記事一覧

当ブログについて

NPB2019

NPB2018

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

選手

打線

球場

記録

考察

2020年に向けた戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編 Part3 ~ 補強の評価と総評


本記事では、横浜DeNAベイスターズの2019年時点での強みと弱みを評価して、
二軍の若手、ドラフト、補強内容と合わせて見ることで、2020年シーズンに向けた戦力分析を行います。
この記事は3部構成のPart3で、補強の評価と総評を行います。


目次
1. 一軍と二軍の状況
2. ドラフト評価
3. 補強評価
4. 総評



一軍と二軍の状況(おさらい)

Part1では、2019年におけるDeNAの各ポジションの状況から、
他チームと比べて明確な弱点を抱えない理想的な編成ができているため、
高齢化の進んでいる一塁手・三塁手・遊撃手の確保、および筒香の抜ける左翼手の確保を優先すべきと考察しました。

Part2では、三塁手は伊藤裕季也(23歳)、左翼手は関根大気(24歳)と細川成也(21歳)が有力な後継者候補となる一方、
一塁手は二軍では育成の動きが見られず、遊撃手は決め手を欠く状況だと考察しました。
これらのポジションに対して、ドラフトと補強ではどういった動きが取られたかを以下で考察していきます。



ドラフト



1位指名は森敬斗(遊/18歳)、2位指名は坂本裕哉(投/23歳)となりました。
2位以上で二遊間の選手を指名したチームは、セ・リーグではDeNAのみ。二遊間が不作気味の中でプロスペクトを確保した形です。
大和の世代交代を狙いつつ、二遊間に新しいストロングポイントを作りたいという強い意志が感じられました。

ただ、大和と年齢が10歳以上離れているのは、バトンタッチの時間的猶予を考えると少々気掛かり。
近年では源田、京田、大城など大学社会人卒の遊撃手が優れた守備能力を見せるケースが多いため、
即戦力遊撃手の上位指名は来季以降も選択肢に入れてよいのではないかと思われます。

3位以下では投手2人、捕手1人、内野手1人、外野手1人を指名しました。
若手不足により育成が滞っているポジションはないため、通常運航と言ったところでしょう。
強いて言うなら年齢層的に外野手は次世代の種まきを狙いたい時期なので、高卒選手を指名しても良かったかもしれません。



補強



外国人ではオースティン(一/外)、ピープルズ(投)を獲得しました。
現状の見通しだと外国人枠の3枠はロペス、ソト、エスコバーがほぼ固定される見込みで、
残りの1枠はパットンとオースティンで使い分け、ピープルズは投手のリザーブ要員という運用になりそうです。

オースティンは左投手を得意としている長距離打者。一方で右投手が苦手です。
左投手を苦手とする佐野とプラトン起用することで、互いの弱点を消し去る運用も想定していると思われます。
ロペスの代役が必要な場合は一塁手、平時には両翼で併用することでポジションの底上げが期待できそうです。



総評

現状、明確なマイナスを計上している弱点ポジションはなく、
将来の成績低下リスクの高いポジションでも世代交代の用意が着々と進められています。
遊撃手はまだテコ入れが必要ですが、全体の状況としては打つべき手は打ち尽くしている印象を受けました。

一方、優勝を狙うなら野手のストロングポイントを新構築したいところ。
現有戦力では伊藤裕季也(二)、細川成也(左)、森敬斗(遊)に大きな期待がかかりますが、
ドラフトでも上位指名枠を積極的に活用して、プロスペクト野手を確保していくことが必要となりそうです。

DeNAが野手で強みを作り出せていないのは、上位指名を投手に割いてきたことも背景にあると思われます[11]。
チームの持ち味であるスカウト力も相まって、投手育成は他チームと比較してかなり余裕のある状況なので、
今後は野手重視ドラフトに舵を切っていくことが求められるでしょう。森の1位指名はそうした方針転換の嚆矢にも見えました。



戦力分析

Part1 Part2 Part3 巨人編
Part1 Part2 Part3 DeNA編
Part1 Part2 Part3 広島編
Part1 Part2 Part3 中日編
Part1 Part2 Part3 西武編



横浜DeNAベイスターズ戦力分析

2014年戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編
2015年戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編
2017年戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編
2020年に向けた戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編



[11] 2013年-2018年のドラフトを見ると、DeNAはリーグで唯一野手の1位指名権獲得が1回もなく、2位以上で獲得した野手もリーグ最少の2人となっている。
  一般的にチームの明確な強みとなるような野手は上位指名から輩出されることが多い。

コメント

No title

近年の横浜は暗黒期ですら大砲型の選手が勝手に生えてきたチームなので、
(去年OB解説者でも当然の様に「強力打線>>>投手陣」という言葉を未だに使われていたが)
DeNAになってから全体的に三浦コンプレックスな中途半端な軟投派を一掃して、
奪三振能力の高い左腕やパワーピッチャーを重視した編成が上手くいきました。

その反面優勝を目指すとなると代表クラスのセンターラインの選手が欲しいため、
今後の上位指名は仰るように最悪外野へコンバートしやすい高卒二遊中心になりそうな気がしますね。

Re: No title

コメントありがとうございます!

>DeNAになってから全体的に三浦コンプレックスな中途半端な軟投派を一掃して、
>奪三振能力の高い左腕やパワーピッチャーを重視した編成が上手くいきました。

近年のDeNAの投手育成は、目を見張るものがありますね。
ドラフト指名選手も何かしらの戦略に基づいて選んでいるような形跡がありますが、
どういったロジックで選んでいるのか、個人的には大変興味があります。

チームのストロングポイントを作ろうと思った時に、高卒ショートを上位指名するのは一つの王道ですね。
今のセリーグでトップレベルの成績を残している坂本勇人、山田哲人、鈴木誠也の3人が正にそうですし...

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2019年シーズンデータ
 戦力分析
  De 西
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2019]
 歴代打線守備力評価[-2019]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B   HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
 De
 2019年二軍分析
 De
 2019年補強・ドラフト評価
 De
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター