
横軸は「そのポジションを構成する選手の平均年齢がリーグ平均と比べて何歳高いか」を示す。年齢が高いほど成績低下のリスクが他球団より高い。


得失点差を改善するには「弱点の解消」を狙うと費用対効果が高いため[5]、
まず赤字を計上したポジションに対する強化を優先的に狙いたいところ。
加えて、バティスタの契約継続が不透明となっている一塁手の確保を優先するべきでしょう。

以上から、一塁手・三塁手・遊撃手・左翼手・中堅手・投手(先発/救援)が候補となりますが、
この中には一軍メンバーのやりくりで赤字を解消できそうなポジションもあります。

中堅手は西川龍馬が固定される見込みであるため、赤字を圧縮できる可能性が高い状況。優先度を下げてもよさそうです。
遊撃手も最大の赤字ポジションとなっていますが、田中広輔の回復・小園海斗の成長とプラス材料を多く抱えます。
来季は2人に託して、2人の成績を踏まえたうえで2020年オフに再判断するのがベターに思えます。

よって、現時点では一塁手・三塁手・左翼手・投手の人材確保を優先したいところ。
センターライン外の補強が容易なポジションが多いため、オフは編成の腕の見せ所となりそうです。
これらのポジションに対して広島はどのように選手を確保する計画なのか、考察していきましょう。



二軍の育成状況

ここでは「他チームよりもどれだけ多くの選手を一軍に送り出せそうか」という観点で、各ポジションを見ていきます。
日本プロ野球における年齢曲線の研究から、打撃は27歳、投球は22歳まで加齢による成長が見込めるとされるため[6]、
これより低い年齢に有望な選手をどれだけ抱え込めているかが評価基準となります。



捕手


※グラフの縦軸はwRC+(平均的な打者と比べた得点生産力/平均=100)[7]、横軸は年齢、丸の大きさは捕手で出場した打席数を示す。
※BABIP、K%(=三振/打席)、BB%(=四球/打席)、ISO(=長打率-打率)は、リーグ平均と比べて何倍の数値を記録したかを示す。平均=100[8]。


若手では坂倉将吾(21歳)と中村奨成(20歳)、中堅では船越涼太(26歳)が起用されました。
特に坂倉と中村奨は打席は少ないながらも、若手捕手の中ではトップクラスの得点生産力(wRC+)を記録しており、
捕手育成はセ・リーグの中で最も順調に進んでいる状況にあると言えます。

坂倉将吾は広島が誇るプロスペクトの一人。森友哉に似た出塁特化型の中距離打者です。
二軍ではすでにやることのない状態ですが、一軍では會澤に磯村も控えており捕手起用が難しい状況。
現状手薄な三塁手・左翼手で起用して打席を重ねたのち、将来的に捕手に復帰させるプランも検討すべきでしょう。



一塁手



若手では林晃汰(19歳)、中堅ではメヒア(26歳)が起用されました。
二軍の一塁手枠を若手育成に活用したチームは、セ・リーグの中で広島だけです。

林晃汰は左打ちのプルヒッター。長打力(ISO)は高卒新人では出色の数値でした。
長距離打者に特有の粗さがなく、三振が多くないのも好印象。四球も選べており出塁能力も低くありません。
一軍定着にはまだ時間がかかりそうですが、将来的に打撃型ポジション(一/三/左/右)でのレギュラー定着を期待できる選手です。



二塁手



若手では羽月隆太郎(19歳)、中堅ではサンタナ(25歳)が起用されました。
サンタナが自由契約になってしまったため、一軍に対して二塁手をただちに送り出せる状況にはないものの、
菊池涼介の残留が決まって、世代交代に向けて時間的猶予が確保された格好となりました。

羽月竜太郎は高BABIPと低三振率(K%)を両立するアベレージヒッター。
四球と長打は極端に少ないながらも、若手二塁手の中ではトップクラスの得点生産力(wRC+)を残しました。
左打者ながら三塁方向のゴロが多く、安打の35%を占める内野安打が高BABIPの源泉。ここはフロックの可能性が少々気になるところ。



三塁手



若手では中神拓都(19歳)、中堅ではメヒア(26歳)と堂林翔太(28歳)が起用されました。
絶対的なレギュラーがいない状況をカバーするため、一軍と二軍の入れ替えが頻繁に行われた結果、
他のポジションと比べてリザーブ要員の起用割合が高くなりました。

メヒアはその中でも特筆すべき打者。特に長打力(ISO)は規格外の数値となっています。
バティスタが抜けた場合に一塁手候補になるほか、弱点の三塁手をストロングポイントに変える可能性を秘めた選手です。
一軍レベルの投手に対して一定のアジャストを見せているため、来季は一軍で積極的に起用したいところ。



遊撃手



若手では小園海斗(19歳)、中堅ではサンタナ(25歳)が起用されました。
小園は一軍に定着しつつあるうえ、サンタナも自由契約となったため、来季は遊撃手の出場枠に空白ができる見込み。
現状のままではもったいないので、出場機会を与える若手を新しく確保する必要がありそうです。

小園海斗は言わずと知れたトッププロスペクトの一人。持ち味は優秀な長打力(ISO)。
一軍では遊撃手の高卒新人で歴代2位タイとなる4HRを記録しました。(ドラフト導入後では歴代最多タイ)
小園が遊撃手に定着できれば田中広輔の三塁手転向も検討できるため、早期のレギュラー定着にかかる期待は大きいです。



中堅手



若手では大盛穂(23歳)が起用されました。
大盛は走力に魅力を持った外野手ですが、俊足好打タイプとして見ると三振が多いため打率が低めなのがネック。
一軍で起用するにはまだ課題が多いため、支配下登録となる来季は更なる成長を期待したいところ。



左翼手・右翼手



若手では正随優弥(23歳)と永井敦士(19歳)が起用されました。
他チームと比べると打撃成績のずば抜けている外野手はやや少なくなっており、
現状の見込みでは来季の二軍からの突き上げは他チームと比較すると弱いものになる可能性があります。

正随と永井は長打力(ISO)にポテンシャルを感じられますが、
得点生産力(wRC+)は外野手としては少々物足りなさがあり、一軍定着にはまだ時間がかかりそうです。
現状を踏まえると、左翼手の強化を狙うにはドラフトと補強も活用する必要があるでしょう。



投手


※グラフの縦軸はFIP-(平均的な投手と比べた失点抑止力/平均=100)[9]、横軸は年齢、丸の大きさは投球回を示す。
※K%(=奪三振/対戦打席)、BB%(=与四球/対戦打席)、HR%(=被本塁打/対戦打席)は、リーグ平均と比べて何倍の数値を記録したかを示す。平均=100[10]。


若手ではアドゥワ誠(21歳)、遠藤淳志(20歳)、山口翔(20歳)が起用されました。
22歳以下の若手投手の絶対数が少ないうえに、リザーブ枠でも突き抜けた成績を残す投手が少ないため、
二軍からの突き上げは他チームと比べて期待しにくいかもしれません。

遠藤淳志は将来のエース候補と目される投手。来季は先発転向の見込みとなっています。
奪三振率(K%)と与四球率(BB%)は高卒2年目としては優秀な水準でした。
フライが多く一発のリスクがあるのが懸念点ですが、ローテ定着を期待したいプロスペクトの一人です。



ドラフト



1位指名は森下暢仁(投/23歳)、2位指名は宇草孔基(外/23歳)となりました。
1位と2位のいずれも即戦力選手を指名したのは、セ・リーグでは広島のみ。弱点の先発と左翼に即戦力を確保したかたちです。
これは短期的なスパンの強化を意識した指名で、近年の高卒重視の方針から舵を切ったように見えます。

3位以下では投手2人、捕手1人、内野手1人を指名しました。
二軍の若手不足が気になる投手、現状維持だと空白が生まれそうな遊撃手には高卒選手をしっかり確保。
二軍の育成サイクルを維持するための選手はばっちり押さえた指名となりました。



補強



外国人ではDJジョンソン(救)、スコット(救)、ピレラ(外/二)を獲得しました。
現状の見通しだと外国人枠の2枠はジョンソン、フランスアが固定される見込みで(残留すればおそらくバティスタも)、
残りの2枠をメヒア、ピレラ、DJジョンソン、スコットの4人で使い分ける運用が取られそうです。

ピレラはMLBでのレギュラー獲得経験のある中距離打者。
守備ではユーティリティ性が持ち味で、菊池流出時には二塁手を任せる意図があったと見られます。
キャンプでは三塁守備を練習しており、手薄な三塁手と左翼手を中心に起用される見込み。弱点の解消が期待されます。



総評

強みポジションである捕手・右翼手で+80点の寄与を稼ぐ一方、
弱点ポジションではそれを打ち消すだけの赤字を計上するなど、強弱が両極端な構成のチームとなりました。
裏を返せば、弱点を上手く解消できれば得失点差は優勝ライン(+100点)にぐっと近付きます。

菊池涼介とバティスタの去就が不透明、田中広輔の回復状況も見通しにくい苦しい状況の中、
広島フロントは弱点の穴埋めに向けて一定の手を打った形です。
特にドラフト方針を転換してまで短期的な強化を狙ったあたり、1,2年の短期的なタームで優勝を狙いにいく意思が見て取れます。

この意思は広島フロントの焦りが反映されていると見られます。
年俸総額が倍近いチームが競争相手なので、広島は倍のコストパフォーマンスを出さなければ勝てませんが、
広島は今後数年で主力選手の多くがFA権を取得するため、コスパの悪化が今後避けられない状況だからです。

チーム全体のコスパを維持するためには、どこかのタイミングでFA権を取得した選手を大量にリリースしなければなりません。
どの時期まで優勝を狙いに行って、どの時期から再構築に舵を切るのか、広島フロントは難しい判断を迫られています。
鈴木誠也のFA権取得、菊池涼介と會澤翼の契約年数を踏まえると、2022年か2023年頃がひとつの区切りとなるかもしれません。



2020年に向けた戦力分析

2020年に向けた戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編
2020年に向けた戦力分析 広島東洋カープ編



広島東洋カープ戦力分析

2014年戦力分析 広島東洋カープ編
2015年戦力分析 広島東洋カープ編
2017年戦力分析 広島東洋カープ編
2020年に向けた戦力分析 広島東洋カープ編


[1] Runs Per Win - 1.02 - Essense of Baseballが詳しいです。得失点差が10点改善すると勝利が1増えて敗戦が1減るため、貯金が2増える計算となります。
[2] wOBAを元に計算。係数は
1.02 - Essense of Baseballから引用。2017年-2019年のwOBA-PFを元に球場補正を行いました。
[3] リーグ平均が0となるように調整を行いました。
[4] 2017年-2019年のFIP-PFを元に球場補正を行いました。
[5] 例えば「-30点のポジションに±0点の選手を連れてくる」のと「±0点のポジションに+30点の選手を連れてくる」のは、
  どちらも得失点差に対して同じ改善効果(+30点)をもたらしますが、「±0点の選手」は「+30点の選手」よりも年俸や機会の観点で獲得が容易です。
  ゆえに原則として大きいマイナスを計上しているポジションは強化の優先度を高めるべきでしょう。
[6] 岡田友輔ほか(2012)『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1』 水曜社
[7] 2019年の二軍wOBA-PFを元に球場補正を行いました。
[8] 2019年の二軍BABIP-PF、K%-PF、BB%-PF、ISO-PFを元に球場補正を行いました。
[9] 2019年の二軍FIP-PFを元に球場補正を行いました。
[10] 2019年の二軍K%-PF、BB%-PF、HR%-PFを元に球場補正を行いました。

コメント

No title

更新お疲れ様です。
スマホからの表示が変わっててビックリしました(笑)

広島は今後3年間くらいの選手育成戦略が難しそうですね…。
内野や投手の立て直しが、主力のFAとかに間に合うかどうかですね。

No title

外国人枠はどう運用していくのがいいでしょうか。
バティスタの契約がどうなるかがまだわからないので何とも言えませんが
投手と野手では野手のが差が付きやすいと思うので野手に2人以上使った方が良さそうな気はします。

捕手は磯村坂倉中村に新入団の石原がキャンプでアピールするなど人材が豊富な一方で
三塁手の若手の日本人選手が不足していますね。
捕手の誰かを三塁手にコンバートしてみてもいいかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2019年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 一軍打線
  De 西
 2020年に向けた戦力分析
 De


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2019]
 歴代打線守備力評価[-2019]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B   HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2020年に向けた戦力分析
 De
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム