記事一覧

当ブログについて

NPB2019

NPB2018

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

選手

打線

球場

記録

考察

2020年パリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(9月24日時点)

この記事では「得失点差への寄与」を基準として、パ6球団の各ポジションの強弱を評価しました。
各ポジションの打撃が得失点差に何点分のプラス(マイナス)の影響を与えたか、
先発リリーフの投球が得失点差に何点分のプラス(マイナス)の影響を与えたか、をご覧いただけます。

※投球の寄与は失点率でなくFIPベースで評価しました。
※球場の影響補正は暫定的に2017年-2019年のデータを使用して実施しました。(ZOZOマリンスタジアムは2019年データのみ使用)
※表示の都合上、スパンジェンバーグはスパンジーと表示しました。


□チーム打撃成績
順位球団打率HR得点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
1位ソフトバンク.24196358-12.6966.8-5.0-14.6-9.6-9.1-2.537.1-15.00.4-2.4
2位ロッテ.2406934410.0103-4.76.25.34.0-3.0-5.33.914.6-20.49.0
3位楽天.2618940350.5114-3.2-1.120.310.224.1-9.8-11.212.712.1-4.0
4位日本ハム.256643588.6102-12.1-2.26.20.9-15.09.014.1-6.112.9-2.0
5位西武.24483345-15.5955.817.7-5.0-1.70.1-1.7-15.9-14.22.5-1.4
6位オリックス.24259306-35.2907.1-15.1-11.9-3.02.411.2-27.68.8-6.91.1

※ソフトバンク打線は[wRAA]-12.6,[wRC+]96を記録。平均的な打線と比べて12.6点分少なく得点を生み出し、0.96倍の得点創出力を持つことを示す。
※右の数値はwRAAをポジション別に分解したものです。ソフトバンクの中堅手は平均的な中堅手と比べて37.1点分多く得点を生み出したことを示す。



□チーム投球成績
順位球団ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
1位ソフトバンク3.153.65739.143.38821.2458.222.0280.298.27311322.710810.6732.1
2位ロッテ4.184.03730.0-2.01013.0488.0-4.4242.0105.2919619.0969.01062.7
3位楽天4.254.09731.1-11.9103-3.1442.2-9.0288.298.2819318.6939.01062.6
4位日本ハム3.833.64728.113.79620.8452.1-7.1276.0100.28810721.1979.2982.1
5位西武4.524.36707.0-16.1105-26.0428.09.6279.0102.2908816.71019.8972.5
6位オリックス4.104.24726.1-24.9107-15.5457.0-9.3269.198.27810220.010710.71212.8

※ソフトバンク投手陣は[RSAA]43.3,[FIP-]88を記録。平均的な投手陣と比べて43.3点分失点を少なく抑え、0.88倍のFIPを記録したことを示す。
※中央の数値はRSAAを先発と救援に分解したものです。ソフトバンクの先発陣は平均的な先発陣と比べて21.2点分失点を少なく抑えたことを示す。
※ソフトバンク投手陣は[BABIP-]98,[K%+]113,[BB%-]108,[HR%-]73を記録。こちらは投球スタイルを捉えることを狙いとした指標であり、
 平均比で0.98倍の被BABIP、1.13倍の奪三振(K%)、1.08倍の与四球(BB%)、0.73倍の被本塁打(HR%)を記録したことを示す。(球場補正あり)



□チーム総合成績
順位球団打撃守備投球総合勝利敗戦引分貯金得点失点点差
1位ソフトバンク-1364337463341335828870
2位ロッテ10-17-2-9453629344360-16
3位楽天508-124642383440336736
4位日本ハム9-4141839413-23583535
5位西武-15-6-16-3837422-5345380-35
6位オリックス-358-25-5229486-19306359-53

※ソフトバンク野手陣は平均と比べて打撃で13点分得点を少なく生み出した、
 ソフトバンク野手陣は平均と比べて守備で6点分失点を減らした、
 ソフトバンク投手陣は平均と比べて投球で43点分失点を減らしたことを示す。



□個人打撃成績(規定打席以上)
※柳田悠岐(ソフトバンク)は[wRAA]41.2、[wRC+]202を記録。平均的な野手と比べて41.2点分得点を多く生み出し、2.02倍の得点創出力を持つことを示す。
※柳田悠岐(ソフトバンク)は[BABIP+]128、[K%-]96、[BB%+]169、[ISO+]225を記録。こちらは打撃スタイルを捉えることを狙いとした指標であり、
 平均的な野手と比べて1.28倍のBABIPを記録し、0.96倍の三振、1.69倍の四球を出し、2.25倍のISOを記録したことを示す。(球場補正あり)

選手打席打率HR打点wRAAwRC+BABIP+K%-BB%+ISO+
柳田悠岐357.337246341.2202128.3689619.316916.5225.330
浅村栄斗362.301288638.0193106.3109819.616115.7251.334
吉田正尚355.350125130.9177118.345305.915014.9136.180
近藤健介337.33534125.5167135.3967214.222921.777.100
マーティン361.243225922.015492.26211923.515614.7190.267
中田翔354.255278720.315185.24911923.412511.9237.311
ロメロ290.265194315.6148100.29212224.5959.3216.288
西川遥輝366.30843318.7145125.3698015.817916.980.105
茂木栄五郎317.29973315.7144119.3478216.412011.7118.157
山川穂高329.224226615.214177.22612624.017917.3191.274
スパンジー307.280114111.5133136.39917433.2646.2168.241
鈴木大地378.33334413.8132126.3705310.6878.571.094
栗山巧297.28310499.1127114.33510620.213312.8119.171
井上晴哉323.25612539.312599.2839418.615214.2115.162
中村奨吾350.2607357.2118110.3139518.911610.996.135
渡邉諒319.2935285.6116120.3539418.5999.481.106
中村晃270.2825373.3111105.3005310.710210.079.118
ジョーンズ276.25510353.211099.28810019.6989.8122.162
大田泰示335.2997471.8105123.36010120.0413.981.106
島内宏明331.2717401.1103104.3037515.1999.786.115
小深田大翔265.2730170.1100107.3135911.7939.155.074
外崎修汰351.2525310.1100105.30710019.11009.772.104
T-岡田261.227937-1.79493.27112524.511911.9121.160
安田尚憲313.228540-3.091101.28911522.714313.475.105
森友哉278.254626-2.89198.2888916.9898.693.133
栗原陵矢356.2341148-5.58690.2589218.5757.3108.158
藤岡裕大283.229222-6.18197.2778416.612011.364.089
源田壮亮352.274013-7.880112.3288215.6716.844.063
松田宣浩298.213726-10.07083.2398817.8828.193.136


□個人打撃成績(ポジション別)
※右端の数値はwRAAをポジション別に分解したものです。森友哉(西武)は平均的な捕手と比べて打撃で7.8点分得点を多く生み出したことを示す。
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
森友哉278.254626-2.8917.80.6
甲斐拓也232.204725-4.2845.4-0.4
若月健矢194.237317-3.9824.0-0.3
伏見寅威115.264314-0.3972.7-1.22.1
太田光163.202216-3.8792.5
田村龍弘144.210321-3.4791.70.5
九鬼隆平5.250110.92631.3-0.2
柘植世那32.250250.21061.00.5
松井雅人25.20813-1.1620.3-0.4
堀内汰門2.500010.21790.3
石原彪2.00000-0.5-130-0.2-0.2
吉田裕太1.---00-0.3-132-0.2
郡拓也1.00000-0.3-133-0.2
髙谷裕亮55.19627-2.067-0.20.4
清水優心112.202213-4.862-0.5
山下斐紹8.00000-1.5-68-0.5-0.6
鶴岡慎也13.30801-0.660-0.80.8
江村直也6.00000-1.6-129-1.3
堀内謙伍6.00000-1.6-132-1.3
下妻貴寛22.10511-2.5-1-1.6
石川亮22.14301-3.1-24-2.0-0.2
足立祐一62.16112-4.437-2.0
岡田雅利32.06902-5.1-41-3.1-0.6
柿沼友哉99.15707-10.56-6.7
宇佐見真吾135.161210-13.610-8.4
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
山川穂高329.224226615.214113.5-1.5-0.3-0.1
中田翔354.255278720.315111.15.0-0.2
井上晴哉323.25612539.31256.9-0.4-0.4
メヒア141.2409222.81183.4-0.9-0.7
中村晃270.2825373.31111.3-1.60.8-1.1-0.2
髙濱祐仁19.26700-0.5750.6-1.61.0
内川聖一2.500000.21790.2
松井佑介35.17102-3.830.1-0.9-2.4-0.8
三木亮5.25000-0.423-0.1-0.5
モヤ53.23539-0.297-2.01.10.1
内田靖人103.182518-1.785-2.90.6
明石健志129.23027-3.874-3.2-0.60.0-0.7
T-岡田261.227937-1.794-5.5-0.2-3.03.5
銀次140.223011-6.062-5.8-0.30.0
ロドリゲス191.229624-3.982-6.0-0.10.1
清宮幸太郎176.184412-7.860-12.73.70.1
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
浅村栄斗362.301288638.019322.812.7
中村奨吾350.2607357.21186.2
渡邉諒319.2935285.61164.9-0.2
川島慶三124.274474.41320.92.01.8
渡邊佳明52.25507-2.0660.80.1-3.00.1
山﨑幹史16.16701-1.5180.0-0.3-0.8-0.6
福田周平183.2650173.3116-0.13.10.4
水口大地5.20000-0.6-5-0.3-0.3
野村大樹2.00001-0.5-131-0.5
周東佑京181.22008-9.852-1.8-0.8-4.1-2.3-0.3
山野辺翔27.19202-2.96-1.9-1.0-0.30.5
外崎修汰351.2525310.1100-2.10.8
三森大貴49.17402-4.421-3.90.0-0.4
牧原大成99.20702-8.524-8.21.1-1.00.2-0.2
大城滉二225.200010-14.842-11.2-3.1-0.2
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
鈴木大地378.33334413.81327.66.9
安田尚憲313.228540-3.0910.32.8-4.0-0.6
ビヤヌエバ158.241315-0.1991.8-0.1-0.4
レアード147.233615-2.5851.7-6.11.7
太田椋59.250352.41372.41.4-0.9-0.2
樋口龍之介4.500000.82770.8
大下誠一郎31.25013-0.4870.00.4-1.1
西野真弘42.26302-0.980-0.2-0.2
野村佑希48.21728-0.984-0.5
山足達也90.22614-4.159-0.1-2.5-0.50.8-0.3-0.2
黒川史陽10.11102-1.9-67-0.8-0.6-0.4
山田遥楓5.20000-0.6-14-0.6
勝俣翔貴4.00000-1.0-132-0.8-0.2
福田光輝21.11100-2.4-2-0.5-0.9-0.6
呉念庭30.18501-0.8760.8-0.6-1.00.10.2
リチャード4.00000-1.0-131-1.0
横尾俊建116.252211-3.771-1.6-0.1-0.5
小島脩平20.15000-2.3-3-0.5-1.70.3
宗佑磨155.21218-6.364-2.2-0.2-2.4-0.3
中村剛也199.203718-4.381-3.80.9
松田宣浩298.213726-10.070-6.7-0.6
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
茂木栄五郎317.29973315.71444.118.5-1.9
安達了一218.2862162.41107.1
小深田大翔265.2730170.1100-1.65.4
今宮健太177.268622-1.2941.02.0-0.6
藤岡裕大283.229222-6.1810.3-0.2
源田壮亮352.274013-7.8800.0
谷内亮太8.28602-0.7280.9-0.5-0.7-0.2
廣澤伸哉22.15800-2.45-0.8-0.8-0.2
宜保翔9.12501-1.1-10-0.9
茶谷健太13.08300-2.6-78-0.1-1.7-0.6
西田哲朗11.09101-2.2-750.2-1.7-0.4
平沼翔太62.21803-3.254-0.31.2-2.9
川瀬晃108.20807-7.241-1.9-3.3
中島卓也152.19806-7.258-4.0
石井一成104.17903-8.6261.1-0.3-7.3
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
近藤健介337.33534125.516715.4-0.54.3-0.2
吉田正尚355.350125130.91779.614.8-0.1
グラシアル134.2648172.6117-2.22.40.3
長谷川勇也45.297012.31461.6-0.1
菅野剛士198.2522162.9113-0.61.2-0.8-0.80.7
西川愛也2.500020.53340.8-0.2
スパンジー307.280114111.51336.10.60.9-0.2
柳町達2.00001-0.5-131-0.3-0.2
戸川大輔9.11100-1.7-65-1.1-0.90.3
水谷瞬4.00001-1.0-131-1.1
杉谷拳士117.22027-1.490-1.01.2-1.61.8-1.1-2.1
清田育宏149.2643162.5115-2.1-0.63.6
松本剛124.245110-2.284-2.50.40.3-1.9
島内宏明331.2717401.1103-5.90.7-0.2-0.2
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
柳田悠岐357.337246341.220234.64.1
西川遥輝366.30843318.714513.52.9
荻野貴司126.333056.4145-0.36.0
加藤翔平70.302032.0126-0.41.60.5
福田秀平111.229380.8107-0.10.8-0.4
佐藤直樹3.333010.31870.3
小郷裕哉16.31302-0.763-0.30.11.0-0.3-1.1
佐野皓大40.258000.099-0.40.4-0.1
淺間大基19.11800-1.6240.0-1.7-0.20.1
岡大海60.15402-5.124-1.8-1.9-0.5-0.8
和田康士朗62.21200-3.352-0.9-2.7-0.50.3
田中和基164.2727192.5114-4.35.3
西浦颯大79.17613-6.923-4.8-2.3-0.1
西村凌72.17213-3.162-1.7-5.01.80.40.6
中川圭太130.151110-11.422-1.1-2.5-6.7-1.1
辰己涼介205.208617-4.680-7.11.5-0.2
後藤駿太62.12001-6.83-7.1
鈴木将平157.207110-10.342-0.7-7.8-3.2
金子侑司177.247213-9.353-10.3
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
マーティン361.243225922.015416.6-0.6
ブラッシュ149.2352181.11072.0-2.8-0.4
岡島豪郎63.21408-0.396-1.90.30.3
小田裕也49.22705-2.1620.7-1.1-0.2-1.5
釜元豪9.22201-1.05-0.3-0.6-0.2
杉本裕太郎98.2841120.9108-0.60.1
真砂勇介23.286000.81301.5-1.1
熊代聖人7.14300-1.1-42-0.3-1.40.5
下水流昂17.12500-2.5-28-0.3-1.5-0.6
高木渉40.17525-2.936-1.80.7-2.1-0.2
栗原陵矢356.2341148-5.586-4.4-2.9-3.8
川越誠司65.14512-4.045-0.61.0-4.1-0.8
木村文紀189.255523-0.9960.5-4.40.0
大田泰示335.2997471.8105-4.61.1
上林誠知181.190620-7.9611.0-10.5-0.3
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
ロメロ290.265194315.6148-1.47.14.90.6
栗山巧297.28310499.11271.43.3-0.7
岩見雅紀17.188110.0990.5-0.6
デスパイネ66.2414101.81242.3-1.4-0.2
王柏融70.18804-5.037-3.0-2.70.9
ジョーンズ276.25510353.21104.0-2.2-3.0-0.2
バレンティン187.194922-0.697-0.3-3.2-0.2
角中勝也199.2572110.8104-0.9-3.63.3
佐藤都志也90.244212-1.7841.3-4.42.9
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
古澤勝吾1.---000.33640.3
鳥谷敬26.16703-2.417-0.3-0.30.3-1.4-0.2
村林一輝1.00000-0.3-129-0.2
谷口雄也5.20001-0.6-5-0.4
西巻賢二2.00000-0.5-129-0.4
岸潤一郎3.00000-0.2310.3-0.4
藤田一也28.18503-3.3-3-1.3-0.1-1.0


□個人投球成績(チーム別)
球団ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
ニール5.184.5480.0-4.1110-3.480.0103.2936813.2646.21273.2
髙橋光成4.523.6779.24.9885.579.2101.29111221.0838.0882.4
松本航4.065.6671.0-12.5136-12.071.078.2217614.812211.81694.3
與座海人5.454.8938.0-2.8114-2.538.0112.3215710.7807.71103.0
本田圭佑4.084.8935.1-2.5114-2.235.195.2748716.1918.71484.0
今井達也5.745.7542.1-7.3134-4.331.2-2.910.2107.3077614.316315.7902.4
ノリン7.084.4120.1-1.1112-1.020.1116.32811322.611110.81363.2
内海哲也4.264.8319.0-1.4115-1.319.086.2467614.5757.21383.6
榎田大樹7.135.7717.2-3.2136-3.117.2110.313458.5504.91874.9
伊藤翔4.244.8723.1-1.8115-1.311.2-0.511.2109.3127414.011611.21062.8
浜屋将太6.305.6420.0-2.91280.311.1-3.28.280.2307213.1878.31704.8
平良海馬2.143.3233.23.1822.633.259.16915529.616816.2270.7
ギャレット3.863.5532.22.2871.732.2124.3559317.8898.6501.3
増田達至1.802.2730.06.2585.830.094.26710820.7363.4330.9
宮川哲3.942.7029.24.7684.329.2111.31812323.514514.000.0
森脇亮介1.232.5329.15.3644.929.171.20313425.5565.5691.8
平井克典5.213.4638.03.084-0.812.13.525.2113.32210119.111411.0441.2
田村伊知郎3.574.1322.20.298-0.122.2135.3886712.5807.7711.9
小川龍也4.154.7113.0-0.8113-1.013.0108.3106312.112512.1661.7
十亀剣8.106.9410.0-2.8154-3.010.099.2865510.012512.01404.0
齊藤大将7.715.227.0-0.9126-1.07.0113.321152.914814.300.0
佐野泰雄1.355.496.2-1.1136-1.26.2109.308173.3696.71403.3
武隈祥太22.096.483.2-0.9147-0.93.2184.5297814.326025.000.0
中塚駿太0.002.943.00.4710.43.087.25012523.116015.400.0
野田昇吾0.003.941.00.0930.01.0174.5008916.717316.700.0
球団ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
千賀滉大3.162.8079.211.97012.579.2113.31614128.312412.1431.2
石川柊太2.443.5277.16.3846.977.170.19412425.210310.1772.3
東浜巨2.664.2567.2-1.1103-0.567.288.24610420.712011.71032.8
和田毅3.033.4465.15.2845.765.196.2679719.4888.6671.9
二保旭4.094.5655.0-3.1111-2.655.0104.2935611.2898.7812.1
ムーア2.652.9734.04.8725.134.0102.28213928.21019.9722.1
笠谷俊介3.412.7634.15.5682.822.12.712.0115.32114529.311110.9471.4
武田翔太4.645.8021.1-3.3130-3.121.1122.33310922.7848.21916.2
バンデンハーク7.295.2721.0-2.8127-2.621.097.2748416.710310.01724.4
大竹耕太郎2.533.8810.20.3940.410.298.2736914.0717.0842.3
高橋礼3.084.4938.0-1.3107-1.838.079.2196413.011411.1441.2
モイネロ1.211.3637.111.53811.037.1115.32322144.312412.1250.7
森唯斗2.452.7536.25.6695.136.282.2297915.7444.3260.7
板東湧梧2.563.7031.21.690-3.44.14.627.191.25611222.5797.81123.1
泉圭輔1.933.6723.11.5871.223.193.2589719.813813.5351.0
松本裕樹3.544.7120.1-1.2112-1.520.184.23412425.015815.51273.6
嘉弥真新也1.801.8920.05.2494.920.090.25016733.8535.2451.3
川原弘之1.694.5016.0-0.6107-0.816.087.2449118.320219.700.0
津森宥紀3.144.2614.1-0.2103-0.414.1113.31710921.9969.41133.1
椎野新7.884.198.00.099-0.18.0135.37511423.113112.8882.6
加治屋蓮6.006.446.0-1.4147-1.56.0142.391336.710210.01103.3
岩嵜翔15.888.765.2-3.0206-3.05.2170.4785911.812111.82265.9
古谷優人3.182.945.20.9700.85.2130.35715131.021020.700.0
奥村政稔2.083.174.10.5770.44.1135.37517335.015315.000.0
杉山一樹0.002.603.00.6620.63.0157.42916133.320320.000.0
渡邉雄大0.003.541.20.1850.11.20.0008216.717016.700.0
尾形崇斗27.007.941.0-0.4194-0.51.0233.66712825.038837.500.0
球団ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
涌井秀章3.133.8492.01.1971.892.080.22812024.0656.31603.9
則本昂大3.523.1971.26.0826.671.2105.29910420.8777.5671.6
塩見貴洋4.464.1068.2-1.3104-0.768.295.2718817.6555.41493.6
松井裕樹3.663.1951.24.4824.851.2123.35012625.21009.7731.8
弓削隼人5.015.2850.1-7.5131-7.150.1103.2947414.8898.71633.9
石橋良太6.464.6639.0-3.0116-2.739.0120.3418216.410410.21172.8
福井優也5.264.0325.2-0.21020.025.284.2417715.5939.1751.8
岸孝之7.065.2921.2-3.2131-3.121.2108.3099519.011711.41573.8
辛島航5.816.0926.1-6.3150-3.016.2-3.39.2108.308499.81019.81704.1
瀧中瞭太1.693.135.10.5790.65.198.278265.0525.000.0
藤平尚真-.---.--0.00.0-0.00.03481.00000.000.000.0
牧田和久1.253.5836.01.5911.036.061.1739318.7535.21243.0
酒居知史2.804.0135.1-0.2101-0.735.172.2069118.210710.5872.1
ブセニッツ2.483.1832.22.8822.432.2114.3279519.011110.9280.7
宋家豪6.194.9132.0-3.4123-3.832.088.2538817.710910.61473.5
安樂智大3.383.5929.11.1920.829.189.25311723.614113.8681.6
津留﨑大成3.583.5527.21.2910.927.293.2658116.211411.1350.9
J.T.シャギワ6.294.7524.1-2.1118-2.524.197.2767915.812612.3731.8
森原康平7.565.8216.2-3.5144-3.716.2121.3458617.3888.62044.9
池田駿4.502.8014.01.8741.614.0116.3338116.41009.800.0
寺岡寛治0.933.049.21.0790.89.278.2228917.910510.300.0
青山浩二5.403.696.20.2950.16.2107.3086913.914213.900.0
近藤弘樹1.935.724.2-0.9143-1.04.265.188224.518518.200.0
釜田佳直9.824.853.2-0.3119-0.43.2187.5297815.415915.400.0
久保裕也13.501.942.00.5520.42.0157.4445110.000.000.0
D.J.ジョンソン0.002.442.00.3660.32.070.20012325.012712.500.0
鈴木翔天13.5017.941.1-2.1419-2.11.1118.3336412.512912.550612.5
福山博之0.002.941.00.1770.11.0174.50000.000.000.0
球団ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
石川歩4.344.5691.1-5.6113-4.991.197.2716713.3535.01483.7
美馬学4.502.9982.09.3779.982.0122.3419919.5514.8792.0
小島和哉3.764.2981.1-2.5106-1.981.1101.2799819.510910.21142.9
岩下大輝4.584.3172.2-2.5107-1.972.2116.32210019.7979.11243.1
二木康太3.862.4749.08.4658.849.097.26811322.4282.6611.6
種市篤暉3.474.4246.2-2.1109-1.846.299.27710520.7807.61403.5
中村稔弥4.445.5348.2-8.2135-4.341.0-3.77.286.2386112.012411.51523.8
有吉優樹4.913.7611.00.3940.19.00.22.0123.3415210.2444.1802.0
大嶺祐太9.004.389.0-0.4108-0.39.0181.48310020.015113.3842.2
益田直也2.102.4134.16.1635.634.1103.28412925.5948.8290.7
ハーマン2.272.8431.24.1733.731.289.24712524.8948.8631.6
小野郁3.073.2829.12.4832.029.194.26310120.013312.5330.8
東條大樹3.935.3918.1-2.8132-3.118.1122.3409218.112812.01443.6
唐川侑己1.002.4918.03.0652.818.090.25011322.4484.5591.5
永野将司5.143.7214.00.5930.314.0122.33310220.320718.800.0
山本大貴2.844.4412.2-0.6110-0.812.284.2376011.812311.8792.0
チェン4.383.9912.10.0100-0.112.1130.3668015.811010.5711.8
石崎剛9.005.3014.0-2.0130-0.23.0-1.911.0108.30314027.522721.71172.9
東妻勇輔3.385.8410.2-2.2142-2.310.264.176336.518617.4862.2
田中靖洋2.454.177.1-0.1104-0.27.184.23513526.714113.31333.3
南昌輝4.916.897.1-2.3166-2.47.157.1589518.816915.62446.3
ジャクソン3.862.657.01.1691.07.084.23120941.411110.31353.4
フローレス16.208.2410.0-4.7197-0.63.0-4.17.0170.4596913.819217.21985.2
澤村拓一0.001.945.01.1531.15.00.00019738.917516.700.0
松永昂大0.003.843.10.1960.03.1121.33310120.021520.000.0
成田翔18.0010.603.0-2.2251-2.23.0121.33310120.000.052413.3
球団ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
有原航平3.932.9991.28.1818.891.2108.30910420.5524.9841.8
バーヘイゲン4.083.1975.05.3855.875.0101.28812023.7706.61002.2
上沢直之2.232.8772.26.9797.572.288.25412725.2918.5821.7
杉浦稔大2.953.4355.02.3912.755.085.24510420.512211.5591.3
マルティネス3.814.0152.0-1.7107-2.049.00.73.095.27310019.81019.51302.7
河野竜生4.645.1242.2-5.9129-5.542.2105.2998617.011711.21623.7
加藤貴之2.213.3340.22.3880.226.12.114.1106.30410921.5989.3781.7
上原健太1.112.5324.13.4693.624.178.22411522.7767.2471.0
吉田輝星3.604.745.0-0.4114-0.35.089.2506412.517016.700.0
北浦竜次108.002.940.10.0740.00.1304.85700.000.000.0
宮西尚生2.753.9436.0-0.5103-0.936.081.23213426.411711.11262.8
玉井大翔3.524.3130.2-1.8113-2.130.281.2338216.311510.91072.3
村田透3.724.1129.0-0.8106-1.21.00.028.086.2477113.9959.0721.6
堀瑞輝3.333.8024.10.0100-0.324.1114.32813927.414914.2811.8
金子弌大6.213.8433.10.2991.19.1-1.124.0130.37213226.0888.41423.2
秋吉亮6.083.8323.2-0.1101-0.423.291.26110520.8847.91383.0
井口和朋3.915.0223.0-3.1129-3.423.092.2658717.2858.11834.0
福田俊3.483.9120.2-0.2102-0.420.2101.2909919.611410.9982.2
公文克彦5.403.6616.20.4950.216.2121.34610721.1837.91172.6
鈴木健矢7.942.8511.11.4741.211.1142.40510220.013212.700.0
西村天裕9.396.987.2-2.7177-2.87.2116.3337414.623222.01122.4
吉田侑樹4.261.996.11.2581.16.1146.42111222.2797.400.0
吉川光夫3.384.815.1-0.6126-0.75.191.263214.217716.700.0
生田目翼27.006.941.0-0.3164-0.31.0236.6675711.122622.200.0
球団ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
山本由伸2.632.6095.214.26914.995.291.25914528.5797.8681.6
田嶋大樹3.574.2085.2-2.3106-1.785.279.2258216.1868.51092.5
アルバース3.974.6765.2-5.5118-5.065.2100.2849017.7727.21774.0
山﨑福也4.555.2663.1-9.5132-9.063.183.2366713.1888.81904.2
張奕3.864.5332.2-2.1113-1.832.290.25510320.3999.81503.5
山岡泰輔3.073.9629.1-0.11000.229.1105.29713326.1767.61834.2
榊原翼4.135.6928.1-5.5141-5.328.1105.2996913.518018.0992.3
鈴木優7.505.5730.0-5.5139-4.027.0-1.33.087.24711021.517717.81643.7
K-鈴木12.668.4710.2-5.5209-3.46.1-2.14.1150.4256512.718619.02264.8
竹安大知0.004.545.0-0.3111-0.25.0104.294448.713713.000.0
山田修義4.252.7429.24.0723.629.2125.35413526.512912.9330.8
ヒギンス1.862.7729.03.7733.429.0114.32512524.414915.000.0
荒西祐大4.885.3627.2-4.3133-4.727.291.2597314.3858.41814.2
吉田一将3.513.3933.12.0870.96.00.827.1116.33010821.1777.7942.1
ディクソン2.193.7524.20.5960.224.2103.2929017.6888.8872.0
澤田圭佑3.434.8921.0-2.3123-2.621.077.22014127.6919.22605.7
吉田凌3.003.4121.01.2881.021.060.17014127.615014.9501.1
齋藤綱記4.504.2214.0-0.6108-0.714.0114.32510921.3808.21563.3
富山凌雅2.255.6012.0-2.2139-2.412.038.1079819.114814.91904.3
増井浩俊4.344.7118.2-1.61181.39.0-2.99.2111.31510821.211811.81543.5
漆原大晟3.723.359.20.7860.59.2122.34613927.311511.4962.3
小林慶祐4.054.146.2-0.2105-0.36.2161.4587314.314114.300.0
神戸文也9.534.885.2-0.6121-0.65.2151.4297715.221721.200.0
村西良太9.008.698.0-4.1206-2.43.0-1.85.064.1826512.826925.62005.1
比嘉幹貴0.002.724.20.7700.64.227.0776312.5656.300.0
海田智行14.541.784.11.1491.04.1166.4719218.2474.500.0
飯田優也15.751.194.01.3351.24.0215.61110620.8434.200.0
東明大貴4.916.763.2-1.2168-1.23.296.273377.1707.13387.1
左澤優20.253.691.10.0950.01.1176.5006412.512312.500.0
金田和之27.0011.941.0-0.9296-0.91.0141.40000.035637.500.0




2020年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA

備考
wOBAの係数は1.02 - Essense of Baseball「wOBA(Weighted On Base Average)」を参考にしました。
守備位置は打撃成績がその試合で最初に出場した守備位置で記録されたものとして計算しました。
球場補正は2019年,2018年,2017年のPFを4:2:1で加重平均したものを用いて、本拠地試合割合から跳ね返り係数を算出し、
「リーグの平均的な打者が同じ環境で同じ打席を消化した場合に、どれだけ打撃内容が変化するか」
「リーグの平均的な投手が同じ環境で同じ投球回を投げた場合に、どれだけ投球内容が変化するか」を基準に行いました。
(ZOZOマリンスタジアムは2019年からラッキーゾーンが設置されたため、2019年のデータだけを使って補正しています)
wRAAおよびwRC+はwOBA-PF、RSAAはFIP-PF、DER守備得点はDER-PF、FIP-はFIP-PF、
BABIP+およびBABIP-はBABIP-PF、K%-およびK%+はK%PF、BB%+およびBB%-はBB%PF、ISO+はISO-PF、HR%-はHR%PFで補正を行っています。
先発・救援別の故意四球の集計体制が整っていないため、暫定的にFIPは故意四球を使わずに算出しています。集計体制が整い次第対応します。
DER守備得点の算出はBaseball-LAB「
DERでチーム守備力を計測する」を参考にしました。

コメント

No title

更新お疲れ様です。
パリーグは現状どの指標見ても楽天がダントツで強いですね。
特に浅村とロメロの活躍に隠れて太田光の存在が大きいです。
現状出塁能力と二塁打製造能力で守備の多少のマイナスを大きく上回ってます。
またフレーミング技術にも定評があるので現状ポスト嶋筆頭でしょう。
補強より昨年の大きなマイナスから良く若手捕手で賄えた事に感心します。

Re: No title

コメントありがとうございます!

弱点だった捕手を強みに転じさせた点で太田の台頭は大きいですね。
太田はファームで良好な成績を残していたので期待していましたが、これだけ早く一軍に適応するとは思ってなかったですね...
ここまでの好調はフロックもあるでしょうが、四球や長打といった再現性の高い項目でも好成績を残しているのは好印象です。
やっぱり昨年に一軍である程度打席に立って経験を積めたのが大きかったのでしょうか。

楽天の歴史で打線が1番強かったのは2013年だと思いますが、
今年はこれを上回って球団史上最強打線になる可能性がかなり濃厚に思えます。

No title

更新お疲れ様です。
仮に過小評価ベストナインがあったらマーティンは確実に入るでしょうね。
低打率で大したこと無いと思うのは無理ないですが高出塁率と長打力と走塁で打撃貢献度は高いです。
また昨年の本塁打率がフロックでは無いのを証明しつつあるので今後も期待したい選手です。
最近の2番起用はタイプ的に大正解だと思いますしもっと早く試しても良かったかなと思いますね。

後は山川もホームランを期待する層から叩かれてますが実際は優秀な打撃成績だと思います。
まぁ中田翔にも言えますが4番打者の四死球率がキャリア平均と比べ極端に多い場合、
周りの打者があまり機能せず勝負を避けられる不健全なチーム状況を疑った方が良いですが。
(特に後ろの5番6番が不振の場合は四球覚悟の厳しい攻め方になりやすいので)

Re: No title

コメントありがとうございます!

昨季のマーティンは三振が多すぎるのが課題でしたが、
今季は平均並みに減ったのでまずまずの打率を残せるようになりましたね。
近年のロッテは右翼でマイナスを計上しがちでしたが、久々に強みに転換できるかもしれません。

個人的には、ボール球割合は例年とあまり変わっていないので、
山川も中田もそこまで偏った攻められ方をしているような印象は受けないです。

今季の山川は三振率が平均以下まで下がっているのが興味深いです。このくらいの三振率なら3割打ってもおかしくないですね。
一軍に定着してからは三振上等の強振多用スタイルでずっとここまで来ていますが、
二軍で無双していた頃は今よりもHR%は低くて、三振もかなり少ない打者だったんですよね。
もしかしたら現在の方が本来の姿に近いかもしれないなあと思ったりします。

No title

例年は高い奪三振能力でアウトを稼ぐ則本ですが今季のK%は平均を割っていますね。
平均球速も例年より低下しているそうですが

https://twitter.com/Deltagraphs/status/1284063741630230530

意図的に球速を落として投球スタイルを変更したと言うよりはコンディションの問題か衰えによって球速が低下して投球スタイルを変更せざるを得なかったのかなあと思うところです。

(自力でアウトを取れる奪三振能力をわざわざ低下させるメリットがありませんし
また球数を減らすのが目的にしても球数とK%の間に相関はないので。
https://1point02.jp/op/gnav/column/bs/column.aspx?cid=53523

No title

去年の楽天にとって鈴木大地獲得の緊急性は正直少ないなと思ってましたが、
打撃好調以上にUZRなどで見ると守備での貢献度がウィーラーと比べて高い上に、
外国人枠と関係ないのでロメロとブラッシュを同時にスタメンで使えることが出来るため、
チーム全体で見てみると前年より圧倒的にプラスになるのでこの補強は成功ですね。

逆の視点だとロッテにとっての鈴木不在のマイナスはこういう部分でしょうね。
致命的な穴のDHも鈴木がいれば井上かレアードを置いてマイナスを圧縮できます。
特に今年のレアードのサード守備指標はかなり悪いので鈴木が居ればというところです。
こう考えると怪我なく全試合出れて出塁に長けた打撃成績を残せる鈴木は過小評価されてたのかも知れない。

Re: No title

Namikiさん、コメントありがとうございます!

則本は投球スタイルが変わったような印象を私も受けますね。
仰るようなK%の低下もそうですが、打球管理も変化したようにも見えるのが興味深いです。

則本は平均的な投手より得点価値の高い打球を多く打たれる傾向があって、
楽天の守備が良くない点を考慮しても、FIPやtRAによる推定より高い失点率を安定的に記録しています。
(以前、https://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-1729.htmlでも書いたのですが、
「他の投手より打球速度の高い打球を多く飛ばされているのではないか」という仮説を個人的には持っています)

まだサンプルサイズが小さすぎて何とも言えない部分もありますが、
今季はFIPやtRAに対してかなり低い失点率に抑えているのが例年と違うなあと少し思います。
今季はHard%もリーグ最低レベル、LD%も低く、例年と比べてあまり強い打球を飛ばされていないように見えます。
(則本のHard%がリーグ平均を明確に下回ったことは今までにありません)

Re: No title

コメントありがとうございます!

昨季のロッテは鈴木と井上で一塁とDHの2枠を埋める運用がされていましたが、
鈴木が抜けて井上が一塁に専念するようになって、DHが丸々穴になってしまったかたちですね。

ロッテも鈴木抜きで各ポジションを埋められるように準備はしており、
福田を外野に追加して、清田、角中、マーティンの内の1人をDHへ回す計画だったと思われます。
福田がいきなり離脱したので計画が頓挫してしまいましたが、復帰すればDHの穴埋めは楽になるかと思います。

楽天の編成に関してはなかなか解釈が難しいなあと感じています。
浅村への破格の金額提示やポジションのダブりが多いのを見ると、どちらかと言うとコスパはあまり重視しておらず、
なりふり構わずチーム全体の底上げを狙う方針のように見えますが...

ただ、開幕前時点では余剰戦力を保有しておいて、
使えるか使えないかの選別が済んだ開幕後にトレードに出すのはびっくりしました。
資金に余裕のある球団が資金配分を最適化するやり方としては、結構合理的かもわかりませんね。

ご無沙汰しております

楽天打線の好調ぶりは一目瞭然ですが、茂木の復調に言及しているメディアが案外少ないですね。
遊撃手でwrc+170超えは坂本の好調シーズンに匹敵する傑出ぶりです。
BABIPはキャリア平均からして流石に出来過ぎでしょうが、三振を減らして四球と長打を増やすという理想的な成長を見せていますし、
遊撃手として破綻しないレベルの守備を維持できれば、この先数年はリーグを支配できる選手になるのではないでしょうか。

Re: ご無沙汰しております

カンザスさん、コメントありがとうございます!
コメントいただけて大変嬉しいです。

仰るように茂木は成績の割に注目されていない印象を私も受けますね。
例によって打撃三部門では見づらい二塁打・三塁打・四球で稼いでいるので、
成績の凄さが見落とされやすいのかなと思ったりします。

最近のパ・リーグは遊撃手の打撃成績が低迷傾向で各チームのレギュラーがみんな打てない中、
守備力によって序列が決まっているような傾向が見られますが、(守備重視の選定傾向が強くなっている?)
現代では数少ない打撃型遊撃手の茂木には、風穴を開けるような存在になってもらいたいです。

返信ありがとうございます

>最近のパ・リーグは遊撃手の打撃成績が低迷傾向で各チームのレギュラーがみんな打てない中、
>守備力によって序列が決まっているような傾向が見られますが、(守備重視の選定傾向が強くなっている?)

言われてみれば遊撃手の打低傾向が続いていますね。川崎、中島が海を渡ったあたりからでしょうか?
セの遊撃手は坂本、鳥谷、田中(梵)と3球団が強打者と言える選手を揃えていたのと対照的ですね。
私などは強打の遊撃手と言えばライオンズの専売特許というイメージがあるのですが、
現役の源田は守備で大きく利得を稼ぐタイプなのが面白いですね。(打撃が特別悪いわけではないですが)

強打者のポジションと言えば近年はセンターにリーグ最高レベルの打者が集中していますね。
丸のFAにロッテが手を挙げたとき、獲得できればポジション平均が凄まじいことになったはずですが、残念ながら実現しませんでした。
仮に実現していたらとんでもなく割を食う西川あたりの後年の評価はどうなったんだろうかとちょっと意地の悪い想像をしたりします。

No title

山川のような強打者がインコース攻めで死球が多くなる理由はわかりますが、
杉谷のような小兵タイプの選手の死球率が高い理由がよくわかりません。
(18年は100打席ちょっとで6死球、今年は50打席で3死球)
映像見てますと当たってもいい箇所のケースが多いので明らかに意図的ですが、
これなら当たってもいいと判断して意図的に当たることって可能なんですかね。

それにしても今年の杉谷は例年以上に渋い活躍を見せてて面白い存在ですね。
個人的には今の外野陣では王よりも優先的にスタメンで見ていたいですね。

Re: 返信ありがとうございます

カンザスさん、返信ありがとうございます!

■先発遊撃手平均wOBA(野手平均比)
2010 セ +.009 パ +.006
2011 セ +.010 パ --.005
2012 セ +.020 パ +.006
2013 セ +.010 パ --.022
2014 セ --.003 パ --.022
2015 セ +.008 パ --.035
2016 セ +.021 パ --.018
2017 セ +.006 パ --.019
2018 セ --.017 パ --.040
2019 セ --.012 パ --.022

データで見ても仰る通りの推移ですね。
パは2013年に中島裕之が渡米してからは低迷傾向が続いています。

>私などは強打の遊撃手と言えばライオンズの専売特許というイメージがあるのですが、
私も同じイメージを持っています。豊田、真弓、石毛、松井稼、中島と、
他チームならオールタイムSSを獲れるレベルの選手が5人も輩出されてますからね。
不思議といずれも打撃寄りの選手ばかりで、源田のように守備特化型の遊撃手がいなかったのは興味深いです。

ざっくり計算した印象だと、2017年は中堅手の打力が2リーグ分立後で最も高いシーズンだったようですね。
西川も中堅手としてはかなり打てる方ですが、現状でも打撃はあまり評価されていなくてちょっと可哀想には見えますね。

Re: No title

コメントありがとうございます!

渡辺直人がかつて「避けるふりをしながら当たるのが上手い」と言われてましたね。

この辺りはデータの裏付けがないので個人的な感想で語りますが、
「避けなければ死球になるボール」というのはすっぽ抜けなどの投手のコントロールミスでも発生するので、
インコース攻めを受けないような打者に対しても一定数投げられており、
そうしたボールに対する対応の違いが死球数の多寡に繋がっているのかなと感じます。

杉谷は年々面白い選手になってきていますよね。
元々控えに置けると大変頼もしい選手でしたが、年々長打と四死球が増えてきているので、
今年は左翼スタメンで積極的に起用できる選手になりましたね。

No title

スパンジーは久々に凄いレベルのフリースインガーですね。
三振も多いが四球も多いアダムダン型でも積極打法で三振を抑えるラミレス型でもなく、
ここまで超高三振率で四球拒否の選手は今時では助っ人外国人でも珍しいですね。
二度のサイクル未遂など見せてるポテンシャルは高いのにどうしても粗さが気になりますね。

逆に吉田正尚の打撃の洗練され具合は見てて凄いものがありますね。
元々低三振率と高四球率を両立するスラッガーでしたが今年の三振の少なさは凄いです。
あの打球の速さでこの確実性では怪我さえなければ30歳前半まで打率3割を記録し続けそうです。

Re: No title

コメントありがとうございます!

スパンジェンバーグと吉田正尚は三振と四球の比率で見ると対照的な成績ですね。
シーズンK/BBの最低記録は2006年吉村裕基の0.09(10四球/116三振)となるようですが、
現在のスパンジェンバーグは0.06なので更新の可能性がありますね。

ただ、レギュラーで起用できるレベルの打者か判断がまだ付かないのが気になっています。
なにしろK%が往年のブライアント並なのでこれを埋め合わせる長所が必要となりますが、(ブライアントは本塁打がそれでした)
スパンジェンバーグは高BABIPで埋め合わせている状況なので、今後の持続性にやや懸念が否めないなあという気がしています。

吉田正尚は榎本喜八に似ているなあと感じることがあります。
当時は今よりも三振と本塁打が少ない時代だったことを踏まえると、よく似た成績を残していると思います。
左打ちでプルヒッターというところも一緒ですね。

榎本は60年前に現代野球のようなフォームでスイングをしていたとよく言われますが、
吉田のバッティングを見ていると、半世紀後に同じことを言われていても不思議じゃないくらいのスイングしてますよね。

No title

近藤は元々傑出していた四球奪取能力が年々更に上がってますね。
丸が2000安打より先に1000四球を達成するかも知れないと一時期話題になってましたが、
近藤はそれより速い1500安打より先に達成しそうなペースになってきました。
シーズン二桁経験なしのアベレージヒッターで王貞治レベルの四球率はかなり傑出してます。
このままだと史上初の通算100本塁打未満で1000四球という前代未聞の大記録になるでしょう。

しかし世間では打撃三部門だけで見て「毎年3割打てて凄い」だけで終わりそうですね。
二塁打・三塁打・四球などを踏まえるとDHでも通用する強打者なのがイマイチ伝わりづらいです。

Re: No title

コメントありがとうございます!

■通算BB%(2000打席以上/1リーグ時代の選手を除く)
王貞治    BB%:20.1% 2390四球/11866打席
ペタジーニ  BB%:17.4% *609四球/*3496打席
落合博満   BB%:15.9% 1475四球/*9257打席
デストラーデ BB%:15.9% *348四球/*2191打席
オマリー   BB%:15.5% *485四球/*3119打席
松井秀喜   BB%:15.3% *844四球/*5506打席
ジョーンズ  BB%:14.8% *565四球/*3810打席
近藤健介   BB%:14.8% *410四球/*2775打席 <<<
丸佳浩    BB%:14.3% *775四球/*5410打席
清原和博   BB%:14.3% 1346四球/*9428打席

四球が多かった1リーグ時代を除くと、2000打席以上ではBB%は歴代8位につけていますね。
キャリアハイ26本のジョーンズを除けば全員がシーズン30HR達成経験のある長距離打者ばかりなので、
シーズン二桁本塁打経験のない近藤の名前があるのは驚異的に見えます。

1リーグ時代も含めるなら、山田潔の789安打/739四球が驚異的な記録です。
黎明期の試合数の増加がもう少し早ければ1000安打と1000四球をほぼ同時に達成したかもしれません。

No title

現役最強打者の柳田が居るのに平均より少し悪い程度の打線を憂いるべきなのか、
大幅なマイナスから実質一人で平均レベルまで引き上げる柳田は凄いとするのか人それぞれですが、
ただ一つ言えるのは僕たちは歴史的な記録達成の瞬間を見てるかも知れない事ですかね。
特にポジションセンターで王貞治のシーズンOPSを抜いたら単年だと文句無しで最強打者です。
また一番難易度の高いであろう首位打者争いで大幅リードしているので三冠王の可能性がありますね。
ただ達成には打順や前後の打者の問題で打点が中田と浅村にかなり差がつけられてるのがネックです。
本塁打率的に彼らと差がないが2番で打席を多く与えるメリットの本塁打で打点を稼げるかが勝負ですかね。
(まぁ打点ではなく得点だったら既にタイトル確実ぐらいの貢献をしているのですが)

それはそうと近年のパリーグの日本人打点王は大阪桐蔭OBが取り続けてるのは興味深い現象です。
偶然でしょうけど常勝の名門のレギュラーだった為打点の取り方を知ってるとかなら面白いですね。
彼らは短期決戦や国際大会で素晴らしい成績を残す傾向にあるのもそれが要因だったりして。

No title

去年近本が赤星2世かと言われましたがタイプ的に小深田の方が赤星に近いですね。
ミートと出塁率と走塁特化の1番タイプ且つ二遊間を両方守るUT性でアピールするタイプで、
楽天の二遊間は両方強打者だからイマイチ目立ちにくいですが現状十分打ててますので、
一塁の穴を鈴木大地で塞いだり浅村を休養しながら起用できるのでチームへの貢献度が高いですね。
有力なライバルも正直居ないしこの調子で規定打席まで乗ったら新人王有力ですかね。

後は鈴木の特有のパンチ力が最近出てきたのはいい傾向ですね。
序盤は短打が多くキャリアから乖離した高BABIPに依存しましたけど、
段々と鈴木らしい強いフライが増えてきたのでもうちょっと成績が伸びそうな気がしますね。
長打力が出てきたらファースト起用ももっと積極的になりそうです。

Re: No title

コメントありがとうございます!

■シーズンwRC+ TOP10 (得点PFで補正/400打席以上)
1位 1973王貞治(巨人)  一塁 280
2位 1966王貞治(巨人)  一塁 271
3位 1970王貞治(巨人)  一塁 270
4位 1965王貞治(巨人)  一塁 270
5位 1961長嶋茂雄(巨人) 三塁 254
6位 1986バース(阪神)  一塁 251
7位 1967王貞治(巨人)  一塁 251
8位 1974王貞治(巨人)  一塁 248
9位 1964王貞治(巨人)  一塁 245
10位 1969王貞治(巨人)  一塁 243

この辺りを見ると、王の比較対象となるにはもうひと伸び必要かなあと個人的には思います。
なにしろ王がOPS12割台を連発していた時代は、現代のパ・リーグよりも野手平均OPSが3分程度低かったので、
今季の柳田がこれに比肩するにはOPSを13割台に乗せる必要があります。

三冠王の可能性は十分あると思いますが、やはり仰るように打点がネックでしょうね。
ここまでは1番と2番の出塁率が3割を切っている状況なので、柳田が打点を稼げる組み方になっていないのが辛いところですね。

3番から2番に打順が変わっても打席数は年間で10打席ちょっとしか増えないので、(今年の試合数だと13打席程度になるはず)
打席に立った時の塁上走者が変わらないと仮定すると、打席増加による打点増効果はせいぜい数点分かなと思います。
ただ、ソフトバンクは1番2番よりも9番の方が出塁率が高いので、塁上走者は増加する可能性もあるかもしれません。

大阪桐蔭に関してはやはり長距離打者の育成が非常に上手いのが一因かなと。

Re: No title

あさん、コメントありがとうございます!

小深田は四球が多く二遊間の中では申し分ない打撃成績ですが、
二塁と遊撃の両方で守備のマイナスを結構出しているのが少々気になるところです。
阪神の選手で言うなら糸原健斗と非常に似ているタイプの選手だと思いました。

遊撃手時代の鈴木大地もまさにこういった特色の選手でしたが、なかなか使いどころが難しいなあと思います。
(もっとサンプルサイズがないと小深田の守備に関しては断定的な評価を下すことはできませんが)

No title

高橋礼は最初第二先発要員のはずが気づいたらセットアッパー専念になりましたね。
個人的には去年規定投球回を守った実績を踏まえて先発の方がいいと思いますが、
首脳陣は先発再転向の調整による不振や再度の故障のリスクを防ぎたい様ですね。
(モイネロと森が強力なので7回に投げる選手を揃えたいのもあるでしょうが)
ただこれは今期だけの一時的なもので来季は先発に絶対戻して欲しいですけどね。

Re: No title

コメントありがとうございます!

高橋礼は先発起用の方が良いんじゃないかというのは私も同感です。
一般論として救援投手よりも先発投手の方が希少なので、両方できる選手は先発で起用するほうが好ましいというのと、
先発から救援に転向した投手は成績を良化させることが多い中で高橋は成績が変わっていないので、
現時点ではリリーフ適性があんまり感じられないというのが理由です。

仰るような故障のリスクに加えて、先発投手陣が充実していて戻しにくい事情もあるとは思いますが、
成績を見ていると二保との入れ替えを検討しても良いのではと個人的に思います。

No title

松田の不振がいよいよ深刻ですね。Isoがここまで落ち込むのは記憶にないです。
グラシアルの調整が済み次第、入れ替えを検討してもいいのではないでしょうか。
大好きな選手なので頑張ってほしいのですが…

あと打てる手としてはデスパイネを復帰次第DH、バレンティンを左翼、中村を右翼で固定するくらいでしょうか?
ファームで好調な外野陣がコロナ禍に見舞われ、入れ替えがためらわれるのが残念です。
二遊間は成績のいい選手ほどコンディションに不安を抱えている状態で、
負担を分散させようと苦心しているのが窺える起用法になっています。
若手に打席を与えつつなんとかしのいでいくしかないというところでしょうか。

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!

私も松田は好きな選手なので頑張ってほしいですが、贔屓目に見ても現状はかなり厳しいですね。
50試合消化した本日時点で松田のISOは.078ですが、ISOの50試合移動平均が.100を割り込んだのはキャリア初のようです。
テラス増設以降はほとんどの期間で.150を上回っていることを踏まえると、長打力の低下は極めて深刻な状況だと言えます。

明日グラシアルが昇格となるようですが、二軍では三塁起用もテストしているようなので、
三塁手レギュラーはおそらく松田と入れ替えとなる可能性が高そうですね。
松田はリフレッシュして復活してもらいたいですが、年齢的に不可逆的な衰えの可能性も否めないのが怖いところです。

チーム編成に関しては、外野はなんとかなりそうですが内野が人材不足で少々厳しいですね。
二塁と三塁でかなりマイナスを出していますし、遊撃もコンディション不良の今宮が抜けると崩壊しかねない状況です。
二軍で優れた守備指標を残している川瀬に周東と守備力でポテンシャルを見せている選手はいるので、
なんとか打撃でも一皮むけてレギュラー格に成長してもらいたいところです。加えてグラシアルにかかる期待も大きいですね。

No title

僕はアマチュア時代から辰巳の活躍に期待しているのですけど、
レギュラーを目指すとするなら現状ちょっと打撃の粗の多さが目立ちますね。
特に空振りが多く三振になりがちでそれがこの手のタイプの割に打率が低い要因になってます。
現状あの俊足とセンター守備で15本ペースで打ててるので何かの切っ掛けで打撃開眼しそうなのですけどね。

Re: No title

あさん、コメントありがとうございます!

今季の辰巳を見ると長打力のポテンシャルも高いように感じられますね。
低打率は相変わらずですがK%はかなり下がっており、内容は良い方向に変化しているようには思います。
(BABIP低下でK%低下による打率向上分が打ち消されたようなかたちになっていますが)

ここまで長打力を伸ばしたということは打球速度が向上している可能性が高いですが、
それを踏まえるとBABIPが大幅に下がるというのは少々考えづらいようにも思うので、
現状の打撃を続けていれば打率も上向いてくるようには思います。

No title

予想はしてましたがオリックスの西村監督がシーズン途中で辞任してしまいましたね。
ロメロを放出して獲ったジョーンズが攻守でアレな点ばかりが叩かれてますが、
寧ろセンターラインの打撃軽視とサードに元センターラインを置くのを止まないと浮上は難しいでしょうね。
特にサードは一時期捕手の伊藤光を起用するぐらいここ数年の間迷走してます。
本職サードで固定できたのは小谷野ぐらいでそれすら守備の衰えでかなりのマイナスでしたし。

こう考えるとジョーンズよりも鈴木大地の獲得を優先した方が良かった感がありますね。
根本的に規定打席まで確実に計算できる内野手が現状足りてないですし。
(単年だけレギュラーになった大卒社卒即戦力選手は何人かは居たけど)
浅村もそうですがレギュラー定着から毎年140試合出てる鈴木のような存在が欲しい所。
サードは中川で埋まると考えてたようですが実績不足で案の定見通しが甘かったですね。

Re: No title

コメントありがとうございます!

最近のオリックスに関しては色々思うところがあるのですが、
編成やレギュラー選定を行う際の野手の評価基準がとても独特だなあといつも思います。

野手を選定する際には、打撃、守備、走塁、小技(バントなど)、リード(捕手のみ)を総合的に勘案して選ぶのでしょうが、
オリックスは他のチームよりも走塁、小技、リードを重視して選手を選んでいる印象があります。
伊藤光が使われなくなって退団に至った経緯が正に象徴的かなあと思います。

最近ではこの要素の中だと打撃と守備が特に重要ということが定量的に証明されつつあり、
ここ10年のNPBでもそうした考え方が浸透して、小技や走塁だけの選手は徐々に使われなくなってきていますが、
オリックスはこうした流れに少し取り残されているような印象は受けます。突き詰めて考えるとそこにすべての原因があるのかなと。

No title

球速軽視の中日や青木2世にこだわったヤクルトのここ10年間Bクラス率を見ると、
やはり時代に合ったドラフト戦略を地道に続けていく重要性を感じますね。
恐らく低迷しているから小技や走塁野球を重視しているのでしょうけど、
それをやり過ぎて今や「鶏が先か、卵が先か」問題に近いものが有りますね。

客観的に見ても吉田や山岡・山本など侍級の選手を集めるスカウト力は高いし、
結果を残せて無いがメジャーリーグの大物選手を引っ張って来た交渉力を見ると、
時代の主流通りの編成を目指せば広島や横浜の様に低迷期脱却出来そうなのですがね。
ただ現在の福良GMは監督時代から今の小技や走塁重視路線を押し進めてたので、
路線変更せずしばらく続きそうな感じがするから再建には時間が掛かりそうですね。

Re: No title

返信ありがとうございます!

近年のオリックスはプラスを大きく創出する選手を多く発掘しているので、
仰るようにパ・リーグの他チームと比べてもスカウト力は非常に優れていると思います。
石井GM就任後の楽天のように歯車が噛み合い出せば、すぐに優勝してもおかしくないのではないでしょうか。

ただ、仰るように今のオリックスの野手選定方針は福良GMの影響が強いと思われるので、
監督を変えてもそんなに簡単には変わっていかないような気はします。

No title

なんでこれでロッテが2位なのか分からない…

Re: No title

藤さん、コメントありがとうございます!

今季のロッテはディフェンス面が悪く、得失点差を稼ぐ能力自体はリーグ平均を下回っているようですが、
現時点で1点差試合が12勝6敗と僅差勝ちと大差負けが多くなっているので、
ピタゴラス勝率からの推定値よりも貯金を多く稼いでいるようです。(ピタゴラス勝率からすると借金2が妥当)

僅差勝ちと大差負けが多い理由ですが、短期的にこうした現象が起こるのは偶然の産物であることが多いので、
現状の野球を続けていくと勝率が低下していく可能性が高いと思われます。
ただ、2015年の阪神のようにシーズン終了まで僅差勝ちと大差負けを続けるチームも存在するので、
今季のロッテがどうなるかは注意深く見ていきたいです。

No title

モイネロは今のペースだとリリーフシーズン奪三振率記録を23年ぶりに更新する可能性がありますね。
中継ぎのせいかホークス所属の割に話題にならないですがかなり凄い投球内容をしてます。
山本由伸が今後仮に離脱した場合奪三振王有力になり得るペースです。

ただ年齢が20代前半と若いのでチームの長期的な強みになり得るので大切に起用したい所。
ホークスのセットアッパーが数年の活躍で消えるのは最早風物詩状態ですからね。

Re: No title

コメントありがとうございます!

今年のモイネロは本当にすごいですね。奪三振率は空前絶後の数値です。
リリーフだけで最多奪三振を獲れば史上初の快挙ですが、ここまでは登板ペースが飛ばし過ぎで来ているので、
流石にどこかで調整が入るだろうということを考えるとちょっと厳しいようには思います。

宮西、岩瀬、山口、藤川あたりが異常なだけで、
ソフトバンクに限らずセットアッパーは数年で消えていくのが普通かなとは個人的には思います。

リリーフ1人ではどれだけ頑張っても失点を約10点しか減らすことができないので、
リリーフが長期的な強みになるようなチームは、特定の選手がすごいというよりは育成のメソッドが確立されていて、
選手が故障しても層の厚い状態をキープできるチームが多いかと思います。(今のソフトバンクが正にそうですが)

No title

ロッテと日ハムが指標の割に善戦しているのは試合を作る先発が充実してるのが大きいと思いますね。
日ハムはエース有原と上沢・マルティネスの復帰組がまずまずの上に杉浦とバーヘイゲンが優秀。
ロッテも去年ほどの強みはないですが谷間も含めて平均レベルの先発が揃ってます。
特に新加入の美馬は守備力の影響で防御率が悪いですが優秀な投球内容を続けてますね。
またsamiさんが例に挙げた15年阪神も先発が大きな強みになってたチームでした。

逆に楽天は先発が現状則本と涌井(時々塩見)頼りが否めないのが戦力の割に勝ててない要因なのかなと。
ちょっとずつ先発に慣れて投球内容が良くなっている松井の頑張りに期待したいですね。

Re: No title

コメントありがとうございます!

15年の阪神がピタゴラス勝率に対して高勝率を記録したのは、リリーフの選手層の偏りが原因ですね。
呉昇桓、福原、高宮、安藤の勝ちパターンは盤石だった一方、全体の層は薄く敗戦処理は防御率7点台以上が7人もいる状況でした。
勝ちパターンの4人は194.1回で失点率3.29、残りの選手が189.0回で失点率5.74となっていますが、
勝ちパターンとそれ以外でここまで差が開いたチームは他にはあまりありません。

勝ちパターンの投手というのは、試合が動きやすい局面、
つまり1点分の失点が試合の期待勝率を大きく低下させる局面での登板が多い一方、
敗戦処理の投手は1点分の失点が試合の期待勝率をあまり低下させない局面での登板が多くなります。
15年の阪神は前者の失点が少なく、後者の失点が非常に多かったため、これがピタゴラス勝率と勝率の乖離の理由になっています。
(ピタゴラス勝率は全ての失点が同じだけ期待勝率を下げるという過程の元に計算されるため)

一方で、ほとんどの先発投手が登板する局面は、
平均すると1点分の失点が試合の期待勝率をピタゴラス勝率通りに平均程度下げる局面となるので、
そこでの失点が多い(先発投手陣が劣っている)か、少ない(先発投手陣が優秀)かというのは、
ピタゴラス勝率と勝率の乖離を生み出す原因にはなりえない、というのが個人的な意見ですね。

No title

>二塁と三塁でかなりマイナスを出していますし、遊撃もコンディション不良の今宮が抜けると崩壊しかねない状況です。

まさに懸念された通りになってしまいましたね。今宮抜きで遊撃の穴を埋めるのは難しいと言わざるを得ません。
こうなるとグラシアルは二塁で起用したほうがいいかもしれませんね。
本来であれば明石を起用するところなんでしょうが、今年は二塁手としての出場が極端に少なくなっています。
仮にコンディションが理由で二遊間を守れないとすれば、明石の打力ではレギュラーを任せるのは難しいように思います。
一塁は中村か栗原を固定するか、彼らを休ませるなら九鬼に出場機会を与えてもいいのではないでしょうか。

ただ正直に言って、現状の野手陣ではいろいろ策を弄したところで劇的な効果は見込めなさそうです。
打線の組み替えによってもたらされる影響は案外少ないというのが実感できますね。

アンダースローの特徴?

高橋礼は奪三振、与四球は優秀とは言えず、FIPによる評価だと毎年リーグ平均を下回っていますが、
R-F値が一貫してマイナス、つまり予測される失点より実際の失点が少ないのが面白いですね。
偶然の可能性もありますが、GB/FB、DER、HR/9が安定して優秀なので、、
彼の投法に打球に角度をつけにくい、強い打球を打ちにくい要素が含まれている可能性があります。
仮にメカニカル的な要因が解明できれば、現代では絶滅危惧種になったアンダースローの復権が叶うかもしれません。
ただ高橋礼ほど体格に恵まれて(188㎝)、スピードを出すポテンシャルがある選手に下から投げさせるケースは極めて稀だと思われるので、
この特徴が体格に起因するものであれば、他選手への応用は難しそうです。

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!

ソフトバンクは一塁を除く内野3ポジションがかなり厳しい状況になりましたね。
外野手は比較的人員が豊富なので、現状だとグラシアルは二塁か三塁で起用すべきかなあと私も思います。
昨季の二軍成績がかなり良かったので、内野の底上げについては増田に期待していたのですが、
まだ手術明けで調整中ということでもう少し時間がかかりそうですね。

今後5年間は内野3ポジションの世代交代はソフトバンク最大のテーマとなっていきそうですね。
ここでもたつくと、ロッテと楽天が追い上げてきていることもあってパは群雄割拠の戦国状態になりそうです。

Re: アンダースローの特徴?

カンザスさん、コメントありがとうございます!

山田久志の成績を見ていて全く同じことを思ったことがあります。
バックの守備力を補正して防御率とFIPの差を計算すると、
2リーグ分立後の2000イニング以上の投手で最も乖離が大きかったのが山田だったんですよね。

アンダースローはボールの軌道が特殊なので、
バットに当たっても得点期待値の高い打球は生まれにくいのかもしれません。
アンダー気味のサイドスローである阪神青柳もゴロが非常に多くてR-F値がかなり低い値になっていますね。

No title

>バックの守備力を補正して防御率とFIPの差を計算すると、
>2リーグ分立後の2000イニング以上の投手で最も乖離が大きかったのが山田だったんですよね。

このバックの守備力を補正した防御率とはどのように算出するのでしょうか?
教えていただけるとありがたいです。

https://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-1337.html

こちらの方法でリーグの平均的な野手が守った場合と比べて増減した失点を出して実際の自責点から引いて補正自責点を出し

補正自責点×9÷投球回

で補正防御率を出す、ということでしょうか?

Re: No title

Namikiさん、コメントありがとうございます!

上で私が算出した際の基本的な考え方はその通りです。
(他にも失点を自責点にどう換算するかといった細かい部分はありますが)

No title

ロッテはソフトバンクとの差を詰めるためなのか澤村をトレードで獲得しましたね。
ここが勝負どころと見ているのでしょうか。
今季こそ調子が上がらないものの去年の成績は優秀なので復活すれば大きな戦力になるのではと思います。

Re: No title

Namikiさん、コメントありがとうございます!

ロッテは「勝負をかけるシーズン」だと考えている可能性が高いですね。
ロッテの勝ちパターンはかなりしっかりしていますが、全体の選手層は薄くマイナスを出している選手が多いため、
(得失点差に対して勝率が高い原因も15阪神と同じで敗戦処理の失点が多いためだと思われます)
勝ちパターンから故障者が出た時の保険として獲得したのかなという印象です。

ただ、今季のここまでの状態を踏まえると、
確実にリリーフの底上げにつながるとは言い切れない部分があるなあ、と思っていたのですが、
今日のピッチングには恐れ入りました。いきなり起用する判断もなかなかいかついですね。

No title

まだデータが足りないとはいえ澤村はどちらかというとパリーグで好まれそうなタイプでしたからね。
というか巨人は伝統的に制球重視でパワーピッチャーをあんまり好みませんよね。
ゴリゴリの速球派で長年活躍したのって正直槙原以降居ない気がします。
鍵谷とか田中みたいな速球リリーバーを補強したと思ったら今回の澤村トレードですし。

No title

ロッテの佐藤都志也捕手が外野の練習を始めたようですね。
セ・リーグのコメント欄でも仰られたように一時期外野やDHで出場した森の例もありますし将来的に捕手にするにしても今は持ち味の打撃や身体能力を活かして外野をやるという選択肢もあっていいのかもしれませんね。

Re: No title

あさん、コメントありがとうございます!

>というか巨人は伝統的に制球重視でパワーピッチャーをあんまり好みませんよね。

個人的にはそのような印象はうすくて、どの時代にも速球派で制球の悪いリリーフが1人はいたように思います。
例えば石毛博史、岡島秀樹、越智大祐、クルーンが該当するでしょうか。マシソンも来日時はノーコンと言われていましたね。
先発に限れば速球だけで押していく投手は確かに珍しいかもしれません。球の速い投手でも制球が伴っているケースが多いですね。

Re: No title

Namikiさん、コメントありがとうございます!

個人的には佐藤都志也捕手の打撃のポテンシャルはまだ見極めかねているのですが、
他のポジションでの起用もどんどん試していくべきだとは思います。

捕手以外のポジションでレギュラーに定着して正捕手に返り咲いたケースは以前はほとんどなかったので、
以前は捕手を他ポジションに移す動きは個人的には疑問だったんですが、森が新しい道を切り開いてくれたように感じます。
森以前だと、60年代以降に他ポジションから本格的に正捕手に返り咲いたのは高橋博士ただ一人だけでした。
出戻りで1年だけ正捕手を務めたケースも礒部公一と江藤慎一の2例だけですね。

No title

お疲れ様です。
いつも楽しみに見てます。

さて今年のパリーグですが…打高ですね。
涌井の炎上によりついに2点台すら消滅し防御率トップが山本の3点台に。
30イニング以上という縛りを付けても2点台は31人中上沢、石川、和田の3人のみという結果です。
リーグ防御率は4点台で、十数年ぶりの打高トレンドとなっています。

しかしセイバーメトリクス的には非常に不可解なデータです。
OPSは前年、前前年とほぼ変わらず。より信頼できるwOBAもほぼ変わらず。
被BABIPやらのデータも(データ素人の私から見てですが)全く変わりなし。
従来の指標では説明できない事象だと思います。
samiさんはどのような要因があると思われますでしょうか?

結局のところ前年/前前年と大きく変化しているのはWPA/Clutch値ですね。
正確に言うと2014~2017と2018~2020で大きな違いがあるように見て取れます。
詳細なデータは調べていないのですが、ランナーなしの状況とありの状況の成績の差に大きな開きがあるのではないでしょうか?

「得点圏(被)打率」のたぐいはセイバーメトリクスでは最も軽視されている「指標」であるというのは今までの常識でしたが、リーグ単位でここまで変化しているとなるとそうもいっていられない状況になっていると思います。失点によって投球数も変わり投球回数もそれに伴う野手の成績も変わってくるわけですから…

2018からというのが、トラックマン普及とちょうど重なっているのが興味深いところで、自分のタイミングで投げられるランナーなしの状況とランナーを背負っての投球の違い、一般に後者の方が能力的には劣るわけで、そこを各球団が徹底的に解析しているのかもしれません。
(じゃあなぜセリーグはそれほど影響がないのかという疑問は残りますが)
則本や二木などは特にこの二つの能力に差があるように思われます。

外部から見ているだけでは分からないレベルの駆け引きが各球団によって行われているであろうというのは興味深いですね。
同時に、野球というスポーツがいかに巧妙なバランスの上に成り立っているのかを改めて認識してしまいますね。得点圏打率が1分変わるだけでとんでもない影響があるわけで。

No title

横槍ですが本当に得点圏でのバッティングで大幅に変わるなら話題になったサイン盗みを疑うべき話ですが、
まぁ普通に考えて真っ向勝負の好むパリーグ色がたまたま投手不利になってるせいでは?
僕は野球選手が人間な以上チャンス云々は存在すると思いますが全体に影響を及ぼす程とは思えません。

Re: No title

ゆさん、コメントありがとうございます!

wOBAに対して得点が入りやすくなっているのではないかという話ですが、
2014年から2020年のwOBAと失点率をグラフにプロットしてみたところ、
2020年パは近似直線からやや高めに外れてはいますが、他のシーズンと比べて際立って外れているようには見えませんでした。
まだシーズン途中でサンプルサイズが少ないという点を考慮しても、なんとも言えないなあというのが正直なところです。

WPAやClutchについてはリーグ単位で見るという発想がなかったのでとても興味深いです。
パリーグは2018年以降に守備側のClutchが低下している(大事な場面で打たれやすくなっている)ようにも見えますね。
どこまで有意な傾向かは慎重に判断する必要がありますが、何かがこうした変化が起こしている可能性もあるかもしれません。

トラックマンの普及が大事な場面において守備側に不利な影響をもたらしている、
という仰るような仮説も一考の価値があると思いますが、個人的に怪しいと思っているのはシフトの普及ですね。

フェアグラウンドに飛んだ打球が安打になる確率(BABIP)は、基本的にプロ野球が始まってから歴史的に右肩上がりなんですが、
近年のパリーグはこの流れに少し逆行していて、BABIPが少しずつ下がってきているのが気になっています。
セよりもパの方が大胆なシフトを敷くケースが多いように感じるので、(Bs大城なんかはとんでもないところで守ってますよね)
その影響がもしかしたら出てきているのかなあとちょっと思いました。

それで、守備者の動きの制約を考えると、走者がいる時よりも無走者の方が大胆なシフトは敷きやすいですから、
仮にこの大胆なシフトが功を奏してBABIPが下がっているとすると、
シフトが普及する前と比べると、無走者時の方がより安打を打ちづらくなっているはずです。
これは守備側のClutchが低下する(大事な場面で打たれやすくなっている)原因になりますね。

あと、2018年からというと、リクエスト制度の導入が影響している可能性もあるかもしれません。
セーフ→アウトのケースよりもアウト→セーフのケースの方が多く発生しているとすると、
リクエストが多く使用されるのは一般的に大事な場面でしょうから、これも守備側のClutchが低下する原因になる可能性があります。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2020年シーズンデータ
 ポジション別wRAAと先発救援別RSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
 西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
 西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2019]
 歴代打線守備力評価[-2019]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2019]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2020 2019 2018 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B   HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2019]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
  De 西
 2019年二軍分析
  De 西
 2019年補強・ドラフト評価
  De 西
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター