記事一覧

当ブログについて

NPB2021

NPB2020

選手

打線

球場

記録

分析

2021年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA(6/13時点)

この記事では「得失点差への寄与」を基準として、セ6球団の各ポジションの強弱を評価しました。
各ポジションの打撃が得失点差に何点分のプラス(マイナス)の影響を与えたか、
先発リリーフの投球が得失点差に何点分のプラス(マイナス)の影響を与えたか、をご覧いただけます。

※投球の寄与は失点率でなくFIPベースで評価しました。
※球場の影響補正は暫定的に2018年-2020年のデータを使用して実施しました。
※表示の都合上、シャッケルフォードはシャックと表示しました。
※打者をクリックすると、その打者の年度別および通算wRAAをご覧いただけます。


□チーム打撃成績
順位球団打率HR得点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
1位阪神.2546527328.81134.2-0.57.5-1.64.2-3.45.92.13.70.7
2位巨人.2547926222.2109-4.3-2.36.9-6.93.617.85.21.7-0.11.2
2位ヤクルト.2516326313.71061.10.0-3.513.112.3-6.7-2.27.4-4.4-1.3
4位中日.24033183-31.087-2.011.75.1-4.9-5.3-4.3-13.3-0.5-20.61.1
5位DeNA.25461253-11.0960.6-10.14.0-4.8-5.4-4.48.4-9.112.7-4.7
5位広島.25537183-22.6901.01.0-19.64.7-9.40.9-4.1-1.78.82.6

※阪神打線は[wRAA]28.8,[wRC+]113を記録。平均的な打線と比べて28.8点分多く得点を生み出し、1.13倍の得点創出力を持つことを示す。
※右の数値はwRAAをポジション別に分解したものです。阪神の三塁手は平均的な三塁手と比べて4.2点分多く得点を生み出したことを示す。



□チーム投球成績
順位球団ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
1位阪神3.273.56529.02.79910.7363.2-7.2165.194.2759218.6947.7912.0
2位巨人3.493.95564.0-5.6102-3.4362.1-1.9201.297.27910120.11048.71062.7
2位ヤクルト3.813.93533.1-3.61014.4313.1-8.6220.0105.30910621.3917.31173.1
4位中日3.043.16553.117.9927.6372.210.9180.297.27810120.5846.9911.8
5位DeNA4.713.75567.02.499-14.1307.115.2259.2109.31910320.21139.1892.2
5位広島3.883.90486.2-13.1106-6.8307.1-6.2179.197.2839619.01159.81002.2

※阪神投手陣は[RSAA]2.7,[FIP-]99を記録。平均的な投手陣と比べて2.7点分失点を少なく抑え、0.99倍のFIPを記録したことを示す。
※中央の数値はRSAAを先発と救援に分解したものです。阪神の先発陣は平均的な先発陣と比べて10.7点分失点を少なく抑えたことを示す。
※阪神投手陣は[BABIP-]94,[K%+]92,[BB%-]94,[HR%-]91を記録。こちらは投球スタイルを捉えることを狙いとした指標であり、
 平均比で0.94倍の被BABIP、0.92倍の奪三振(K%)、0.94倍の与四球(BB%)、0.91倍の被本塁打(HR%)を記録したことを示す。(球場補正あり)



□チーム総合成績
順位球団打撃守備投球総合勝利敗戦引分貯金得点失点点差
1位阪神2918349391922027321558
2位巨人2223-640302410626223428
2位ヤクルト14-24-4-1330247626324518
4位中日-311218-125299-4183200-17
5位DeNA-11-442-5321359-14253318-65
5位広島-2311-13-2418308-12183231-48

※阪神野手陣は平均と比べて打撃で29点分得点を多く生み出した、
 阪神野手陣は平均と比べて守備で18点分失点を減らした、
 阪神投手陣は平均と比べて投球で3点分失点を減らしたことを示す。



□個人打撃成績(規定打席以上)
※村上宗隆(ヤクルト)は[wRAA]23.1、[wRC+]185を記録。平均的な野手と比べて23.1点分得点を多く生み出し、1.85倍の得点創出力を持つことを示す。
※村上宗隆(ヤクルト)は[BABIP+]96、[K%-]111、[BB%+]253、[ISO+]217を記録。こちらは打撃スタイルを捉えることを狙いとした指標であり、
 平均的な野手と比べて0.96倍のBABIPを記録し、1.11倍の三振、2.53倍の四球を出し、2.17倍のISOを記録したことを示す。(球場補正あり)

選手打席打率HR打点wRAAwRC+BABIP+K%-BB%+ISO+
村上宗隆261.284204523.118596.29211121.525320.3217.338
鈴木誠也202.29881911.9157109.3288816.816513.9145.199
マルテ244.283123413.815499.2998616.817113.9158.220
ビシエド220.31293312.2153109.3256312.3675.5153.205
サンズ235.287123612.715299.3008516.61209.8172.239
山田哲人251.267174513.215188.2689919.115912.7176.276
塩見泰隆206.2978249.2143135.41115630.11088.7133.203
佐藤輝明243.274164410.2140124.37418636.2705.8198.274
佐野恵太281.30952211.6140110.3335811.01169.3100.149
菊池涼介214.3206178.3137122.3679117.3726.1107.145
牧秀悟266.29411359.8136114.34611521.8614.9136.202
岡本和真269.25619588.212981.2439518.21038.6190.285
大山悠輔204.2698335.412593.2828316.2786.4147.204
木下拓哉215.2776234.5120101.3037414.41149.3114.152
近本光司260.2815243.311297.293438.5756.292.128
中村悠平206.2752180.9104104.3177514.615812.660.094
大島洋平269.2961140.8103111.3325711.2877.161.081
桑原将志224.284417-0.598103.3116312.1564.593.137
高橋周平256.265420-0.897100.2987414.51159.482.109
宮﨑敏郎266.290533-1.29599.299448.3856.880.118
梅野隆太郎216.225118-3.88398.29611422.21139.360.084
西川龍馬231.247622-7.07187.2637013.4726.175.102
阿部寿樹196.209312-6.17079.2367815.3947.781.107


□個人打撃成績(ポジション別)
※右端の数値はwRAAをポジション別に分解したものです。木下拓哉(中日)は平均的な捕手と比べて打撃で9.8点分得点を多く生み出したことを示す。
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
木下拓哉215.2776234.51209.8-0.6-0.4
中村悠平206.2752180.91044.90.7
桂依央利18.389112.02072.6-0.2
坂倉将吾125.291111-1.3902.4-0.8-1.80.7
會澤翼103.280210-1.4871.5-0.7-0.1
伊藤光87.26914-0.1991.40.3
大城卓三179.242518-3.6811.2-2.00.9
中村奨成40.343031.71420.91.4-0.70.5
梅野隆太郎216.225118-3.8830.8
小林誠司7.167000.31400.8-0.2
髙城俊人6.333000.61990.6-0.2
岸田行倫4.00000-1.1-156-0.5-0.4
石橋康太16.14300-2.1-24-0.9-0.7
坂本誠志郎15.08300-2.0-26-1.3-0.4
石原貴規28.19202-2.76-1.7-0.4
山本祐大14.07100-3.1-111-2.0-0.6
磯村嘉孝22.10502-2.9-26-2.10.0
炭谷銀仁朗54.18817-5.19-3.7-0.2
古賀優大51.18000-6.6-25-4.2-1.1
戸柱恭孝61.15538-4.430-4.51.5
嶺井博希78.19407-6.224-5.31.0
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
マルテ244.283123413.81546.81.1
ビシエド220.31293312.21536.60.5
中島宏之81.2894133.81453.5-0.6
香月一也58.240360.91141.9-0.3-0.8
松本友41.353023.31781.10.42.0
スモーク125.2727142.01160.6-2.1-0.4
ソト193.27010284.31210.6-0.5-0.4
A.マルティネス21.278110.71320.2
オスナ161.2993162.21130.0-1.4
内川聖一33.18201-4.8-40-2.7-0.9-1.3
荒木貴裕43.17102-5.6-26-3.91.8-1.1-1.4
メヒア40.21600-3.321-4.51.1-0.1
クロン137.231616-2.483-6.81.8
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
山田哲人251.267174513.215114.0
菊池涼介214.3206178.31379.2-0.2
牧秀悟266.29411359.81366.62.2
糸原健斗175.2971150.31020.8
吉川尚輝153.3123102.11130.63.0-0.4
武岡龍世4.25000-0.316-0.3
湯浅大8.375000.4144-0.40.8
髙松渡39.20602-2.246-0.5-1.4-0.30.3-0.3
北村拓己16.35700-0.2850.7-0.5-0.4
小幡竜平23.23800-0.388-0.50.40.4-0.4
溝脇隼人3.00000-0.8-159-0.8
北條史也40.21616-2.149-0.3-0.8-0.6
ウレーニャ5.00000-1.3-160-0.3-0.8-0.2
増田大輝19.16712-1.145-1.3-0.50.9
若林晃弘138.231311-2.3840.3-2.71.40.2-0.80.6-0.1
田中俊太53.17108-4.911-0.2-3.10.4-0.9-0.9
阿部寿樹196.209312-6.170-5.2-0.2
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
村上宗隆261.284204523.11853.215.2
岡本和真269.25619588.21293.6
大山悠輔204.2698335.41251.9
上本崇司1.00000-0.3-152-0.3
林晃汰52.314260.7113-0.70.7
曽根海成3.00000-0.8-156-0.8
奥村展征21.05000-4.3-99-1.6-1.3-1.3
安部友裕115.24517-3.967-4.1-1.30.6
宮﨑敏郎266.290533-1.295-4.7-1.3
高橋周平256.265420-0.897-5.0
堂林翔太103.18404-11.1-4-3.3-6.7-2.1-0.70.6
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
坂本勇人163.30771611.616913.90.3
小園海斗93.3570103.61375.0
堂上直倫46.342153.41722.12.2-0.2
中野拓夢184.291115-0.796-0.61.80.9
知野直人14.08311-1.39-1.10.2-0.1
廣岡大志66.18324-1.8730.4-1.50.2-0.2
柴田竜拓69.26702-3.847-3.30.2-0.2
大和155.246220-3.479-0.3-0.1-0.4
三好匠4.00000-1.1-153-0.5-0.4
元山飛優99.230213-3.367-0.3-0.9-0.4
三ツ俣大樹72.24207-3.257-0.4-0.3-1.80.5
山本泰寛37.16703-2.1450.11.1-2.4-0.4
木浪聖也59.18919-4.1331.4-0.6-0.6-3.1-0.3
田中広輔129.18717-5.063-3.40.4
倉本寿彦61.22005-5.317-3.80.2
京田陽太174.245110-7.658-4.7-0.2
西浦直亨143.208213-8.741-5.6-0.6
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
ウィーラー194.34573015.01741.811.41.1
サンズ235.287123612.7152-0.910.31.9
佐野恵太281.30952211.614010.01.0
青木宣親180.2663232.61142.8-0.6
松山竜平90.2592160.0100-4.32.40.41.2
並木秀尊6.250020.41630.8-0.2
重信慎之介62.25526-0.6910.7-1.00.00.2
正隨優弥6.16700-0.9-42-0.1-0.6
中山翔太14.09101-1.314-0.3-0.7
テームズ2.00000-0.5-154-0.5
板山祐太郎9.12500-0.819-0.80.6-0.6
小野寺暖8.12500-1.4-71-1.2-0.3
長野久義63.20003-3.350-2.20.3-0.6
亀井善行86.197210-3.560-3.7-0.51.9
福田永将163.222313-0.896-0.2-4.01.12.2
根尾昂148.173112-8.545-4.3-0.3-4.90.6
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
塩見泰隆206.2978249.21437.41.1
松原聖弥158.273513-0.995-1.13.5-3.2-0.2
羽月隆太郎93.293191.7118-0.5-0.63.3-0.4
近本光司260.2815243.31122.3
山崎晃大朗175.245111-3.382-5.00.01.0
大島洋平269.2961140.8103-0.2
丸佳浩158.227480.1101-0.7-0.30.5
野間峻祥30.21401-1.166-0.7-0.4
大盛穂10.20000-1.2-190.2-1.2-0.2
桑原将志224.284417-0.598-1.40.3
西川龍馬231.247622-7.071-3.4-3.1-1.3
神里和毅80.169412-6.621-4.40.9-2.4
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
オースティン196.333133120.820213.44.60.3
鈴木誠也202.29881911.915710.6-1.0
佐藤輝明243.274164410.21401.46.2-0.2
梶谷隆幸193.3054216.01303.9
サンタナ147.2915206.01392.90.3
楠本泰史22.20012-0.292-1.10.00.30.9
宮本丈13.250011.01770.01.3
石川慎吾31.22200-1.166-0.5-0.4-0.30.2
武田健吾21.19011-1.338-1.61.4-0.4-0.6
陽川尚将42.19426-1.0770.80.0-0.3-0.6-0.6
宇草孔基52.28314-0.688-0.3-1.10.5
井領雅貴46.256120.3106-1.22.0
関根大気99.21313-5.843-2.8-1.6-1.1
福留孝介84.23306-1.978-1.3-1.90.90.5
渡邉大樹16.14301-1.7-5-2.5-0.30.9
坂口智隆10.00000-2.8-169-2.9
太田賢吾62.21104-4.136-0.7-2.9-0.8
ロハスJr.38.05713-5.1-30-1.3-3.9-0.2
平田良介62.15504-5.317-5.4-0.4
ガーバー46.15601-5.9-23-6.1-0.2
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
植田海1.00000-0.3-157-0.3
山下斐紹10.10000-1.9-85-0.9-0.6-0.6
選手打席打率HR打点wRAAwRC+投手捕手一塁二塁三塁遊撃左翼中堅右翼指名代打
原口文仁24.333022.5202-0.34.0
川端慎吾36.371071.31360.22.8
宮本秀明8.28600-0.2780.2
立岡宗一郎18.25001-0.952-0.50.3-0.50.2
嶋基宏4.00000-0.319-0.1
岡林勇希1.00000-0.2-138-0.2
江越大賀1.00000-0.3-157-0.2
蝦名達夫8.14300-0.9-6-0.3-0.2
乙坂智20.21100-1.623-0.5-0.3-0.4
糸井嘉男48.214370.5110-1.12.10.6-0.4
熊谷敬宥3.00000-0.8-147-0.3-0.4
長岡秀樹2.00000-0.5-152-0.4
滝野要30.10300-4.5-43-0.6-0.8-1.1-0.8-0.3-0.6
山下幸輝40.18404-4.3-3-1.9-0.3-0.7
内山壮真6.00000-1.0-68-0.7
西田明央15.07100-2.8-77-0.7-0.9-0.8
中井大介14.07100-3.0-110-1.2-0.5-1.0
矢野雅哉6.00000-1.6-155-0.2-1.1
細川成也21.10500-2.3-5-0.50.0-1.1


□個人投球成績(チーム別)
選手ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
髙橋優貴2.804.1970.2-2.9109-2.270.280.2316713.313211.0671.7
戸郷翔征4.224.2064.0-2.3108-1.664.0100.29010821.512610.61152.9
サンチェス4.534.6755.2-5.4121-4.855.2101.2948617.1907.51543.8
今村信貴2.563.3652.23.2873.752.2109.3149819.5907.5691.8
菅野智之2.723.7349.21.0961.549.283.2399619.2665.61183.0
畠世周3.814.3349.2-2.7112-3.242.00.87.2105.30411723.4847.01684.2
メルセデス0.711.7012.23.0493.112.289.25711522.9252.100.0
横川凱3.384.718.0-0.6115-0.58.0101.29212224.3645.41965.4
中川皓太3.641.9229.26.4545.929.2112.32513527.0474.0320.8
ビエイラ3.513.2725.21.8851.325.294.27312725.213411.2731.9
大江竜聖2.373.1719.01.5831.219.096.2797815.512810.700.0
鍵谷陽平2.895.6418.2-3.6142-4.018.273.2128516.912410.42035.2
高梨雄平1.064.3117.0-0.8111-1.117.088.25612224.312910.81072.7
桜井俊貴4.404.7814.1-1.7126-1.914.1110.3187414.8998.21383.3
田中豊樹1.983.6913.20.198-0.113.257.1678917.919316.100.0
戸根千明4.973.8312.20.099-0.212.2123.35513827.618515.5681.7
野上亮磨1.653.0216.11.6790.66.00.910.159.17112023.81139.5611.6
高木京介6.302.0610.01.9571.810.0148.42913426.713311.100.0
デラロサ2.794.419.2-0.5111-0.79.258.16712224.3645.42085.4
平内龍太14.407.365.0-1.8175-1.95.0139.40010520.8988.33028.3
井納翔一14.409.365.0-3.02290.11.0-3.24.0163.4719719.2463.844711.5
沼田翔平7.717.252.1-0.9192-1.02.1114.33313627.31119.14039.1
大竹寛4.502.962.00.2780.22.0173.50000.000.000.0
選手ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
西勇輝3.183.4370.20.9971.670.295.2768216.7786.5791.7
青柳晃洋2.173.5066.11.6952.366.189.2598817.6756.2932.2
秋山拓巳2.863.0156.23.0873.656.2100.2909720.0534.31032.2
伊藤将司2.523.8253.2-1.2105-0.753.294.2737314.7846.91032.3
ガンケル2.442.4944.15.5715.944.188.25610320.9806.6250.5
藤浪晋太郎2.484.3732.2-2.6118-1.827.2-0.75.086.2509719.518715.4591.3
アルカンタラ4.382.9224.21.8832.024.295.2768918.2373.0932.0
チェン3.862.439.11.4671.59.1119.3459117.9937.700.0
西純矢3.385.098.0-1.5146-1.48.055.160285.924920.600.0
村上頌樹19.2912.392.1-2.2311-2.22.176.22200.027923.13197.7
スアレス0.621.4829.06.9466.429.084.24312525.2352.900.0
岩崎優3.093.4823.10.397-0.123.1104.30310822.012110.0912.0
岩貞祐太5.214.5419.0-1.9122-2.219.0115.33311823.8726.02084.8
馬場皐輔2.844.0119.0-0.8110-1.119.097.2819118.31189.81082.4
小林慶祐2.813.4016.00.4940.216.0102.29511022.114211.8651.5
小野泰己6.754.2710.2-0.8116-0.910.289.25810120.414812.2912.0
石井大智7.885.348.0-1.7149-1.88.090.26110822.21018.32675.6
及川雅貴2.354.667.2-0.9128-1.07.275.2178717.614211.81342.9
桑原謙太朗9.006.827.0-2.5180-2.67.0109.31610521.214712.12666.1
加治屋蓮7.945.265.2-1.0141-1.15.290.2615110.3423.41523.4
エドワーズ3.605.965.0-1.2156-1.35.079.23110921.721117.41854.3
齋藤友貴哉1.802.565.00.6740.55.074.2149820.012110.000.0
守屋功輝12.007.293.0-1.3200-1.33.0137.4009118.8766.32976.3
湯浅京己22.503.462.00.01020.02.0211.615326.7816.700.0
選手ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
柳裕也1.892.1976.110.66711.376.184.24014830.1645.2891.7
大野雄大3.493.5767.0-1.2104-0.667.085.2459519.3604.91573.0
福谷浩司3.993.1665.12.5913.165.1102.2949018.2715.8881.8
小笠原慎之介2.223.5965.0-0.21010.465.092.2659819.91209.9861.8
勝野昌慶3.963.3452.10.01000.552.1105.3029419.2927.6971.8
松葉貴大5.495.2519.2-4.2153-4.019.2102.2926312.9725.92614.7
ロドリゲス3.865.0211.2-2.0140-1.911.2119.3439318.913811.31833.8
梅津晃大1.594.9011.1-1.9140-1.811.165.1886713.723919.600.0
岡野祐一郎9.002.714.00.5730.54.0141.4125010.000.000.0
又吉克樹1.192.6030.12.7782.330.175.2159619.6574.7480.9
祖父江大輔3.912.8723.01.4851.023.0144.4146813.9564.6470.9
藤嶋健人2.053.3222.00.4960.022.075.21710320.9857.01152.3
福敬登3.273.1022.00.7920.422.0102.2929218.7947.7581.1
橋本侑樹3.261.5119.14.1493.819.1116.33314729.9957.800.0
谷元圭介2.083.2517.10.5930.217.1108.3108116.400.01332.7
R.マルティネス1.080.4416.25.6205.316.276.21920441.4423.400.0
鈴木博志5.023.5214.1-0.1101-0.314.1109.3137715.6574.7781.6
山本拓実6.004.636.0-0.7127-0.86.077.2227114.321717.900.0
ロサリオ0.004.965.0-0.7134-0.85.069.200255.018215.000.0
岡田俊哉3.382.962.20.2850.12.299.28612425.020216.700.0
近藤廉4.505.462.0-0.4140-0.42.068.20010120.036330.000.0
選手ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
濵口遥大2.633.5072.02.1942.872.088.25712124.014812.0711.7
大貫晋一7.403.3541.12.1892.541.1145.42310019.6877.0822.0
ピープルズ4.664.3429.0-1.8114-1.529.098.2869819.41008.11323.2
坂本裕哉4.444.7324.1-2.6123-2.324.1117.3416112.0927.41142.8
今永昇太3.474.1623.1-1.1111-0.923.1102.29711122.01099.01273.0
阪口皓亮4.294.1521.0-0.7107-0.521.0105.3066412.414311.3411.0
京山将弥7.977.5420.1-8.5193-8.320.1126.3688416.519215.62295.5
入江大生7.855.2518.1-3.0136-2.818.1110.3218917.5776.32065.0
中川虎大5.243.5022.10.992-0.816.21.75.2129.37710019.415912.6391.0
上茶谷大河10.695.0216.0-2.1128-1.916.0128.3758115.6997.81543.9
ロメロ7.804.8915.0-1.9127-1.715.0145.4216312.518515.0521.3
平良拳太郎0.902.6610.01.1751.210.069.2007615.4927.700.0
石田健大5.583.0630.22.6822.030.2133.38812825.01199.6601.5
山﨑康晃2.082.2030.15.3614.830.1100.2929518.6524.200.0
国吉佑樹5.162.3229.24.9644.429.2108.31515129.612910.4330.8
三嶋一輝2.033.3726.21.3900.826.286.25014929.2826.61543.8
エスコバー3.203.4425.10.9920.525.168.19712224.0746.01243.0
三上朋也3.963.9625.0-0.5104-0.925.096.2787815.4604.81182.9
砂田毅樹2.552.3524.24.0643.624.257.16710119.8967.700.0
平田真吾5.645.2922.1-3.7136-4.122.1109.31810220.015412.41563.8
伊勢大夢3.292.0813.22.6592.313.2136.39512925.412510.200.0
櫻井周斗5.002.529.01.2701.19.0137.4009619.01169.500.0
シャック10.503.966.0-0.1105-0.26.0153.44413526.7413.31393.3
風張蓮5.401.365.01.4411.35.0144.4218917.400.000.0
池谷蒼大0.003.394.20.2890.24.249.1435711.1705.600.0
笠井崇正54.0022.961.0-2.1585-2.21.0230.667459.121818.23979.1
選手ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
森下暢仁2.353.7461.1-0.7102-0.161.174.21610721.01109.51152.5
九里亜蓮3.003.4654.01.4941.954.082.2386813.6877.2591.4
床田寛樹3.983.3340.21.3931.740.2130.3789718.9685.91072.2
大瀬良大地2.892.9637.12.9823.237.192.2689318.4403.4942.0
野村祐輔6.125.1932.1-5.5138-5.232.1118.3439017.91099.31814.0
高橋昂也5.023.2828.21.2911.528.298.2849218.2776.6771.7
玉村昇悟3.864.6821.0-2.3125-2.121.085.2469719.412910.81403.2
中村祐太11.086.1913.0-3.7165-3.613.0121.353479.2887.72254.6
遠藤淳志6.756.716.2-2.3177-2.26.2150.43815530.619616.72535.6
矢崎拓也9.647.684.2-2.0198-2.04.253.1546813.628022.71884.5
ネバラスカス10.137.092.2-1.0183-1.02.2129.3756613.341133.300.0
コルニエル3.493.8828.1-0.7106-1.228.195.27514228.113611.61513.3
栗林良吏0.391.6323.15.2494.923.181.23720640.716414.000.0
塹江敦哉3.273.8222.0-0.4105-0.822.099.2887614.913811.9461.0
大道温貴2.553.0824.21.6850.95.00.419.282.23811723.213111.1461.0
中田廉4.005.4118.0-3.5144-3.818.088.2559017.714912.71733.8
森浦大輔3.774.5014.1-1.3121-1.614.178.2275611.120417.500.0
菊池保則1.933.8914.0-0.4106-0.614.0104.3029518.81109.4721.6
高橋樹也1.424.3012.2-0.9116-1.112.257.1677114.011910.0892.0
島内颯太郎2.792.349.21.4671.39.2119.34510821.41129.500.0
ケムナ誠8.226.617.2-2.5174-2.67.2119.345387.520817.51112.5
藤井黎來12.714.905.2-0.8133-0.95.2172.50011221.91079.41523.1
中﨑翔太13.503.964.0-0.1108-0.24.0147.429214.2978.300.0
選手ERAFIP回数RSAAFIP-先発回数救援回数BABIP-K%+BB%-HR%-
小川泰弘3.333.2167.24.6855.367.298.2869719.4413.41022.6
田口麗斗3.123.2160.24.6845.260.2119.3488817.5836.7551.5
スアレス4.704.7938.1-3.8121-3.438.1118.3459619.312710.21253.4
奥川恭伸5.452.9638.04.3764.738.0137.40510521.1453.6842.4
金久保優斗2.783.8635.20.0100-0.232.20.43.098.2869418.81209.7741.9
高梨裕稔3.815.2928.1-4.2131-3.928.191.2679418.8887.01654.7
サイスニード4.194.3619.1-1.3115-1.119.1108.31411222.417214.1972.4
石川雅規1.693.0216.01.3821.516.0100.29312124.1211.71403.4
高橋奎二2.845.336.1-1.2144-1.16.10.00010420.820016.71924.2
バンデンハーク15.438.754.2-2.5212-2.44.2161.4747114.3897.12527.1
山野太一47.255.211.1-0.2141-0.21.1288.83312525.020016.700.0
清水昇2.433.7429.20.497-0.129.289.26013126.3544.41664.4
マクガフ2.124.0129.2-0.6104-1.129.287.25416733.31028.31955.0
今野龍太2.673.1127.02.3821.827.082.23911823.715212.3330.9
石山泰稚5.263.7025.20.5960.025.2109.32011122.2574.61403.7
梅野雄吾2.864.1022.0-0.6106-0.922.0103.30214529.0937.51624.3
坂本光士郎3.544.6820.1-1.9120-2.220.162.18210020.01169.41343.5
近藤弘樹0.962.1618.23.6593.318.2102.29812725.4373.0551.5
吉田大喜6.085.2913.1-2.2136-2.413.1139.40512525.015312.51844.7
大下佑馬5.064.4610.2-0.7115-0.910.2107.3148517.0524.31654.3
大西広樹3.245.128.1-1.2131-1.38.192.2696813.516613.51032.7
杉山晃基9.957.226.1-2.3174-2.46.1113.3336713.3846.72256.7
長谷川宙輝10.8011.663.1-2.8278-2.93.168.2008316.720916.738211.1
寺島成輝4.502.962.00.3730.22.0168.50000.000.000.0


2021年パリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA

2020年セリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA
2020年パリーグ・ポジション別wRAAと先発救援別RSAA

備考
wOBAの係数は1.02 - Essense of Baseball「wOBA(Weighted On Base Average)」を参考にしました。
守備位置は打撃成績がその試合で最初に出場した守備位置で記録されたものとして計算しました。
球場補正は2020年,2019年,2018年のPFを4:2:1で加重平均したものを用いて、本拠地試合割合から跳ね返り係数を算出し、
「リーグの平均的な打者が同じ環境で同じ打席を消化した場合に、どれだけ打撃内容が変化するか」
「リーグの平均的な投手が同じ環境で同じ投球回を投げた場合に、どれだけ投球内容が変化するか」を基準に行いました。
wRAAおよびwRC+はwOBA-PF、RSAAはFIP-PF、DER守備得点はDER-PF、FIP-はFIP-PF、
BABIP+およびBABIP-はBABIP-PF、K%-およびK%+はK%PF、BB%+およびBB%-はBB%PF、ISO+はISO-PF、HR%-はHR%PFで補正を行っています。
FIPについては集計の都合で敬遠を含まない暫定値となります。シーズン終了後に確定値に更新します。
DER守備得点の算出はBaseball-LAB「
DERでチーム守備力を計測する」を参考にしました。

コメント

No title

お疲れ様です。今年のシーズンも始まりましたね。
更新楽しみにしています。どうか無理せずによろしくお願いいたします。

No title

今年も更新お疲れ様です。

ここまでのセリーグのペナントの動きは分かりやすいですね。
昨年の面子に弱点の二遊間を糸原復活&現在大当たりのルーキー中野の定着で埋めてる阪神が抜けて、
離脱者が多い中松原の復調による中堅固定が連動するように巨人が追い縋る。
割と不透明な要素が多いですが恐らくこの2強となる可能性が高い気がします。

No title

奥川の不運っぷりがすごい
期待の新人に対してちょっと厳しい?

No title

奥川くんファンとしてはどうにかしてツキも味方にして欲しいもんです。
一概にツキが全てとも言えないのだろうか…? 
まあ高津監督、もうしばらく我慢して欲しいですね。

ヤクルトは相変わらず守備のマイナスがデカいですね。
外野を守る塩見・山崎は俊足のイメージから、てっきり守備も上手いのかと思っていましたが、今のところUZRではあまり良くないですね。
さらにサンタナがライトとなると…
そういった布陣に神宮球場ではヤクルト投手の防御率が悪化するのはある意味当たり前ですよね。
極端な球場を持っているからこそ、もう少しどういった影響を与えているのかを具体的に把握して欲しいところですねー。

No title

色々言われましたが佐藤の活躍は4球団競合だけあって大卒1年目にしては中々です。
西武スパンジーの打撃の荒さもスケールも大きくした感じの選手。
多少ミスもありますがUZRの数字も良好でいい補強となりましたね。

Re: No title

ゆさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません。

そう仰っていただいて嬉しいです。
可能な範囲で頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。
ただ、FC2のシステム改編のせいで下品な広告が載るようになったのでちょっとテンションが下がってます...

Re: No title

コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

仰るように、今のところ巨人と阪神が抜けだしそうな気配を見せていますね。
阪神はキャリアハイに近い成績を残している選手が多いのに対して、巨人はそこまででもないのに張り合えているので、
この辺りの差が今後どうなるか、といった印象を今のところを受けています。

Re: No title

アシカさん、コメントありがとうございます!

奥川は防御率は7点台のままで、FIPだけがどんどん下がっていきますね。
被BABIPが.426と持続不可能な高水準になっているので、
このまま投げていけば防御率もある程度の水準まで下がるのは間違いないのではと予測しています。

山崎は通算で一軍でもそこそこのイニングを守っていますが、
UZRを見る限りでは外野守備でプラスをばりばり稼ぐタイプにはちょっと見えないですね...
塩見はまだ分かりませんが、二軍時代には両翼と中堅で半々くらいの起用で守備が評価されていたわけではないようなので、
どちらかというと両翼タイプなのかなという印象が今のところあります。

Re: No title

コメントありがとうございます!

佐藤は、オープン戦から持続して本塁打が打てているのが素晴らしいですね。
K%がちょっと凄い数字になっていますが、まだ1年目の4月ですし改善の目はいくらでもあるでしょう。
最終的には1年目の村田修一のような成績になるのかなあと、個人的には漠然と予測しています。

No title

横浜野手陣の守備が歴史的に悪いですね。
特に三塁宮崎を筆頭に内野の働きが非常に悪いです。
またセンターに乙坂を置くとインプレーは安打になる可能性が非常に高い。

その癖打ててないので守備が悪いと攻撃が悪いが両立するから不思議です。

No title

山田哲人選手はBABIPが低いので、今後の打率改善も期待できますね
今年は今のところ見事な復活を遂げているわけですが、積極盗塁の方針を見直した(っぽい?)ことも結果的には良いのではないでしょうか

No title

BABIPを見る限りいずれ差が開くのかもしれませんがセカンドの三つ巴は面白い状況ですね。山田はホームラン以外の長打が少ないことや盗塁がないことから鑑みて今年は足の調子が悪いことからホームラン狙いに今の所徹しているのかもしれませんのでBABIPも思ったほど平均に収斂しないかもしれませんが。

Re: No title

コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

昨年から顔ぶれはあまり変わっていないので、
守備指標の低迷はサンプルサイズ不足に起因するところも大きいと思いますが、
打撃と併せてここまで数字が悪いと、コンディションがあまり良くない選手が多いのかなといった印象も受けますね。

>横浜野手陣の守備が歴史的に悪いですね。
>特に三塁宮崎を筆頭に内野の働きが非常に悪いです。
>またセンターに乙坂を置くとインプレーは安打になる可能性が非常に高い。

>その癖打ててないので守備が悪いと攻撃が悪いが両立するから不思議です。

Re: No title

コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

仰る通りで、山田はBABIP以外の3項目は全盛期に近いところまで戻していますね。
昨年が深刻な不振で心配していたのですが、ひとまず安心しました。

山田は2016年の死球以降、打撃スタイルが変わって適性BABIPが下がったように感じるのですが、
現状は2016年以降のボトムである94よりもBABIP+が低いので、
そこまでは戻すと仮定すると、あと2分くらいは打率の上昇余地がありそうですね。(現状のK%が変わらなければ、ですが)

Re: No title

いえろーさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

現状でも山田の盗塁企図は0のままで、今季は走らない方針のようですね。
内野安打に関しては例年以上のペースで出ていますし、
守備指標も良好なのでコンディションに問題があるとは思えないのですが...

糸原と菊池はBABIPが持続不可能な水準にあるので、今後が少し不安です。
特に糸原は持ち味の四球があまり取れていませんし、
守備指標もかなり悪いので、むしろ例年よりコンディションが悪いような印象を受けますね。

No title

wRC+の数字が(FIPもかな?)DELTA社のものと微妙に異なっているのはなぜでしょうか

Re: No title

わをんさん、コメントありがとうございます!

よくぞ聞いてくださいましたという質問です。
DELTA社とwRC+が異なるのは、球場補正の違いによるところが大きいですね。
大まかに述べると違いは下記の2点となります。

1.球場補正に使用するPF(パークファクター)のスパン
当サイトでは直近3年間のPFを平均化したものを補正に使用しますが、
DELTA社は該当年1年分のPFだけを使用する違いがあります。

当ブログが複数年の平均値を使用している理由ですが、
数年間のサンプルサイズを確保しないと、PFからは球場の特性が読み取れないと考えるためです。
PFは1年単位だと球場の特性を十分に表しているとは言い難い面があります。
(FanGraphsやBaseball-Referenceといった米国のデータサイトでも、同じ理由で複数年の平均値で補正しているようです)

https://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-2541.html
ここでは例として東京ドームのPFを挙げますが、本塁打の項目を見るとバラつき具合がよく分かるかと思います。

例えば、近年だと2019年に外れ値が出ていて、東京ドームの得点PFと本塁打PFは神宮よりも高くなっています。
DELTA社の算出法だとこの年の巨人は球場補正によるマイナスを大きく食らうことになるので、
当サイトのチームwRC+では巨人がダントツですが、DELTA社のデータだと巨人よりも中日の方が高くなっていますね。
(注:今見るとそうなっていないんですがこれは後述の理由が原因だと思われます)

ちなみにDELTA社がシーズン途中まで球場補正を入れないのは、
単年のPFを参照しているがゆえに、ある程度シーズンを消化しないとPFのサンプルサイズが確保できないためです。
これを書いている5/9時点だとまだ球場補正が入っていないようなので、それが当ブログの数値と一致しない最大の原因だと思います。
(今確認したところ、DELTA社のデータは2020年以前も球場補正が「オフ」になっているようです...バグでしょうかね?)
(「DELTA社だと2019年のwRC+は巨人より中日が高い」と書きましたが、このバグ?の影響で今は巨人の方が高くなっています)

(続く)

Re: No title


2.球場補正の基準となる「平均的な球場」の定義
ご存知のようにNPBではチームによって使用球場に違いがあるため、
その不公平を失くすために「平均的な球場」でプレーした際の数値に換算するのが球場補正の目的です。
この「平均的な球場」の定義が、当サイトとDELTA社のものでは異なります。

DELTA社の定義は、あるチームが使用した「本拠地以外の球場の平均値」を平均的な球場と見なすというものです。
伝統的なパークファクターの算出方法と全く同じ定義ですが、この定義には公平性を欠く部分があります。

https://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-2795.html
この辺りの議論については、上の記事にまとめています。
簡潔に言えば、「本拠地以外の球場の平均値」には本拠地が含まれない一方で地方球場が含まれるので、
チームによって「本拠地以外の球場の平均値」は異なる環境となることが問題となります。

例えば、ヤクルトの場合、ヤクルトが使用した「神宮以外の球場の平均値」が球場補正の基準となります。
神宮以外の球場の平均値には当然神宮は含まれないので、
ここを基準に補正してしまうと、セ6本拠地の平均よりもやや打低な環境が基準になってしまいます。
この場合、球場補正によるマイナスがやや過大にかかってしまうことが予想されます。

当サイトでは「平均的な球場」を「同一リーグ6本拠地の平均値」と定義しているので、
算出過程において上記のような問題は原理的に発生しません。
これも当サイトとDELTA社の数値の違いの一因になっていると考えられます。

FIPについては、備考欄に書いていることも乖離の一因となっていますが、
DELTA社のFIPは失点率ベースで計算されているのに対して、
当サイトのFIPは防御率ベースで計算されているのが乖離の最大の原因だと思われます。

No title

なるほど!よく分かりました。
球場補正がかかっているにしても、なぜか神宮本拠地の村上や山田のwRC+はデルタのものより高いし…と疑問だったのです。

それはそうと、DELTA社のものは2020年以前のデータで球場補正がオフになっているんですか?確かにシーズン終了後見た時よりヤクルトの選手の数値がなんか上がってるなあって思ったんですが…

No title

今年レギュラー格の選手が離脱しても代替え選手が奮闘した巨人ですが、
大黒柱の坂本が長期離脱になった今こそ選手層が試される場面ですね。
坂本が今尚球界最高ショートなのは議論の余地がない話であり、
チームのグレードダウンは避けられない中どこまで耐えられるか見ものです。

耐え切った例としてサードとしての阪神佐藤の働きは素晴らしいですね。
チーム全体で見た時に1番形が良いからライトを守ってますが、
今年は攻守で優秀な働きをしてる大山の離脱の穴を見事にカバーしている。
佐藤個人だけの話ならばサードの方がWARを稼げるでしょうね。

No title

現時点の数字を見る限り投手力の差は少なく野手の力で勝たないとキツそうですね。
今年は9回打ち切りという事で6回終了時点で同点ならどこも勝利の方程式を使いますので、
よほど先発陣が優秀で切れ目がないとかじゃないと野手の働き次第って感じがします。

Re: No title

わをんさん、コメントありがとうございます!

>球場補正がかかっているにしても、なぜか神宮本拠地の村上や山田のwRC+はデルタのものより高いし…と疑問だったのです。

デルタさんの数値を確認してみましたが、ちょっと妙なことになっていますね。
wRC+はwRCとwRAAから計算できるのですが、村上の数値でやってみたところ計算が合いません。

デルタさんのサイト上だと村上のwRC(生産した得点)が32.5で、
wRAA(平均的な打者が同じ打席数を消化した場合と比べて多く生産した得点)が17.7なので、
平均的な打者が村上と同じ打席数を消化した場合に生産する得点は14.8と計算できます。

wRC+は平均的な打者と比べてどれだけ多く得点を生産したかなので、
32.5÷14.8×100=221が村上のwRC+となるはずなんですが...丸め誤差を考慮しても数字が合いませんね。
(これはhttps://1point02.jp/op/gnav/glossary/gls_explanation.aspx?eid=20043の式の変形です)

>それはそうと、DELTA社のものは2020年以前のデータで球場補正がオフになっているんですか?確かにシーズン終了後見た時よりヤクルトの選手の数値がなんか上がってるなあって思ったんですが…

内部ロジックを正確に把握しているわけではないので推定になりますが、
手元の数値と照らし合わせた印象では、2020年以前も球場補正が入っていない可能性が高いと思います。

No title

牧は一時期の高BABIPが落ち着きましたがそれでも新人ながら優秀な打撃成績ですね。
また懸念だったセカンド守備もUZRが良好な数字なのは良い意味で裏切られました。
映像を見てても範囲の狭さを併殺完成能力と確実性で補う浅村に近いタイプみたいです。
(セリーグは上手いセカンドが多いので恐らくこのサイトの守備得点は低いでしょうが)

それはそうと牧に限らずファーストだとUZRがマイナスになる選手は結構居ますよね。
サンプルが少ないという側面も当然あるのでしょうけど正直不思議です。
一般的に最も守備負担が少ないので一定レベルの守備センスならば無双でもおかしくないですが、
何故か若く健康でも非常に指標が非常に悪い選手が出てくるから不思議です。

No title

https://www.baseballprospectus.com/news/article/41948/baseball-therapy-reimagining-the-defensive-spectrum/

緊急時の一塁手についての研究だと範囲は緊急時の選手の方が広いものの
スクーピング能力(送球を捕球する能力)やフライを取る能力では割と差が出るようですね。

WARに使われるUZRの差を使った補正値だといろいろな守備位置をこなせる器用なユーテリティー選手が数字を押し上げているものの本来は難しい守備位置なのかもしれません。

No title

>DELTA社のデータは2020年以前も球場補正が「オフ」になっているようです

やっぱりそうでしたか。
去年の最後に保存した2020ヤクルトの野手WARは3.1だったのですが、DELTAの今の値は7.4でした。
例年通りだと交流戦直前に球場補正が入り始めるのですが、現段階では入っていません。当年のWARなら開幕1か月強までは球場補正オフでもまあ理解はできるのですが、その機能がおそらく過去にまでさかのぼってオフになってしまっているということでしょう。少し問題ですね。

Re: No title

コメントありがとうございます!

>今年レギュラー格の選手が離脱しても代替え選手が奮闘した巨人ですが、
>大黒柱の坂本が長期離脱になった今こそ選手層が試される場面ですね。

今年のセは、5月上旬くらいまでは巨人がやや優勢かなくらいに思っていたのですが、
坂本の離脱でかなり雲行きが変わってきたように感じますね。
復帰までは1か月強かかるようですが、打撃を戻せるかという懸念もあるので巨人は状況が厳しくなりました。

遊撃手の穴は吉川尚が順調なら平均以上で埋めてくれそうなのですが、
その吉川が抜けた二塁手の穴をどう埋めるかが、今後の巨人の課題となりそうですね。
ここへきて廣岡の獲得が大きな意味を持ってきたなあという印象を受けます。

>耐え切った例としてサードとしての阪神佐藤の働きは素晴らしいですね。

今のところ三塁守備も悪くないようなので、本当に素晴らしい選手としか言いようがないですね。
今後は長期的な阪神のストロングポイントに成長していきそうな気がします。
大山も体型が大型化してからは守備の働きが落ちてきているので、守備位置の入れ替えを考慮してもよいかもですね。

Re: No title

あさん、コメントありがとうございます!

>現時点の数字を見る限り投手力の差は少なく野手の力で勝たないとキツそうですね。
>今年は9回打ち切りという事で6回終了時点で同点ならどこも勝利の方程式を使いますので、
>よほど先発陣が優秀で切れ目がないとかじゃないと野手の働き次第って感じがします。

9回打ち切りで差が出やすい先発のイニングが少なくなるだけ、
私も投手力で差が出にくいシーズンになるのではないかと予想していました。
現状セはそのような結果になっていますが、パは例年よりも投手力の格差が拡大していて解釈が難しいですね。

Re: No title

トロントさん、コメントありがとうございます!

>牧は一時期の高BABIPが落ち着きましたがそれでも新人ながら優秀な打撃成績ですね。
>また懸念だったセカンド守備もUZRが良好な数字なのは良い意味で裏切られました。

今デルタさんの数値を見ると牧のUZRは結構悪くなっちゃってますね...
この打撃でセカンドをそこそこのレベルで守れるならチームのストロングポイントと評してもよいので、
牧の守備力の実態がどのくらいなのかは、個人的にも気になっているところです。

>それはそうと牧に限らずファーストだとUZRがマイナスになる選手は結構居ますよね。
>サンプルが少ないという側面も当然あるのでしょうけど正直不思議です。

2B/3B/SSは、打席に正対する姿勢で飛んできた打球に対して反応するという点で同じ動きが求められますが、
1Bは一塁のカバーから守備に入るシチュエーションがあるので、内野の中ではやや特殊なポジションという印象があります。
しかも、一塁手の打球処理は一塁カバー時の挙動の評価でほぼ決まるという分析もあります。(DELTAさんが出してましたね)
2B/3B/SSの間の互換性と比べて、1Bと他内野ポジションの互換性は低いのかもしれません。

Re: No title

Namikiさん、コメントありがとうございます!

面白い研究をシェアしていただいてありがとうございます。
内野安打の発生率の違いを一塁手のスクーピングの違いに100%起因するとみなしてよいのか?という疑問点があるのですが、
スクーピングによる差がイメージしていたよりもかなり大きかったので驚きました。

Re: No title

ゆさん、コメントありがとうございます!

>例年通りだと交流戦直前に球場補正が入り始めるのですが、現段階では入っていません。当年のWARなら開幕1か月強までは球場補正オフでもまあ理解はできるのですが、その機能がおそらく過去にまでさかのぼってオフになってしまっているということでしょう。少し問題ですね。

私も多分そういう経緯なのかなと推察します。

No title

柳裕也選手が今のところ絶好調ですね。このまま続くようなら防御率1点台でも不思議ではないですね。
奥川恭伸選手も期待通りと言うべきか防御率を下げてきましたね。投球内容で見ればもうヤクルトのエース格と言っても過言ではないような気がしますがどうでしょうか。
フライアウト率が40%台なのが神宮でどう出るか心配ですが。かと言ってグラウンドボールピッチャーになっても神宮と今のヤクルト守備陣では厳しいでしょうかね。

No title

西純矢投手が5回無安打で初勝利しましたが空振りが1つだけだったとか
四球も4つですしまだ一軍レベルは遠いように思います

No title

今季の中日打線は低迷はちょっとギョッとするレベルですね。
11年は違反球とナゴドの環境を踏まえるとセイバー的には割と健闘した打線でしたが、
今年はあの年よりもチームOPSが悪いってのはあんまりな状態です。

規定OPSブービーの阿部と京田が悪い様な話になりがちですが二遊間はどのチームも打ててないので、
低迷の最大の要因は攻撃型ポジション、特に両翼の打撃成績の悪さでしょうね。
去年から問題でしたがガーバーと福留という心許ない補強だったので更に悪化という感じですかね。

No title

両翼に関しては福田と平田の復活にかけていたんでしょうが、二人とも守る方はともかく打つ方がここまで落ちるのは想定外だったんじゃないでしょうか。

とにかく中堅野手の層が薄いのですが、それも近年の高卒ドラフトが原因ですのでフロントが悪いとしかいいようがないですね。
トレードやFA補強も無しにこれで結果残せっていうのは無茶振りですよ。

幸いプロスペクト(石川、石橋等)は確保できましたが、かれらが定着しきるにはまだ時間が掛かりますし、とにかく与田監督可哀想だなと思います。

Re: No title

(´・ω・`)さん、コメントありがとうございます!

>柳裕也選手が今のところ絶好調ですね。このまま続くようなら防御率1点台でも不思議ではないですね。

今のところの成績だと、山本由伸や早川隆久と並んで沢村賞の有力候補となりそうですね。
球速を見る限り球威は昨季からほとんど変わっていないようなのですが、
スライダーとカットボールを増やして上手くボール球を振らせているのが三振増に寄与しているっぽいですね。
配球を変えただけでこれだけ成績が伸びるんだなあとちょっと驚いています。

>奥川恭伸選手も期待通りと言うべきか防御率を下げてきましたね。投球内容で見ればもうヤクルトのエース格と言っても過言ではないような気がしますがどうでしょうか。
>フライアウト率が40%台なのが神宮でどう出るか心配ですが。かと言ってグラウンドボールピッチャーになっても神宮と今のヤクルト守備陣では厳しいでしょうかね。

ここまでの内容で言えば、既にヤクルトのエースと評しても差し支えないように感じます。
仰るようにここまでの傾向を見るとややフライPっぽい印象を受けるので、神宮との相性はちょっと気になるところですね。
(神宮はゴロBABIP-PFも異常な球場なので、フライPほどではないにしてもゴロPにも厳しい球場ではあるのですが)

Re: No title

コメントありがとうございます!

>西純矢投手が5回無安打で初勝利しましたが空振りが1つだけだったとか
>四球も4つですしまだ一軍レベルは遠いように思います

結果的に無安打でしたが、今後の再現性という観点だと課題を残した初登板だったかなと思いますね。
二軍成績もまだ際立って好成績というわけではないので、仰るように一軍定着にはまだ時間を要するように個人的には思います。

Re: No title

コメントありがとうございます!

>今季の中日打線は低迷はちょっとギョッとするレベルですね。
>11年は違反球とナゴドの環境を踏まえるとセイバー的には割と健闘した打線でしたが、
>今年はあの年よりもチームOPSが悪いってのはあんまりな状態です。

このままいくと、チーム全体成績としては球団ワーストを更新する可能性が高いですね。
中日は伝統的に結構打線がいいチームなので、ここまで打線が低迷するのは歴史的に見ても珍しいです。

>規定OPSブービーの阿部と京田が悪い様な話になりがちですが二遊間はどのチームも打ててないので、
>低迷の最大の要因は攻撃型ポジション、特に両翼の打撃成績の悪さでしょうね。
>去年から問題でしたがガーバーと福留という心許ない補強だったので更に悪化という感じですかね。

仰るように、両翼が最大のアキレス健になっていますね。
阿部と京田は散々な言われ様ですが、守備込みで見れば頑張っていると思いますよ。

Re: No title

中日ファンさん、コメントありがとうございます!

>とにかく中堅野手の層が薄いのですが、それも近年の高卒ドラフトが原因ですのでフロントが悪いとしかいいようがないですね。
>トレードやFA補強も無しにこれで結果残せっていうのは無茶振りですよ。

仰るように両翼に穴が開いたのは編成の責任によるところが大きいように感じますね。
唯一、二軍の若手で埋めるにしても根尾を抜擢したのは与田監督のミスだったかなと思います。
根尾は率直に言ってまだ一軍で起用できるレベルにないですし、より優れた成績を残している若手が他にいますからね。

ただ、近年の中日の編成を見ていて感じるのが、本当に財政状況が厳しいのだということです。
アルモンテとガーバーの入れ替えも色々な理由を付けていましたが、コストカットが最大の理由でしょう。

中日はベテラン選手を多く抱えているのですが、ベテラン選手は一般的にコストパフォーマンスが悪いので、
資金力が乏しいチームが抱え込もうとすると、編成に穴が開いたまま資金が足りないという事態になりがちです。
中日は資金が潤沢だった時代と同じ感覚で編成を行っているがゆえに、こうした状況に陥っているように感じる部分もあります。

No title

大野にも言えますが柳の躍進は木下のフレーミング技術も大きいんでしょうね。
昨年から中日投手陣の三振率と与四球率が劇的レベルで改善されており、
本人の意識改革だけでは説明できないぐらいストライクカウントを増やしてます。
木下は攻守でも長年の問題点だった捕手を完全に強みに変えた活躍をしてるので、
彼が元気な内に勝負を仕掛けたいのですが仰るようにベテラン重視の編成ですからねぇ。
衰えた時に石橋や郡司にバトンタッチできれば良いですけど簡単に出来たら今まで苦労してない。

No title

本筋とは全く関係ないんですが、フレーミングって言葉が出来た途端になんか祭り上げられてるといいますか、
最近生み出された技術かのように言われるのは違和感がありますね。
数値化されてなかっただけで、キャッチングでストライクに見せる技術自体は大昔からあったと思うんですが。
ストライクをストライクに見せるのがフレーミング、ボールをストライクに見せようとするのがミットずらしという新たな定義?まで提唱する人もいて
やってること(キャッチングで判定を左右する)はなんも変わらんのに、前者は是、後者は非というのも
ずいぶん恣意的な判定基準だなと思ったりします。
現場としては審判を敵に回して得なことなんてありませんから、誤魔化そうとしてるわけじゃないんですよという言い訳が必要なんでしょうけども。

No title

巨人、昨日も今村1回で交代ですか…
リリーフに関しても過剰に交代しすぎの感がありますし、正直言って策に溺れている気がします

No title

最近にわかに増えている「2番捕手」という采配はどう思いますか。
僕は面子を見る限り今日の古賀以外は基本的に良いと思いますね。
採用してるチームはどこも出塁率が3割5分を超える出塁型のレギュラーが少ないので、
少しでも上位打線に出塁率の良い打者を置こうとする努力だと感じます。

例えばヤクルトで中村悠平より出塁率が高い選手は山田村上を除くと塩見だけです。
少しでもスター選手の前にランナーを溜める努力の采配だなと感じます。

No title

ヤクルトは中村が2番に最適だと考えたから2番に配置したのであって、
何か捕手が2番に入ること自体による特別な効果などを期待したものではないと思っていたのですが、
ここ最近、中村より打力が劣る古賀のスタメン時にも2番捕手を見るので、2番に捕手を置くこと自体に意味を感じているのかな…と思っています。
横浜も2番捕手を採用しましたね。
しかし、2番に最適な選手を置くのではなく、2番捕手という采配自体にこだわってしまっては本末転倒ではないでしょうか。
現在の好調な中村ならそれも許されるかもしれませんが、それ以外の大半の捕手の打撃能力で同じことをやってはいけないと感じます。
それに、2番中村自体もサンタナなどより適切な打者がいるのではないでしょうか?ヤクルトの打線は現状後ろに偏っている気がします。

No title

他の捕手が150打席以上立って5つしか四球を選んでないのに対して、
伊藤光がわずか30打席で4つの四球を相手投手から奪ったのを見ると、
やはり四球獲得というのは打者の才能分野だと感じてしまいますね。

勿論佐藤の様に破綻気味な選球眼でも警戒されて四球が増える例はありますが、
それは長打型の強打者の特権ですからね。特殊な例と言えます。

Re: No title

コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

>大野にも言えますが柳の躍進は木下のフレーミング技術も大きいんでしょうね。
>昨年から中日投手陣の三振率と与四球率が劇的レベルで改善されており、
>本人の意識改革だけでは説明できないぐらいストライクカウントを増やしてます。

今季の中日投手陣の躍進は、仰るように木下の出場増も影響しているでしょうね。
ただ、柳は昨季から木下がほぼ専属だったので、柳の躍進は本人によるところが大きいように思います。

>木下は攻守でも長年の問題点だった捕手を完全に強みに変えた活躍をしてるので、
>彼が元気な内に勝負を仕掛けたいのですが仰るようにベテラン重視の編成ですからねぇ。
>衰えた時に石橋や郡司にバトンタッチできれば良いですけど簡単に出来たら今まで苦労してない。

今季のフレーミングの数字は掴めていないので何とも言えない部分もありますが、
昨季と同じペースでプラスを稼いでいるとすると、現時点で木下のWARはセ野手でトップになりますね。
ただ、現在のセは上位チームの戦力が飛び抜けていることもあって、捕手以外も底上げしないと優勝を狙うのは厳しいでしょう。

現在の中日は若手野手がよく育っていて、将来のストロングポイントになりそうな選手もいますが、
木下もあまり若くないのでそこまで持たない可能性があるのが厳しいところですね。

Re: No title

カンザスさん、コメントありがとうございます!
返信が遅くなりまして申し訳ございません。

>本筋とは全く関係ないんですが、フレーミングって言葉が出来た途端になんか祭り上げられてるといいますか、
>最近生み出された技術かのように言われるのは違和感がありますね。
>数値化されてなかっただけで、キャッチングでストライクに見せる技術自体は大昔からあったと思うんですが。

かつては古田もフレーミングに相当する行為をやっていると言われていましたし、
それを表現する言葉がなかっただけで、捕手のテクニックとしては日本においても昔から存在するものですね。

>ストライクをストライクに見せるのがフレーミング、ボールをストライクに見せようとするのがミットずらしという新たな定義?まで提唱する人もいて

この定義は私もあんまりピンと来ないですね。
私の認識だとフレーミングは「捕球した投球のストライクコール率を高める技術」、
ミットずらしは「フレーミングを向上させるための一手段」というイメージでした。

>現場としては審判を敵に回して得なことなんてありませんから、誤魔化そうとしてるわけじゃないんですよという言い訳が必要なんでしょうけども。

https://sportsbull.jp/p/672476/
審判側の心証としても、露骨なフレーミングはボールとコールしたくなるようですので、
そういった行為を意識していると知られることは、ボールとコールされるリスクを高めるのは間違いないでしょう。
「ストライクをストライクに見せるのがフレーミング」という理屈は実態に即していないと感じますが、
仰るようにそういった方便が必要という背景は理解できるところですね。

Re: No title

おきなさん、コメントありがとうございます!

>巨人、昨日も今村1回で交代ですか…
>リリーフに関しても過剰に交代しすぎの感がありますし、正直言って策に溺れている気がします

今年の巨人については、私もかなり細かい継投をしているイメージがあったのですが、
先発投手の平均投球回、試合あたりの平均登板人数はどちらもリーグ平均程度なので、起用法の負荷が高いわけではないようです。
これが実を結んでいるのかどうかというとちょっと判断が難しいですね...

Re: No title

コメントありがとうございます!

>最近にわかに増えている「2番捕手」という采配はどう思いますか。

打順は各選手のオフェンス面(打撃/走塁)の特性から決定されるべきであって守備は基本的に関係ないので、
打順とポジションの組み合わせにこだわる意味はあまりないのではと思います。
(例えば「捕手が2番に入ることで何らかのメカニズムによって守備に好影響が出る」ような現象があるなら考慮されるべきですが、
そういう話は私の知っている範囲では聞いたことがないですね)

ただ、NPBだと捕手の出場負荷を下げるという意味で、
捕手を上位打線に配置するのを避ける傾向があるので、(個人的にはこの理屈はちょっと眉唾だと思っているんですが..)
「そういう考え方にとらわれずに上位打線に捕手を配置する」という意味では有りの采配だと思います。

Re: No title

おきなさん、コメントありがとうございます!

>ここ最近、中村より打力が劣る古賀のスタメン時にも2番捕手を見るので、2番に捕手を置くこと自体に意味を感じているのかな…と思っています。

これは他の選手の打順を変えないようにする意図だと思います。
中村の抜けたところに古賀をそのまま入れれば、他の選手の打順は変わらないですからね。

現在のヤクルトは3番から7番までほぼ固定しているので、今の打順には高津監督のこだわりが感じられます。
「打順にはそれぞれ求められる役割があって、2番打者が誰であろうとその役割は変わらないから、
 打順に合わせて最適な選手を配置できている今の状態を変えたくない」というオールドスクールな考え方かなと。

私個人の意見としては、打順を変えることによるデメリットよりも、
打力の落ちる打者が2番に入っているマイナスの方が大きいと思いますけどね。

No title

丸佳浩は相変わらずの選球眼を見せていますが、ゾーン内のコンタクト率がキャリアの中でも圧倒的に悪くなっており、なかなか打率が上がってきてません。何か考えられる要因はあるのでしょうか?
本人曰く昨年からベースから半歩離れていたようですが、BABIPなんか見ても運に恵まれていないだけなのでしょうかね?

Re: No title

コメントありがとうございます!

>他の捕手が150打席以上立って5つしか四球を選んでないのに対して、
>伊藤光がわずか30打席で4つの四球を相手投手から奪ったのを見ると、
>やはり四球獲得というのは打者の才能分野だと感じてしまいますね。

DeNAに来てからの伊藤光のBB%は一貫して素晴らしい数値になっていますね。
仰るようにボール球の見極めについては打者毎の才能の違いが出やすい領域だと思います。

Re: No title

コメントありがとうございます!

>丸佳浩は相変わらずの選球眼を見せていますが、ゾーン内のコンタクト率がキャリアの中でも圧倒的に悪くなっており、なかなか打>率が上がってきてません。何か考えられる要因はあるのでしょうか?
>本人曰く昨年からベースから半歩離れていたようですが、BABIPなんか見ても運に恵まれていないだけなのでしょうかね?

Plate DisciplineとBatted Ball関連は2018年によく似ているので、
当時のように長打狙いのアプローチに変えてきている可能性は少し考えられますね。
今年はフライがやや多くなっていますし、引っ張りの打球も増えています。

No title

中日の阿部の二塁UZRは19年は1位で20年はマイナス、そして今年は再び1位です。
この評価のムラってどう解釈したら良いんでしょうかね?
阿部の評価でよく言われるポジショニングの読みの出来って事なんですかね?

No title

来日が遅れるという不運もありましたがここまでのオスナとサンタナの活躍は素晴らしいですね。
村上以外の選手が入ったときの一塁・三塁と右翼手は去年のヤクルトの大きな弱点だったので彼らが穴を埋めてくれることがAクラス維持につながるのではないかと思います。

個人的にはこれまでの投手偏重から野手の外国人を取ったフロントのファインプレーだと思います。

No title

塩見選手がようやくヤクルトの主力として定着しましたが、BABIPは.448と思ったよりBABIPへの依存度が高いですね
昨シーズンはどのような傾向だったんでしょうか

Re: No title

トロントさん、コメントありがとうございます!

>中日の阿部の二塁UZRは19年は1位で20年はマイナス、そして今年は再び1位です。
>この評価のムラってどう解釈したら良いんでしょうかね?
>阿部の評価でよく言われるポジショニングの読みの出来って事なんですかね?

二塁手は内野の中だと年度を跨いだUZRの安定性が悪いポジションなので、
阿部の特性というよりは、二塁手というポジション自体が持っている特性なのかなという印象を持っています。

No title

現在防御率ダントツ最下位の横浜DeNAですが、FIPではむしろリーグ3位という状況です。
デルタで確認できるR-Fは1.09というとんでもない数値です。
これは歴代チームでもワーストに近い値なんですかね?おそらくは10年に1度あるかないかレベルだと思いますが…

また、投手WARは12球団1位というのも信じがたいですが、
これは先発があまりにも投球回を稼げないためRP RARが過大に評価されてしまっているということですかね?
こちらのブログの方が実感に近い指標になっているようには感じます。

Re: No title

Namikiさん、コメントありがとうございます!

>来日が遅れるという不運もありましたがここまでのオスナとサンタナの活躍は素晴らしいですね。
>村上以外の選手が入ったときの一塁・三塁と右翼手は去年のヤクルトの大きな弱点だったので彼らが穴を埋めてくれることがAクラス維持につながるのではないかと思います。

ヤクルトは外国人野手を連れてくるのが上手いイメージがありますが、ここまでの活躍は予想できませんでした。
仰るように元のマイナスが大きく年間で-10点に圧縮するだけでも上積みが見込める状況だったので、
これだけプラスを稼いでくれれば、チームにとってかなりインパクトの大きい改善要因になりますね。

Re: No title

あおだけさん、コメントありがとうございます!

>塩見選手がようやくヤクルトの主力として定着しましたが、BABIPは.448と思ったよりBABIPへの依存度が高いですね
>昨シーズンはどのような傾向だったんでしょうか

昨季はBABIPが.343、BABIP+が112だったようです。
二軍時代の通算BABIPも.350を超えており、適性BABIPが高い打撃スタイルという印象を受けますね。

ただ、規定到達でBABIPが.400を超えた右打者は前例がなく、
ここまでの数値(.448)は適性値だけではさすがに説明が付かないのではと率直に思います。
少なくとも.400を割り込むラインまでは下げる可能性が高いように感じます。

No title

返信ありがとうございます。
いくら適正BABIPが高いタイプといっても、BABIP.400超えの現状を考えると今の打率は出来過ぎていると考えた方がいいですね。

もう一つ質問です。
阪神・中野拓夢選手はここまで主に遊撃手として出場していますが、DELTA社が算出しているUZRの内訳を確認すると、RngRは良好ながらDPRとErrRが極端に低く、結果UZR-5.2という状況になっています。
これに対して、「RngRは優秀なので遊撃手として能力がないわけではない、DPRは二塁手の問題が大きいし、ErrRもじきに良くなる」といった見解をよく見ますが、これは正しいのでしょうか?
私も範囲が狭いのが一番致命的だろうというイメージは持っているのですが…
これを肯定するなら、DPRやErrRが強みとなって現状のUZRを伸ばしている選手はじきに落ちる可能性が高いとも言えてしまいますね。

No title

やっと坂本が帰ってくると思ったら今度は吉川ですか…
こうもB9級の主力がコンスタントに離脱されるとキツイですね。

今年の巨人は苦しい戦いを強いられてますが一つ明るい話題を挙げるなら、
それでも交流戦で借金2「しか」せず阪神と6ゲーム差に留めてる点でしょうね。
なんだかんだ言っても選手層が厚い何よりの証拠でしょう。

Re: No title

ゆさん、コメントありがとうございます!

>現在防御率ダントツ最下位の横浜DeNAですが、FIPではむしろリーグ3位という状況です。
>デルタで確認できるR-Fは1.09というとんでもない数値です。
>これは歴代チームでもワーストに近い値なんですかね?おそらくは10年に1度あるかないかレベルだと思いますが…

R-Fは0.80以上という括りで見ても、12球団制移行後は3例しかありません。
2005年楽天(1.11)、2003年オリックス(1.03)、1976年太平洋(0.85)が該当します。
FIPの定義からすれば当たり前かもしれませんが、いずれも歴史的にDER(被BABIP)が悪かったチームですね。

>また、投手WARは12球団1位というのも信じがたいですが、
>これは先発があまりにも投球回を稼げないためRP RARが過大に評価されてしまっているということですかね?
>こちらのブログの方が実感に近い指標になっているようには感じます。

チーム全体の失点抑止力が同じである場合、救援投手の投球回が多いほどWARは低くなります。
DELTAさんのサイトでDeNA投手陣の評価が高くなっているのは、
「交流戦込みの単年PF」を元に球場補正を行っているのが原因だと思います。

というのも、今年の横浜スタジアムのPFは、交流戦込みだと結構凄まじい数値になっているんですよね。
例えば本塁打PFも神宮とほぼ同じレベルで、これを元に補正すると投手成績は大幅な上方修正がかかることになります。
(https://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-2907.htmlの数値が大人しいのは、交流戦抜きで計算しているためです)

私個人としては、PF算出時に交流戦を計算に含めるのは問題があると思っているのと、
単年PFで球場補正を行うと外れ値を拾う可能性があると思っています。(今年の横浜スタジアムの数値も外れ値という認識です)
なので、私は交流戦を除外したPFを複数年で平均して補正しています。その違いが評価の差になっていると考えます。

Re: No title

あおだけさん、コメントありがとうございます!

>これに対して、「RngRは優秀なので遊撃手として能力がないわけではない、DPRは二塁手の問題が大きいし、ErrRもじきに良くなる」といった見解をよく見ますが、これは正しいのでしょうか?

この見解そのままの理屈は私は賛同しかねるのですが、中野選手が今後UZRを伸ばしそうなのは私も同意します。
なぜかというと、RngRとDPR/ErrRだと成績の再現性に差があるからです。

https://ahoudata.hatenadiary.jp/entry/2018/02/03/000000
こちらの方がRngRとDPR/ErrRの年度間相関を調べているのですが、
平たく言ってしまえば「ある年にRngRの高かった選手は翌年も高くなる傾向が強い」のに対して、
「ある年にDPR/ErrRの高かった選手は翌年も高くなるとは限らない」傾向があります。これが再現性の違いです。

この違いは打撃に置き換えると分かりやすいかと思います。
単純化して言ってしまうと、成績の再現性という観点だけで言えば、
RngRはK%とBB%に近い性質があり、DPR/ErrRはBABIPに近い性質があります。

例えば打撃が1シーズンに記録したK%とBB%は打者固有の数値に落ち着きやすいですが、
BABIPは能力からかけ離れた数値になることが多いですよね。
今の中野選手の守備成績は、打撃に置き換えると「K%とBB%は良好だけどBABIPは悪い」という状態に近いと言えます。

Re: No title

コメントありがとうございます!

巨人については私も同じ感想を持っていて、コアになっている選手が複数離脱する中で、
首位阪神とはよくこれだけの差で凌いでいるなという印象です。
後半に離脱者が出揃えばそれが追い上げの材料になりますから、それまでどれだけ耐えられるかが重要でしょうね。

No title

ご返信いただきありがとうございます。
R-F1点超えがその「悪名高い」…と言っても過言ではないでしょう、その2球団しかいなかったとは驚きです。
DeNAの場合、4月終了時点でR-Fが1.20を超えていたわけで、若干改善傾向にはあるようですが。

PFに関するお話もありがとうございました。この辺りはむずかしい話ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

コンテンツ

■2021年シーズンデータ
 ポジション別wRAAと先発救援別RSAA
 セリーグ パリーグ 各種PF


■選手INDEX(球団/五十音/守備)
  De
  西 他消滅球団
 
 

■打線アーカイブ
  De
  西 他消滅球団
 歴代打線得点力評価[-2020]
 歴代打線守備力評価[-2020]

■RCWINに関する記録
 RCWIN歴代記録[-2020]
 通算 シーズン RCWIN
 通算 シーズン RCWIN(PF)
 通算 シーズン RCWIN(PF/POS)
 RCWINで見る強力打撃コンビ
 RCWINで見る強力打撃トリオ
 ポジション別
 

■RSWINに関する記録
 RSWIN歴代記録[-2020]
 通算 シーズン RSWIN
 通算 シーズン RSWIN(PF/DER)
 通算 シーズン RSWIN(リリーフ)
 RSWINで見る強力ダブルエース
 RSWINで見る強力勝利の方程式

■守備得点に関する記録
 

■PFに関する記録
 現行本拠地データ
 
  ZO
 過去本拠地データ
 広島市民球場
 川崎球場
 一軍PF
 2020 2019 2018 それ以前
 二軍PF
 2019 2018 2017 それ以前
 種類別
  HR BABIP 1B 2B 3B
  HR BABIP 1B 2B 3B

■傑出度に関する記録
 打撃歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 打率傑出度
 通算 シーズン 出塁率傑出度
 通算 シーズン 長打率傑出度
 通算 シーズン OPS傑出度
 投球歴代記録[-2020]
 通算 シーズン 防御率傑出度
 通算 シーズン 奪三振率傑出度
 通算 シーズン 与四球率傑出度

■戦力分析とドラフト評価
 2019年一軍分析
  De 西
 2019年二軍分析
  De 西
 2019年補強・ドラフト評価
  De 西
 2017年戦力分析
  De 西
 2015年戦力分析
  De 西
 2014年戦力分析
  De 西
 2013年戦力分析
  De 西
 2015年二軍評価
  De 西
 2015年ファーム得点PFと選手評価
 打順の組み方を眺める
 2016年 セリーグ パリーグ

■選手の個人評価
 ポジション別に最優秀打者を選ぶ
 2017年 セリーグ パリーグ
 2016年 セリーグ パリーグ
 2015年 セリーグ パリーグ
 2014年 セリーグ パリーグ
 2013年 セリーグ パリーグ
 2016年打者の通信簿
  De 西
 2015年打者の通信簿
  De 西
 2014年選手別守備得点と総合貢献
 総括
 簡易WARの答え合わせ2014
 球団史上最高の4人を選ぶ
    De 西
 

■2018年の特筆記事
 現役打者の2000本安打達成確率を考える
 現役20代選手の通算安打(2018年版)

■2017年の特筆記事
 現役20代選手の通算安打(2017年版)
 「8番投手」は珍しいのか?
 2017年各種パークファクター
 2017広島打線は史上最強か?

■2016年の特筆記事
 2016年における2000本安打の展望
 2016年広島打線、得点力向上の要因は?
 2016年各種パークファクター
 パリーグ野手編成と野手運用の私的評価
 セリーグの犠打減少を考える
 糸井嘉男の成績低下リスクを考える


■2015年の特筆記事
 2000本安打の展望
 違反球の再来?2015年セリーグ
 こちらも違反球?2015年パリーグ
 秋山と柳田が挑む、もうひとつの日本記録
 秋山翔吾の安打記録更新の確率を考える
 「余剰安打」で見る、安打新記録の価値
 山田哲人は何位?二塁手シーズンHR記録
 二塁手史上最高の打撃?2015年山田哲人
 30HRと30盗塁の両立
 三浦大輔、23年連続安打
 谷繁元信、27年連続本塁打
 坂本勇人、7年連続二桁本塁打
 阪神タイガース、得失点差-59で貯金
 2015年はどのくらい打低だったのか?
 2015年各種パークファクター

■考察のようななにか
 □分析結果系
 徹底比較 ダルビッシュ有と田中将大
 平成の大投手 三浦大輔
 ポスト松井稼頭央時代の遊撃手総合力評価
 恐怖の8番打者
 稲葉篤紀、現役引退表明
 0本塁打のスラッガー
 シーズン二桁本塁打に関する記録
 20盗塁カルテットに関する記録
 ピタゴラス勝率を用いた采配評価の妥当性
 鈴木啓示の先発勝利に関する疑義
 セリーグの野手世代交代に関する考察
 □分析手法系
 RSAAに守備力補正をかける
 守備イニング推定手法の改良案
 RRFの考え方
 外野刺殺指標試案
 外野補殺指標試案
 NPB版oWAR(試案)

■データ置き場
 通算 シーズン 守備位置別安打記録
 通算 シーズン 奪三振率
 通算 シーズン 与四球率
 通算 シーズン K%
 通算 シーズン BB%
 通算 シーズン wSB(盗塁得点)
 投手のシーズン本塁打記録
 セパ年度別 打低打高早見表
 年度別タイトル・表彰獲得者一覧
 平成時代のポジション別最多安打打者
 日本時代のイチローの全試合成績


■当ブログのデータについて
 Kazmix World
 日本プロ野球記録
 スタメンデータベース
 日本プロ野球私的統計研究会
 を参考にさせていただいています。

■お問い合わせ
 ご意見ご感想、間違いのご指摘など
 お問い合わせは コメント欄 及び
 ranzankeikoku.npbstats★gmail.com
 にお願い致します。(★を@に変換)

Twitter

検索フォーム

訪問者カウンター