記事一覧

当ブログについて

NPB2019

NPB2018

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

選手

打線

球場

記録

考察

2020年に向けた戦力分析 読売ジャイアンツ編 Part3 ~ 補強の評価と総評


本記事では、読売ジャイアンツの2019年時点での強みと弱みを評価して、
二軍の若手、ドラフト、補強内容と合わせて見ることで、2020年シーズンに向けた戦力分析を行います。
この記事は3部構成のPart3で、補強の評価と総評を行います。


目次
1. 一軍と二軍の状況
2. ドラフト評価
3. 補強評価
4. 総評



一軍と二軍の状況(おさらい)

Part1では、2019年における巨人の各ポジションの状況から、
来季は一塁手・左翼手・右翼手でマイナスを計上する可能性が高い状況となっており、
これらのポジションに対して優先的な強化が必要な状況だと考察しました。

Part2では、2019年における巨人の二軍状況から、
弱点の一塁・両翼では他チームよりも大きい突き上げが期待できそうで、特に山下と北村が有力候補だと考察しました。
更にこれらのポジションに対して、ドラフトと補強で取られた動きを以下で考察していきます。



ドラフト



1位指名は堀田賢慎(投/19歳)、2位指名は太田龍(投/22歳)、3位以下では投手1人、捕手1人、外野手2人を指名しました。
6人中5人で高校生を指名する高校ドラフトとなりましたが、二軍の育成状況が良好で「次世代への種まき」がほぼ終わっているため、
そのさらに下の「次々世代(22歳以下)」の選手層を厚くする意図があったものと考えられます。

一方、弱点の一塁と両翼に対してドラフトで即戦力選手を獲得する動きは見られませんでした。
二軍のプロスペクトと補強でなんとかできるというフロントの自信が窺えます。



補強



外国人ではサンチェス(先)、パーラ(外)、ビエイラ(救)を獲得しました。
一軍で起用するにはまだ時間がかかりそうな育成上がりのモタを除くと、外国人野手はパーラのみという構成です。
一塁と両翼は外国人で埋めやすい点を考慮すると、外国人枠を2枠使って底上げを狙ってもよい状況に思えました。

パーラは外野守備が持ち味の中距離打者。MLBでは右翼でトップレベルのUZRをマークしています。
10年にわたってMLBで外野レギュラーを維持するなど実績は抜群で、本調子なら一定の水準で両翼の片方を埋められそうです。
オープン戦での起用を見ると、当面は右翼レギュラーで起用される方針のようです。



総評

弱点の一塁と両翼に対する補強はパーラのみにとどめ、あとは若手の成長に期待するという方針が窺えました。
ゆえに山下航汰、北村拓己といったプロスペクトがどれだけ成績を残せるかによって、チームの勝敗も大きく左右されそうです。

積極的に補強を行わなかったのは、これを機会に彼らに一軍打席を与えたいという狙いもあるかもしれません。
現在の巨人は坂本勇人と丸佳浩が大半のプラスを稼ぎ出していますが、共に衰えを意識しなければならない年齢を迎えています。
巨人が他チームに対して優位を保つには、長期的にプラスを稼ぎ出すストロングポイントを新たに作り出さなければなりません。

年齢の問題で、補強で獲得した選手は長期的な活躍は期待できないため、
長期的にプラスを稼ぎ出すストロングポイントを作るにはやはり自前で選手を育成する必要があります。
21世紀の巨人が12球団最多の8回の優勝を達成したのも、阿部や坂本といった自前野手が長期的にプラスを稼いだことが大きいです。
今オフの動きは、ストロングポイントを作るために現在の編成の穴を利用して若手に出場機会を与えたいという動きにも見えました。



戦力分析

Part1 Part2 Part3 巨人編
Part1 Part2 Part3 DeNA編
Part1 Part2 Part3 阪神編
Part1 Part2 Part3 広島編
Part1 Part2 Part3 中日編
Part1 Part2 Part3 ヤクルト編
Part1 Part2 Part3 西武編
Part1 Part2 Part3 ソフトバンク編
Part1 Part2 Part3 楽天編
Part1 Part2 Part3 ロッテ編
Part1 Part2 Part3 日本ハム編
Part1 Part2 Part3 オリックス編



読売ジャイアンツ戦力分析

2014年戦力分析 読売ジャイアンツ編
2015年戦力分析 読売ジャイアンツ編
2017年戦力分析 読売ジャイアンツ編
2020年に向けた戦力分析 読売ジャイアンツ編

コメント

No title

まさにsamiさんの分析のとおりではないかと思います。坂本・丸の賞味期限が切れる前に、なんとか若手でストロングポイントを作ろうと必死なのでしょう。岡本は素晴らしい選手ですが、守備位置と守備力の関係から、彼1人が柱となるようでは心もとない。

外国人補強については、近年の巨人はスペイン語圏(中南米)の選手を好んでいるようで、マシソン、クック、ヤングマンの退団によって2020年は遂に外国人全員がスペイン語話者になりました。これによって選手間のコミュニケーションは向上すると思いますが、この縛りによって一塁手の補強ができなかった可能性もあります。

今年の移籍市場の目玉野手はパーラ、ボーア、アデルリン・ロドリゲス、アダム・ジョーンズの4人でした。巨人が欲しがりそうな強打の一塁手、スペイン語圏、できれば左打ち、となると候補者がかなり少なかった。

もしバレンティンが一塁を守れるのなら、手を挙げていた可能性はあったんじゃないかと思います。

No title

仮に去年のFA商戦で美馬と鈴木大地を獲っていたらどうなってたんでしょうね。
個人的に戦力の上積みにはなるから一定の効果はあるとは思いますが、
体感上マイナスをプラスにする方がやりやすいので丸獲得程のインパクトは無いと思ってました。
(要は去年のFA商戦は弱点を埋まると言う意味では巨人にとって不作だった)

そういう意味では仮に今年山田哲人がメジャーに挑戦せずにFA宣言した場合、
巨人は単年当たり7億以上の大型契約でも獲得する価値があるなと思いますね。
(仮に菅野のポスティングを容認して予算算出しても十分お釣りがくる)
・山田がポスティング等によるメジャー挑戦を不気味な程匂わせない。
・長年固定できていないセカンドを歴代ベストナイン候補でしばらく埋められる。
・守備走塁に衰えが来てもファースト起用で問題無い打力。
・正二塁手筆頭格の吉川が腰の爆弾による通年でのレギュラーとしてのリスク。
複数年が終わるソトもチームの弱点を埋める能力がありますが、
外国人枠もありますしここは山田獲得に全振りした方が良いかなと。
(問題は同じく金満球団で長らく二塁に不満を抱えているホークスも名乗りを挙げる可能性か)

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2020年シーズンデータ
 PFを考慮したwOBAとRSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2019]
 歴代打線守備力評価[-2019]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B   HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
  De 西
 2019年二軍分析
  De 西
 2019年補強・ドラフト評価
  De 西
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 プロ野球ヌルデータ置き場
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター

最新コメント