記事一覧

当ブログについて

NPB2019

NPB2018

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

選手

打線

球場

記録

考察

2020年に向けた戦力分析 中日ドラゴンズ編 Part2 ~ 二軍の育成状況


本記事では、中日ドラゴンズの2019年時点での強みと弱みを評価して、
二軍の若手、ドラフト、補強内容と合わせて見ることで、2020年シーズンに向けた戦力分析を行います。
この記事は3部構成のPart2で、二軍の育成状況を評価します。


目次
1. 捕手
2. 一塁手
3. 二塁手
4. 三塁手
5. 遊撃手
6. 中堅手
7. 両翼
8. 投手
9. 二軍総評



やりたいこと

ここでは「他チームよりもどれだけ多くの選手を一軍に送り出せそうか」という観点で、各ポジションを見ていきます。
日本プロ野球における年齢曲線の研究から、打撃は27歳、投球は22歳まで加齢による成長が見込めるとされるため[6]、
これより低い年齢に有望な選手をどれだけ抱え込めているかが評価基準となります。

ここでは、他チームと比べてどれだけ有望な選手を抱え込めているかを明らかにするため、
wRC+(打撃による得点創出力)、FIP(投球による失点抑止力)、年齢を載せたグラフを作成しました。
青色の丸が中日の若手、灰色の丸が他チームの若手を示しています。

縦軸がwRC+(FIP)、横軸が年齢を示しており、上に行くほど優秀、左に行くほど若いことを示すため、
左上の点が多いポジションは、他チームより二軍からの選手供給が強く期待できます。

Part1では、2019年における中日の各ポジションの状況から、
弱点である捕手と先発投手の底上げ、および高齢化の進んでいる中堅手の後継者確保が必要であると考察しました。
これらのポジションに対してどのような選手を供給できそうかを中心に、二軍全体を見ていきましょう。



捕手


※グラフの縦軸はwRC+(平均的な打者と比べた得点生産力/平均=100)[7]、横軸は年齢、丸の大きさはそのポジションで出場した打席数を示す。
※BABIP、K%(=三振/打席)、BB%(=四球/打席)、ISO(=長打率-打率)は、リーグ平均と比べて何倍の数値を記録したかを示す。平均=100[8]。


捕手では石橋康太(19歳)、桂依央利(28歳)、杉山翔大(28歳)が起用されました。
石橋は139打席で4本塁打をマークするなど、長打力は高卒ルーキーとしては優秀な水準にあります。
DELTA社のフレーミングの評価も高く[12]、捕手を中日のストロングポイントに変える可能性もある選手でしょう。

ただ、一軍でのアジャストには苦戦しており、捕手の穴を直ちに埋めるのはまだ難しそうです。
他の捕手を見ると杉山は戦力外となったほか、桂も打撃成績は低下傾向にあり一軍抜擢は難しい状況。
来季の捕手の底上げを狙う場合、ドラフトや補強に頼る必要がありそうです。



一塁手



一塁では石川駿(29歳)とモヤ(28歳)が起用されました。(モヤはシーズン中に退団)
石川駿は首位打者を獲得するなど一定の成長を見せましたが、ビシエドとの年齢差やこれまでのチームの戦略を踏まえると、
フロントは一塁以外での起用を想定しているように見えます。起用実績のある二塁三塁、または両翼が候補となりそうです。

中日は21世紀以降、一塁手には外国人選手を配置する戦略をほぼ一貫して取り続けています。
外国人獲得の精度が他球団よりも高いため、この戦略で一塁手で安定的にアドバンテージを築くことに成功しており、
まだ先の話ですが、ビシエドの次でも同様の戦略を取る可能性が高いでしょう。



二塁手



二塁では髙松渡(20歳)、三ツ俣大樹(27歳)が起用されました。
髙松は低三振率と内野安打が持ち味のコンパクトな打者ですが、四球と長打が不足気味なのが弱点。
やや不安定さの目立つ守備も含めて、一軍定着にはまだ時間がかかる見込みです。

一軍主力は阿部寿樹と堂上直倫が30代を迎えるなど、他球団と比べてやや高齢化が進んでいるため、
あと数年で二塁手レギュラーの後継者選びには目途を付ける必要がありそうです。
高橋周平を二塁に戻す手もありますが、三塁守備の高い適性を考えると再転向は避けたいところでしょう。



三塁手



三塁では石垣雅海(21歳)、溝脇隼人(25歳)が起用されました。
どちらも三塁手としてみると打撃成績がまだ物足りないため、三塁手をすぐ供給できる状況ではないものの、
高橋周平が25歳と若いため、世代交代にはかなり長い猶予が与えられています。

石垣は二軍平均レベルまで成長しましたが、三塁手で起用するには打撃をもうすこし伸ばす必要があります。
溝脇は二塁手から三塁手へコンバートとなりましたが、どちらかというと守備が得意な二遊間型の選手ということもあり、
オプションとして三塁を守れるよう経験を積ませるためのコンバートに見えました。



遊撃手



遊撃では根尾昂(19歳)が起用されました。
高卒新人としては長打と四球は標準的な水準だったものの、三振(K%)は二軍平均の1.5倍以上喫しています。
打撃面ではまだまだ課題が多く、一軍定着にはまだ時間がかかりそうな見込みです[13]。

守備面では二軍の守備指標で芳しくない数値が出ており、長期的に遊撃手に留まれるかやや怪しい状況です。
守備でもまだまだ成長が期待できる年齢ではありますが、フロントが外野転向を検討するのも理解できるように感じました。
将来的に中堅手に定着する可能性もありますが、相当順調に成長しなければ大島洋平との直接バトンタッチは難しそうです。



中堅手



中堅では伊藤康祐(19歳)が起用されました。
三振が少ないうえ長打がしっかり出ており、年齢を考慮すればまずまずの打撃内容です。
フロントは中堅手レギュラー候補と見ていると思われますが、根尾と同じ「大島の次の次」の位置付けでしょう。

伊藤康より上の世代から探す場合、武田健吾(25歳)、遠藤一星(30歳)の2人が候補となるのではないでしょうか。
武田健吾はオリックス時代に優秀な中堅UZRをマークするなど、守備面で高い実績があります。
近年では二軍平均を下回る成績が続いているものの、若い時期から長打力のポテンシャルを示している打者です。



左翼手・右翼手



両翼では滝野要(23歳)、渡辺勝(26歳)が起用されました。
滝野は217打席で0HRと長打不足が少々気になるところ。一軍に定着するにはまだ時間がかかりそうです。
渡辺は二軍トップクラスの好成績。起用方針を見るとフロントは中堅起用も想定していそうです。

四球と長打は二軍平均を上回る一方、高BABIPに依存していることは再現性の点でやや不安要素でしょう。
前田智徳や王貞治が代表例ですが、左打ちのプルヒッターはシフトを敷かれるためBABIPが低くなる傾向があります[9]。
渡辺も極端なプルヒッターなので、高BABIPにはフロックの可能性が少々感じられます。



投手


※グラフの縦軸はFIP-(平均的な投手と比べた失点抑止力/平均=100)[10]、横軸は年齢、丸の大きさは投球回を示す。
※K%(=奪三振/対戦打席)、BB%(=与四球/対戦打席)、HR%(=被本塁打/対戦打席)は、リーグ平均と比べて何倍の数値を記録したかを示す。平均=100[11]。


若手投手では山本拓実(19歳)、清水達也(20歳)、梅津晃大(23歳)が起用されました。
中でも梅津は先発投手のマイナス圧縮で最も期待のかかる若手でしょう。
奪三振と与四球は二軍トップレベルであるうえ、一軍でも平均以上のFIPをマークするアジャストを見せています。

山本と清水は二軍レベルでも課題があり、先発投手のマイナス圧縮に貢献するにはもう少し時間がかかりそうです。
マクロの観点で見ても投手陣全体の成績が他チームと比べて傑出しているわけではないので、
二軍からの突き上げだけで先発投手の抱えるディスアドバンテージを解消するのは少々難しい状況かもしれません。



二軍総評



弱点の捕手では石橋が楽しみな存在ですが、一軍定着にはまだ時間がかかりそうな見込み。
先発は梅津がローテに定着する可能性がありますが、マイナスの大きさを考えると頭数が足りない状況です。
弱点解消を短期的に狙うには補強とドラフトを活用する必要がありそうです。

もう一つの課題である中堅手レギュラーの後継者問題については、
1,2年スパンでの世代交代を考える場合、武田健吾、遠藤一星、渡辺勝の3人が候補となりそうですが、
3人の年齢と現在の一軍成績を踏まえるとやや決め手を欠いているのが現状です。

Part3ではこの3ポジションに対して、補強とドラフトでどういった動きが取られたかを考察していきます。
2020年に向けた戦力分析 中日ドラゴンズ編 Part3 ~ 補強の評価と総評



戦力分析

Part1 Part2 Part3 巨人編
Part1 Part2 Part3 DeNA編
Part1 Part2 Part3 広島編
Part1 Part2 Part3 中日編
Part1 Part2 Part3 西武編



[6] 岡田友輔ほか(2012)『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1』 水曜社
[7] 2019年の二軍wOBA-PFを元に球場補正を行いました。
[8] 2019年の二軍BABIP-PF、K%-PF、BB%-PF、ISO-PFを元に球場補正を行いました。
[9] MLBの研究ですが、左打者の右方向への打球はアウトになりやすいという研究結果もあります。https://tht.fangraphs.com/tht-live/BABIP-by-hit-location/
[10] 2019年の二軍FIP-PFを元に球場補正を行いました。
[11] 2019年の二軍K%-PF、BB%-PF、HR%-PFを元に球場補正を行いました。
[12] https://1point02.jp/op/gnav/column/bs/column.aspx?cid=53563
[13] 高卒1年目に二軍平均の1.5倍以上のK%を記録した選手は2005年以降で10人以上いますが、
   25歳までに規定打席に到達できたのは堂林翔太だけというデータもあります。

コメント

No title

2つほど疑問があるので質問いたします。
まず1つは2軍の順位とプロスペクトの育成はどれほど関係しているのかという点です。中日は一時よりもかなり育成に希望がもてる状況になってきましたが、去年のウエスタンの順位は最下位と1ゲーム差の4位でした。他の球団が中日以上にプロスペクトがいるということなのかもしれませんが、順位とプロスペクトの育成が関係しているのか否か教えていただけたら嬉しいです。
もう1つは疑問と言えるかどうか微妙ですが、1塁手の出場内訳の表が捕手の出場内訳の表になっていると思うので、もしよろしければ訂正して頂けると助かります。

Re: No title

コメントありがとうございます!

>2軍の順位とプロスペクトの育成はどれほど関係しているのか
統計的にどのくらい関係があるかは調べていませんが、理屈で言えば相関関係はあまり強くないと考えています。
なぜかというと、二軍の順位は単に成績だけで決まり、年齢が考慮に入っていないからです。
育成においては成績の他に年齢が重要なファクターとなりますが、二軍の順位には年齢の要素は反映されていません。

これは2012年-2016年に5連覇したソフトバンクが分かりやすい例かと思います。
この連覇は中西健太、塚田正義、猪本健太郎、カニザレスといった二軍で燻ぶっていた中堅選手の働きが大きいですが、
2020年現在、全員が一軍定着できず既にソフトバンクを退団しています。
この期間のソフトバンクにおいて二軍から一軍に輩出された選手も、他チームと比べて際立って多いわけではありません。

この辺りを踏まえると、二軍から一軍に選手を供給できるか判断する際には、
「好成績の」選手をどれだけ抱え込めているかを見るだけでは不十分で、
「若くて」「好成績の」選手をどれだけ抱え込めているかを見るのが大切かなあと思っています。

>1塁手の出場内訳の表が捕手の出場内訳の表になっていると思うので、
こちらご指摘ありがとうございます。
誤って捕手のグラフが表示されていたので訂正しました。
ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2019年シーズンデータ
 戦力分析
  De 西
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF
 一軍打線
  De 西


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2019]
 歴代打線守備力評価[-2019]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B   HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
 De
 2019年二軍分析
 De
 2019年補強・ドラフト評価
 De
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター