記事一覧

当ブログについて

NPB2019

NPB2018

NPB2017

NPB2016

NPB2015

NPB2014

選手

打線

球場

記録

分析

2021年に向けた戦力分析 読売ジャイアンツ編


本稿では2021年に向けた巨人の戦力分析を行っていきます。
大まかに以下のような流れで進めていきますので、よろしくお願いいたします。

目次
 1. チームの貯金と得失点差
 2. 各ポジションの得失点差への寄与
 3. 優先強化ポジションの特定
 4. 優先強化ポジションに対する選手供給の見込み
 5. 総括




チームの貯金と得失点差

まずはAクラス入りや優勝にどの程度の上積みが必要か把握するため、チームの貯金と得失点差を確認します。
日本プロ野球では、「得失点差」と「貯金」が極めて強い相関関係を持つことが知られており、
「得失点差の1/5」で「貯金」をおおよそ近似できるという経験則があります。

一般的な目安として、優勝するためには「貯金20」、Aクラス入りには「貯金0」が必要です。
得失点差に換算して、優勝するためには「+100点」、Aクラス入りには「±0点」が必要になります。
それを踏まえた上で、初めにセ・リーグ6球団の貯金と得失点差を確認しましょう。

20210123_de1.png

巨人の得失点差は+111点でした。前述の関係式からすると貯金22が期待できる得失点差ですが、
実際に記録した貯金もぴったり22となったことで優勝に輝きました。

一般的に優勝には貯金20が求められますが、これを達成するために必要な得失点差+100点は既にクリアしています。
少なくとも現状の得失点差を維持できれば、2021年シーズンも優勝が期待できる状況です。



各ポジションの得失点差への寄与

次に、得失点差をより高める方法を考えるために、「得失点差がどのポジションからもたらされたか」を見ていきます。
そのために仮想的な「全てのポジションが平均的な選手で構成されたチーム」を考えて、
このチームと比べて「各ポジションで得失点差を何点分上積みできたか」をここでは評価します。

全てのポジションが平均的な選手で構成されたチームは得失点差が±0点となります。
このチームと比べて「各ポジションが得失点差を何点分上積みできたか」が分かれば、その合計からチームの得失点差を説明できます。

得失点差を改善する手段は、得点を増やす、失点を減らすの2つがあります。
野手は平均と比べて「どれだけ打撃で得点を増やしたか」と「どれだけ守備で失点を減らしたか」、
投手は平均と比べて「どれだけ投球で失点を減らしたか」という観点で、各ポジションの寄与を評価していきましょう。

ここでは打撃はwRAA、守備はUZR、投球はFIPを使用して、「得失点差の改善に何点分寄与したか」を定量化しました。
UZRは1.02 - Essence of Baseballのデータを12球団平均基準からリーグ平均基準に変換して算出しています。
10点以上のプラスポジションを強み、10点以上のマイナスポジションを弱みとして強調しました。

20210206_G2.png

二塁手は吉川尚輝、三塁手は岡本和真、遊撃手は坂本勇人、中堅手は丸佳浩の働きで強みとなった一方、
10点以上のマイナスを出した弱点ポジションはひとつもありませんでした。
マイナスを計上したのは左翼手のみで、他の8ポジションは全てプラスの寄与を計上しています。

20200130_G3.png

先発投手と救援投手は、どちらも強みにも弱みにもなっていません。
例年の巨人は救援でマイナスを計上しがちな一方、先発で大きなプラスを稼ぐことが多いですが、
2019年に30点以上のプラスを稼いだ山口俊の穴埋めは流石に難しかったようです。



優先強化ポジションの特定

次に、優先的に強化すべきポジションを特定していきます。
なぜチームの弱みと強みを見てきたかというと、「弱み」がそのまま優先的に強化すべきポジションとなるからです。
一般的にマイナスが大きいポジションほど強化の費用対効果が高くなるのがその理由です。

例えば、「±0点のポジション」を強化して得失点差を20点改善する場合、「+20点の選手」を連れてくる必要があります。
しかし、「-20点のポジション」に狙いを定めれば、「±0点の選手」を連れてこれば同じ改善効果を得ることができます。
「+20点の選手」よりも「±0点の選手」の方が手に入れやすいですし、必要な年俸も安く抑えられます。

ここまではそうした理由で2020年時点におけるチームの強みと弱みを見てきたわけですが、
ここから「翌シーズン以降に弱点となりそうなポジション」を考えるには、もう一つ考慮すべきファクターがあります。
それが「年齢」です。なぜなら年齢は翌シーズン以降の成績予測に活用することができるからです。

10代でプロ入りした選手は、デビューとともに勢いよく成績を伸ばしていきますが、
ある年齢になると成長が止まって成績が伸びなくなり、以降は加齢が進むほど勢いよく成績を落としていきます。
つまり、ポジションを構成する選手の平均年齢が他球団よりも高いと、それだけ急激な成績低下が予想されることになります。

ここでは縦軸を「得失点差への寄与」、横軸を「平均と比べていくつ高齢か」として各ポジションをプロットしました。
右に行くほど高齢のため「得失点差への寄与」の悪化が予想されるポジションであり、
左に行くほど若さのため「得失点差への寄与」の改善が予想されるポジションとなっています。
現状で既にマイナスを出していて、今後も悪化が予想される右下のポジションほど優先度が高いと言えるでしょう。

20200130_G4.png

巨人は右下のゾーンに位置するポジションがほとんどないため、
相対的に右下に位置するポジションを優先的に強化するのを基本方針としたいところ。
相対的にマイナスが大きい救援投手と左翼手、プラスが小さく成績低下リスクの高い一塁手が候補となります。

救援投手は先発投手から人員を回すことで底上げが狙える特殊なポジションなので、
救援単体に狙いを定めるのではなく、先発も含めた投手全体の強化を狙っていくのがベターでしょう。

また、右翼手の1/3を平均程度の水準で埋めてくれたパーラが退団します。
左翼手でマイナスを出している現状を踏まえると、このままではパーラの穴埋めでマイナスを計上する懸念が否めません。
以上から右翼手も加えて、投手、一塁手、左翼手、右翼手の4つが優先強化ポジションとなるでしょう。



優先強化ポジションに対する選手供給の見込み

次に、優先強化ポジションに対してどのような選手を供給できそうかを見ていきます。
選手を供給する手段は、二軍から引き上げる、ドラフトで獲得する、他球団から獲得する、の3つがあります。
これらの手段による選手供給の見込みをそれぞれ確認していきましょう。


二軍からの選手供給

まずは二軍の選手が記録した「得点を増やす能力」「失点を抑える能力」から、二軍からの選手供給について確認します。
ここまで書いてきたように、これらの能力は打撃・守備・投球の3項目によっておおむね説明できますが、
守備については最も高精度な指標であるUZRが手に入らないため、ここでは打撃と投球のみに着目していきます。

ここでは「打撃で得点を増やす能力」はwRC+、「投球で失点を抑える能力」はFIP-を使って定量化します。
どちらも二軍平均を100として、打者の得点創出力と投球の失点抑止力が平均の何倍かを示します。
wRC+が150なら二軍平均の1.5倍の得点創出力を持つ、FIP-が50なら二軍平均の0.5倍に失点を抑える能力を持つことになります。

以下では縦軸をwRC+およびFIP-、横軸を年齢として各選手をプロットしました。
過去の統計的な研究からは、打者は27歳まで、投手は22歳まで成長を続ける傾向があることがわかっています。
現状で好成績を残していて、かつ成長も期待できる左上に位置するのが、一軍への台頭が期待できる選手(プロスペクト)となります。

20210208_g5.png

優先強化ポジションかつ左上のゾーンに入っているのが、外野手の八百板卓丸と一塁手のウレーニャです。
ただし、ウレーニャは外国人枠により出場機会の確保が難しいのがネックでしょう。
現状では外国人野手の4番手なので、2枠か3枠となりそうな野手枠に入り続けるには更なる成長が求められます。

八百板は、二軍本拠地が打者地獄である楽天から移籍してきたことも影響していると思われますが、
長打力を大幅に伸ばしたことでファームを代表する打者に成長しました。
現状は育成登録となっていますが、支配下登録して一軍で起用していきたい段階にあると言えるでしょう。

また、欠場が多かったため上では記載していませんが、山下航汰も特筆すべきプロスペクトの一人です。
2019年にはイチロー以来となる高卒ルーキーでのファーム首位打者を獲得しています。
1年目に活躍した高卒選手はタイトルホルダーに成長するケースも多く、両翼の穴埋めでは最有力候補となる選手です。



ドラフトによる選手供給

次にドラフトで指名した選手について見ていきましょう。
ここでは巨人の指名選手と、セ・リーグ各球団の指名選手をまとめました。
また、育成選手は1年目から編成に影響を及ぼすほど一軍の試合に出場するケースは稀なので、ここでは記載していません。

20200130_G6-1.png20200130_G6-2.png

大卒投手の平内竜太と山崎伊織を1位2位で指名し、セ・リーグ最多の5人の投手を獲得しました。
ドラフト時点では菅野智之の流出が濃厚とされていたことも影響したと思われますが、
投手の底上げについては、ドラフトを活用して即戦力選手を大量に供給することで対応する方針を取ったようです。

ドラフトで1年目から通用する一塁手と外野手を獲得するのは難しいですが、
投手は比較的簡単なので、即効性のある底上げを狙うなら投手に標準を定めたのは正解と言えます。



補強による選手供給

最後に他球団から獲得した選手を見ていきましょう。
こちらも育成選手は1年目から一軍の試合に多数出場するケースが少ないため、ここでは記載しません。

20200130_G7.png

ドラフトで対応できなかった一塁手と両翼に対して、スモーク、テームズ、梶谷隆幸の3人を獲得しました。
年俸総額は6億円と高額となっており、プラスを稼ぐことまで期待した大型補強と言えます。

過去の傾向を見ると、特に一塁手と左翼手は補強で選手を獲得しやすいため、
強力な外国人(またはFA選手)を連れてきたチームが、他球団に対してアドバンテージを形成することが多いです。
これらのポジションには補強、投手にはドラフト中心で対応した巨人の方針は合理的と言えるでしょう。

また、投手に対してはだめ押しで井納翔一を獲得。極めて念入りな補強が行われました。



総括

優先的に強化すべきポジションは投手・一塁手・左翼手・右翼手の4つ。
これらに対して井納翔一、スモーク、テームズ、梶谷隆幸を獲得する大型補強を行った上で、
投手にはドラフトで即戦力を大量供給、両翼にはプロスペクトも控えているという万全な状況となっています。

ドラフトと補強について、それぞれで獲得しやすいポジションの差を踏まえた上で手が打たれており、
単純に大枚をはたいて選手を揃えたわけではないのは特筆すべき点でしょう。

中長期的に見れば、高齢化の進んでいる坂本勇人と丸佳浩への依存から脱却し、
岡本和真と吉川尚輝という若いストロングポイントを構築できたのは大きな意味を持つと思われます。
順調にいけば当面はこの2人がプラスを稼ぐことが期待できるので、
2人を中心にしたチーム作りが上手くいけば、新たな黄金時代が幕を開けるのではないでしょうか。


他球団の戦力分析はこちら
中日ドラゴンズ編
横浜DeNAベイスターズ編
福岡ソフトバンクホークス編
埼玉西武ライオンズ編

2020年の打撃成績と投球成績の詳細はこちら
2020年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA

昨年の戦力分析です
2020年に向けた戦力分析 読売ジャイアンツ編 Part1

コメント

No title

去年の戦力分析に「坂本・丸の賞味期限が切れる前に、なんとか若手でストロングポイントを作ろうと必死なのでしょう。岡本は素晴らしい選手ですが、守備位置と守備力の関係から、彼1人が柱となるようでは心もとない。」とコメントしたのですが、まさか本当に吉川がストロングポイントに育った上に、岡本の守備がリーグ屈指のレベルにまで到達するとは驚きです。

しかも吉川は打撃傾向を見るにまだ伸びしろを感じます。というのも、抜群の俊足かつ8本塁打を打つスイング力がありながら、二塁打が16とあまり多くない。つまりまだコンタクト能力が不十分で、足で稼いだゴロヒットが多いのでしょう。ハードヒットが増やせればOPSも伸びるんじゃないかと思っています(キャンプでもOPS向上をテーマにしているようですが)。

セ・リーグの他チームとしては、遊撃における「坂本一人勝ち」の状況を覆すことが優勝への近道になるでしょう。坂本はいまの半分くらいの力量に落ちてもまだリーグ平均を上回っている歴史的な選手であるため、坂本が衰えた上でさらに自軍から攻守の揃った遊撃手を育てる必要があります。

また、大差がつきやすいセンターラインに比べて、一三左右で大差をつけるのはなかなか難しい。外国人補強が順位を変えるほどのインパクトを持つには、タイトルホルダー級の活躍(+平均以上の守備)が必要となるでしょう。

丸はそろそろ守備で稼げなくなってきていますが、昨シーズンは骨折をおして出場していたこと、同ポジションの梶谷が大活躍したことでやや特殊と思われ、今年が真価を問われると思います。青木のように左翼にコンバートすることでポジション内での守備優位性が生まれる可能性もあり、そろそろ検討してみても良いんじゃないかと思っています。

No title

リーグ上位レベルの打撃力を維持しながら、この歳になっても遊撃手として守備でも貢献し続ける坂本は本当に素晴らしい選手だと思います。
ですがもし、近い内に坂本をコンバートするとしたら一塁手が妥当なのでしょうかね。もしくは吉川尚輝と入れ替えるとか。丸も負担を減らすために両翼に移す可能性もあるでしょうね。
いずれにせよ「坂本吉川丸の強力なセンターラインをできるだけ維持していたい」と球団が考えているのならば、まだまだ先の話になるかもしれませんが。

No title

>ドラフトと補強について、それぞれで獲得しやすいポジションの差を踏まえた上で手が打たれており、
>単純に大枚をはたいて選手を揃えたわけではないのは特筆すべき点でしょう。

内野に強力な生え抜きを置き、一塁・外野・投手は補強を積極的に行うのは理にかなってますね。
菅野の海外移籍は来年以降も可能性がありますし、ドラフトが即戦力投手中心になるのも頷けます。
巨人のような資金力のあるチームは補強について色々と叩かれがちですが、近年は過不足なく手を打っている印象があります。
アドバンテージがあるチームに冷静な立ち回りをされると他球団は非常に苦しくなりますね。

No title

前年の目玉である岡本のサード固定する二代目若大将構想は大成功でしたが、
そもそもそれまでのファースト中心起用が間違ってたという話でもあります。
何しろ彼のファースト指標が一貫して晩年の阿部慎之助レベルで悪かったですからね。

このサイトでも18年のコメログでサードマギーが優先されていた点を当時疑問視されてました。
URZはずっとプラスだしアナログな守備率で見ても全然悪くない以上、
(少なくとも堂林のような失策数が多すぎるタイプではない)
当時から岡本のサード守備が下手と評価されるとは思えないので不思議です。
サード守備の有無は助っ人の当たり外れのハードルが高くなる以上、
若い岡本のサード起用が少なかった経緯が後年明かされたら面白いなと思います。

No title

堀川となっているのは堀岡ですかね。
投手陣は菅野以外は良くも悪くも平凡ですが野手は理想的な布陣で手を付ける部分がないほどに思えます。

No title

坂本のために三塁を開けておきたかったんじゃないでしょうか?

No title

>>若い岡本のサード起用が少なかった経緯が後年明かされたら面白いなと思います。

阿部の世代交代と三塁手はマギーがいたから岡本を一塁にしたってだけだろ

Re: No title

duplesさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

私もこんなに早く新しいストロングポイントを作れるとは思いませんでした。
継続性に不安はあるのですが(特に怪我の多い吉川)、それでも見通しはかなり良くなりましたね。

duplesさんとは少し考えが異なるのですが、私も吉川の打撃は伸びしろがあると感じます。
フライが少ない中で長打を量産するタイプで、打球速度は高い打者だと思われるので、
打球角度をある程度を付けられるようになると化けそうな気がするんですよね。

巨人の場合、丸が両翼に移ってしまうと後任がいないので、もう少し後になるかなあとは思います。
中堅を平均程度のレベルで守れるうちはやってもらいたいところですね。
中堅は補強ではなかなか獲得できないので、後任の目途が立つまではなんとかというところかなと。

Re: No title

石川さん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

坂本が素晴らしい選手だというのは私も同意します。
攻守合わせた貢献は、遊撃手としてはNPB史上最高のものだと思います。
NPBの選手で歴代ベストナインを選べと言われたら、私は遊撃手には坂本を入れますね。

ただ、仰るようにネックはやはり年齢ですね。
過去の遊撃手の実績から考えても、遊撃手で確実に計算できるのはあと数年だと思います。
30代後半まで遊撃手を務められる選手は本当に一握りしかいません。

コンバート先は、個人的には両翼を推したいですね。
・遊撃手から一塁手に回った選手は、チームの足を引っ張るケースが多い
 (遊撃手は守備が売りの選手が多いので、打撃の比重が高い一塁手にはフィットしないのだと思います)
・高齢で遊撃手から二塁手に回った選手は、近年だと荒木雅博くらいしか例がない
 (二塁手も難しいポジションなので、高齢になってからのアジャストは厳しい?)
・三塁手は本命だけど、岡本和真で塞がっている

松井稼頭央がそうでしたが、両翼は高齢で回されても守備で適応するケースもあるので、
坂本なら両翼で守備で稼ぎつつ、打撃でも稼げるような選手になってくれるように思います。

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!
返信が遅れまして申し訳ございません。

>巨人のような資金力のあるチームは補強について色々と叩かれがちですが、近年は過不足なく手を打っている印象があります。
>アドバンテージがあるチームに冷静な立ち回りをされると他球団は非常に苦しくなりますね。

本当にその通りだと思います。手強いチームになったと感じますね。
高橋監督時代の後期くらいから若手の育成力が見違えるようになりましたが、
原監督の再々登板からは編成の隙もなくなったという印象があります。
セ・リーグにおける、ソフトバンクに近い立ち位置になってきているように思いますね。

Re: No title

あさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

岡本は二軍時代もRRFこそ良かったですが守備率が凄まじく(.950以下)、
2017年には三塁手でほとんど起用されなくなって一塁や外野に回されているくらいなので、
三塁守備を任せるのは危ない選手だと現場では判断されていたと思いますね。

そういう選手である岡本とマギーで一塁と三塁を埋めようと思った時に、
楽天時代に三塁でレギュラーを取った実績のあるマギーを三塁に当てるのは、
責められない判断かなと思う部分はあります。

Re: No title

コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

うわー恥ずかしい... 修正しました。
ご指摘ありがとうございました。

仰る通りで、投手陣は菅野が抜けるとかなり不安な状態なので、
今後は継続的な底上げが必要となりそうですね。

野手も非の打ち所がないですね。ただ一点気になるとすれば、
原監督はおそらく坂本のコンバート後は吉川を遊撃手に入れる算段だと思うのですが、
その時の二塁手の候補がいなくなってしまったことですね。

二軍の二遊間の選手を引っ張り上げるにも時間がかかりそうですし、吉川の故障癖もあって少し不安は感じます。
田中俊や山本をあんなに気前良く出してよかったのかとは思います。

Re: No title

コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

高橋監督がどうだったかは分からないのですが、
原監督は坂本のコンバートをかなり意識したコメントを残しているので、
2019年にコンバートが実行されなかった理由としてはそれもあると思いますね。

Re: No title

コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

三塁手は守備的にも替えの効きづらい難しいポジションなので、
一塁と三塁を岡本とマギーで埋めようと思った時に、
実績のあるマギーを選ぶのは、一定の合理性のある判断だったと思いますね。

申し訳ございませんが、皆さんには楽しくコメントしていただきたいので、
言葉遣いはもう少し優しく、お願いしますね。

No title

先発は一見問題ありませんが菅野への依存が強いですね。
菅野が抜けるかもしれないことを考えると短期的にも長期的にも
ドラフト1位2位で先発ができそうなプロスペクトの補充と井納を獲って備えることはかなり合理的だったと思います。
結果として菅野が残留したことで昨年以上に先発陣が整いましたので隙がなくなった感じですね。

Re: No title

Namikiさん、コメントありがとうございます!

ドラフトに頼らないと埋めるのが難しいセンターラインが余裕のある状況なので、
投手に枠を大量に割いたのは仰るように合理的だと私も思いました。
ただ、前に書いたように野手(特に二遊間)に世代的な谷間が生じているのがちょっと不安なところですが。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2020年シーズンデータ
 ポジション別wRAAと先発救援別RSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2020]
 歴代打線守備力評価[-2020]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2020]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2020]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2020 2019 2018 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B
  HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
  De 西
 2019年二軍分析
  De 西
 2019年補強・ドラフト評価
  De 西
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター