記事一覧

当ブログについて

NPB2019

NPB2018

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

選手

打線

球場

記録

考察

2020年に向けた戦力分析 読売ジャイアンツ編 Part1 ~ 一軍の強みと弱み


本記事では、読売ジャイアンツの2019年時点での強みと弱みを評価して、
二軍の若手、ドラフト、補強内容と合わせて見ることで、2020年シーズンに向けた戦力分析を行います。
この記事は3部構成のPart1で、一軍の戦力状況を評価します。


目次
1. 強みと弱みの考え方
2. チーム全体の状況
3. 各ポジションの状況
4. どこを優先的に強化すべきか



強みと弱みの考え方

強みと弱みの定量化は「得失点差の改善に何点寄与したか」を基準に行いました。理由は以下の2点です。
 1. 打撃(得点を増やすプレー)と、守備と投球(失点を減らすプレー)を同じ土俵で評価できる
 2. 得失点差が改善すると、チームの貯金が増える傾向がある

日本プロ野球では、「得失点差」と「貯金」が極めて強い相関関係を持つことが知られており、
「得失点差の1/5」で「貯金」をおおよそ近似できるという経験則があります[1]。
よって「得失点差の改善に何点寄与したか」が分かれば「貯金増加にどれだけ貢献したか」も分かります。

一般的な目安として、優勝するためには「貯金20」、Aクラス入りには「貯金0」が必要です。
得失点差に換算して、優勝するためには「+100点」、Aクラス入りには「±0点」が必要になります。
それを踏まえたうえで「得失点差の改善に何点寄与したか」という観点から、巨人の強みと弱みを見ていきましょう。



チーム全体の状況


※打撃・守備・投球は「平均的なチームと比べて打撃・守備・投球で得失点差を何点分改善させたか」を示す。wOBA[2]、UZR[3]、FIP[4]を元に算出。

2019年、読売ジャイアンツは1位となりました。貯金は+13、得失点差は+90。
野手陣の担当領域(打撃/守備)でセ2位のプラスを稼いだほか、投球でもセ3位のプラスを計上しました。
野手と投手の両方でマイナスを作らなかったのはセで巨人だけであり、得失点差もリーグ1位に返り咲きました。

前年比で最も大きな改善が見られたのは打撃で、約50点の改善が見られました。
第2次原政権以降の巨人は慢性的な得点力不足に苦しんできましたが、それが一気に解消された形です。
00年代後半からの投手力のアドバンテージも一貫して維持しており、投打にバランスの良い構成となっています。



各ポジションの状況


※打撃・守備は「平均的なチームと比較してそのポジションの打撃・守備で得失点差を何点分改善させたか」を示す。wOBA[2]とUZR[3]を元に算出。

強みポジションは遊撃手、左翼手、中堅手の3つとなっています。
左翼手はゲレーロの復調、中堅手は丸佳浩の獲得により赤字続きの状況から黒字転換。
遊撃手以外のポジションでも稼ぐことができるようになったため、野手陣全体の黒字が底上げされました。

弱みポジションは一塁手、二塁手の2つとなっています。
一塁手は岡本和真が守備面で赤字を大きく計上したほか、二塁手は吉川尚輝の離脱で決め手を欠きました。
直近5年間では、この2ポジションで慢性的に赤字を計上する状況が続いています。




※投球は「平均的な投手と比較して投球で得失点差を何点分改善させたか」を示す。FIP[4]を元に算出。

先発投手は莫大なプラスを計上した一方、救援投手は小さいマイナスを計上しました。
先発投手は山口俊がプラスを大きく稼ぎ、選手層が厚く下位ローテでもプラスを毀損しない理想的な状況でした。
救援投手は中川皓太を中心とする勝ちパターンは強力だったものの、ビハインド時に登板した投手のマイナスが目立ちました。

近年では先発が大幅なプラスを出し続ける一方、救援はマイナスを計上するシーズンが多くなっています。
人員豊富な先発から救援へと人材を回すことで、救援のマイナスは解消できる状況にありますが、
先発のアドバンテージを崩してまであえて救援の強化を狙う動きはないため、「先発重視」のチーム方針が強く窺えます。



どこを優先的に強化すべきか


※縦軸は「平均的なチームと比較してそのポジションで得失点差を何点分改善させたか」、
 横軸は「そのポジションを構成する選手の平均年齢がリーグ平均と比べて何歳高いか」を示す。年齢が高いほど成績低下のリスクが他球団より高い。


グラフの下方に位置する弱点ポジションは一塁手と二塁手となっています。(更に一塁手は岡本が三塁に回る見込み)
加えて、高齢化の進んでいる右翼手、ゲレーロが抜ける左翼手は来季マイナスを出す可能性が高くなっています。
弱点の穴埋めは得失点差を改善するうえで費用対効果が高いため[5]、これらのポジションの強化を最優先としたいところ。

ただし、二塁手は名手・吉川尚輝の復帰により一定の改善が見込めるため、
今オフは優先的な強化はせず、吉川の成績を見たうえで2020年オフに再判断するのがベターでしょう。
よって、弱点となる可能性の高い一塁手・左翼手・右翼手に対してどれだけ選手を供給できるかがポイントとなりそうです。

Part2では、これらのポジションに対して二軍からの選手供給がどのような見込みとなりそうかを見ていきます。
2020年に向けた戦力分析 読売ジャイアンツ編 Part2 ~ 二軍の育成状況



戦力分析

Part1 Part2 Part3 巨人編
Part1 Part2 Part3 DeNA編
Part1 Part2 Part3 阪神編
Part1 Part2 Part3 広島編
Part1 Part2 Part3 中日編
Part1 Part2 Part3 ヤクルト編
Part1 Part2 Part3 西武編
Part1 Part2 Part3 ソフトバンク編
Part1 Part2 Part3 楽天編
Part1 Part2 Part3 ロッテ編
Part1 Part2 Part3 日本ハム編
Part1 Part2 Part3 オリックス編



[1] Runs Per Win - 1.02 - Essense of Baseballが詳しいです。得失点差が10点改善すると勝利が1増えて敗戦が1減るため、貯金が2増える計算となります。
[2] wOBAを元に計算した。係数は
1.02 - Essense of Baseballから引用。2017年-2019年のwOBA-PFを元に球場補正を行いました。
[3] リーグ平均が0となるように調整を行いました。
[4] 2017年-2019年のFIP-PFを元に球場補正を行いました。
[5] 例えば「-30点のポジションに±0点の選手を連れてくる」のと「±0点のポジションに+30点の選手を連れてくる」のは、
  どちらも得失点差に対して同じ改善効果(+30点)をもたらすが、「±0点の選手」は「+30点の選手」よりも年俸や機会の観点で獲得がずっと簡単です。

コメント

No title

絶対的エースの菅野が腰の不安による不調という予想外のアクシデントはありましたけど、
山口の好調と桜井が上手く裏ローテで定着してくれたことで問題なかったですね。
ただあり得ないと思っていた山口のポスティングによるメジャー挑戦と、
美馬の獲得失敗で今年の先発陣は例年よりは多少不安ではあります。
まぁ今年は外国人枠5人使える噂あるのでそこまで心配はないですが。
(何故か過小評価気味のメルセデスと新助っ人のサンチェスを同時に使えるのは大きい)

あと野手は西武的な両翼は打撃より守備重視という方針なのかなと感じました。
いつもの巨人なら日本人扱いのバレンティンに迷わず突撃でしょうがその動きを見せず、
中距離打者タイプで守備・走塁の総合力で勝負するパーラの獲得でしたからね。
ゲレーロの放出も年俸云々以上にそういう方針が関係しているのかなと思いました。
それぐらい坂本・丸・岡本という強力な中軸に自信があるのだなと。

Re: No title

あさん、コメントありがとうございます!

先発は余程のアクシデントが起きない限り、弱みに転落することはないだろうと私も予想しています。
他チームと比べてかなり強い二軍からの突き上げが期待できそうなことと、大枚をはたいてサンチェスを獲得しているので、
山口の抜けた分は、彼らがまずまずの水準で埋め立ててくれるのではないかと考えています。

>まぁ今年は外国人枠5人使える噂あるのでそこまで心配はないですが。
この話は大変興味深いですね。今季はマイナーリーグが縮小して選手が大量放出されるという話もあるので、
支配下枠とペイロールに余裕のあるチームは、もう少し補強のチャンスが出てきそうですね。
Part3で触れるかもしれませんが、巨人は一塁手か外野手をもう一人くらい補強してもいいのではと思います。

パーラの獲得については、ひょっとすると丸のバックアップの役割も持たせようとしたのかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2020年シーズンデータ
 ポジション別wRAAと先発救援別RSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2019]
 歴代打線守備力評価[-2019]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2020 2019 2018 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B   HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
  De 西
 2019年二軍分析
  De 西
 2019年補強・ドラフト評価
  De 西
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター