記事一覧

当ブログについて

NPB2021

NPB2020

選手

打線

球場

記録

分析

2021年に向けた戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編


本稿では2021年に向けたDeNAの戦力分析を行っていきます。
大まかに以下のような流れで進めていきますので、よろしくお願いいたします。

目次
 1. チームの貯金と得失点差
 2. 各ポジションの得失点差への寄与
 3. 優先強化ポジションの特定
 4. 優先強化ポジションに対する選手供給の見込み
 5. 総括




チームの貯金と得失点差

まずはAクラス入りや優勝にどの程度の上積みが必要か把握するため、チームの貯金と得失点差を確認します。
日本プロ野球では、「得失点差」と「貯金」が極めて強い相関関係を持つことが知られており、
「得失点差の1/5」で「貯金」をおおよそ近似できるという経験則があります。

一般的な目安として、優勝するためには「貯金20」、Aクラス入りには「貯金0」が必要です。
得失点差に換算して、優勝するためには「+100点」、Aクラス入りには「±0点」が必要になります。
それを踏まえた上で、初めにセ・リーグ6球団の貯金と得失点差を確認しましょう。

20210123_de1.png

DeNAの得失点差は+42点でした。前述の関係式からすれば貯金8を期待できる得失点差でしたが、
実際には大幅に下回る借金2となったことでBクラスに沈む結果となりました。
昨季は中日も得失点差-60で貯金5を記録するなど、得失点差と貯金の連動性が悪いシーズンだったようです。

しかし、「得失点差から期待される貯金」と「実際の貯金」が乖離したチームは、
翌シーズンには乖離が継続せず、解消される方向に回帰が起こることが経験的に知られています。

DeNAも昨季と同レベルの野球を継続できれば(同程度の得失点差を記録できれば)、
それだけで貯金8程度は期待できるため、Aクラス復帰を見込める可能性は高いと見てよいでしょう。
一方、優勝を目指す場合には得失点差+100点(貯金20)が目安となるため、更に+60点を上積みする必要があります。



各ポジションの得失点差への寄与

次に、この上積みの実現方法を考えるために、「得失点差がどのポジションからもたらされたか」を見ていきます。
そのために仮想的な「全てのポジションが平均的な選手で構成されたチーム」を考えて、
このチームと比べて「各ポジションで得失点差を何点分上積みできたか」をここでは評価します。

全てのポジションが平均的な選手で構成されたチームは得失点差が±0点となります。
このチームと比べて「各ポジションが得失点差を何点分上積みできたか」が分かれば、その合計からチームの得失点差を説明できます。

得失点差を改善する手段は、得点を増やす、失点を減らすの2つがあります。
野手は平均と比べて「どれだけ打撃で得点を増やしたか」と「どれだけ守備で失点を減らしたか」、
投手は平均と比べて「どれだけ投球で失点を減らしたか」という観点で、各ポジションの寄与を評価していきましょう。

ここでは打撃はwRAA、守備はUZR、投球はFIPを使用して、「得失点差の改善に何点分寄与したか」を定量化しました。
UZRは1.02 - Essence of Baseballのデータを12球団平均基準からリーグ平均基準に変換して算出しています。
10点以上のプラスポジションを強み、10点以上のマイナスポジションを弱みとして強調しました。

20210123_de2.png

左翼手は佐野恵太、中堅手は梶谷隆幸の働きによって強みとなった一方、
前年のレギュラー(伊藤光と大和)を故障で欠いたことで、捕手と遊撃手が弱みとなりました。
全体としては、外野3ポジションでプラスを稼ぎながら、捕手と内野でマイナスを計上する構成となっています。

20200124_de3r.png

救援は大半の投手がプラスを記録する選手層の厚さによって、チーム最大の強みポジションとなりました。
例年のDeNAは先発で大きなプラスを稼ぐことが多いですが、先発は強みとならず±0近辺の数値に留まりました。
エース格である今永昇太や東克樹をはじめ故障者が続出したことが響いたようです。



優先強化ポジションの特定

次に、優先的に強化すべきポジションを特定していきます。
なぜチームの弱みと強みを見てきたかというと、「弱み」がそのまま優先的に強化すべきポジションとなるからです。
一般的にマイナスが大きいポジションほど強化の費用対効果が高くなるのがその理由です。

例えば、「±0点のポジション」を強化して得失点差を20点改善する場合、「+20点の選手」を連れてくる必要があります。
しかし、「-20点のポジション」に狙いを定めれば、「±0点の選手」を連れてこれば同じ改善効果を得ることができます。
「+20点の選手」よりも「±0点の選手」の方が手に入れやすいですし、必要な年俸も安く抑えられます。

ここまではそうした理由で2020年時点におけるチームの強みと弱みを見てきたわけですが、
ここから「翌シーズン以降に弱点となりそうなポジション」を考えるには、もう一つ考慮すべきファクターがあります。
それが「年齢」です。なぜなら年齢は翌シーズン以降の成績予測に活用することができるからです。

10代でプロ入りした選手は、デビューとともに勢いよく成績を伸ばしていきますが、
ある年齢になると成長が止まって成績が伸びなくなり、以降は加齢が進むほど勢いよく成績を落としていきます。
つまり、ポジションを構成する選手の平均年齢が他球団よりも高いと、それだけ急激な成績低下が予想されることになります。

ここでは縦軸を「得失点差への寄与」、横軸を「平均と比べていくつ高齢か」として各ポジションをプロットしました。
右に行くほど高齢のため「得失点差への寄与」の悪化が予想されるポジションであり、
左に行くほど若さのため「得失点差への寄与」の改善が予想されるポジションとなっています。
現状で既にマイナスを出していて、今後も悪化が予想される右下のポジションほど優先度が高いと言えるでしょう。

20200129_de3r.png

DeNAの場合、内野4ポジションと捕手が右下のゾーンに入っています。
これらのポジションを若返りさせつつ、あわよくばプラス転換を狙っていくのを基本方針としたいところ。

ただし、この中で一塁手は衰えの目立っていたロペスが退団となり、代わりにソトが固定される見込みです。
ソトはロペスより6歳若い上、2019年以前の成績まで復調できれば寄与のプラス転換も期待できるでしょう。
よって、一塁手を除いた内野3ポジションと捕手が優先強化ポジションとなります。

なお、中堅手からは梶谷隆幸、先発投手からは井納翔一の流出が確定しています。
中堅手は前年までレギュラーだった神里和毅の起用によってある程度埋められる見込みであることに加えて、
先発投手も近年プラスをキープしている選手層の厚さで一定のカバーが見込めるため、穴埋めの優先度は比較的薄いと考えます。



優先強化ポジションに対する選手供給の見込み

次に、優先強化ポジションに対してどのような選手を供給できそうかを見ていきます。
選手を供給する手段は、二軍から引き上げる、ドラフトで獲得する、他球団から獲得する、の3つがあります。
これらの手段による選手供給の見込みをそれぞれ確認していきましょう。


二軍からの選手供給

まずは二軍の選手が記録した「得点を増やす能力」「失点を抑える能力」から、二軍からの選手供給について確認します。
ここまで書いてきたように、これらの能力は打撃・守備・投球の3項目によっておおむね説明できますが、
守備については最も高精度な指標であるUZRが手に入らないため、ここでは打撃と投球のみに着目していきます。

ここでは「打撃で得点を増やす能力」はwRC+、「投球で失点を抑える能力」はFIP-を使って定量化します。
どちらも二軍平均を100として、打者の得点創出力と投球の失点抑止力が平均の何倍かを示します。
wRC+が150なら二軍平均の1.5倍の得点創出力を持つ、FIP-が50なら二軍平均の0.5倍に失点を抑える能力を持つことになります。

以下では縦軸をwRC+およびFIP-、横軸を年齢として各選手をプロットしました。
過去の統計的な研究からは、打者は27歳まで、投手は22歳まで成長を続ける傾向があることがわかっています。
現状で好成績を残していて、かつ成長も期待できる左上に位置するのが、一軍への台頭が期待できる選手(プロスペクト)となります。

20210123_de5.png

捕手の山本祐大が、優先強化ポジションかつ左上のゾーンに入っている唯一の選手となります。
三振がかなり少なく打率がまずまず高いため、二軍の若手捕手の中では優秀なレベルの打力を持っています。
今後は一軍で起用してアジャストさせていきたい段階にあると言えるでしょう。

また、今季はやや不振だったものの、伊藤裕季也も忘れてはならないプロスペクトの一人です。
2019年には一軍で57打席で4本塁打をマークするなど、既に一軍へのアジャストを見せているのはプラス材料でしょう。
本職は二塁手と三塁手で、この2ポジションを埋めていく上で最有力候補の選手と言えます。

全体の傾向としては、細川成也、蝦名達夫、楠本泰史など、プロスペクトが外野に集中しています。
現状外野は強化の優先度が相対的に低いこともあり、トレードを検討してもよい状況ではないかと思われます。
特に外野手が足りない一方で山田や山野辺などのプロスペクト内野手を抱える西武とは、win-winのトレードができるかもしれません。


ドラフトによる選手供給

次にドラフトで指名した選手について見ていきましょう。
ここではDeNAの指名選手と、セ・リーグ各球団の指名選手をまとめました。
また、育成選手は1年目から編成に影響を及ぼすほど一軍の試合に出場するケースは稀なので、ここでは記載していません。

20210123_de61.png20210123_de62.png

1位指名は例年通りの大卒投手でしたが、2位で内野手の牧秀悟を指名しました。
セ・リーグでは最も指名順位の高い二遊間の選手であり、二遊間の逸材を確保したいという意図が強く感じられます。
どちらかと言えば打撃が評価されているため、守備のウエイトの低い二塁手を中心に起用されそうです。


補強による選手供給

最後に他球団から獲得した選手を見ていきましょう。
こちらも育成選手はいきなり一軍の試合に多数出場するケースが少ないため、ここでは記載しません。

20200124_de7.png

強化優先度の高い二塁手・三塁手に対して、人的保障で田中俊太を獲得しています。
田中は二塁手としてはトップレベルのUZRを記録しているほか、優れた四球獲得能力を誇る打者でもあります。
二遊間の厚い巨人では出場機会がありませんでしたが、今後次第ではレギュラーに定着する可能性も十分考えられる選手でしょう。



総括

優先的に強化すべきポジションは捕手・二塁手・三塁手・遊撃手の4つ。
これらに対して山本祐大、伊藤裕季也、牧秀悟、田中俊太を用意しているという状況です。
彼らがこれらのポジションでどれだけ世代交代を果たせるかが、2021年のDeNAの躍進の鍵となりそうです。

DeNAは弱点となりそうなポジションに対して、多くの手段を駆使して選手を確保しており、
今オフも打てる手はおおむね打ち尽くしていると評してよいと思われます。

その上で指摘すると、遊撃手の確保には不安を残していると言えるかもしれません。
伊藤裕季也と田中俊太は遊撃での出場実績がほぼなく、牧秀悟も二塁手をメインポジションとしている選手です。
2019年にドラフト1位で指名した森敬斗も優先的に出場機会が与えられていますが、一軍定着にはまだ時間がかかる見込みです。

DeNAは大和が衰えた後は柴田竜拓をメインで起用していく方針だと思われますが、
柴田は通年で遊撃手を守った経験がないこともあり、上手くはまらなければ遊撃手に大穴が開く懸念もあります。
遊撃手については今後も継続して強化を狙っていく必要があるでしょう。


2021年開幕時の戦力分析はこちら
読売ジャイアンツ編
阪神タイガース編
中日ドラゴンズ編
横浜DeNAベイスターズ編
広島東洋カープ編
東京ヤクルトスワローズ編
福岡ソフトバンクホークス編
埼玉西武ライオンズ編
千葉ロッテマリーンズ編
東北楽天ゴールデンイーグルス編
北海道日本ハムファイターズ編
オリックス・バファローズ編

2020年の打撃成績と投球成績の詳細はこちら
2020年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA

昨年の戦力分析です
2020年に向けた戦力分析 横浜DeNAベイスターズ編 Part1

コメント

No title

今年も戦力分析の記事を楽しみにしておりました。
質問があるのですが、「UZRは1.02 - Essence of Baseballのデータを12球団平均基準からリーグ平均基準に変換して算出しています。」というのは、どのようにして行われたのでしょうか。
差し支えなければ教えていただけますでしょうか。

No title

昨年の横浜の戦力分析でコメントして以来、すっかり本サイトのファンになりました。素晴らしい分析で、楽しく拝見させていただきました。

この記事を拝見すると、改めて横浜のフロントは補強を的確に行っている印象を抱きます。人的補償で田中俊選手の獲得がすぐに行われたのも、納得がいきました。

しかし、両翼が比較的ウィークポイントだった巨人に梶谷選手が加入し、巨人の戦力が盤石になった印象を受けました。ファンとして応援は続けていきますが、現実的にはここ2〜3年の優勝は難しいのかなと思う部分もあります。

横浜が優勝をするには、今後どのように戦力を整備すべきでしょうか?
(素人考えですが思い浮かぶのは、巨人の30代前半の中心選手が加齢で衰える時に、森・伊藤裕・牧・山本選手などのピークを揃え、マイナスのセンターラインを強みに変えておく…などでしょうか)

Re: No title

コメントありがとうございます!

そう仰ってもらえるととても嬉しいです。ありがとうございます。
打球の難易度設定では12球団分のデータを使用しつつ、比較対象をリーグ平均に変換しています。

具体的には以下の行程で計算できます。
1. ポジションごとにリーグの平均UZR/1200を計算する
2. ポジションごとにチームにイニングに1.をかけて1200で割り、
 「リーグの平均的な守備者がそのチームと同じだけイニングを消化した時にどれだけのUZRを記録するか」を算出する
3. そのチームが各ポジションで記録したUZRから、そのポジションに対応した2.を引く

Re: No title

TJさん、コメントありがとうございます!

そう仰っていただけると、記事を書いた甲斐がありました。
ご感想もいただけまして大変嬉しいです。

>しかし、両翼が比較的ウィークポイントだった巨人に梶谷選手が加入し、巨人の戦力が盤石になった印象を受けました。ファンとして応援は続けていきますが、現実的にはここ2〜3年の優勝は難しいのかなと思う部分もあります。

巨人を凌駕できるかという観点で言えば、
運を味方につけないと数年以内の実現は難しいと私も考えます。

仰るように、巨人の補強が万全というのもあるのですが、
岡本と吉川という若く新しいストロングポイントが生まれたのが非常に大きいです。
巨人が以前のまま坂本と丸だけのチームだったら、近い将来に地盤沈下していた可能性が高いと思いますが、
この2人の台頭によって、アクシデントがなければ巨人は優勝ライン(100点)に近い得失点差をしばらくキープしてくるでしょう。

数年以内というスパンでDeNAがこのラインに達するためには、
(1) オースティンが離脱せず昨季レベルの打撃成績をフルシーズンでマークする
(2) 先発投手陣が目立った故障者を出さずフル稼働する(少なくとも2019年以前のレベルに戻す)
(3) 内野4ポジションと捕手のいずれかから新しい強みポジションを創出する
この辺りの項目が全部揃わないと難しいのかなという印象を持っています。
DeNAが編成で対処できるのは(3)だけで、上で書いているように既にこれに対しては打てる手は打たれているように思います。

1989年の西武のように、盤石なチームでも綻びが生じるシーズンはあります。
今のDeNAにできることは野手の世代交代を進めながら、淡々とチャンスを待つことではないでしょうか。
今のところ一番巨人を凌駕できる可能性が高いのはDeNAだと思うので、頑張ってほしいところです。

No title

今年も楽しみにしてました!毎年進化を楽しみにしてますが、今年は表について見やすくなってますね!

昨年は貯金と得失点差の連動性が悪いと、記事内でも触れられていますが、これは試合数減少が影響してると個人的には思っていますが、いかがでしょうか?(サイコロの振る回数が少ないと、あまり1/6に近くならないイメージ)

Re: No title

Yamagamiさん、コメントありがとうございます!

そう仰ってもらえるととても嬉しいです。
昨年は網羅的に言及しようとしてガチャガチャ載せ過ぎてしまったので、
今年は取捨選択をしっかりして本質的な情報に絞りました。上手くいったみたいでよかったです。

貯金と得失点差の連動性ですが、
仰るように試合数が少ないのが一因だと私も思いますね。

No title

二遊間(特にショート)が穴というのは近年ずっと言われ続けていることですが、ここは補強で埋めにくいのがつらいですね。
外国人は長打力を求めて攻撃ポジションが優先され、FAではまず守備のピークを過ぎている年齢なので、
生え抜きの育成に失敗すると大穴になりやすいポジションです。
巨人の二遊間が充実していたおかげで、FAの補償で田中という即戦力を引けたのはかなり大きいと思います。
現状ではショートのプロスペクトが森敬斗のみという状況なので、ここは時間をかけて整備していくしかないでしょうね。

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!

>外国人は長打力を求めて攻撃ポジションが優先され、FAではまず守備のピークを過ぎている年齢なので、
>生え抜きの育成に失敗すると大穴になりやすいポジションです。

仰る通りだと思います。遊撃手はきっちり埋められた場合と埋められなかった場合で差が付きやすく、
優勝を狙うのであれば弱点化させないのはほぼ必要条件になると思います。
直近10年のNPBでも、遊撃手が弱点のまま優勝したチームは2015年のヤクルトくらいですね。

田中俊太はFA補償では滅多に獲得できないレベルの選手だと率直に思います。
田中はアマチュア時代も含めてほとんど二塁手一筋で来ているようですが、
二塁守備は現役選手ではトップレベルなので、遊撃起用でもそれなりの結果を残すかもしれませんね。

No title

結構人的で二遊間より先発を取るべきと言う意見の人が多かったですね。
エース格の離脱が多かった中で井納退団というのもありますけど、
それ以上に大和柴田倉本で二遊間は充実してると考える人が多いようですね。

ただ横浜で田中のプロ3年間の働きに匹敵する選手はせいぜい柴田ぐらいで、
梶谷の加齢リスクと神里を筆頭にした既存戦力で埋まる点を考えると、
下手なFA選手よりもインパクトのある補強になる可能性が高いでしょうね。
それに現時点で井納レベルの先発がプロテクト外な訳ないですし。

No title

記事作成お疲れ様です。楽しみにしておりました。

FAで井納が抜け、今永も長期離脱が濃厚となると、ちょっと先発が足りないかなあと感じます。
もちろん新戦力と東の完全復活にも期待ですが、それに加えて石田を本格的に先発再転向させてしまっても良いのかなと個人的には思います。
奪三振能力が高いので中継ぎ向きではあるとは思うんですが。このへん楽天の松井裕樹と状況似ている気がしますね…

Re: No title

コメントありがとうございます!

DeNAファンの方のコメントを見ていると、私もそんな印象を受けますね。
先発を獲るべきというのは、おそらく平良の成功が影響しているのでしょうが、
あのレベルのプロスペクトをFA補償で獲得できるのは、かなり特殊なケースだったと思います。

現在の巨人の二軍は当時と比べて有望な投手が少なくなっていますし、
菅野智之が流出する可能性があって、先発投手の有望株の囲い込みが至上命題だったわけですから、
今回のFA補償で戦力化が見込める先発を獲得するのはかなり難しかったように感じます。

Re: No title

石川さん、コメントありがとうございます!

今永が全く試合に出られないとなると、やや厳しい状態に陥る可能性もありますね。
ただ、よほどの不幸が重ならなければ、それでも先発に大穴が開く状態は考えづらいのではと楽観的に見ています。
規定投球回を確実にクリアできる投手こそ少ないですが、
平均レベルの投球ができる投手は他チームと比べても豊富であるように感じています。

個人的には、救援よりも先発の方が「こなせる選手が少ない」という点で希少なので、
どちらもできる投手には先発をしてもらいたいという気持ちがあります。松井も私はどちらかというと先発賛成派ですね。

仰るように石田が救援向きというのは私も近い意見を持っているのですが、
石田は先発で好成績を残した実績があり、救援投手の中でも先発の適性はある方だと思うので、
どうしても先発が足りなくなった時には先発再転向は検討に値すると思います。
石田のポテンシャルを考えると、山口のようにエースレベルの先発投手に化ける可能性もあると思うんですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2021年シーズンデータ
 ポジション別wRAAと先発救援別RSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2020]
 歴代打線守備力評価[-2020]

■wRAAwRC+に関する記録
 通算 シーズン wRAA
 通算 シーズン wRC+

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2020]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2020]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2021 2020 2019 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B
  HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
  De 西
 2019年二軍分析
  De 西
 2019年補強・ドラフト評価
  De 西
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター