記事一覧

当ブログについて

NPB2021

NPB2020

選手

打線

球場

記録

分析

2021年に向けた戦力分析 埼玉西武ライオンズ編


本稿では2021年に向けた西武の戦力分析を行っていきます。
大まかに以下のような流れで進めていきますので、よろしくお願いいたします。

目次
 1. チームの貯金と得失点差
 2. 各ポジションの得失点差への寄与
 3. 優先強化ポジションの特定
 4. 優先強化ポジションに対する選手供給の見込み
 5. 総括




チームの貯金と得失点差

まずはAクラス入りや優勝にどの程度の上積みが必要か把握するため、チームの貯金と得失点差を確認します。
日本プロ野球では、「得失点差」と「貯金」が極めて強い相関関係を持つことが知られており、
「得失点差の1/5」で「貯金」をおおよそ近似できるという経験則があります。

一般的な目安として、優勝するためには「貯金20」、Aクラス入りには「貯金0」が必要です。
得失点差に換算して、優勝するためには「+100点」、Aクラス入りには「±0点」が必要になります。
それを踏まえた上で、初めにパ・リーグ6球団の貯金と得失点差を確認しましょう。

20210213_H1.png

西武の得失点差は-64点でした。前述の関係式からすれば借金13が想定される得失点差でしたが、
実際にはこれより好成績である貯金±0となったことでAクラスに入りました。

得失点差と貯金の乖離は歴史的なレベルとなりましたが、
こうして「得失点差から期待される貯金(借金)」と「実際の貯金」が乖離したチームは、
翌シーズンには乖離が継続せず、解消される方向に回帰が起こることが経験的に知られています。

西武は昨季と同水準の野球を継続すると(同程度の得失点差を記録すると)、
借金13が見込まれるため、貯金±0が目安となるAクラス入りは厳しい状況が予想されます。
Aクラス入りを狙うなら得失点差にして+64点の上積み、更に優勝を狙うなら+164点の上積みが必要となります。



各ポジションの得失点差への寄与

次に、得失点差の最適な上積み方法を考えるために、「得失点差がどのポジションからもたらされたか」を見ていきます。
そのために仮想的な「全てのポジションが平均的な選手で構成されたチーム」を考えて、
このチームと比べて「各ポジションで得失点差を何点分上積みできたか」をここでは評価します。

全てのポジションが平均的な選手で構成されたチームは得失点差が±0点となります。
このチームと比べて「各ポジションが得失点差を何点分上積みできたか」が分かれば、その合計からチームの得失点差を説明できます。

得失点差を改善する手段は、得点を増やす、失点を減らすの2つがあります。
野手は平均と比べて「どれだけ打撃で得点を増やしたか」と「どれだけ守備で失点を減らしたか」、
投手は平均と比べて「どれだけ投球で失点を減らしたか」という観点で、各ポジションの寄与を評価していきましょう。

ここでは打撃はwRAA、守備はUZR、投球はFIPを使用して、「得失点差の改善に何点分寄与したか」を定量化しました。
UZRは1.02 - Essence of Baseballのデータを12球団平均基準からリーグ平均基準に変換して算出しています。
10点以上のプラスポジションを強み、10点以上のマイナスポジションを弱みとして強調しました。

20210220_L2.png

遊撃手が源田壮亮の働きによって強みとなった一方、中堅手と右翼手が弱みとなりました。
全体としては捕手と内野手では一定のプラスを計上できているものの、
外野手は外崎修汰と秋山翔吾の穴を埋められず、3ポジションの合計で50点以上のマイナスを計上しています。

20210306_Lp.png

救援投手は強みにも弱みにもならなかった一方、先発投手はチーム最大の弱点ポジションとなりました。
近年の西武は先発投手で大きいマイナスを計上するシーズンが多くなっていますが、
昨季は高橋光成を除くほぼ全員がマイナスを計上するなど、近年でもワーストレベルという苦しい状況です。



優先強化ポジションの特定

次に、優先的に強化すべきポジションを特定していきます。
なぜチームの弱みと強みを見てきたかというと、「弱み」がそのまま優先的に強化すべきポジションとなるからです。
一般的にマイナスが大きいポジションほど強化の費用対効果が高くなるのがその理由です。

例えば、「±0点のポジション」を強化して得失点差を20点改善する場合、「+20点の選手」を連れてくる必要があります。
しかし、「-20点のポジション」に狙いを定めれば、「±0点の選手」を連れてこれば同じ改善効果を得ることができます。
「+20点の選手」よりも「±0点の選手」の方が手に入れやすいですし、必要な年俸も安く抑えられます。

ここまではそうした理由で2020年時点におけるチームの強みと弱みを見てきたわけですが、
ここから「翌シーズン以降に弱点となりそうなポジション」を考えるには、もう一つ考慮すべきファクターがあります。
それが「年齢」です。なぜなら年齢は翌シーズン以降の成績予測に活用することができるからです。

10代でプロ入りした選手は、デビューとともに勢いよく成績を伸ばしていきますが、
ある年齢になると成長が止まって成績が伸びなくなり、以降は加齢が進むほど勢いよく成績を落としていきます。
つまり、ポジションを構成する選手の平均年齢が他球団よりも高いと、それだけ急激な成績低下が予想されることになります。

ここでは縦軸を「得失点差への寄与」、横軸を「平均と比べていくつ高齢か」として各ポジションをプロットしました。
右に行くほど高齢のため「得失点差への寄与」の悪化が予想されるポジションであり、
左に行くほど若さのため「得失点差への寄与」の改善が予想されるポジションとなっています。
現状で既にマイナスを出していて、今後も悪化が予想される右下のポジションほど優先度が高いと言えるでしょう。

20210220_L4.png

相対的に右下に位置するポジションは、三塁手、右翼手、先発投手の3つ。
三塁手はレギュラーの中村剛也が高齢になってきており、弱点ポジションに転落するリスクが高まってきているほか、
右翼手と先発打者は計上しているマイナスが大きいです。これらが強化対象の候補となるでしょう。

特に右翼手と先発投手では、合計80点の莫大なマイナスを計上しています。
ここを他チーム並み(±0点)に埋めることができれば、得失点差は80点上積みできるためAクラスラインを上回る公算です。
よって、Aクラスをキープするためには、右翼手と先発投手が最優先の強化対象ポジションとなります。



優先強化ポジションに対する選手供給の見込み

次に、優先強化ポジションに対してどのような選手を供給できそうかを見ていきます。
選手を供給する手段は、二軍から引き上げる、ドラフトで獲得する、他球団から獲得する、の3つがあります。
これらの手段による選手供給の見込みをそれぞれ確認していきましょう。


二軍からの選手供給

まずは二軍の選手が記録した「得点を増やす能力」「失点を抑える能力」から、二軍からの選手供給について確認します。
ここまで書いてきたように、これらの能力は打撃・守備・投球の3項目によっておおむね説明できますが、
守備については最も高精度な指標であるUZRが手に入らないため、ここでは打撃と投球のみに着目していきます。

ここでは「打撃で得点を増やす能力」はwRC+、「投球で失点を抑える能力」はFIP-を使って定量化します。
どちらも二軍平均を100として、打者の得点創出力と投球の失点抑止力が平均の何倍かを示します。
wRC+が150なら二軍平均の1.5倍の得点創出力を持つ、FIP-が50なら二軍平均の0.5倍に失点を抑える能力を持つことになります。

以下では縦軸をwRC+およびFIP-、横軸を年齢として各選手をプロットしました。
過去の統計的な研究からは、打者は27歳まで、投手は22歳まで成長を続ける傾向があることがわかっています。
現状で好成績を残していて、かつ成長も期待できる左上に位置するのが、一軍への台頭が期待できる選手(プロスペクト)となります。

20210220_L5.png

左上のゾーンには、優先強化ポジションに該当する選手が数多く入っています。
その中でも成績が図抜けており、一軍に早期定着できそうなのが三塁手の佐藤龍世と山田遥楓です。
この2人は中村剛也の後継候補となるほか、状況次第で外野手へのコンバートを検討しても良いと思われます。

また、二軍出場が少ないため上には記載していませんが、山野辺翔も忘れてはならない有望株でしょう。
昨季は打席数が少ないながらも、二軍では規格外の打撃成績をマークしています。
キャンプでは本格的な外野挑戦の動きもあり、成功すれば外野のマイナス圧縮に大きく貢献する可能性があります。

その他には外野手の高木渉、岸潤一郎、愛斗、戸川大輔、西川愛也、投手の伊藤翔が左上のゾーンに入っています。
現在の二軍成績を考えると、一軍定着にはもう少し時間がかかると見ておいた方がよいでしょうが、
今後の成長次第では右翼手と先発投手の穴を埋め合わせる候補となりそうです。



ドラフトによる選手供給

次にドラフトで指名した選手について見ていきましょう。
ここでは西武の指名選手と、パ・リーグ各球団の指名選手をまとめました。
また、育成選手は1年目から編成に影響を及ぼすほど一軍の試合に出場するケースは稀なので、ここでは記載していません。

20210220_L6-1.png20210220_L6-2.png

1位では大学No.1投手の早川隆久を指名したものの抽選で外し、外れ1位で三塁手の渡部健人を獲得しました。
渡部は外野守備の経験が少なく、現時点では外野起用を想定していないようです。

最優先ポジションの右翼手と先発投手に対しては、外野手の若林楽人、投手の佐々木健と大曲錬を獲得しました。
二軍からの選手供給が期待しづらい先発投手には、即戦力投手を2人確保して対応したかたちですが、
昨年は大卒投手が豊作と言われるドラフトだっただけに、1位指名でも即戦力投手を獲得しておきたかったところです。



補強による選手供給

最後に他球団から獲得した選手を見ていきましょう。
こちらも育成選手は1年目から一軍の試合に多数出場するケースが少ないため、ここでは記載しません。

20210220_L7.png

ダーモディーは先発経験がほぼありませんが、渡辺GMは先発起用を想定しているようです。
先発経験がほとんどない外国人投手が先発で起用されるケースは珍しく、
あまり実績のない起用法がなされるという点で、先発投手の強化に繋がるかはやや不透明と言えます。



総括

優先的に強化すべきポジションは三塁手・右翼手・先発投手の3つ。
三塁手は佐藤龍世、山野辺翔、山田遥楓、渡部健人と有望株を揃え、世代交代に向けた準備は万全となっている一方、
右翼手は三塁手と比べて選手供給が不足しており、マイナスを解消できるかは不透明な状況です。

また、先発投手は佐々木健、大曲錬、そして新外国人のダーモディーに期待することになりますが、
こちらもローテーションの駒数不足を彼らだけで解消するのは難しいかもしれません。
立て直しには先発転向する平井克典に加えて、成績を落としたニールや十亀剣の活躍も必要となるでしょう。

以上を踏まえると、2021年中の弱点の解消には不安を残していると言えますが、
現在の西武は森友哉、山川穂高、外崎修汰、源田壮亮とプラスの供給源になりうる選手も多く抱えています。
弱点ポジションのマイナスを縮小できれば、それだけで優勝ラインとなる得失点差+100点に肉薄することができるでしょう。

年齢を考えると、彼らが揃ってプラスを大きく稼げるのはあと数年と見ておいた方がベターかもしれません。
優勝を狙うなら、その間に外野陣と投手陣を立て直せるかのスピード勝負となりそうです。



2021年開幕時の戦力分析はこちら
読売ジャイアンツ編
阪神タイガース編
中日ドラゴンズ編
横浜DeNAベイスターズ編
広島東洋カープ編
東京ヤクルトスワローズ編
福岡ソフトバンクホークス編
埼玉西武ライオンズ編
千葉ロッテマリーンズ編
東北楽天ゴールデンイーグルス編
北海道日本ハムファイターズ編
オリックス・バファローズ編

2020年の打撃成績と投球成績の詳細はこちら
2020年パリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA

昨年の戦力分析です
2020年に向けた戦力分析 埼玉西武ライオンズ編 Part1

コメント

No title

外国人枠の運用ですが最近のメヒアはあまり一塁手や指名打者では利得を生み出せなくなってることを考えると
彼の代わりに右翼手ができる選手や先発投手を獲ってきてその選手に枠を使うことも考えたほうがよいとも思うんですがどうでしょうか。

No title

近年の西武の投手成績の低迷は、岸、野上、牧田、菊池等主力の流出が一番の要因だと思いますが、
ドラフト上位で指名した即戦力投手を尽く戦力化できていないのも大きいと思います。
育成やスカウティングに問題があるのでしょうか?

また西武といえばリリーフが弱点という印象がありましたが、最近だと平良や増田、森脇、平井等リリーフの方に人材が集まっているように思います。

No title

先発投手陣はリプレイスメントレベルであれば即ローテ入りしてほしいほどの惨状で、即戦力獲得に積極的になってもよかったと思います。
また森・山川は復調に期待してよいと思いますが、メヒアは年齢とポジションを考えると、外野手獲得に舵を切ってもよかったかなと。
主力野手にこれだけの逸材が集めるのはそう簡単ではないので、彼らがピークのうちに勝負ができる態勢を整えたいですね。

No title

お疲れ様です。

こうして見ると、印象以上に投手陣がとんでもないことになっていますね。
松本と今井は成績がいい年もありましたが、去年が不調なだけだったのかその年がフロックだったのか判断に困るところです。松本はみかけの成績が悪くないというのが一層評価を難しくしていますね。

そしてドラフト。野手育成に定評のある西武であり、去年は「このタイミングで野手ドラフトか!」とうなったものですが、戦力を図にするとどうもなかなか…
渡部と山村はどちらか一人でよかったのでは?と思ってしまいますね。

No title

以前から指摘されているのはメラドのマウンド問題ですね。
どうやら傾斜が低いので三振が取りやすいフォークが落ちにくいらしく、
そのせいか西武は伝統的にエース級も含めてスライダーが武器の選手が多い。

しかし圧倒的なホークス投手陣は当たり前のように空振りを取れるフォークを決め球にしてるし、
去年の投手陣の中で良かった高橋や森脇などはフォークが得意な投手だったので、
投手のスカウティング方針を見直しても良いのかなと感じますね。

No title

上であのように書きましたが、山村はどうやらショートで育成していくようですね。
前年に川野が1年目SSとしてはかなり優秀な成績を残しただけにやや意外な選択に見えます。

Re: No title

Naimikiさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

私もおおむね同じ意見を持っています。
メヒアは年俸1億円ですが近年はリプレイスメントレベルとほぼ同等の成績しか残せていないため、
同額で外国人選手を新しく連れてきた方がチームの勝利を増やせる可能性が高いようには感じます。

Re: No title

中日ファンさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

西武のリリーフは2018年と2019年に約20点以上の大きなマイナスを計上しましたが、
2020年はひとまずそのマイナスが塞がったかたちですね。
ここから今季は平井が先発転向で抜けますし、先発ほど深刻ではないですがまだ安泰とは言えないように感じます。

仰るように、近年の西武の投手育成があまり上手くいっていないのは否めませんね。
即戦力投手は年齢的に育成の伸びしろが元々ほとんどないため、(投手のピークは22歳)
どちらかというとスカウティングの方に問題があるのではないかと個人的には推測しています。

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

上で書いたことと内容が重なってしまいますが、
大卒投手が豊作と言われる中で即戦力投手の1位指名がなかったのはちょっと意外でしたね。
今季も現時点では先発ローテがかなり厳しい状況になので、指名した方がよかったのではというのが個人的な意見です。

メヒアについては近年はリプレイスメントレベルを下回っていますから、
同額年俸の外国人選手を連れてきた方が、チームを底上げできる可能性は高くなるように思います。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2021年シーズンデータ
 ポジション別wRAAと先発救援別RSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2020]
 歴代打線守備力評価[-2020]

■打撃に関する記録
 wRAA通算 シーズン チーム
 wRC+通算 シーズン チーム
 BABIP+通算 シーズン チーム
 K%-通算 シーズン チーム
 BB%+通算 シーズン チーム
 ISO+通算 シーズン チーム

■投球に関する記録
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備に関する記録
 守備得点

■球場に関する記録
 一軍PF 2021 2020 2019
 二軍PF 2019 2018 2017
 セPF 得点 本塁打 BABIP
単打 二塁打 三塁打
三振 四球 FIP
 パPF 得点 本塁打 BABIP
単打 二塁打 三塁打
三振 四球 FIP
 球場別 東京ド 後楽園
甲子園
バンド ナゴヤ球場
マツダ 広島市民
De 横浜 川崎球場
神宮
PayPay 平和台 大阪球場
西 メラド 小倉球場
京セラ GS神戸 阪急西宮
ZOZO 東京スタジアム
札幌ド 駒沢球場
楽天生命
日本生命 藤井寺

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2020]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
  De 西
 2019年二軍分析
  De 西
 2019年補強・ドラフト評価
  De 西
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター